崩れ落ちる前に/モッズ from『FIGHT OR FLIGHT』-1981-

RCサクセションの『RHAPSODY NAKED』を聴いたとき、
スピーカーの前には1980年の僕がいた。
それどころか、あのときの僕の部屋全体が1980年になっていた。
嘘じゃない。

音楽の素晴らしいところは、
聴いていた当時の景色や空気やフィーリング等を一瞬にして思い出させてくれることだ。

1980年から1982年あたりにかけて聴いていたバンドやアーティスト達の作品には、
今でもシンパシーを抱く。
そして、それぞれがこの時期に発表したアルバムには特別な思いがある。

RCサクセションの『RHAPSODY』(80)と『PLEASE』(80)。
そして『BLUE』(81)。
ARBの『BOYS&GIRLS』(81)と『指を鳴らせ!』(81)。
そして『W』(82)。
ルースターズの『THE ROOSTERS』(80)と『a-GO GO』(81)。
そして『INSANE』(81)。
シーナ&ザ・ロケッツの『ピンナップ・ベイビー・ブルース』(81)。
佐野元春の『BACK TO THE STREET』(80)、『HEART BEAT』(81)。
そして『SOMEDAY』(82)。
山下久美子の『雨の日は家にいて』(81)と『Baby Baby』(82)。

それぞれが強烈な出会いだったし、今こうしてタイトルを並べてみても物凄いラインナップだ。

当時の僕は、九州から登場した所謂めんたいビートと呼ばれたバンドが大好きであった。
ロッカーズを除いて(笑)。
特にルースターズとARB。そしてもうひとつ。
上記を見てもらえばわかるだろうが重要なバンドが抜けている。
もちろんそのバンドだ。

『FIGHT OR FLIGHT』(81)、『NEWS BEAT』(81)。
そして『LOOK OUT』(82)。
森山達也率いるTHE MODSである。

そのモッズの1stである『FIGHT OR FLIGHT』。
それをそのままレコーディングし直した、
その名も『FIGHT OR FLIGHT-WASING』(06)というアルバムがある。
良くあるセルフ・カヴァー作とは違い、アルバム一枚を丸ごと新録音しているという点が面白い。
これがメチャクチャカッコ良いのだ。
新録音というよりも、スタジオ・ライヴ・レコーディングだろう。

曲のパワーは変っていない。それどころかスケール・アップしている。
一曲目の「不良少年の詩」。例のイントロのギターを聴いただけで燃える(笑)。

話は変るが、森山達也が書く曲は日本人が好む短調のメロディを持つものが多く、
それはギター一本でも弾き語ることができる、しっかりとしたメロディである。
早いビートの曲でもその特徴は消えない。
優れたソング・ライターである。もっと評価されてもいいだろう。

さて、このアルバムが素晴らしいのはセルフ・カヴァーだけではない。
実はCDとDVDの二枚組なのだが、そのDVDが凄いのだ。

DVDには1982年6月20日、日比谷野外大音楽堂でのライヴが収められている。
ピーンときましたか?
そうです。雨の野音と呼ばれている伝説のライヴが収録されているのだ。
このライヴについては、ファンでなくともどこかで聞いたことがあるだろうし、
写真で観た事もあるだろう。

ライヴの途中で雨が降ってくる。それはだんだんと激しくなり、完全な豪雨となる。
しかし演奏は最後まで続行された。
実際にアンコールの数曲では苣木のギターの音がどんどん消えていく。
森山もギターを捨て、マイクさえも捨て、ドラムとベースだけで曲が進む。
ラストの曲では北里もベースを捨てる。凄まじい。
しかし、そんなバンドを支えた4000人の観客の合唱は感動的である。

モッズはデヴューからメンバーは不変だったが、今年2月にドラムスの梶浦が脱退した。
本人からのメッセージが公式サイトにアップされているのを昨日知った。
これを見て、僕はこのDVDを引っ張り出したのだ。

画面に映るモッズはデヴュー一周年。雨があっても無くても美しい。
もちろんこの映像を観ていた昨夜の僕は十代に戻っていた。

僕が80年代初頭に聴いていたバンドが無くなっていったり形を変えていくのは、やはり寂しいな…。


THE MODS / ロッカホリック(2006/06/21)
Amazonランキング:20519位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

THE MODS
いつからでしたっけ?
TWO PUNKSを歌わなくなったのは。
そのあたりからオレもMODSを聴くことを封印してきました。
LIVEの視聴ができたので久しぶりに聴いた(観た)ら
年は食ってるけど ぜんぜん変わってねぇじゃん!
ちょっと嬉しい。
でも、3人になってしまったんですね。
そこはちょっと残念だな。

KENBOさん

>TWO PUNKSを歌わなくなったのは
そんなことがあったのですか?
私はEPIC期以外は聴かなくなっちゃいましたから、詳しくは無いんですよ。
だから大きなことも言えませんが(笑)。ただ、周りには大ファンがいたなぁ。

今でも思い出したように初期のアルバムは聴きますね。

MODS

自分がMODS初めて聴いたのは「夜のハイウェイ」です。

かなりヘビーに聴きましたね。
あのアルバムは。

ただ、当時あまりMODSが好きだと公言できない感じが自分のまわりであって・・(汗)

森山達也、自分の中では好きなボーカリストベスト3に入ります。

異色のソロシングルもありました

>その名も『FIGHT OR FLIGHT-WASING』(06)というアルバム
全然知りませんでした。こんなアルバムが出ていたことも、そして、梶浦氏の脱退も…。
この記事にインスパイア(!)されて、私もモッズのことを書いたりしたのですが、相変わらずトラバが反映されませんでした。申し訳ありません。

あぁ、「LOVE、かくし色」のPV、発掘したいなぁ…(どこかにあるはずなのです)。

恭さん

>初めて聴いたのは「夜のハイウェイ」です。
>かなりヘビーに聴きましたね。
私は『LOOK OUT』かなぁ、いちばん聴いたのは。
土屋昌巳がプロデュースに絡んだのも理由のひとつです。
大学に入り、某音楽サークルデヴューで演奏したのが「LET'S GO GARAGE」ですよ。
「TWO PUNKS」も「ごきげんRADIO」も演りました。だから結構思い入れありますよ。

>森山達也、自分の中では好きなボーカリストベスト3に入ります。
おー、まじですか!
記事にも書きましたが、音楽的にもMODSはもっと評価されてもいいと思います。

月見家さん

『FIGHT OR FLIGHT-WASING』はお薦めですよ。もちろん後ろ向き企画なんかじゃありません。
まさに今の音で鳴っています。カッコイイです!

>LOVE、かくし色
以前は中古屋でも良く見かけたのですが…。

さて、月見家さんの記事にある『ライブ帝国 FUKUOKA ROCK INVASION』ですが、
これにモッズが収録されたのは例外中の例外だと思います。
EPICモノがこういうケースで出るのは極めて稀なんじゃないかな。
モッズは単独でも出ていますね。
だって、ファイティング80'sなら佐野元春が出ないのは絶対におかしいですもん。

初めまして!

伝説の野音!!完全バージョンをぜひ!みんなに見て欲しいですよねぇ!当時はガキだったから、モッズの事知らなかった、、、やっぱり、その後の、激しい雨が~で、ヤラレましたね!それ以来ズウ~っと、今まで、森やんには、モッズには、ヤラレっぱなしですね!!最高!!もっともっと、一人でも多く、モッズの曲を知って欲しいですね!!

スー。さん

コメントありがとうございます。

モッズは大好きなバンドですが、同時期のバンドで私が熱中していたのは、
RC以外ではARBとルースターズでした。
でも、周りには必ずモッズ・ファンがいたので、音はずーっと聴いていましたね。
今年ライヴに足を運びたいと思っているバンドのひとつです。

今夜も雨ですね!

返事ありがとうです!! ライブ、、、この二年位は仕事の都合で、行けてないです。それ以前は毎年一回は必ず行ってましたね!一人で、、、寂しく。(;´д`) 20周年の野音は、感動でしたね!泣きそうでしたよ。。。あ!ARBの解散ライブかな?代々木体育館だったかな?あの時は、途中に、氷室が登場しましたよね?ビックリしましたね!あれには!再結成した時は、嬉しかったけど、音的には、なんか、、、ピンとこなかったなぁ~正直、、、あとは、好きなロッカーは、ストリートビーツ、世代的に、佐野元春(初期の頃。浜田省吾、矢沢永吉、甲斐バンド、など、、は良く聴きましたね! まあ、今でも聴くのは、どうしても、この辺ですねぇ。どうも、流行りの曲はダメですね!グッとくるモノが無いですよね?何故売れてんのか、わからないですね! ただ、自分がジジーになったからか?いやいや、そんな事は、、、ねぇ!?

スー。さん

ARBは、どうしても田中一郎在籍時の流れで当時は追っていましたから、
斉藤光浩~白浜久在籍時の音にピンとこなかったのかなぁ…なんて思います。
ただ、再結成後は、私は結構盛り上がりましたよ(笑)。
こういったことに関係なく、独立した作品としてそれぞれを聴けば、
今では白浜期ARBのアルバムは名作だと思っています。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ