悲しいことばっかり(オフィシャル・ブートレグ / RCサクセション -2013-

店頭に並んだ5月2日に入手し、
武道館のロックン・ロール・ショーの余韻が残ったまま、夜中に聴いた。
約1時間半があっという間に過ぎた。
この作品について、さて、いったい何を書こうか…と思っても、
太田和彦氏のライナーがすべてを語ってくれているようで…。
そうはいっても自分の気持ちを、リアルな気持ちを何とか残しておきたくて、
その日はたった140字にだけ詰め込んだ。


 RCサクセション『悲しいことばっかり』を聴く。
 レア音源が主役なのはもちろんだが清志郎直筆の歌詞、写真、ジャケット、ラベル、
 帯、解説、そして太田和彦氏のライナーすべてを含めての作品だろう。
 RCサクセションがきこえるようにしなければならないと太田さんは書く。
 素晴らしい。ありがとう。

**********

80年代の僕が知っているRCではなく、
これまでは、ほとんど文字でしか知ることができなかった時代のRCである。
1972年から73年の渋谷ジァンジァンや青い森(!)でのライヴが、
3人のオリジナルRCサクセションのライヴが、
もう二度と聴くことができないライヴが、
これからは何度も聴くことができるのだ。
これでいつでも聴けるようになったのだ。

**********

未発表曲集として、楽しむことができる。
貴重な記録として、楽しむこともできる。
当時の迫力の演奏を、存分に楽しむことができる。
初期の清志郎のヴォーカルに圧倒され、
思い切りアタマとココロを使って音の向こうの3人を想像し、
その一音も聴き逃さないように耳をスピーカーに集中する。
80年代以降発表された既発ヴァージョンとオリジナルを聴き比べる楽しみ方もある。
逆に、オリジナルが時を経てどうアレンジされたのかをあらためて聴き返したくもなる。
清志郎の曲が普遍的なことに、今さらながら驚き、感動する。

清志郎のヴォーカルや、3人の演奏や、その音や、
歴史的背景や、資料的価値などが凄いのはもちろん理解したうえで、
いちばん僕が感動したのは、収録曲のほとんどがラヴ・ソングだということだ。
だって、僕にとっての清志郎はラヴ・ソングなのだから。

**********

清志郎自身による歌詞のノート。
最終曲の「まり子」という文字がなんだか切ない。
「マリコ」ではなく「まり子」。

**********

これは紛れもないRCサクセションの作品である。
同時に、太田和彦氏のファンとしての想いが結実した作品でもある。
忌野清志郎の、オリジナルRCサクセションの音楽に圧倒されながらも、
また別のところで太田さんの想いに感動させられてしまう。

『十年ゴム消し』があった。
だから僕らはキザクラの青年を知っていた。
『ロック画報』もあった。
だから僕らは初期のRCサクセションに少しだけふれることができた。
そして今は『悲しいことばっかり』がある。
だから僕らには “ RCサクセションがきこえる “ のだ。

**********

太田さんのライナーを何度も読み返す。
相澤さんから特大ピンク文字のメールが来るところは涙腺が緩む。

そして太田和彦さん、そのご友人の松井慎介さん、宗像和男さん。
この3人と清志郎、リンコ、ケンチが僕には重なってみえた。

**********

追伸。
青い森での録音テープ。
その中に、RCサクセションと古井戸の共演音源はないのだろうか。
あったら凄いな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ラブソングばかり

初めまして、ソウルマンといいます。

「悲しいことばかり」、タイトルが意味深ですが、
反対に「ラブソングばかり」なんですね・・・
まだ、聴いてないんで、購入して聞きます。
清志郎の命日に日に、追悼記事を書いたので
また、見てみて下さい。

これからのBlueさんの、さらなるご活躍を祈念しています。

Re: ソウルマンさん

> まだ、聴いてないんで、購入して聞きます。

是非、初期のRCサクセションを聴いてみてください。
コメントありがとうございました。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ