浜田真理子 シャンソニエ・クアトロ 渋谷クラブクアトロ 2012.5.22

オフィシャル・サイトから引用。

 浜田真理子 ~シャンソニエ・クアトロ~

恒例となった春のクラブクアトロツアー。今年のテーマは"シャンソン"。
『暗い日曜日』『人の気も知らないで』『愛の賛歌』『聴かせてよ愛の言葉を』はじめとした
シャンソンの名曲の他、自身のオリジナルをシャンソンの世界観で原曲と異なる趣で歌います。
新しい試みとしてシャンソンの名曲に浜田真理子が自分の言葉で訳詞を付けるなど盛りだくさん。
直球の愛の言葉の響きに思う存分の身を任せてください。
いつもと違う浜田真理子の世界をどうぞお楽しみください。

CIMG0780.jpg

個人的にも今年初のハマダマリコ・ライヴなので、とても楽しみにしていた。
思えば、僕が初めて彼女のフル・サイズのライヴを体験したのが、
こうした春のクアトロ・ツアーだった。
それまではほとんど馴染みの無かったこの会場だけれど、
おかげで今では毎年通うようになっているし、
真理子さんを観るにはお気に入りになっていたりもする。

シャンソンと言われても、僕自身は特に意識して聴いたことは無いので、
どんなライヴになるのかまったく想像がつかなかったから、実は開演を構えて待っていた。
そんなところに1曲目が「あなたへ」だったので、一気に気持ちが楽に。
お客さんの気持ちをわかっているかのように代表曲を持ってくる。
この辺は過去のライヴでも感じたことがあるけれど、うまいなぁ…と思った。

あとは真理子さんのうたとピアノに身を任せていけばいいだけだった…のだけれど、
いつもの爆笑トーク(笑)がこの日は多めに披露されていたような気がするぞ(笑)。
まぁ、この日は爆笑トークという言葉は使っていなかったけれど、
実際にMCは多めだったと思う。楽しかった。
ただ、25歳ネタは初めて来た人には何が何だかわからないだろうから、説明は必要だ(笑)。

いつものようにブログにセット・リストが発表されている

MCはともかく(笑)、歌われた曲たちは全てが素晴らしかった。
「暗い日曜日」のフレーズが弾かれたときは、浅川マキのヴァージョン!…と思ったが、
実際には歌われず、メドレーのイントロなどに使われていただけだった。
その曲にまつわるエピソードにふれて " 歌えなかった " みたいなことを言っていたが、
真理子さんのヴォーカルで聴いてみたかったなぁ。

僕が感じるスタンダードのハマダ解釈は相変わらず見事だった。
「愛の賛歌」も彼女が歌うと、僕が知っている「愛の賛歌」ではなくなるのだ。

シャンソンそのものではなく、その世界観でハマダ風に歌うということがミソで、
これにより「雨の慕情」も間違いなくシャンソンになるのである。
まるでオリジナルのように聴こえたこの曲のカヴァーは素晴らしいと思った。
ちなみに八代亜紀のカヴァーを聴く機会が意外と多いことに気がついたよ。
今回以外には、白崎映美が「もう一度逢いたい」をロックに歌ったし
確かチャボも(歌ったというわけではないが)「舟歌」を口ずさんだことがあったし(笑)。
演歌系歌謡曲の中では、ロックやポップス畑にハマる曲が多いのかもしれないな八代亜紀。

第二部の1曲目は「ミシン」。
あらためて聴くとRCサクセションはこの曲のどこにも存在しない。
でも、僕にとって、今では「ダーリン・ミシン」と対になっている曲であり、
曲が作られたきっかけを含めて聴くこの曲から感じられる深みは、
浜田真理子とRCサクセション両方のファンならではのものだろう。
とても嬉しいことだ。

新曲の「古傷」は、そのタイトルからして真理子さんの真骨頂。
早く新作オリジナル・アルバムを聴きたくなる。
岡林信康の「君に捧げるLove Song」も好カヴァーだった。

そしてこの日の個人的ハイライトは「Love song」と「遠い場所から」。

ライヴで歌われる数々の曲。
何故、歌われたのか。
どうして歌いたいのか。
何のために、誰に向けて歌うのか。
もちろんお客さんは必ずしも知る必要は無いし、
歌う側も知って欲しいと思っているとは限らない。
ただ、何も知らなくても音楽を通じて思いや想いは伝わるんだ…ということ。
うまく言葉や文章にはできないけれど、そんなことは間違いなくあるんだ…ということ。
音楽というものは僕にとってそういうものなんだ…ということ。
音楽は本当に素晴らしいんだ…ということ。

僕が音楽が好きで、必要としている理由のひとつが、この日のこの2曲にあった。

ライヴはいいよね。
ライヴはいい。
生のハマダマリコをたくさん聴きたい。
今年の活動が楽しみだ。

p.s.
「胸の小箱」でしめくくられる真理子さんのライヴが好きだ。
ココロに残る余韻が好きだ。
また会いに来よう、聴きに来ようと思いながらの帰り道が好きだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ