2013 梅津和時 プチ大仕事 新宿PIT INN 2013.4.23

梅津和時&仲井戸麗市の共作「祈り」を初めて聴いたのは、
前回のプチ大仕事での場だった。
その後はMonthly CHABO梅津和時還暦ライヴGO!!60磔磔など、
それぞれでの二人の共演で聴いてきた。
梅津さんの曲にチャボが歌詞を付け、
梅津さんの弾くピアノでチャボがギターを(ほぼ)弾かずに、
遥かなる思いを君に伝えたいけれど、
その手立てがない夜はこのうたに祈る…という曲である。
初披露は2009年3月。

その時期と歌われる内容から僕が思っていたことはもちろん…だけれども…。
ただ、この日のラストに演奏された「祈り」は違った。
チャボ自身、この曲を育てていきたいと言っていたが、
経過した時間や、そのあいだに変化した僕の想いや気持ち、
さらに当日の気分などにより余計な感情を排除して聴くことができ、
単に素晴らしい曲として僕の耳から心に届いた。
単に…という表現は誤解してほしくないよ。
だって2009年3月に発表され、二人の中で育まれ、
実際に育ってきた梅津さんとチャボの共作である。
まぁ、これ以上の説明は不要だと思うけれど。
2013年4月、新宿PIT INNのステージ上に在ったのは、そんな名曲であった。

前回は梅津さんとチャボに、
アコーディオンの佐藤芳明が加わる新鮮な編成で楽しませてくれたが、
今回はギタリスト鬼怒無月が加わるトリオである。
特に変化球が投げられることはないだろう…と思っていたが、
チャボと鬼怒さんのコンビネーションがまったく想像つかなかったので、楽しみにしていた。

結果としては、チャボは1本のアコギで通し、
鬼怒さんが何本も持ち替えて音に色を添える形だった。
弾きまくるわけでもなく、変な表現だが " 場を読んだギター " と言ったらいいだろうか。
地味ではないが主張する鬼怒さんのギターは素敵だった。
それにしてもジャズコーラス(アンプ)にはよいイメージは無いんだけれど、
鬼怒さんのあんないい音を聴いていると使いたくなってくる。

プチ大仕事の他の日を観ていないのでわからないのだけれど、
この日に限っては梅津さんのライヴというよりも、
ゲストであるチャボを中心としたメニューで進行したので、
梅津さん&鬼怒さんの曲にチャボが入るという形も観てみたかった。
あえて強引にそんなケースを挙げるとしたら、
超絶スピードで突っ走った「BLUE MOON」だろうか。
曲の雰囲気や印象と違い、元々速いテンポの曲だけれど、この日は速いなんてもんじゃない!
笑っていいのか、感心したらいいのか、驚けばいいのか、よくわからなかった(笑)が、
聴きものだったことは間違いない。

このほかには梅津さんの歌う「ヴェトナミーズ・ゴスペル」、
SAXのインストにチャボがリーディングをのせた「リンゴの唄」、
三人がヴォーカルをとった「いい事ばかりはありゃしない」など、
この日ならではの演奏もよかったし、
中盤で披露された「ボスしけてるぜ」と「お墓」の連発は、
さすがに個人的な思い入れが形になる展開だったし、
チャボのソロからは「カビ」「打破」など1stからの選曲もうれしかったしと、
振り返ってみればかなりの充実したメニューだった。

長い付き合いのある二人であっても、
いつも新しい何かを感じさせてくれる共演であるなぁと、
あらためて思わせてくれた梅津和時と仲井戸麗市。そして鬼怒無月に感謝。
また素晴らしい音楽にふれることができたよ。
ありがとう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プチ大仕事、初めてでした。

チャボとやるからRC時代のシャツ着てくるなんて
なんてストレートな…いい人なんだろう梅津さん♪
チャボもニコニコしてて、何だか幸せな気分になれました。

レゲエ!と言ったけど『OK』収録のやつより
あまりレゲエぽくない「お墓」もチャボらしかったのかも
「Blue Moon」は何となく演奏が合っていないような部分が
あったように思ったけど、相当速かったわけなんですね? ^^

鬼怒無月さんは私は初めてでした。
ライブを1回観るとずっと前から知ってる人のような
気分になってしまいますが(笑)

Re: tamaさん

> チャボとやるからRC時代のシャツ着てくるなんて
> なんてストレートな…いい人なんだろう梅津さん♪

二人が一緒だった職場(笑)がRCだったわけですからねー。
それにしてもあのデザインだから82年だと思うんですが、
関係者だけに配られた非売品なんですかね?

> レゲエ!と言ったけど『OK』収録のやつより
> あまりレゲエぽくない「お墓」もチャボらしかったのかも

「お墓」は80年代のチャボのソロライヴでもレパートリーに入れていて、
昔から仲井戸ヴァージョンはカッコ良かったですね。

> 「Blue Moon」は何となく演奏が合っていないような部分が
> あったように思ったけど、相当速かったわけなんですね? ^^

相当速かった(笑)。
しかも途中で更に加速した(笑)。

> 鬼怒無月さんは私は初めてでした。

私は梅津さんの還暦ライヴで初めて生で観ました。
今回はじっくりと聴けて嬉しかったです。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ