浜田真理子 Live.La solitudeⅡ TOUR 渋谷クアトロ 2014.5.16

★オフィシャル・サイトより引用

 9年ぶりのライブ盤『Live. La solitude』リリースを記念してのライブツアー。
 一般発売に先駆けて、ライブ会場にて先行販売します。
 テーマはタイトル通り「ひとり」。
 ライブ盤とは別内容だが、音源と対をなし更に深化した続編として構成します。
 ピアノ弾き語りによるひとり演奏、ひとり歌、「個」、「孤」の歌物語。
 聴く人もひとりで物語に浸り、ひとりを堪能し、
 会場全体で「ひとり」を共有して欲しいというややこしくもチャレンジな内容をお届けします。

★真理子さんのコメント

 La solitudeⅡ によせて(浜田真理子)

 また春が来て、わたしのツアーの季節がやってきました。
 今回は9年ぶりに制作したライブ盤を持ってうかがいます。
 本編のライブはその続編ということにしようと決めました。
 タイトルは「孤独」。
 ええ、わたしも孤独です。でもさみしくはないのです。
 この違い、わかるかなあ。わかんねえだろうなあ。って古いですね。いつも。

20140516.jpg

渋谷クアトロが最終日だったのですが、
発表されたセット・リストを見ると各地で多少の違いがあったようです。
※Live.La solitudeⅡ 曲目リスト

ライヴ盤が収録された日も僕は観ています。
ツアー前には全曲の先行試聴も発表されました。
でも、あえてこれらを振り返り、予習して臨むことはしませんでした。
真理子さんが言う " 続編 " を味わうには、
この半年という時間を埋めずに接することがよいのではないだろうか…。
何となくですが、こう思ったのです。

それは僕にとっては正解でした。

事前に予告された「ひとり」「孤独」「個」というフレーズ。
知らない人が見たら、実に暗そうなイメージを抱くかもしれません。
まぁでも真理子さんの場合、あのMCがあるわけですからね。
その場が暗く厳しく辛く重い雰囲気になることはあり得ません。
ただし、曲が歌われている時間は別世界です。
そのときだけは、お客さんひとり一人が曲への想いをぶつけ、曲からの想いを感じます。
この個人の想いたちで満たされてゆくクアトロの空間は、
ラストに向かって " 会場全体でひとり " を作っていきます。
僕はそう感じました。
事前に復習と予習をしていたら、この気持ちは薄れていたように思います。

これが、僕にとって正解だったという理由です。

最近のライヴから受けていたことは、その演奏曲数ではなく印象として、
オリジナルよりもカヴァー曲が占める比重が大きいことでした。
でも、この日は両方のバランスが絶妙だったと思います。
最近のライヴで取り上げられるのは比較的レアな「かなしみ」(名曲!)や、
久しぶりに歌うと言っていた「月に聞く」がとても効いていました。
この2曲がなかったら、ずいぶん印象は変わっていたでしょう。

「のこされし者のうた」。
真理子さんのライヴで配られるアンケートの " あなたの好きな曲 " 欄 。
その都度で加わる曲もありますが、僕が必ず記すタイトルです。
もはや個人的なスタンダード・ナンバーになっているこの曲も歌われました。
僕が感じるその素晴らしさをどう表現していいかがわかりません…というかできません。
泣くしかない…とこんな風に簡単に書いてしまいますが、これしか言いようがありません。
この日は久しぶりに全身で浴びましたが、いやはや…。
泣くしかなかったです。

本編の最後は新曲でした。
「明星」とタイトルされたこの曲からは、今の真理子さんをリアルに感じられます。
「遠い場所から」が生まれ、「はためいて」が生まれ、「明星」が生まれました。
それを同時にみて、聴いてきました。
歌いたい歌があり、それが伝えたい歌にもなる。
僕には真理子さんがそれをとても自然にやっているように見えますし、感じます。

 音楽家として今のハマダマリコは凄いところにいるのではないだろうか

キレイな月が浮かぶ夜空を見上げながら帰宅して、こんなことを思いました。


★追伸
アンコールの最後で「beyond」が歌われていたとき、何やら視界に入ってきたものが…。
それは天井からおりてきた蜘蛛でした。
まるで真理子さんの曲を聴きにきたように、曲を邪魔せず、雰囲気を壊さず、
曲が終わる前の、ここしかないというタイミングで、再びするするとのぼって姿を消しました。
何だか忘れられないシーンになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ