名盤ライヴ SOMEDAY 佐野元春 Zepp DiverCity Tokyo 2013.11.16

僕は『SOMEDAY』を31年ぶりに聴くというわけではない。
今でも普段の生活の中でよく聴くレコード(CD)のうちの1枚だ。
だから今回のライヴに、所謂ノスタルジーや懐かしさを求めていたのではない。
それを感じたいのならば、そういう気分でレコード(CD)を聴いたほうがいいし、
そのほうが間違いない。

それでは何を期待していたのかと言えば、実はよくわからなかった。
自分の中ではハッキリと言葉や文章にはできなかった。
1曲目の「Sugartime」を聴くまで…いや、
「Sugartime」のイントロを聴くまでは。

CIMG6561.jpg

アルバム『SOMEDAY』の完全再現と言われても、
もちろん期待はしていながらも、
気持ちの中で " さすがにそんなことはないだろう " と思う自分もいたのも事実。
この思いは " できないだろう " ではなく " やらないだろう " に近い。

しかし客電が消え、
ステージ後方のスクリーンに『SOMEDAY』のアナログ盤が映り、
それをターンテーブルにのせて針を落とす…という映像と同時に、
FRONT SIDE1曲目の「Sugartime」のイントロがあの音で鳴った瞬間、
それまでアタマの中にあったものがすべて吹き飛んだ。

 Dance!Dance!Dance!
 素敵さBaby

5小節目から自然と口をついて出る歌詞。
これは歌う…という、歌いたい…という、歌おう…という意思ではなかったと思う。
何も考えずに歌っていたとしか書けないのだけれど、そんなことだったんだろう。

目の前でオリジナル・レコード通りに収録曲が演奏されていく。
元春のMCも最低限だったのも結果的に僕にとってはよかった。
良くも悪くも『SOMEDAY』にこびりついている個人的な想いをそこに投影することなく、
本当にレコードを生演奏で聴いている時間だったからだ。
これはどんなことだったのかというと、ライヴのテーマである " 名盤 " 。
これをあらためて実感し、元春とバンドとお客さんで共有したということである。
1982年の音を2013年の音で。

楽しかった。
実に楽しく、本当に楽しいライヴだった。
僕は楽しみたかったのだ、きっと。
そして、その通りになったのだ。

音楽だけにしかない素晴らしい体験。
それは存在している。
信じている。
僕は実際に体験しているからわかる。
ただし、そう何度もそれを体験できるわけでもない。
でも、その数少ない体験にこの日が加わったことは間違いない。
素晴らしいライヴをありがとう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ