新谷祥子×金子飛鳥 デュエット ~マリンバとヴァイオリン、声と声。打ち弾き歌う #2~ 南青山MANDALA 2013.4.18

新谷祥子と金子飛鳥の共演は2回目。
前回のライヴは、その初めて観て聴く世界を、
なかなかうまく言葉や文章にできなかった。
ただ音楽を感じたということしか記すことができずに、
何とももどかしい想いが残った。
今回は僕自身も2回目ということで、
ハッキリとした何かを感じられるだろうと思って臨んだが…。

いやいや、またまた二人の世界を前に言葉や文章を綴ることができないでいる。

CIMG4667.jpg

どんなタイプの曲も気を抜いて聴くことができない…と言っても、
決して緊張感が溢れてということでもない。
いや、きっと、絶対、確実に二人のあいだに緊張感はあるのだ。
でも、ステージ上でのそれは客側には(少なくとも僕には)見えないのである。

そうは言っても(よい意味で)リラックスして聴ける音ではないし、
しかも相変わらず視覚的にもカッコイイ二人なので、
耳だけでなく目でも追うことになり、
休憩が挟まれた二部構成のライヴ終了後は、かなりグッタリとなった。

ただ、このグッタリというのは、気疲れのそれではないと思うのだ。
今まで刺激されたことがない部分が押されることによる、心の疲労なのだろう。
だからライヴ後は気持ちがよいのである。
心地よいのである。

即興的でいて、
実は二人の音がビシバシ決まるアレンジも素晴らしい。
そしてこれまた前回も感じたことだけれど、
ヴァイオリンとマリンバと同じ比重で声…ヴォイスが残る。
決して通して歌が中心になっているわけではないのだけれど、
だからこそ二人の声が印象的だ。
あれは単なる歌声というだけではないような気がするよ。

まったく新しいヴァージョンになった新谷祥子の「黄昏ピーコック」。
二人のリアレンジ・ヴァージョンをいつかCDにしたいと言っていた金子飛鳥の「Still」。
シンディ・ローパー(!)の「タイム・アフター・タイム」。
本編最後に演奏されたファジル・サイという人の2曲のバラード。
アンコールでのラスト・ナンバー、カルメン・マキ&OZの「空へ」。
オリジナルもカヴァーもすべてよかったけれど、特に印象に残ったのがこれらの曲だ。
このめちゃくちゃな選曲(笑)もまた、彼女たちの特徴なのだろう。

言葉や文章にできないと言いながらもここまで書いてみた。

新谷祥子と金子飛鳥の二人による音楽は、
僕が聴いたことがなかった音楽であり、
僕が新しく知った音楽でもある。
素晴らしい。


★金子飛鳥さんが自身のサイトでこのエントリーを紹介してくださいました。
・4/18 Duo with 新谷祥子@Aoyama Mandara
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しかった!

愛を見つけるために世界をめぐる夜間飛行・・・みたいな時間でした(へんな例えですみません)。

愛と平和と自由と強さと柔らかさとユーモアと・・、と言ってしまうとぜんぜん伝わらないけれど、そんなものがいっぱいあふれていたなぁ。

Re: 夢風さん

> 愛を見つけるために世界をめぐる夜間飛行・・・みたいな時間でした(へんな例えですみません)。

あのライヴはうまい言葉にできないよねー(笑)。
本当に色々なものが二人の音楽には詰まっていると思います。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ