ROAD TO THE SOLAR BUDOKAN TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA STUDIO 2012.11.24

12月20日開催される「THE SOLAR BUDOKAN」に向けて、
LIVEへの意気込みなどをTALKしつつ、
アコースティックLIVEも行われるスペシャルなイベントです。
参加は入場無料!

タイトル:ROAD TO THE SOLAR BUDOKAN
開催日時:2012年11月24日(土) 21:30
場所:渋谷店 B1F「TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYA STUDIO」
出演:佐藤タイジ、仲井戸麗市、浜崎貴司、和田唱、高野哲

     **********

というものに行ってきた。
寒い中、2時間ほど並んで入場番号付き観覧優先券なるものをゲット。
並ぶのは辛いかなぁと思っていたけれど、
たまたま隣が知っている人だったので、配布時間まで色々な話をして過ごせた。
チャボとの出会いなど昔話を久しぶりにすることができ、楽しかった。
寒さについては、相馬で並んだ時のことを考えればこの日は夏のようなもの(笑)。
待ち時間は短くなかったが、まぁ何とか大丈夫だった。

予定通りの開演時間にスタート。
各出演者の軽いトーク&ライヴというプログラムだったが、
ちょっとしたEvent並みの内容で、これが無料とはラッキーだった。

チャボの出演はトップ。
いきなりの出演かーと思ったが、それには理由があったのだ。
何とMCで " 今日は俺の奥さんの誕生日なんだ。だから最初に出て早く帰る " と発言(笑)。
なるほど理解できたよ…なのだが、おおくぼさんの誕生日を公の場で話したのは、
もしかしたら初めてのことじゃないだろうか。
実にチャボらしいことではあるが、おおくぼさんに後で怒られていないか心配だ(笑)。
" チャボ、何であんなこと言うの! " って(笑)。

チャボはタイジと2曲の演奏を披露。
「これはセッション」と「ガルシアの風」。
前者は1コードで引っ張る即興のジャム。
昨年の一連の恩返しシリーズでの「適当ブルース」が思い起こされる。
2曲とも無難に、しかしバッチリと決めていった。
それにしても、こういったセッションも難なくこなすようになったなぁ。

その他の出演者の中では、
いつかの麗蘭の前座で観た以来の高野哲とタイジによるインディーズ予備電力が良かった。
本番当日はうつみようこがここに加わりインディーズ電力になるわけで、楽しみである。

全体的には、短い時間ではあったが、佐藤タイジの想いや気持ちも十分に伝わってきた。
気軽に参加できた企画であったけれど、内容は濃く、感動的なものだったと思う。
参加できてよかった。
12月20日の当日も楽しみにしている。

     **********

チャボはまっすぐに帰宅したのだろうか。
それとも渋谷か新宿あたりでおおくぼさんと待ち合わせをして、
二人で食事に…というパターンもありだろう…なんてことを、
余計なお世話だけど想像しながら帰路についた。
おおくぼさん、お誕生日おめでとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ