石橋凌 SHOUT of SOUL 赤坂BLITZ 2012.12.16

知らない曲がまったくないライヴというのは、こんなにも最高なものだろうか。
しかも自分の思い入れを裏切らない曲が演奏されるのである。
最高という最高なことが目の前で展開された。
初体験の石橋凌フル・サイズのライヴは、
今年に僕が観た中で、おそらくBEST3には入るだろうライヴだった。

CIMG3307.jpg

オープニングは伊東ミキオと梅津和時と3人で「魂こがして」。
二人の演奏に迎えられて真っ白なコートでステージに現れたのは、
僕が知っている、僕が待っていた、そして僕が大好きな石橋凌だった。

いきなりアタマからクライマックス的にバラードを決めてくれたが、
このオープニングの印象が薄れてしまうほど、
ここから最後までが本当にとんでもなく最高のライヴだった。

だって 『表現者』 収録曲もレコーディング・メンバーとでぶちかますわけだ。
そのメンバーは、あんなメンバーなのだから、そりゃぁ最高だろう。
そしてARBのセルフ・カヴァーは、これまでのライヴで聴けた曲に加え、
この日は「Do It! Boy」に「R&R AIRMAIL」が聴けた。
そしてライヴのラストには何と「パブでの出来事」!
この3曲を凌の歌で聴いたのはいったい何年ぶりになるんだろう?

会場にはカメラが入っていた。
映像作品として発表されるらしいので、僕なんかの文章よりも、
それを観てもらえればどんなライヴだったのかがわかるだろう。
しかも、開演前にアナウンスされていたように、客席をたっぷりと映していた。
凌のスタンド・マイクにも客席側を映すカメラが付いていた。
会場が一体になった…いや、
一体になった会場の雰囲気がバッチリとパックされたハッピーな作品になるだろう。
今から楽しみだ。

     **********

もちろん僕が楽しみにしていたことに、仲井戸麗市のゲストがあった。
チケットをとった時には発表されていなかったので、
まさに僕には最高のサプライズ!
少し早いクリスマス・プレゼントだった。

凌はチャボがギターを弾くだけにとどまらず、
「いい事ばかりはありゃしない」を歌わせるという見せ場も用意してくれていた。
南青山MANDALAで観たように藤井一彦も、さらに伊東ミキオまでもがヴォーカルをとる。
聴いていて、観ていて自然に笑顔になる演奏だった。

麗蘭ライヴの直後だったが、チャボは疲れたようなところはなく、
それどころか終始うれしそうに、楽しそうに笑顔でギターを弾いていた。
僕が素晴らしいと思うのは、あれだけ記名性があるミュージシャンなのに、
こうした出演では、チャボはバンドのいちメンバーになることだ。
まったく違和感なく溶け込んでいる。
それでいてしっかりと主張するし、他のメンバーもたてる。
さすが仲井戸麗市である。

     **********

中盤のMCで、凌はお客さんに向かってこう言った。

  テレビやスクリーンの中ではなく、ライヴで会いましょう

そうだよ、凌。
もう音楽から離れないでくれよ。
僕にとっては忌野清志郎に続いて名が挙がるロック・ヴォーカリストなんだから。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ