THE SOLAR BUDOKAN 日本武道館 2012.12.20

佐藤タイジや出演したゲストたちに対しての思いや知識もバラバラだし、
当然のように音楽的志向の好みもあるから、
こういったライヴやフェスはどちらかというと通して楽しめないことが多いのだけれど、
この日は出演者の個人的好き嫌いなんかはまったく関係なかった。
ただ音楽の素晴らしさに圧倒され、打たれた感動的な夜になった。

個人的には仲井戸麗市の白眉。
ファンだから…を差し引いてもこの日のハイライトはチャボだったと思う。
ファンだからそう感じられたのかもしれないけれど、そうではないことと信じる。
それほどこの日のチャボはすごかったからだ。
今後、自分が観たチャボのライヴを振り返ることがあるたびに、
きっとこの夜を思い出すことだろう名演、名シーンだった。
もちろんバックを務めたシアター・ブルックの存在を抜きには語れない。
もしここを読んだ人が「そりゃ的外れだ!」と感じたら申し訳ないけれど、
思い切って例えとして挙げさせていただく。
仲井戸麗市とシアター・ブルックによる「ガルシアの風」は、
ボブ・ディランとザ・バンドによる「ライク・ア・ローリング・ストーン」のようだった。

CIMG3313.jpg

ソーラー武道館について今思うことは、
それぞれのゲストについて、誰が出て何を歌ったと書き連ねても、
おそらく観ていない人にはなかなか伝わらないだろうということだ。
前座(笑)として客入れの時間に演奏したインディーズ電力とサンパウロから、
最後のオールキャストによる「ありったけの愛」まで、通して観て聴いてこその感動だった。
だから、いくらチャボが素晴らしかったと言っても、そこだけをピックアップし、
ゲストのトリだったから云々ということではなく、
アタマから通して数々の出演者があの順番であの曲を演奏した後のチャボ…、
であったからこその感動だと思うのだ。

そうはいっても、グッときたゲストを挙げてみる。

まずは和田唱のキュート(ぼく的にはこの表現がピッタリ)なパフォーマンス。
1曲じゃ足りなかった。彼はギタリストとしてもカッコイイ。
見せるミュージシャンだよなぁ。

ラヴ・サイケデリコも武道館に映えていた。
また単独ライヴも観に行きたい。

そして土屋公平とCharのアコースティック・セット。
公平の曲は初めて聴くものだったが、よかった。
太陽のきれいな電気でギターを弾きたかった…というMCも印象的。
Charは「シャイニン・ユー・シャイニン・デー」と「スモーキー」。
バンドで聴いてみたかったという気持ちもあるが、それは終わってから思ったこと。
観ている最中は微塵も感じていなかった。

吉川晃司のオーラに奥田民生の迫力に斉藤和義の鉄板。
特に斉藤和義の「やさしくなりたい」はいつ聴いても響いてくる名曲なので、
ここだけはライヴのテーマと関係なくじーんとしてしまった。

もちろん他のゲストもそれぞれが素直に音楽を楽しむ姿勢が伝わってきてたし、
それがひとつにまとまっての3時間以上だったわけで、
やはり感動的な空間だったとあらためて思う。

CIMG3314.jpg

もちろん忘れてはならないのは、出ずっぱりの佐藤タイジの存在だ。
おそらく、最初から最後まで彼にはずっとスポットがあたっていたと思う。
ライヴを通して常に主役であったのだが、彼だけが突出して目立つということはなく、
ゲストに対して引きと押しのバランスが絶妙で、
それでいて彼自身が全体をしっかりと引っ張っていた。
大役を終えて疲れただろうが、疲労感よりも達成感が上回っているに違いない。
ライヴの主役として素晴らしかったし、カッコイイと思った。
そして武道館デビュー。おめでとうございます。

p.s.
チャボは「ガルシアの風」のみだったけれど、実はもう1曲、演奏していた。
それはRCサクセションの「よォーこそ」。
演奏していないが、演った。
僕はチャボの思いを想像し、感動するしかなかったけれど、
あれをファンはどうとらえただろうか。
特にライヴを終えた今、そんな想いを強くしている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

「よォーこそ」!

わぁ~!と思いました。ただ嬉しかったですよ、私は(笑)
その瞬間はRCのチャボになってた気がします。 
12月クリスマス間近の武道館です。さらにはソーラーエネルギー。
清志郎への想いとともに溢れ出ちゃったと思います(笑)。

「ガルシアの風」、はい、いつもよりも感動でした。
最後シアターブルックにステージを譲るように
早めにステージを去ったように思えたのですが
それも何か印象的だったです。


Re: tamaさん

> わぁ~!と思いました。ただ嬉しかったですよ、私は(笑)
> その瞬間はRCのチャボになってた気がします。 
> 12月クリスマス間近の武道館です。さらにはソーラーエネルギー。
> 清志郎への想いとともに溢れ出ちゃったと思います(笑)。

私はねぇ…「チャボ、何言ってんだよ」って最初は思いました(笑)。
何てこと言うんだよって。感動しましたし、時間が経つにつれじーんとしてきます。

> 「ガルシアの風」、はい、いつもよりも感動でした。

あんなヴァージョンは初めて聴きました。
違う曲になっていましたね。
この曲が持つ、まだファンも気付いていなかったパワーを、
シアター・ブルックが引き出してくれたように思います。

> 最後シアターブルックにステージを譲るように
> 早めにステージを去ったように思えたのですが
> それも何か印象的だったです。

あぁ、確かにここも印象に残るシーンでしたね。

No title

「ガルシアの風」を聴きながら
Blueさん来てるかなあとは思っていたんですが、
やっぱり参戦していたんですね。

帰りながら「チャボのあの曲…」って
話しながら歩いている人を何人かいて嬉しくなりました。
フェス形式のいいところはチャボやシアターブルックと
あまり接点がない人とつながれることですよね。
チャボは本物の大トリでした。

Re: 編集人さま

> 「ガルシアの風」を聴きながら
> Blueさん来てるかなあとは思っていたんですが、
> やっぱり参戦していたんですね。

そんなときに私のことなんか思い出していただいてありがとうございます。

> 帰りながら「チャボのあの曲…」って
> 話しながら歩いている人を何人かいて嬉しくなりました。

そうでしたか!
私は耳にできませんでしたが、そんな人は少なくないと信じます。

> フェス形式のいいところはチャボやシアターブルックと
> あまり接点がない人とつながれることですよね。
> チャボは本物の大トリでした。

おっしゃる通りだと思います。
こんなフェスならばこれからも体験したいと思います。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ