泉谷しげる with LOSER 25周年LIVE「吠えるバラッド」 Zepp DiverCty Tokyo 2013.4.28

思い入れがあるバンドのこうしたライヴは色々な予想や期待を事前にして行くが、
1曲目が始まった途端、そんなものは一瞬で吹き飛ぶ。

オリジナルLOSERの25周年ライヴ、しかもフェスなどではなくフルサイズ。
ということで、そりゃぁ前日までは興奮していたけれど、
当日は努めて冷静にしていようと思って臨んだ…が、
何と会場に入ると客入れBGMが『IZUMIYA SELF-COVERS』なのである。
このバンドのこんなライヴの開演前に本人たちの曲をガンガン流しているのである。
再発のプロモーションもあっただろう。
でも、これで盛り上がらないわけはないでしょう?

案の定、客電が落とされ、ステージを覆う幕に泉谷のシルエットが浮かび、
「長い友との始まりに」が歌いだされた瞬間、アタマは真っ白になった。

CIMG4733.jpg

音がよい。
僕の席の位置がその理由かもしれないけれど、
5人の音の分離が素晴らしかった。
こんなにいい音のLOSERは初めてかもしれない(笑)。
おかげで、特に左右に分かれたチャボと下山のギターがハッキリと聴きとれ、
その音とフレーズの違いや絡みを思い切り堪能させてもらった。

仲井戸麗市と下山淳。
個人的にはこの二人が同じバンドでギターを弾いているのは奇跡だ。
何度か書いてきたが、世界でちばん好きなギタリストと二番目に好きなギタリストが、
同じバンドでギターを弾いているのである。
奇跡というのは大袈裟ではない。

曲によっては間奏のギター・ソロを二人で分け合うというアレンジがまた最高で、
チャボの後に下山が、そして下山の後にチャボがソロを弾くというのは、
視覚的にも最高に絵になる。

そうそう、下山の音が当時のまんまだった(ように聴こえた)のには感動した。
あの輪郭がハッキリしない独特のサウンド。
そこに輪郭どころか体積までハッキリしているチャボのギターが絡んでぶつかる。
まぎれもないLOSERサウンドが再現され、2013年の音として鳴っていた。

ポンタのドラムは圧巻。
当時から聴かせるだけでなく見せるドラマーだと思っていたが、
スティックさばきというよりも、単にシンバルを引っ叩くアクションや、
スネアに振り下ろす左手の何というカッコよさ!
最高だった。

吉田建はバンマス的クールさの佇まいで通す。
マイペースで引っ掻き回す泉谷のペースにも冷静で対処。
「火の鳥」のイントロでバンドに出していたカウントの仕草がカッコよかった。
もちろんベースはズンズン。
「国旗はためく下に」のイントロは凄かったなぁ。

泉谷の大将は…まぁ、LOSERの音について来れなかった瞬間が何度もあった。
限られた時間であっても、これだけのメンバーが真剣に取り組めば、
この夜のような音が出てくるのは当たり前だろう。
ただ、それに応えるヴォーカルが同じでは到底追いつけないと思うのだ。
少なくとも倍の時間、倍の想いが、意識だけでなく体力的にも必要だっただろう。
その意味では、泉谷のミスがなければ満点のライヴだった。

以上が今の時点で振り返る冷静な感想。
ただし、あらためて個人的な印象を言えば、
マイナスに感じた点を含めても、最高のライヴだった。

CIMG4734.jpg

オープニングでステージに並ぶ5人を確認した瞬間。
最初に飛び込んで来たのは下山淳が抱えるギターである。
ブルーのファイヤーバード。
これだけで感激でしたよ、私は…。
このギターであのイントロとあのバッキングをプレイしているんだぜ?
もしチャボがグレコのチャボ・モデルだったら…は、まぁいい。

ライヴは休憩が入る二部構成。
大まかにまとめると一部は『吠えるバラッド』で、
二部は『IZUMIYA SELF-COVERS』というメニュー。
そこに当時のライヴ・レパートリーやレア曲が挟まれた。
事前に勝手にリクエストした『90'sバラッド』からの2曲、
「リアル1/2」と「ハードレイン」が演奏されたのは驚いた。
特に「リアル1/2」のチャボがカッコよかったよ。
チャボのあんなギターはなかなか聴けないからね。

泉谷以外ではチャボの立ち位置にのみマイクがセットされていた。
映像作品にもなっている『HOWLING LIVE』でもそうだったが、
あの時は結局『果てしなき欲望』のみコーラスをつけていたと記憶している。
でも、この日は違った。
「果てしなき欲望」の他に「眠れない夜」と「行きずりのブルース」の3曲で、
チャボはコーラスをつけていた。
この中での「行きずりのブルース」については後述する。

泉谷クラシックスが怒涛のごとくぶちかまされる二部はもう…。
演奏される曲が予想の範囲であっても圧倒される。
「地下室のヒーロー」のイントロには感電したもんなぁ。
セット・リストは泉谷のブログに載っているが、結局29曲が演奏されたようだ。
凄いわ。
あらためて凄いメニューだ。

オリジナルLOSERは、その思い入れがありすぎるバンドなので、
たとえ冒頭に書いたように予想や期待をしていても、
当日はまったく違う感情が生まれたりする。
あらかじめポイントと思っていたところでは意外とスルーとなり、
逆に思いがけないところで自分の感情が揺さぶられたりする。
実は、この日は " 泣く " とは思っていなかったのだけれど、
一ヶ所だけ目頭が熱くなった瞬間があった。
それは「国旗はためく下に」の下山淳のギター・ソロ。
理由はまったくわからないが泣きそうになった。
この感情はいつか言葉や感情にしてみたい。

終演後、泉谷は " また会おうぜ " と言った。
どういう意味かはわからないが、僕は勝手にこう捉えさせてもらった。
泉谷が言った相手はLOSERの4人である。
そして間接的にLOSERから客席に向かって言った言葉でもある。
また会いたい。

     **********

★追伸その1
本編ラストに演奏された「旅から帰る男たち」。
『都会のランナー』収録のオリジナルを聴いたときから切なくて大好きな曲だ。
ただ、LOSERヴァージョンはまた違った型でモダンに生まれ変わったので、
個人的にはそんなに印象に残らないセルフ・カヴァーだったのだけれど、
この日はグッときてしまった。
LOSER自身のこととして歌われたように思え、感動したのだ。
ライヴのラストに演奏されたため、余計にそう感じたのかもしれない。
いや、違うな。
ライヴのラストに演奏した理由は、まさに僕が感じたことだったと思う。
この曲には " 長い友との始まりに " という歌詞があるのだ。

★追伸その2
一部の中盤にアコースティック・セットがあったが、
そのチェンジ中に泉谷が歌ったのが「美人は頭脳から生まれる」だった。
『吠えるバラッド』のCDのみに収録された曲だ。
この曲でピアノを弾いているのは忌野清志郎である。

そのアコースティック・セットで演奏された「行きずりのブルース」。
当時も演奏されていたのでレアではなかったが、
チャボがコーラスをつけていたことには、耳じゃなくココロが反応した。
『IZUMIYA SELF-COVERS』のこの曲でコーラスをしていたのは、
忌野清志郎だったからである。チャボはそこを歌ったのである。

ライヴ前に泉谷が自身のブログで、" アルバムに入ってても、
今までライブで演ったコトない楽曲を歌ってもみたい " と書いていた。
そんな曲として、『吠えるバラッド』から「あらゆる場面で」が取り上げられた。
この曲でピアノを弾きコーラスをしているのは忌野清志郎である。

この3曲を取り上げた理由は、つまり、そういうことだったのだろう。

※追記(4/30)
「旅から帰る男たち」の歌詞をあらためて確認したら、
長い友との始まりにではなく、長い夜の始まりはだった。
僕の思い違いであったのだが、
そう思わされてしまった力があの日のLOSERにはあったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

24年ぶりでした♪

すごかったです…!o(^^)o

下山さんのほぼ正面にいました。予習も復習もなかった私ですが
(すみません…!)すごく堪能しました、しかも最前列で。
演奏しながら下山さんや泉谷さんを見るチャボの顔もよく見えた。
本当に良かったです。

素晴らしいライブでした。
私が聴いていても泉谷さんが間違えていたのはわかったけど
完璧にやるのってどれほど大変な事なのでしょうかね…!

セットリストがのった泉谷さんのブログみたら
写真が本当に疲れている表情でしたし
出せる力全て出し切ったという感じでしょうか、LOSERとの28曲。

泉谷さんの客席乱入。
ジーパンの腰のあたりペタッとたたかせて頂きましたw。
頑張る泉谷さん大好きです!♪

もしかしてblueさん、近くにいたかな?

フジテレビNEXT

CSフジNEXT5/26 0:00~のようです。(スカパーのアプリで確認)

No title

はじめまして

といっても、実はかなり前からひそかに(笑)読ませて頂いていましたが・・・

LOSER、行きました。
コメントをつけたくなったのは、わたしもチャボと下山淳が、世界でいちばん好きなギタリストと二番目に好きなギタリストだから、です。

下山さんは、何度かライブでみていましたが、生チャボ(というのもあれですが^^;)は初めて!
2人がステージの右と左にいるなんて、眼福というか至福というか、もう最高に幸せでした。

ライブの最後のほう、ふと「清志郎、来てんじゃないかな」なんて思ったりもしてました。

「野生のバラッド」のジャンプ大会、泉谷がへろへろになりながら、客席をまわってくれてるとき、ステージのほうをみると下山淳が吉田健にくっついてポーズをとってました、写真とってる人のためかなぁ、
私も一列目ならとってたのに・・・

とりとめなく長々とすいません、
帰りに新橋で飲んだビールは最高においしかった!

Blueさん☆

LOSERの4人かっこよかったですね♪
泉谷のポンコツ振りが可笑しかったですけど?

『国旗~』はもっとチャボに弾いて欲しかったかなぁ、横浜国大のDVDみたいに。

『行きずり~』のチャボのコーラスではやはり泣いてしまいました。

CSフジテレビを楽しみに待ちましょう(^^)

Re: tamaさん

> すごかったです…!o(^^)o

24年ぶりということは、清志郎がゲストで出た渋谷公会堂以来ですね。
ARABAKIを観ましたが、まぁ私も同じようなものです。

> 下山さんのほぼ正面にいました。予習も復習もなかった私ですが
> (すみません…!)すごく堪能しました、しかも最前列で。
> 演奏しながら下山さんや泉谷さんを見るチャボの顔もよく見えた。

最前列だったの?
しかも下山の前?
ギターは爆音だったんじゃないのー(笑)?

> 私が聴いていても泉谷さんが間違えていたのはわかったけど
> 完璧にやるのってどれほど大変な事なのでしょうかね…!

1曲目からミスしてましたから(笑)。

> セットリストがのった泉谷さんのブログみたら
> 写真が本当に疲れている表情でしたし
> 出せる力全て出し切ったという感じでしょうか、LOSERとの28曲。

あの写真が物語っていますよね。

> もしかしてblueさん、近くにいたかな?

いや、私はそんな前じゃなかったです。

Re: フジテレビNEXT

> CSフジNEXT5/26 0:00~のようです。

これは観られなかった人には嬉しいですね。

Re: bambimo さん

> はじめまして

コメントありがとうございます。

> コメントをつけたくなったのは、わたしもチャボと下山淳が、
> 世界でいちばん好きなギタリストと二番目に好きなギタリストだから、です。

おおっ!嬉しいです!
私のような人は世界に一人かと思ってました(笑)。

> 下山さんは、何度かライブでみていましたが、生チャボ(というのもあれですが^^;)は初めて!
> 2人がステージの右と左にいるなんて、眼福というか至福というか、もう最高に幸せでした。

あの二人にしか出せない音だし、そしてみられないステージです。
でもそれは二人が並べばいいってわけじゃなく、LOSERだからこそ…だと思います。

> ライブの最後のほう、ふと「清志郎、来てんじゃないかな」なんて思ったりもしてました。

私は清志郎を感じましたよ。
あの日のLOSERからハッキリと感じていました。

Re: juve125 さん

> LOSERの4人かっこよかったですね♪
> 泉谷のポンコツ振りが可笑しかったですけど?

そのポンコツぶりも含めてカッコよかったです。

> 『国旗~』はもっとチャボに弾いて欲しかったかなぁ、横浜国大のDVDみたいに。

振り返ってみればそうかも。
でも、チャボはかなり弾いていたと思います。
こうした泉谷とのセッションでのチャボは、
普段あまり聴くことができないギターを弾くので、
毎回が楽しみだし、期待に応えてくれます。

> 『行きずり~』のチャボのコーラスではやはり泣いてしまいました。

あれはアタマになかったので、グッときました。
選曲したのもチャボなんじゃないかなぁ。
" 泉谷、これ演ろうよ。俺がコーラスするからさ " とか言って。

コメントありがとうございました。

下山さんかっこいい~!

もったいないくらいずっと目の前でしたよ~。
blueさん席替わってあげたかったくらいです~!^^

でも最初の泉谷さんの影の演出といい、
少し離れたところからでも泉谷しげるwith LOSER、相当かっこよかったんじゃないかなぁ。

私も下山さんと吉田さんがポーズとっているのを目撃しました(笑)
私も撮りたかったなぁ。電源切ってしまっていたので惜しかった。^^

Re: tamaさん

> もったいないくらいずっと目の前でしたよ~。
> blueさん席替わってあげたかったくらいです~!^^

いや、私の席のほうが音はよかったはずだからいいです(笑)。

> でも最初の泉谷さんの影の演出といい、
> 少し離れたところからでも泉谷しげるwith LOSER、相当かっこよかったんじゃないかなぁ。

そうです。全体を見渡せる位置のほうがよかったんじゃないかなぁ。
たとえ前で観られたとしても。

それにしても下山ファンが一気に増えたように思うのは気のせいかな(笑)。

日があきましたが・・・

かなりお久しぶりにコメントいたします。

LOSER、はるばる参戦しました。
今まで、一人で感想をもてあましておりました。

そうですね、ワタシのなかの三大ギタリスト、下山さんを聴くことができて、感激の一夜でした。
しかも、二度と聴くことがないとあきらめていた、LOSERを聴く日が来るなんて。
チャボさんと下山さんの融合も、たまらなかったですね。

席が、下山アンプの前の方だったので、下山さんは、かなり堪能しました。

あのファイヤーバードには、動揺しました。いつものジプシーズのストラトに違和感を感じてしまいました。

また・・・があることを願ってやみません。

Re: たたたさん

> しかも、二度と聴くことがないとあきらめていた、LOSERを聴く日が来るなんて。
> チャボさんと下山さんの融合も、たまらなかったですね。

おっしゃる通り、本当にたまらないです。
たまに思い出したようにでもいいので集まってほしいです。

> 席が、下山アンプの前の方だったので、下山さんは、かなり堪能しました。

かなり当時の音に近かったと思います。

> あのファイヤーバードには、動揺しました。
> いつものジプシーズのストラトに違和感を感じてしまいました。

やはりファイヤーバードを持たれてしまうと…。
私はギターを観ただけで感激してしまいますからね(笑)。

> また・・・があることを願ってやみません。

はい、願いましょう。
コメントありがとうございました。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ