ブルース・スプリングスティーンが好きでよかった

ブルース・スプリングスティーンの新作『ハイ・ホープス』は傑作です。
そして、その素晴らしさに輪をかけているのが初回限定ボーナスDVD。
『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』の全曲再現ライヴです。

CIMG6847_convert_20140208195017.jpg

『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』はファンでなくても知られているアルバムだと思いますが、
僕自身は発売当時はともかく、今では聴き返すことも少なく、思い入れもそんなにありません。
彼のアルバムの中では、
やはり『明日なき暴走』『闇に吠える街』『ザ・リヴァー』がフェイヴァリット。
この3枚と比べれば、僕の中の重要度は落ちてしまいます。

ただ、全曲再現ライヴDVDを観た途端、何とも言えない感情や想いがよみがえりました。
これは、これまで何度も経験した音楽の素晴らしい力です。
今は自分の中にないものや忘れていたものを、
一瞬のうちに見つけてくれて、引っ張り出して、目の前に提示してくれるのです。
それは当時のままでもあり、現代風になっていることもあります。

1985年4月10日。
国立代々木競技場第一。
1階 ひ6列 46番。

そりゃそうです。
だって、僕が観たブルース・スプリングスティーン初来日公演は、
" BORN IN THE U.S.A. TOUR " なのですから。

CIMG6866_20140208194152395.jpg

客電が落ち、暗いステージ上にうごめく人の姿が僕の席からハッキリと見えました。
その中の一人がブルース・スプリングスティーンなのは間違いないのです。

 来るぞ!

こう感じた瞬間、暗い会場にあの声でカウントが響きました。

 ワン! ツー!
 ワン、ツー、スリー、フォー!

照明がつき、ステージ中央にはボス。
そしてバックにはE・ストリート・バンド。
このオープニング・シーンを、今後忘れることは絶対にありません。

1曲目の「Born In The U.S.A.」に続く「Out In The Street」で既に涙目。
まさか聴けるとは思わなかった「The River」で涙目。
しかも「The River」の後に「Prove It All Night」が演奏されて涙目。
会場の灯りがすべてつく中で繰り広げられたアンコールも本当に凄かった。
全編を通して笑顔で泣いていた初来日公演初日でした。

ライヴの様子だけでなく、大学通り、原宿のカフェ、学生ホール、大塚さん、
3姉妹、オールナイトニッポン、タワーレコード…。
20代のある時期の、こうした景色までをもハッキリと思い出すことができます。

CIMG6867_20140208194150121.jpg

大事なものや大切なものはずっと変わらず、そこにいなくてもどこかにいてくれます。
たとえ忘れてしまっても、音楽があれば思い出すことができます。
消えてしまったり、いなくなることはないでしょう。

音楽が好きでよかった。
ブルース・スプリングスティーンが好きでよかった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

初来日

ご無沙汰しています。
懐かしいブルース・スプリングスティーンの初来日。
そのライブには行けなかったのですが、前日or前々日。
代々木のマックでスプリングスティーンに会いました。
当時、専門学生だった僕は偶然にもランチに学校の前のマックに入ったんです。
そこで、何とスプリングスティーンと数人の外人が!(笑)
目を疑いすぐ側の本屋へ行き確認したのでありました。
当時は、MLや他の雑誌でも来日は持ちきりだしたからね。
すぐにマックへ戻り握手を。 何故かサインは貰いませんでしたが、居合わせたサラリーマンの方はYシャツに書いて貰ってました。

確か3時間半超のライブでしたよね。
その後、SMやHSのライブの時間も長くなったとか・・・

Blueさんの記事を見てそんな事を思い出しました。

Re: イッチーさん

> そのライブには行けなかったのですが、前日or前々日。
> 代々木のマックでスプリングスティーンに会いました。

それは凄い!マックというのがいいですね(笑)。
リハーサルだったのかな?

> すぐにマックへ戻り握手を。何故かサインは貰いませんでしたが、
> 居合わせたサラリーマンの方はYシャツに書いて貰ってました。

サインをもらう大チャンスだったじゃないですか!

> 確か3時間半超のライブでしたよね。
> その後、SMやHSのライブの時間も長くなったとか・・・

当時は休憩が入ること自体が新鮮でした。
コンパクト・サイズだったと思いますが、長時間ライヴでしたね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ