新谷祥子×金子飛鳥 デュエット ~マリンバとヴァイオリン、声と声。打ち弾き歌う~ 南青山MANDALA 2012.6.14

マリンバとヴァイオリンのデュエットによるライヴ。
たったこれだけの情報でアタマに浮かぶのは何だろう。
音やジャンルを勝手に、しかも単純で安易に想像すれば、
例えばロックよりもクラシック、激しいよりも静か、
そして興奮よりも癒し…だったりといったところかと思う。
ただ、ここに新谷祥子と金子飛鳥という固有名詞を加えると…。
おそらく二人を知る人ならば、その人の数だけ音のイメージが浮かぶことだろう。

CIMG1225.jpg

僕の新谷さんに対してのことは常々ここにも書いているのであらためてふれない。
個人的には約半年ぶりのライヴなので、とにかく楽しみにしていた。

もうひとりの金子飛鳥さん。
音楽を熱心に聴き始め、
レコードのクレジットを隅からすみまで目を通すようになってから、
それこそ何度も目にしていた名前の一人だ。
彼女が参加したレコーディング・セッションをリスト化したら、
おそらくとんでもないものになるだろうと想像する。
音楽ファンならば、気にしていなくとも彼女の演奏を耳にすることは多かったはずだ。
それどころか彼女のヴァイオリンを耳にしたことがないという人はいないかも…。
こう断言しても、もしかしたら大丈夫かもしれない。

個人的に近いところの参加作品では、
仲井戸麗市の 『DADA』 『PRESENT#1』 『PRESENT#2』 が挙がる。
特に 『DADA』 収録の「さまざまな自由」のヴァイオリン・ソロは当時から大好きだった。
僕があらためてここで言うまでもない、素晴らしいミュージシャンである。

そんな二人のデュエットなのだから、
ライヴが発表されたときから本当に楽しみにしていた。
うたモノが中心になるのか、インストが多いのかなど、
どんな音が出てくるのかが掴めなかったが、もちろんそれも楽しみのひとつ。
ちなみに飛鳥さんが自身の日記で今回のライヴについて記している。

●新谷祥子さんとのduo--世界観

彼女が言うところのめくるめく世界のライヴは、
土台となる曲をめぐって二人の即興的な演奏が飛び交うものが中心であった。
MCでは " 曲の解体 " という表現を使っていたが、決して難解すぎるものではない。
それどころか聴きやすい。
ただし、マリンバとヴァイオリンが調和してひとつの塊として耳に届くのではなく、
お互いが対話しているようなライヴだと感じた。
音をぶつけ合うのではなく、あくまでも対決的ではなく対話だったと思う。

二人は視覚的にも素敵なミュージシャンだ。
弾く姿が実に決まっていてカッコイイ。
新谷さんは言わずもがなだが、間近で観るヴァイオリンを弾く飛鳥さんがまた…。
やっぱりミュージシャンはカッコよくなければいけないということを再認識した。

そんな二人の楽器の対話を聴き、観る。
目の前で聴いて観た演奏が終わった直後は、
アタマの中に具体的な言葉がなかなか浮かばない。
アタマに浮かぶのは良かった…とか、感動した…という想い以外のものだと思うが、
それを言葉で表せない。
うまく言えないけれど、音楽を感じた…というニュアンスが自分の印象に近いかも。
聴いた、観た、感じた。
この3つの言葉が、僕のこの日のライヴの感想かもしれない。

緊張感溢れる演奏だったはずなのに、
そんな雰囲気が二人のあいだに感じられなかったのも凄いと思ったが、
その合間に挟まれる二人のヴォーカルが、また素敵だった。
決して歌モノが中心じゃなかったけれど、だからこそ二人の声が印象に残ったのかも。
飛鳥さんの歌声は初めて聴いたのだが、美しくて感動した。

更に付け加えることがあるとしたら、
演奏の雰囲気とはまったく逆の女子トーク的なMCかな(笑)。
グダグダになって肝心の曲についての話を飛ばすこともあったし。
だって本編最後の曲…という説明さえ飛ばしたんだもん(笑)。
でも、このMCがまた良いアクセントになっていたなぁ。

いくつかカヴァーが演奏されたが、
まず驚いたのがカルメン・マキ&OZの「空へ」。
僕も大好きな曲だが、あのハードさはないし、イントロなどの聴きなれたフレーズも無い。
完全に二人の解釈で演奏されたこの曲はとても新鮮だった。
それにしてもマリンバとヴァイオリンで「空へ」とは!

そして本編ラストの「Antinomy」。
とても美しい曲でココロに残ったのだが、これは坂本龍一と大貫妙子の共作で、
CDと映像それぞれの作品として発表されているらしい。
そのオリジナルはヴォーカルもののようだが、この日はインストとして演奏された。
坂本龍一本人に譜面をお願いしたそうで、その際に手書きのものが送られてきたそうだ。

良い音楽はいいね。
何度か書いたことがあるけれど、素晴らしい音楽は素晴らしいという、
そんな素晴らしいことを思った。
またいつか二人のデュエットを観たい。

CIMG1227.jpg CIMG1226.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

金子飛鳥を取り上げてくださってうれしいです。

椎名林檎と斎藤ネコのコラボアルバムを聞いて、斎藤ネコのプロデューサーとしての力量に驚嘆しました。

斎藤ネコにしても、金子飛鳥にしても、日本のストリングスアーティストたちは、演奏家としてだけでなく、プロデューサーとしても一流ぞろいです。

これからも、金子飛鳥を取り上げてください。

追伸:2013年の2回目のジョイントの記事にコメントを入れると、「不正投稿」扱いされて、コメントを受け入れてもらえませんでした。

Re: enneagram さん

> これからも、金子飛鳥を取り上げてください。

新谷さんとのコラボで取り上げたまでで、私はまったく詳しくは無いんです。
機会があれば取り上げたいと思います。

コメントの件、何か不具合があったのでしょうか。
特に何もしていませんけれど。

No title

このブログの管理人様の関心とずれていたら申し訳ないけれど、日本のストリングスアーティストたちは、きわめて卓越していると思います。

少し名前を挙げても、グレート栄田、クラッシャー木村、ここで取り上げられている金子飛鳥、斎藤ネコ、弦一徹、溝口肇、くわえて、加藤Joeですか。どれも超一流といっていいと思います。

アメリカの、David Campbell、Sid Page、Bruce Dukov、Suzie Katayamaなどと比較しても引けをとりません。

ポピュラー音楽では、ストリングスは裏方ですが、わたしは、もっと光を当てたいと思います。

なお、「ふうぞく」を漢字入力すると、不正投稿になってしまう仕組みのようです。

Re: enneagram さん

普段は気にしていなくても名前は見たことがある方が多いですね。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ