COUNTDOWN JAPAN 1314 幕張メッセ 2013.12.31

2009年からチャボを観に大晦日のCDJに来ていますが、
5回目にして感じたのは、この場は今のチャボにとって特別なのだなぁということです。

2012年は仲井戸色が薄まったthe dayとしての出演でした。
これはこれで悪くはなかったのですが、
僕にとっての特別さをそこに感じることはありませんでした。
だからこそCHABO BANDで出た今回は、
余計にそれを強く感じることになったような気がします。

CIMG6752_201401012139127d0.jpg

僕が感じる特別さ。
それを構成するのは、次の3人です。
一人はもちろん仲井戸麗市。
もう一人は渋谷陽一。
そして忌野清志郎。
CDJでのチャボのステージからは、必ずこの3人を感じます。
それが僕が感じる特別さです。

以前に比べれば、ロッキン・オン誌上のインタヴューもほとんどありません。
よって、今は二人が仕事で一緒になることはこの場しかないのが現実でしょう。
ただ、チャボの開演前のステージ袖には必ず渋谷さんの姿を確認できます。
今回も同様でした。
そしてチャボはMCで必ず渋谷さんにふれますし、そんなチャボはいつも笑顔です。
嬉しくて仕方がないように見えます。
僕には二人のあいだの繋がりを強く感じることができます。

写真201312311

今回のオープニングは「よォーこそ」から「毎日がブランニューデイ」。
この流れには意表を突かれましたが、納得です。
チャボが何も言わなくても、何もふれなくても、そこに清志郎がいるからです。
2009年のCDJでもチャボは「よォーこそ」を歌いました。
この年の10月、RCの曲だけで構成されたAXバースデー・ライヴでも歌われましたが、
その時に歌いこまれたメンバーはチャボ一人。
しかしCDJで歌われた際のメンバーは清志郎とチャボの二人でした。
そう、2009年からCDJでは二人で演奏しているということなのでしょう。

クライマックスの「雨あがりの夜空に」のエンディングで、
チャボはRCサクセションと忌野清志郎の名を大きく叫びます。
きっとこの場でこういうことを伝えたいのでしょう。
誇りたいのでしょう。
「雨あがりの夜空に」はRCサクセションの曲である…と。
忌野清志郎と一緒に作った曲である…と。

写真 (1)201312312

実際のステージは、エレキ・ギターでバキバキにロックする、
あっという間に駆け抜けていったものでした。
その音も僕は大好物なものでしたから、
短い時間ではありましたが、受けた快感と満足度は半端ではありませんでした。

ここに、前述した個人的な想いが加わるわけです。
どうしたって、そのライヴは特別なものになるわけです、僕にとって。

渋谷さん、ありがとう。
チャボ、ありがとう。

※RO69 クイック・レポート
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

blueさん
明けましておめでとうございます。今年もブログ楽しみに読ませていただきます!よろしくお願いします!

blueさんのブログを読ませていただくことで、自身が行けたライブは自分の想いを再確認したり思い起こしたりしています。行けなかったライブは、blueさんが書かれていることから、「追体験」させていただいています。

カウントダウン、いやー、本当に行きたかった。磔磔、カウントダウンジャパンの2本立て、今年こそ実現します!笑 ぜひご一緒しましょう!笑

2009年の記事も読ませていただきました。なんともうまく言えないですが、涙が出そうになりました。

Re: 潤さん

> 明けましておめでとうございます。今年もブログ楽しみに読ませていただきます!よろしくお願いします!

おめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

> 自身が行けたライブは自分の想いを再確認したり思い起こしたりしています。
> 行けなかったライブは、blueさんが書かれていることから、「追体験」させていただいています。

単なる事実の羅列や記録という書き方ではないので、
内容を知りたい方にはあまり適していないと思うのですが、そう言っていただけて嬉しいです。

> カウントダウン、いやー、本当に行きたかった。
> 磔磔、カウントダウンジャパンの2本立て、今年こそ実現します!笑 ぜひご一緒しましょう!笑

今後も渋谷さんは誘い続けると思うので、磔磔との連チャンはチャボ次第でしょうね。

> 2009年の記事も読ませていただきました。なんともうまく言えないですが、涙が出そうになりました。

2009年は…やはり特別でしたね。
どんな気持ちで書いていたのかを思い出せるようでいて、よくわからないようでいて…です。
今は読み返すことはほぼありませんが、いつかは自分でも振り返ってみたいと思います。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ