夜会/中島みゆき

通常の音楽活動と並び、今や中島みゆきの代名詞ともなっている89年にスタートした「夜会」。
中島みゆき自身は「言葉の実験劇場」と定義しており、
その内容はライヴでも無く、演劇やミュージカルの類でも無い、独特なもののようである。
それでも当初はコンサートに近い感じだったみたいだが、
91年の第三回公演から、現在のスタイルに定着と資料には書かれている。
実際に「夜会」を体験したことが無い僕がここでそれを言葉にするのには無理がある。
まぁ、それでも発表されている映像作品と様々な資料から何となく想像できてはいるけれど。

いつからだろうか、中島みゆきのライヴのチケットは超プラチナ化している。
運が良くなければ絶対に取ることはできない。
ファンクラブに入っていれば簡単に取れるのだろうか。
更に「夜会」である。
東京は渋谷にあるシアターコクーンで、毎回およそ20公演が行われているのであるが、
会場のキャパが1,000人に満たないうえ、チケットを求めるのは日本全国のファンだ。
ライヴよりも更に入手は困難だろう。
僕も今まで何度もチャレンジしているが、残念ながらライヴも夜会も一度も取れたことが無い。

今年2006年、「夜会」の会場をシアターコクーンから東京の青山劇場に移すということ、
そして東京以外では初の大阪公演が上演されることになると発表された。
しかもその理由が「より多くの人に観てもらいたいため」だという。
青山劇場のキャパは1,200名。
これはチャンスだ。

東京公演は1月から2月にかけて22公演。
何としてもチケットを入手したい…が、今回も撃沈だった…。
過去と同様、まったくチケットが取れる気配すら感じられなかった。
僕は大阪公演にもチャレンジすることにした。

さて、そうは言っても大阪公演のほうが絶望的であった。
まず、東京以外で上演するのが初であるということ。
全部で14公演であること(東京より少ない)。
これだけでもかなりのチケット争奪戦が予想されるのだが、
更に日程が4/27(木)から5/14(日)までという、ゴールデンウィークが含まれているのである。
こりゃ、無理だよ。しかし、それでも運を天に任すつもりでチャレンジするしかない。

今日、3/19(日)が一般発売日。
この他の先行発売は終わっているので、最後のチャンスである。
10時からネットでの購入を試みた…。

案の定、まったく繋がらない。想像していたとは言え、ガックリである。
それでもヤケクソで画面をクリックしまくる。
目の前でゴールデンウィーク期間があっという間に「予定枚数終了」となっていく。
もちろん発売からまだ1時間も経っていない。
僕は最初から平日を狙っていたので繋がりさえすれば取れると踏んでいたのだが、
申し込み画面まで行けないのだからイラつく。
画面ではもうほとんどの日程が「予定枚数終了」だ。
しかし、やはり平日は数少ないながらも残っている。
「もうチケットが取れれば何日でもいいよ」と半ばあきらめながらもクリックし続けていたら、
突然繋がった!

おおっ!
いや、待て待て…。
落ち着けよ、まだ繋がっただけだぞ。
申し込み完了画面まで行ってから喜ばないとな…。

「夜会」がスタートしてから17年目。
第一回公演の年に生まれた子供は高校生である。
やっと念願の「夜会」を観ることができる。生の中島みゆきは初体験になる。
感無量だ。

こうなったら当日まで予習である。
実は昨夜は中島みゆきな夜だった。
過去の「夜会」から抜粋したシーンを編集した「夜会の軌跡 1989~2002」というDVDを観ており、
ひとりでかなり盛り上がっていた。
それぞれのストーリーを把握することはできないのだが、
画面からでもそのステ-ジには圧倒される。
特に「夜会VOL.3 KAN 邯鄲 TAN」からの「キツネ狩りの歌~わかれうた~ひとり上手」のメドレー。
ここでの「わかれうた」のシーンが好きだ。
赤を基調としたスポットの中でこの名曲が歌われるのだが、
前後の内容がわからなくとも、ここでの中島みゆきはカッコイイ。
カッコイイという表現はどうかと思うが、本当にカッコイイんだもん。

さて、当日は何といっても「二隻の舟」だ。
この「夜会」のテーマ曲であり、
おそらく中島みゆきの最高傑作でもあろう名曲を聴けるのが嬉しい。
当然フル・コーラスで歌われるわけでは無いだろう。
しかし、「夜会」で聴くというシチュエーションが、その期待を数百倍にもするが、待てよ?
この曲は「夜会」でしか演奏されていないんじゃないかな?
ということは「夜会」に行かなければ聴くことができないわけだ。

そういえば「夜会」のコピーは “みゆきの「うた」に手が届く” だった。
今でも手が届くのならば、初体験としてはこんなに嬉しいことは無い。


※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2006/03/21 22:38

Rainbowさん

取れましたよ。運が良かったです。マジで楽しみです。
次はライヴのチケットだなぁ。今年、ツアーやってくれないですかね?


Rainbow
2006/03/20 20:05

(http://ameblo.jp/rainbowgraf/)
わあ、取れましたか!
いいなあ!
昔々奈良までみゆきさんのライブに行ったのが最遠です。
今夜は夜会のDVDを観てみようかと思いました。


Blue1981
2006/03/19 21:56

(http://spaces.msn.com/blue1981/)
nobuさん

yeah! 今年は大阪方面でいい事が続いています。とにかく楽しみですよ。

DVD「夜会の軌跡」は抜粋ですから欲求不満になりますが、今までを簡単に振り返られるから便利ではあります。定価も3,800円で安価です。


nobu
2006/03/19 20:55

(http://ameblo.jp/nobu-s)
おお~!初夜会、初生みゆきさんですかあ!
私も夜会未体験です。
楽しみですねえー!レポ、待ってます^^(気が早いか。)
DVDも見てみたくなりました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ