泉谷しげる with LOSER ARABAKI ROCK FEST.12 BAN-ETSU 2012.4.28

そりゃ、いくらこの5人が再び集まったからと言っても約20年ぶりだよ。
しかも急造でのフェス出演だし、いくら期待していた僕でも、
全盛期の音が鳴るライヴを観られるとは思っていなかった。
そしてその通り、泉谷も自分のブログに書いているように目立つミスもあったし、
音だって固まっていたわけではない。  ※泉谷しげるブログ LOSERの日!

でも、音楽というのは不思議なもので、その場で鳴っている音だけが音楽ではない。
自分だけに聴こえてくる音や、自分だけが感じられる音も間違いなくある。
素直なココロを持ち、素直な気持ちで接すれば、
絶対にそれは聴こえてくるし、感じることができる…と僕は思う。
それが音楽の素敵なところであり、
それだから音楽が素晴らしいと思えるのだ。

ARABAKI ROCK FEST.12の泉谷しげる with LOSERは、そんなライヴだった。
素晴らしかった。

CIMG0102.jpg CIMG0099.jpg CIMG0106.jpg

陽が暮れていくBAN-ETSUステージでセッティングが始まる。
左右にチャボのギターと下山のギターが並べられる。
その光景を見ただけで感激。
あぁ、本当にここにオリジナルLOSERが出てくるんだなぁ…と。
一応、冷静を装っていたけれど、ココロの中はドキドキとわくわく。
アタマの中では 『吠えるバラッド』 や 『HOWLING LIVE』 。
そして 『IZUMIYA-SELF COVERS』 が鳴り響く。
インターバルは2時間と長めだったが、
今思えば、そんなに長く感じられなかった。
それほど密かに静かに悟られずに興奮していたからだろう。

1曲目は「ハレルヤ」と踏んでいたいたのだが…。
いきなり泉谷があのイントロを弾いた。
「翼なき野郎ども」だった。
続いて「デトロイト・ポーカー」。
オープニングからクライマックス。
もうこの時点で、何が何だかわけがわからない(笑)。
中盤ではチャボの歪んだスライドが当時から大好きだった「Dのロック」が演奏され、
「眠れない夜」になだれ込む。
やっぱり何が何だかわけがわからない(笑)。
ここまででも、こんなサービス・メニューでいいのかよって思うくらいの選曲。
既に大満足だったが、逆にこの後の展開はいったいどうなるのか…と思っていたら、
少し長めのMCがあり、一息ついて泉谷が歌いだした。

 ♪ なーがいぃ~ とも~との はーじまぁ~りにぃ~

泉谷が歌い終わると同時に入るポンタのドラム。
下山のあのイントロとバッキング。
そこに絡むチャボ。
感無量…。
2012年にこの曲をLOSERのライヴで聴くことができるとは…。
「長い友との始まりに」は、20年ぶりのメンバーの再会にはもちろん、
それを観る僕(や僕たち)との再会にも相応しい。
泉谷、この曲を演ってくれてありがとう。

そして「春夏秋冬」。
昨年のJAPAN JAM。
エレカシとチャボ、泉谷のセッションで演奏されたLOSERヴァージョンでも感動したのに、
今、僕の目の前では本物のLOSERが演っている。
あのイントロを弾くのは下山淳なのである。
2012年にこの曲をLOSERのライヴで聴くことができるとは…。

ラストはお約束の「野生のバラッド」。
例の会場乱入に、「写真撮れ!」に、ジャンプに、腕立て伏せもあった(笑)。
あれは今の泉谷のやらざるを得ない芸なのだろう。
この間、当たり前だがダレずに演奏を続けたLOSERは美しい(笑)。

この日のBAN-ETSUのトリだったからか、LOSERにはアンコールがあった。
盛り上がるというよりも、じっくりと聴いてしまったその曲は、
吉田建による凄まじいイントロで始まった「国旗はためく下に」だった。

泉谷しげるはLOSERの柱としてそこに立っていた。笑顔で。
チャボは冷静にバンマス的な役割を担っていたようにも思う。
泉谷がミスするたびに演奏をまとめ、その後ポンタと建と顔を見合わせて笑う。
3人とも愛に溢れた " しょーがねぇなー " という笑顔だった。
そして下山淳。
彼は前半、客席ではなくステージのほうを向き、他の4人を見てプレイしていた。
素敵な笑顔だった。  ※5/1付 下山淳Diary あ~ら,バキバキ

笑顔に笑顔に、笑顔。
LOSERのステージ上には幸せが溢れていた。
そんなライヴを観ている僕が幸せな気持ちになったのは、
もちろんこれがLOSERだからということもある。
けれど、メンバーが幸せな気持ちでプレイする音は、
その気持ちも含めお客さんに伝わるはずだ。
だから僕も幸せだったのだ。
初めて観た人たちにも、そんなものが伝わっていたらいいなぁと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ぜひ

一夜限りじゃなく、もっとやってほしいですね。

No title

どうしても行けなかった。すごく観たかった。
レポートありがとうございました。

Re: kenboさん

> 一夜限りじゃなく、もっとやってほしいですね。

そうですね。可能性はゼロじゃないと思いますが…。

Re: すぎうらさん

> どうしても行けなかった。すごく観たかった。
> レポートありがとうございました。

個人的な想いが強すぎて偏った感想ですが、何かが少しでも伝わったら嬉しいです。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ