斎藤誠30周年記念ライヴ「チャボとカースケと誠」Thumbs Up 2013.7.15

斎藤誠。
その名前だけはずいぶん昔から知っていたけれど、音楽は聴いたことはなかった。
その斎藤誠と仲井戸麗市の共演。
おそらく双方のファンは特に望んでもいなかったセッションのはずだが、
二人と面識がある…というか音楽的にもつながりがあるカースケがキューピッドとなって、
この異色のセッションが実現した。

個人的な楽しみは二つ。
まずはカースケとチャボのセッションだ。
説明不要のCHABO BANDのドラマーとの久々の絡みがひとつ。
そしてもうひとつは、チャボの曲で斉藤誠がどのようなギターを弾くのか…だ。

ここ最近、色々なミュージシャンとセッションしてきたチャボだが、
ギタリストとのそれは少ない。
しかし、少ないながらも観ることができたそれは、
ギタリストによって色づけされるチャボの曲が興味深く、
良くも悪くも聴きごたえを感じていた。
その意味では、音楽的な接点がほとんどない二人のセッションは、
音が想像できない分、楽しみがあったということだ。

はたして…例えば最近のアレンジを踏襲した「ティーンエイジャー」も、
斎藤誠のギター・ソロが入るおかげでとても新鮮に聴けた。
意外とミスマッチな感じはなく、楽しめた。
終わってみれば「Blue Moon」やRCのカヴァー「お墓」なども、
三人の演奏で聴いてみたかったと思う。

カースケとのセッションは、もう言うことはない。
たとえしばらく離れていたとしても、お互いが知り尽くしているのだろう。
何も決めごとがなくても合わすことができる…といった雰囲気。
目をつぶってでも演奏を決めることができるんじゃないかという演奏だった。
一言で言えば安心感。
安心を感じられた理由は、二人の付き合いの長さはもちろんだけれど、
それに加えてチャボバンドのメンバーであることの、
目に見えない繋がりの強さと深さだろう。
そのことをあらためて強く思った次第だ。
あぁ、あのバンドを眠らせておくのは本当にもったいない。

ドラムとギター2本という変則なトリオ編成でも物足りなさは皆無。
それどころか思い切りバンド・サウンドになっていたのではないか。
そう感じた要因は、おそらくカースケのまるで歌っているようなドラムだ。
素晴らしいドラマーだと再認識した。

アウェイなライヴでのチャボはカッコイイ…ということも再認識。
自身のソロ・ライヴでの自由さとは別の自由さが思い切り出る。
だから、ギタリストがギター・ソロを弾くことのカッコよさ…という、
至極当たり前のことを堪能できる。

それにしてもチャボの " マイ・ニュー・フレンド " は、
これでいったい何人になったのだろうか(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

斎藤誠サンて…

最近ではサザンのサポートしてた方ですよね?

私的には10数年前、奥田民生やPUFFYの所属するソニーミュージックの年末イベントなどに出ていたので、てっきりソニーの人かと思っていました。なのでサザンのサポートしているのを見た時にアレ?と思い、今回またアレレ?と思いました。

人脈の多い方ということですかね。すごいです。

http://www.youtube.com/watch?v=VjbZc6a1dFc
民生氏とのこんな動画ありました。この方ですよね。





Re: tamaさん

> 最近ではサザンのサポートしてた方ですよね?

そうです。
桑田のバックでも弾いていると思います。

> 人脈の多い方ということですかね。すごいです。

本当に色々な人とセッションしているようですね。

> http://www.youtube.com/watch?v=VjbZc6a1dFc
> 民生氏とのこんな動画ありました。この方ですよね。

あぁ、そうです。
こんなのもあるんですねー。

カースケさん

斉藤さんパートとチャボが入った時とで、カースケさんのドラムがまったく違ったように聞こえたのですが、「マーティン手に入れてあの娘にAOR聞かせよー」を聞いたとき、「あー、そういうふうに叩いていたのかー」と納得し、カースケさんのすごさに敬服しました。

Re: 夢風さん

> 斉藤さんパートとチャボが入った時とで、カースケさんのドラムがまったく違ったように聞こえた

あぁ、私はそこまで聴きわけられませんでしたよ。

> 「マーティン手に入れてあの娘にAOR聞かせよー」を聞いたとき、
> 「あー、そういうふうに叩いていたのかー」と納得し、カースケさんのすごさに敬服しました。

なるほど! これはわかりやすいかもしれないですね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ