花田裕之

つい先日、土屋公平のソロ・ライヴのゲストに花田裕之が出演した。
たった四曲のセッションだったようだが、
ストリート・スライダーズ在籍時に発表した名曲「届かぬラブレター」。
そして亡くなってしまったからだろう、
ウィルソン・ピケットの「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」等をプレイしている。

それにしても、スライダーズもルースターズも、
そのデビュー時からファンで目にして耳にしてきたが、
二つのバンドが現役の頃は、この二人のセッションなど想像もできなかった。
というか、絶対に当時はありえなかっただろう。
お互いにストーンズに対してのシンパシーが感じられるバンドだったが、
そのアプローチや消化が異なっていたし、
ルースターズはバンドの音がどんどん変化していったこともあり、
当時は接点などは感じられなかった。こんな二人が今行ったセッションは、
いったいどんなものだったのだろう。

現在は旧友である池畑潤二と下山淳とともにROCK'N'ROLL GYPSIESで、
後期ルースターズを彷彿させる轟音ロックン・ロールをクールにぶちかましている花田であるが、
平行したソロ活動ではその逆で、孤高のブルース・マンといった存在になりつつあるようだ。
それどころか、ルースターズや布袋寅泰と演っていた頃の派手で華やかなイメージよりも、
枯れた味わいのほうが今では一般的かもしれない。

僕も所謂CDショップで、ギターの弾き語りで演ったインストア・ライヴを観たことがある。
その時は「あれ?こんなに渋かったっけ?」のような軽い違和感をおぼえたものだ。
もちろん、それは良い意味で。

僕の場合はどうしても大江脱退後の下山淳とのルースターズが強烈で、
一般的なファンのイメージ…というよりも、
決定的なイメージである「大江慎也=ルースターズ」ではなく、
「花田=ルースターズ」である。
こんな自分なので、アコギを片手に渋くキメる花田を観るのは新鮮であった。
元々ニール・ヤングをフェイヴァリットにあげるミュージシャンであったから、
こういった二面性を出せるのは、まさにニール・ヤングっぽい点かもしれない。

さて、ギタリストとしての花田裕之である。
僕はライヴもレコードも大江が抜けたあとのルースターズにのめり込んでいたので、
初期の姿を観たのはほんの数える程度だ。
ただ、今では昔の映像や音源がいくつか発掘されているので、
冷静に観て聴いて振り返ることもできる。
いい時代になった。

まず、ルースターズ時代。
初期は早いビートのロックン・ロールで、
何ともカッコイイとしか形容できないギターを弾いていた。
3rdアルバム「インセイン」以後はアルバムごとにバンドが変化していくのに比例し、
ギターも重いディストーションでヘヴィさが加わったり、
「DIS」のような冷えたアコースティックっぽさが出たり、
「Φ」のようにクリアなサイケ?っぽさを聴かせてくれたりと、
バラエティに飛んだギターをその都度弾いていた。

大江脱退後は下山の個性が花田にそのままぶつかり、
激しい衝突の中から生まれるロックとなる。
まったくスタイルが異なる二人のギターも、
当時のルースターズにおいては良い化学反応が起こり、
何倍にもなって僕らの耳に届いた。

ただ、実際にはこの時期は、
ほとんど花田のギター・プレイは目立たなかったのが残念。
ヴォーカリストでもあったのと、下山淳という素晴らしいギタリストがいたためだ。
仕方が無いだろうな。

とにかくアルバム「KAMINARI」以降のルースターズは、
日本でいちばんカッコイイギター・バンドだったと思う。
サイケでビートがあってハードで。

●この一枚 ライブ帝国/THE ROOSTERS→Z -2003-
80年と87年の映像を観ることができる貴重なDVD。初期と後期の違いがハッキリわかる。
80年のライヴは最高。
特にレスポールを抱えてロックする花田はグッド・ルッキンなこともあり、素敵。
87年のほうは、残念ながら今ひとつ。音もペラペラである。
実際のルースターズはこんなものでは無い。

/ (2003/10/22)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:




次に、ソロ時代。
まずは1stソロを布袋寅泰とのタッグで制作。ライヴも行った。
リズム隊は松井に池畑。この4ピースのバンド、今では伝説だろう。
僕は渋谷公会堂で目撃。観ることができて良かったと思う。

アルバムは花田が全面的にプロデュースを任せたために、布袋色が強く出ていた。
これはさすがに一部のファンには不評だったようだが、僕は好きである。
布袋から見た当時の花田像という感じでもあったのだろう。
さらに、ルースターズの曲をライヴで演奏する布袋を観られたのもオマケとして嬉しいことだった。

●もう一枚 Live JOY for U/山下久美子 -1991-
意外なアルバムと思われるだろう。
この時の山下久美子のレコーディングとライヴにギタリストとして参加。
しかもライヴでは、いまみちともたかとのツイン・ギターだった。
これも今となっては貴重だ。
単純にギタリストとしての花田を聴くのはこのアルバムが最適。
特に「君がいれば」でのイマサとのギター・ソロ・バトル。
こんなギターを弾く花田はここでしか聴けない。
ちなみにビデオも発売されているので、CDよりもそちらがお薦め。

山下久美子 / EMIミュージック・ジャパン(1991/11/06)
Amazonランキング:337381位
Amazonおすすめ度:




そして再び下山らルースターズのメンバーと結成したROCK'N'ROLL GYPSIES、
ソロ・バンドの活動等で現在に至るわけだ。
また、フジ・ロック・フェスでのオリジナル・ルースターズ復活も記憶に新しい。

自身の活動以外のゲスト参加は少ないミュージシャンなのが不思議だ。
ギタリストとしても魅力的なのに。

※オマケ:花田が薦めるアルバムの記事はこちら → レコセル花田裕之



※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。


Blue1981
2006/02/01 2:53

yukoさん

蘭丸とのセッションは、今でもどうにも想像ができません。実際に観て聴きたかったです。
ただ、もう少し時間が経って後から振り返ってみたら、結果としてこれは凄く貴重なセッションになっていそうな気がするなぁ。

磔磔のライヴでじっくりと観ちゃってください。下山も凄いけど。


yuko
2006/01/31 15:40

(http://spaces.msn.com/yuko-music/)
こんにちは。
花田さんのギター とってもブルージーだったですよ。
クールに弾いていたなー って印象です。(あんまし見えなかったのだけど)
今度じっくり 聞いてみたいと思います
花田さんは磔磔に3月2回もくるみたいですよ~
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

Blueさん はじめまして。
佐野元春というキーワードで検索して、
こちらの素敵なblogに漂着しました。

僕もルースターズが大好きです。
昨年北海道での夏フェスRSRFESにて、
初めて生で大江氏&花田氏を観ました。
1曲目がロージーでとても興奮しました。

僕は山形という東北の田舎に住んでいるのですが、
3月24日にROCK'N'ROLL GYPSIESがやってきます。
しかも、
僕が自分のバンドでいつもライブをやっている、
とてもとても小さいライブハウスに!
至近距離で彼らの演奏が観れると思うと…
とても楽しみにしています。

Blueさんのこちらのblogは、
とても素敵で面白そうなので、
またお邪魔させていただきます。
よろしくお願いします。

T.Satoさん

コメントありがとうございます。

>佐野元春というキーワードで検索して
佐野元春は大好きですが、ブログではほとんどとりあげないので申し訳ないです v-13

>ROCK'N'ROLL GYPSIESがやってきます
おー、それは楽しみですね。ちなみに山形って下山の故郷じゃないですか!
ルースターズ時代の下山ヴォーカル曲を演ってくれるかもしれませんね。

是非、また遊びに来てください。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ