SHOUT of SOUL / 石橋凌 -2013-

昨年12月に行われた赤坂BLITZのライヴを中心にしたものではあるけれど、
単にひとつのライヴを捉えた映像作品ではない。
インタヴューや赤坂以外でのライヴも挟まれる。
それでも凝った編集がされているわけではないし、
変に意味を持たせている編集とも思えない。
ただ、今の凌の音楽活動をまとめて詰め込んだというだけだろう。
それなのに、この見応えと分厚い感動はどうだ。
しかも、その感動は今の凌とそのバンド、
そしてゲストの仲井戸麗市による音楽そのものだけで生まれるのである。

もちろんARBの曲が何曲も演奏される。
そして僕はARBのファンであり、RCサクセションのファンである。
しかも梅津和時に池畑潤二に藤井一彦までがいるのである。
もうこのことだけでOKだし、実際にそうでもあったのだけれど、
こうして作品として届けられたものを観て感じるのは、
やはり " 今 " ということである。
石橋凌が素晴らしいバンドと共に素晴らしい音楽を演っている。
それがすべてだ。
この作品は素晴らしい。
音楽が素晴らしいということをあらためて感じさせてくれる、
素晴らしい作品である。

見どころは全てと言いたいところだが、いくつか僕なりに挙げてみたい。
まずはアタマから4曲続くARBナンバー。
凌が言うところの " 音楽を義務感などで演るのではなく楽しみたい " が実によくわかる。
例えば「魂こがして」と「乾いた花」の連発。
これをARB時代のアレンジで演ったとしたら、そりゃ盛り上がるだろう。
しかし、続く「HIP,SHAKE,HIP」と「Heavy Days」を含め、
凌は時おり笑顔を浮かべながらリラックスした雰囲気と表情で歌う。
バラードになった「魂こがして」のシャウトも、決して鬼気迫るものではない。
そこにあるのは、まさに凌が演りたい音楽だったのだと思うのだ。
その後に演奏されたARBナンバーでもそれは同じである。

南青山MANDALAで観たときは、まだ僕には演奏の向こうにARBが透けて見えていた。
でも、それはきっと僕自身の精神的なものが原因だったのだろう。
凌には申し訳なかったかもしれないが、
80年代に魂こがしていたファンだから許してほしい(笑)。

そして 『表現者』 からの曲たち。
ライヴでこうして聴いてみると、凌のPOPな面がよく出ているよなぁ。
曲の本質はアルバムで聴くよりもライヴで出ることが多いと思うので、
その意味ではライヴ・ヴァージョンの『表現者』は、また違った魅力を見せてくれた。
凌はいい曲を書くよ。

さて、仲井戸麗市だ。
ライヴはともかく、映像作品になってもここまでフィーチャーされるとは思わなかった。
だから僕にとっては最高である。
だってさぁ、カヴァーのセッションは無いが共演はほぼコンプリートだぜ。

チャボの歌とギター、そして凌のバンドの一員としての存在感と馴染み方。
素晴らしい相乗効果を生んでいるのではないか。
これは僕の言葉なんかより実際にみてもらうしかない。

ラストに収録されている「パブでの出来事」。
この曲を凌の歌で聴くのは、80年代のある日の日比谷野音以来だった。
ライヴ当日はそんなこともあっての驚きと楽しさでいっぱいだった。
しかし、この作品で観られるこの曲のロック的な切なさは何なんだろう。
曲の終盤で、凌がバンドのメンバーを一人ずつ紹介する。
紹介されたメンバーは各自でソロを回していく。
このシーンがあまりにも感動的で泣けてしまった。
いや、本当に僕は観て泣いてしまった。

凌が楽しむ。
バンドが楽しむ。
それを観て聴く僕たちが楽しむ。
最高じゃないか。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ