新谷祥子マリンバ弾き歌い one of the marmba roads 六本木STB139 2012.9.26

新谷祥子と仲井戸麗市の共演はもう何度目になるのだろう?

CIMG2485.jpg

頻繁ではないにせよ、既にそれなりの回数を重ねてきているので、
お互いのステージ上での呼吸と言うものもわかっているだろうし、
いい意味で余裕も見せられるのではないかと思うのだが、
この二人は毎回が初めての共演のようなセッションとなる。
ただし、あくまでも初めてのような…である。
もちろん初めてではないし、本気のセッションを繰り広げてきた二人なわけで、
目の前で観て聴けるのは、それはそれはとんでもない演奏と歌である。

CIMG2489.jpg

ライヴは二部構成。
第一部は山本祐介(vVibraphone)、第二部は仲井戸麗市がゲストで出演し、
二部の終盤から三人でのセッションとなるという構成だった。

ライヴのたびに新曲が発表されるのは相変わらずで、
まずはオープニングを飾った(タイトルは「美しい人へ」だったかな?)曲。
マリンバ弾き語りの王道と言ったキレイなメロディを持つ、
まさに僕が好きな新谷祥子…という曲だった。
そして圧巻だったのが第二部のラストに演奏されたナンバーだ。
タイトルは「クラクションが鳴りやまない」というようだが、
新谷さん自身が今回の三人用にカッコイイ曲を描いたと言っていた通りの曲だった。
所謂、一般的な楽器でのバンド編成ではないトリオだったのだが、
出していた音の力強さはどんなハードロックにも負けないものだっただろう。
彼女の曲の中では異色かもしれないが、これは代表曲になるような気がする。
そしてこうしたまったくタイプの違う曲を、
同時に違和感なく聴かせてしまうのも素晴らしいと思った。

さて、彼女のライヴはオリジナル以外にカヴァーも楽しみのひとつなのだが、
今回もいつものように直球ど真ん中の曲を取り上げてくれた。
それは第一部で演奏された荒井由実の「あの日に帰りたい」。
マリンバとヴィブラフォンでのアレンジがバッチリだった。
ただでさえ…の名曲に新たな魅力を与えていたと思う。

即興で演奏されたという山本さんのオリジナル「ゴールデン・モンキー」も聴きもの。
手拍子から踏み鳴らす足までも含め、全身で音楽する二人を観ているだけでも楽しめる。
派手さはなかったけれど、見応え聴きごたえがある第一部だった。

CIMG2490.jpg

第二部は太鼓の叩き語り(?)でスタート。
前回ここで観た林英哲さんとの共演を思い出した。

そして、いよいよ仲井戸麗市との共演が始まる。
まずは「November Travail」を軽く…しかしバッチリと決めた。
その後の二人の共演は本当に本当に本当に素晴らしいものだった。
意外だったのはチャボと共演した新谷さんのオリジナルを演奏すればいいと思うのに、
わざわざチャボの曲を取り上げていたところ。
でも、これは新谷さんらしいとも思う。

凄いと思ったのが「ホームタウン」だ。
この曲はチャボのソロ弾き語りで聴く機会が多いのだけれど、
そこでは良くも悪くも自由な演奏と歌、構成になるわけだが、
新谷さんとのセッションでは、そういうわけにはいかない。
しっかりと決められた中でのチャボのギターと歌は、
最近のチャボのソロでは決して聴くことができないものだ。
しかも、チャボがゲストという立場であるからして、曲への集中力も違う。
これはどちらが良い悪いというのではなく、その質が違うということだ。
結果、「ホームタウン」の楽曲本来の姿かたちを聴くことができたように思う。
それこそ発表された1990年のツアー時の匂いを感じたような気になった。
こういうチャボを引き出す新谷祥子という存在は実に貴重だと思った次第だ。

さらに輪をかけて凄いと思ったのが三人で演奏された「BLUE MOON」だ。
これまでの二人の共演でもかかさず演奏されている(はずだ)が、
今回の三人ヴァージョンのあまりにもの美しさに、涙が出そうになった。
雰囲気に反して力強さを感じる演奏が多かった曲なのに…。

アンコールのラストは「風よはこべ」。
この曲は個人的にとんでもない名曲だと思っているし、事実そうなのだが、
この日は映像が浮かぶ演奏になっていたように思う。
三人用に新たにアレンジし直されていたからか、
聴いている最中は圧倒されながらもアタマにはどこか無国籍な景色が浮かんでいた。

CIMG2488.jpg

アンコールで出てきた新谷さんはカリンバで即興曲を歌った。
優しくわかりやすく暖かくポジティブなメッセージに打たれた。
人間なんて…そうだよな。
明日は明日の風に…そうだよな。
また新たな気持ちでがんばれるよ。

来てよかった。観て、聴いてよかった。
こんな風に思えるライヴは多くはないけれど、この日は間違いなくそんなひとつ。
新谷さん、ありがとう。


P.S.
二人の共演の定番でもあるストーンズの「アウト・オブ・タイム」。
もちろんこの日も演奏されたのだが、
実はその前に新谷さんはチャボの創った日本語詞を朗読した。
それを聴いて思ったのは、単なる適当に曲に乗っけられた歌詞なんかではなく、
実に感動的なエッセイになっていたことだ。
わざわざ「アウト・オブ・タイム」に当てはめて歌わなくても、
それこそ『だんだんわかった』や『1枚のレコードから』に収録されていてもおかしくない。

歌われる歌詞。
聴こえる歌詞。
読まれる歌詞。
刻まれる歌詞。

思い出しただけでも泣けてくる。
ハイライトだった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしかった!

こんな言い方は誤解されそうだしどうかとは思うのですが、新谷さんのライブにゲスト出演するチャボは、チャボ自身のライブのときよりもさらに魅力的・・・、。
はー、ほんとうに贅沢で美しく、胸を打つ時間でした。

新谷さんという方は、ひとときも留まらない、どこまでも高く、深く、広く進み続けていく方なのだなぁと感じ入ります。
新たなるロッククイーン(!)の誕生かと思うような一瞬もあったりして・・・。

Re: 夢風さん

> こんな言い方は誤解されそうだしどうかとは思うのですが、
> 新谷さんのライブにゲスト出演するチャボは、
> チャボ自身のライブのときよりもさらに魅力的・・・。

自然と引き出されるんだと思います。
他の人との共演とは明らかに違うように思えます。

> 新たなるロッククイーン(!)の誕生かと思うような一瞬もあったりして・・・。

私が過去に聴いた中には、まさにロック!と言える曲もありますよ。
それこそチャボ・バンドを従えての演奏を聴いてみたいような。
ただ、新谷さんはライヴで新曲をどんどん発表する人なので、
たとえ代表曲クラスでも同じ曲を何度も演奏することが少なく、
もういちど聴きたいと思っていても、なかなか聴けないんですよね。
いい曲なのにもったいなぁと思ったりはしますが、彼女のスタイルなんでしょう。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ