新谷祥子 Marimba Theater 2013 Echo From North 寺山修司没後30年トリビュート 明大前キッド・アイラック・アート・ホール 2013.9.17

Marimba Theaterと題され、
テーマはEcho From North。
そして寺山修司没後30年トリビュート。
ゲストにヴィブラフォンの山本祐介を迎え、
会場は明大前のキッド・アイラック・アート・ホール。
この事前情報だけで勝手にイメージがぶわーっと広がった。

新谷さんは青森出身。
彼女が寺山修司について書いた言葉をいくつか拾ってみる。


 生い立ちと作品という部分で、
 どこか全然違うところにいる人というふうに感じない

 作品の成り立ちを見ていても、これは以前、
 現実的にどこかで感じた風景、のように錯覚する

 作詞が寺山修司となっている「歌」の魅力
 どうして楽曲になっている歌詞だけがこうも優しく、
 どぎつい感じがしないのか


こんな彼女が故郷、そして寺山修司没後30年トリビュートの選曲で行うライヴだ。
とても楽しみにしていた。

ライヴは二部構成。
第一部は寺山修司の短いポエムを読み、演奏する。
その繰り返し。
オリジナル曲が中心のメニューだったが、
寺山修司のポエムに無理矢理こじつけたといって歌ったそれは、

" 全然違うところにいる人というふうに感じない "
" 作品の成り立ちを見ていても、これは以前、
 現実的にどこかで感じた風景、のように錯覚する "

新谷さん自身が言う、まさにこれだった。

特に『田園に死す』にだぶらせた「冬の線路」。
新谷祥子が見て歌う線路は、寺山修司も見た線路なのだろう。
個人的に好きな曲ということもあるけれど、
曲が聴こえるだけでなく、絵が見える。
風景が浮かぶ。風とにおいを感じる。
この曲はMarimba Theaterに相応しい演奏だったと思う。

第二部は、寺山作詞の名曲が中心に披露される。
いきなり浅川マキの「ふしあわせという名の猫」。
思い切り暗い歌詞だけれど、
オリジナルはマキさんの歌がそれを感じさせない、
何だか不思議な曲だなぁと常々思っている。
そんな強烈なオリジナルを、マリンバとヴィブラフォンによる、
洗練(と、あえて表現)されたアレンジで聴かせてくれた。

カルメン・マキの「時には母のない子のように」は、
確か以前もライヴで歌ってくれたと思うが、
この日は本編とアンコールで二度、しかも別アレンジで演奏。
寺山の作詞はもちろんだが、作曲が田中未知ということでも、
おそらく新谷さんの思い入れは強い曲なのだろう。

テーマからして重めな内容を想像していたが、まったくそんなことはなく、
新谷さんの人柄が前面に出て、独特な寺山ワールドになっていたと思う。
二部ではゲストの山本さんのソロ・コーナーがあり、
そこでは「あしたのジョー」をヴィブラフォンのインストで演奏するという、
オマケ的だけど聴きごたえがあるコーナーもあった。
こんなことからも、振り返ってみれば、とても楽しめたライヴだった。

Marimba Theaterと題し、劇場で行う…ことになっていくのだろうライヴ。
今後はどんなテーマで行われるのか、今から楽しみだ。

※Echo From North
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ