弾き語りの嵐!GACHIスペシャル・春の大感謝祭! 浜崎貴司 & GACHIオールスターズ Mt RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 2012.3.4

チャボが新宿厚生年金会館でアズテック・カメラの来日公演を観たときのこと。
1曲目の「過去・未来」が始まった時、
何とも言えないある種の美しさに涙が出そうになった…とチャボは書いていたが、
この日の僕は、きっとその時のチャボと似たようなある種の美しさを感じたと思う。

チャボはゲストのトリで出演。
まずはRCサクセションの「いい事ばかりはありゃしない」を浜崎貴司と歌う。
浜ちゃんが弾くイントロのコード・ストロークにのって、
チャボはアドリヴを決めながらステージに登場した。
忌野清志郎完全復活祭でのシーンを彷彿させる演出だった。
この日の最終電車はこの町でもなく、渋谷でもなく、国立だった。
ライヴ前日、国立を訪ねていたわけで、その想いがアタマにあったことは間違いない。
それを思うと、何もかわっちゃいない…坂の途中…という聴きなれたフレーズも、
いつも以上にココロに沁みてくる。

そしてもう1曲はフライング・キッズの「ちぎれぬ時間」。
この曲でのチャボのギターは何だったのだろう。
二人のセッションでこの曲をライヴで聴くのは初めてではない。
でも、あのギターの美しさは、いったい何だったのだろう。
チャボは「過去・未来」で涙が出そうになったらしいが、僕は涙が出た。
本当に素敵だった。

     **********

桜井秀俊、佐藤タイジ、高野寛、黒沢健一、曽我部恵一、古内東子、
中村中、YO-KING、宮沢和史、泉谷しげる、仲井戸麗市。
少し前ならば、チャボだけが思い切り浮くメンバーだと思うが、
その繋がりの強さや深さはともかく、2012年の今、
これらほとんどの人とチャボの接点があるということが凄い。
色々な意味で、本当にすごいな…と本気で思った。

浜ちゃんは、出演者には代表曲を演ってくれとリクエストしていたようだ。
でも、チャボと泉谷以外、僕には縁のない人ばかりだったので、
その代表曲を知らなかったわけだけれど、チャボ以外もそこそこ楽しめたことは良かった。
それが代表曲と呼ばれる曲のパワーなのかもしれない。

中村中が良かった。
タイトルは失念したが、初期の中島みゆき的メロディーを持ついい曲だった。

     **********

考えてみれば、ずいぶんとこういうライヴにも慣れてきているなぁ…。
仲井戸麗市の世界にドップリと3時間浸る…という機会が少なくなっているが、
チャボを観られない、聴けないというわけではないし、
短いながらも印象に残る曲やギターや歌を聴かせてくれたりするわけだし、
加えて、良くも悪くも今まで観たことが無いステージの光景なんかが、
目の前で当たり前のように展開したりするわけで…。
もちろん、なかなか落ち着くことはない。
でも、そんなことを楽しめる自分も存在しているから、今ひとつ歯切れが悪いんだけれど、
それでも言いたい。
ソロでもユニットでもバンドでもいい。
そろそろ仲井戸麗市の音楽を全身で浴びたいものである。
そんなライヴが観たい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ