まるで昨日の続き

CHABO61のツイッターでも報告があったけれど、
昨日4月18日は泉谷しげる with LOSERのリハがあったそうだ。
最近はここにも書いているように、フェス出演とはいえ、
オリジナルLOSERの再結成は僕にとっては特別な事件であり、
個人的には観る前なのに大いに感動、感激、そして盛り上がっている。

ところでいちファンの僕はともかく、
肝心の本人たちの気持ちなどはどうなのか…が気になっていた。
泉谷自身がブログでふれた以外は、チャボのラジオ番組でのインフォ的なコメント、
下山淳のファンのbbsへの書き込みに対する返事があったが、
両者ともLOSERに対する思いを話したり書いたりということではなかったので、
やはり想像するしかない…のだけれど、今日、
下山淳が4/19付けのDiaryに、昨日のリハについて記していた。

下山淳 Diary 2012年4月19日(木) いやいや

過去にもこのDiaryに記されたいくつかの内容についてはここでもふれてきた。
特に印象に残っているのは、次のふたつ。
清志郎が亡くなった後に記された沢田研二のレコーディングのエピソード
そして泉谷しげる還暦ライヴへの飛び入りだ。

きっと彼らしさなのだと思うが、このDiaryは感情そのままの発露ということはなく、
どちらかというと淡々と書かれることがほとんどだ。
でも、そこに僕のファンとしての個人的な思いが加わると、その印象はガラッと変わる。
僕が勝手に感じ、作り上げ、見ているだけだとはわかっているけれど、
記されている文章のあいだや向こう側に、様々な映像や音が浮かび、聴こえ、
さらに当時の自分の姿までもが見え、今の自分がそれらにふれて感動する。
たとえこれがひとりのファンの単なる想いだとしても、
僕にとって見えて聴こえてふれるそれは本物なんだ。

  んーー何年振りになるんだろ、20何年?
  泉谷、仲井戸サン、建さん&ポンタさん、で俺。
  普通感動的な邂逅と思うでしょ?
  それがそんなでもないんだなぁ。
  当時やってた時の感じそのまま。
  まるで昨日の続きみたいな。
  演奏もすぐにバンドの音だったし。
  ワハハ!進歩無いのかねオレ達(笑)

当時やってた時の感じそのまま…。
まるで昨日の続き…。
これが本当に感動的なことだというのがわかっているのだろうか(笑)。

  ,,,ま、素晴らしい瞬間が確かに存在していたね。

あ、良かった。
わかっていた(笑)。

11行で記された2012年の泉谷しげる with LOSER。
たったこれだけだけれど、でも、何という11行なんだろう。

  皆さんには荒吐で目撃してもらうとして。

この最後の1行に今の自信とこれまでの誇りが伺える。

下山淳。
かつて泉谷しげるの歴史の中に自分がいたことを感じられた日を " 最高の日 " と書いた人だ。
ARABAKIでは、その泉谷に評されたナイフのようなギター・プレイを聴くことができるだろう。


●オマケ
・南青山MANDALA 2008年12月11日(木)
・こんなこともあった 2009年6月25日(木)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

本当にまたやるんだとしみじみ感じています。すぐにバンドの音だった、進歩ないのかねって、そーんな凄過ぎることをあっさりと言うなんてもうもう大人!カッコいいー!しみじみしてる場合じゃないですね。取り乱して来たのでこの辺で。

Re: 雲さん

泉谷本人も昨日はブログに書いていましたね。
しかもARABAKIの出来次第では東京でのライヴの可能性も…?
これが本当なら嬉しい!
http://ameblo.jp/shigeru-izumiya/entry-11227462138.html
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ