A BIGGER BANG TOUR/ROLLING STONES 東京ドーム 2006.3.24.

実際には飛び上がったのだが、感覚的には倒れそうになったオープニングだった。

この日のドームに来ていたほとんどの人達と同じく、
オープニングは「Jumping Jack Flash」だと思っていた。
今日こそはしっかりとキースのイントロを掴んでやるぜ…と準備は万端だった。

  必殺の1秒

「Start Me Up」のイントロの ♪じゃ~らら♪ は、数えると丁度1秒なのである。
この日のライヴは、この1秒で決まってしまった。
開演前にいろいろと頭の中を駆け巡っていたことが一瞬にして吹き飛んだ。
もうこうなったら、後はミックとキースに任せるしかない。

続いては「It's Only Rock'n Roll」。
そうかそうか、そういうことなのかミック、そしてキース。そのつもりなのか。
わかったわかった。Only Rock’n Rollだよな。

そして「Oh No Not You Again」から「Bitch」。
いくらホーン・セクションを活かす曲を演らなきゃならないとはいえ「Bitch」かよ。
嬉しいじゃないか!
「Tumbling Dice」のリフレインされるキースのフレーズは、いつだって永遠に聴いていたくなるなぁ。

ここでステージにはイス…ではなくキーボードが置かれる。
咄嗟に連想したのは「Fool To Cry」だが、まさかね…。

演奏されたのは「TATTOO YOU」のB面1曲目「Worried About You」。
大好きなバラードである。
ただ、欲を言えばキースのハモリが聴きたかったのだがなぁ…。
贅沢な注文でしょうか?

「Ain't Too Proud To Beg」!
「Midnight Rambler」!
「Gimme Shelter」!
この三連発は、ステージ上にミック・テイラーがいないか探してしまいましたよ。

それにしても「Midnight Rambler」でのチャーリーとキースは凄かった。
あと、前回の来日で聴いたときも思ったのだが、この曲だけは異様な匂いがする。
60年代末期のストーンズや時代背景をリアルで体験しているわけでは無いので、
もちろんそれがどういうものだったかはわからないのだが、
この曲を演奏するとあの時代の何かが現代に連れてこられるのかもしれない。
だって東京ドームで聴いても、キースのギターがあの音をしているということが凄い。
絶対にこの曲は特別のような気がする。

しかしここまで初日とセット・リストを変えてくるとは思わなかった。
何だか二日間ぶっ続けでストーンズのベスト・アルバムを聴かされているようである。

キースは初日と同じ「This Place Is Empty」と「Happy」をキメた。
また「Happy」かよ…と思ったが、すいません、思っただけです。
そうそう、キース・コーナーの前のメンバー紹介は、
この日は何故だかサラッとしていたのを付け加えておきます。

さて、Bステージ。
この日「Miss You」と「Honky Tonk Women」にサンドイッチされたのは、
「Rough Justice」と 「You Got Me Rocking」。
「You Got Me Rocking」は好きな曲では無いのだが、ライヴだと映えるんだよね。
ただ、Bステージでの2曲はタイプとして似ているので、その点は不満。
違うタイプのロックン・ロールをキメて欲しかった。

そして「Sympathy For The Devil」からは一気にラストまで突き進む。
初日では聴き逃したキースのイントロ。
ハッキリとキャッチできたぜの「Jumping Jack Flash」。
この曲を本編のオープニングでもラストでもなく、ラス前に演奏するという物凄さ。
だって続くラスト・ナンバーが「Brown Sugar」なんだからさ。
「Jumping Jack Flash」と「Brown Sugar」の連発だぜ?
ストーンズのコピー・バンドじゃなく、演奏しているのは本物のロ-リング・ストーンズなんだ!

アンコールは「You Can't Always Get What You Want」に「Satisfaction」。

幸せいっぱいの2時間のロック・ショウでした。

さて、この夜はチャーリー・ワッツのドラムにMVPをあげたい。
東京初日、いや、来日前の今回のツアーが始まってからの映像を観ても思ったが、
81年辺りよりもいいタイコを叩いているような気がする。
「ストーンズの演奏はチャーリーじゃなくキースに皆が合わせるんだよ」という有名な発言があるが、
いやいや、あのチャーリーのドラムがあってこそというか、
今ではチャーリーに合わせて演奏していると思う。
ミックとキースの二人も絶好調だった。
ステージ全てを使って歌うミックは凄い。この言葉しか無い。

この日のキースは選曲もあったのだろう、
ロニーと向かい合ったり寄り添ってのプレイが多かったように思う。
それだけに、ラフではなく力の入ったギターを聴かせてくれた。

今回の来日で一番心配していたロニー。
二日間観て、そのギターは可も無く不可も無いといった印象だ。
ただ、せっかくストーンズがシェイプアップされ、
ギター・バンドとしての本来の姿でライヴを演るようになったのと、
ロニーの衰えが始まったのが同時期というのは残念だ。

東京公演が終了したが、これは残りの日本公演も期待大である。
行く人は今から期待し過ぎていても大丈夫だろう。


※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2006/03/27 22:50

さらみさん

当初は変えるとしても数曲だろうと私も思っていたんですが、まさかここまで違うとは予想していなかったです。しかもオープニング・ナンバーを変えてくるとは!ストーンズ、ジャパン・ツアーはやる気ですよ。


さらみ
2006/03/27 9:42

(http://spaces.msn.com/inmyplaceinyourplace/)
セットリストを変えて演ってくれるなんて
何度も足を運ぶファンのことも
考えてくれたのかな~!さすが。

何度かいくと、ジョークまで同じっていう
アーティストもいるんですよね~。
あれにはちょっとまいる。


Blue1981
2006/03/25 23:20

V.J.さん

コメントどうもです!
全員がJJFだと思っていたはずですよね(笑

いくらセットリストを変えてきたと言っても、確かに後から冷静に振り返れば既にツアーで演っている曲なんでしょうが、当日あの場で聴けばそんなのは関係無いですわ(笑
こうやって文字で書いたり読んだりするのとは全然違いますもんね。いやぁ、本当に幸せハッピーな二日間でしたよ。


V.J.
2006/03/25 22:54

(http://vyniljunkie.seesaa.net/)
BLUEさん
2日目も参戦されていたんですね!
一度、お話したかったです。

僕は、BLUEさんの前回記事に触発されて、JJFのイントロを聞き逃すな!って感じで構えていたら、START ME UP(笑)
あれには、やられました。

ちょっと愚痴っぽい記事UPしちゃったんで、大幅に書き直しました。
BLUEさんの前回記事参照させてもらっちゃったんで、TB打たせてもらいました!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ