CHABOの恩返し⑩ FINAL 斉藤和義 with 仲井戸CHABO麗市 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 2012.2.15

遂に…というか、やっと…というか、チャボの恩返しもファイナルをむかえた。
昨夜は既にツイッターでライヴの…特にアンコールの様子が話題になっていたが、
まぁ、その伝えられている通りのライヴだった。

斉藤和義という共演者とのコラボであったわけだが、まずはアンコールから書く。
驚きのマーシー飛び入りによる3人のセッションは、その音に加え視覚的にも見応えがあった。
だって楽器を持たないこの3人が立っていても凄いでしょ?
それがギター3本で「ギブソン」と「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」なわけだ。
更に「ギブソン」は3人ともヴォーカルをとるのだ。
マーシーのヴォーカルはキューティーパイでガタガタゴーのままだったのでしびれた。

そのマーシー。
「アイ・ソー・ハー~」の間奏のギター・ソロをアドリヴではなく、
しっかりとビートルズのヴァージョンで弾いていた。
きっと " チャボとビートルズをセッションするなら、
フレーズもそのままじゃなきゃな " と練習したんだぜ。
マーシー、そうだろ?
絶対にそうだよね。
これには感動したな。

ところでチャボは、
この3人でザ・内弁慶というトリオを結成すると言っていたが、
計画中のバンドやユニットは、これでいったいいくつ目になるんだろう(笑)。

ライヴのラストには、奥田民生、YO-KING、寺岡呼人、浜崎貴司、Leyonaが登場…というか、
チャボが呼び込んでステージにあげ、
「歩いて帰ろう」が演奏され、恩返しシリーズらしい大団円。
もちろんチャボも斉藤和義もステージにいるし、
歌われているのは斉藤和義の代表的ナンバーだったが、
一瞬、何のライヴなのか、誰のライヴなのかがわからなくなった(笑)。
ただ、この感じ方こそが、恩返しシリーズに対する僕の個人的印象なのかな…と思った。
だって今でも2011.3.5のライヴがどんなものだったのかを、
まだ自分の中で位置づけられていないし。

終わってみればチャボは楽しそうだったし、
実際に楽しんだと思うし、充実感に達成感は間違いなくあるだろう。
あのGO!!60の後に自身のソロ活動をほぼ封印し、1年間も続けた恩返し。
今は、チャボの今後の作品に良い影響が出ることを強く願うだけだ。

そうそう、ライヴが終わってからチャボらしいなと感じたのが、
アンコールでの飛び入りを本編でさりげなくにおわせていたことだ。
チャボと斉藤和義、それからマーシーの3人はグジュグジュしているミュージシャンなので、
3人でニュー・バンドを組むぞ…とMCしていたのと、
部屋がキレイか汚いかの話題から、奥田は汚い、YO-KINGはキレイ、
Leyonaは人間自体が散らかってる(笑)…など、
結局は出演した全員に本編ではMCの中で触れていたのである。
実にチャボらしいと思った。

さて、ライヴ本編について。
斉藤和義は、その楽曲そのものの魅力が凄い。
この日に限っては、僕には彼のキャラクターやMCはまったく関係なかった。
知らない曲にも引き込まれた。
ちなみに後から聞いてTVの主題歌である有名曲だと知ったが、
今ではまったくTVを観なくなった僕は「やさしくなりたい」をここで初めて聴いた。
いい曲だね。
普通で簡単なフレーズだからこその素晴らしさと、それが持つチカラを感じた。

チャボのパートは、最後と言う特別な感じも無く、季節的な色を出すことも無く、
一本通ったテーマがあったとは思えなかったが、いつもと印象が違う内容だったと思う。
オープニングは「よォーこそ」のショート・ヴァージョンから「エネルギーOhエネルギー」。
「エネルギー~」の最後ではコーちゃんのドラムもギターで再現していた。
こんな風に 『RHAPSODY』 をやられると僕のようなファンはグッとくる。
この路線で走るのかと思いきや、ロックン・ロールな展開はここまでだった。

その後の「シャ・ラ・ラ」のカヴァーも「清掃の歌」も、
ファイナルに相応しい曲かと言えば僕は疑問。
ラストをしめた「ガルシアの風」の他、
オリジナルは「Voltage」を含めて3曲しかなかったし。
最近はたまに出る驚きのカヴァーとして「いつでも夢を」が飛び出すなど、
予想不可能な展開なりに楽しめたが、全体を通して仲井戸色は少なく、
これまでと比べて不完全燃焼だったように感じた。
文句や不満に聞こえてしまうと思うが、
僕のチャボに対する思いのハードルの高さは、
今は尋常じゃないほど高くなっているので仕方が無い。
演奏や歌が悪かったわけではないので、念のため。

チャボには「恩返し」という大きなテーマが表にあったけれど、
裏のテーマとしては間違いなく、
「渋谷の街・青い森・RCサクセション・忌野清志郎」があった。
渋谷が恩返しの会場だったときは、
青い森で出会った頃に聴いた曲を選び歌ってくれたわけだが、
毎回そのパートだけは、やはり特別だった。

この日は雑誌 『詩とファンタジー』 のコメント朗読に続き、
「もっとおちついて」が歌われた。
80年代、清志郎の横でギターを弾いていた時期の曲をチャボが歌うのもいいけれど、
70年代、同じバンドのメンバーではなく、
友だちとして清志郎から聴かせてもらった曲を歌うほうが、
チャボの想いがストレートに伝わってくる。
それは嬉しいことでもあるけれど、切なく、悲しいことでもある。
この日もそれは変わらなかった。
今後も変わらないのだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしかった♪

恩返しの恩返しをしたいくらいの素晴らしさ(笑)

ギター、和義さんはダイナミックな感じ、チャボは繊細な感じがしました。
対極とまではいかないのかもしれないけど外見とマッチしてるナ、なんて(笑)

私的にすごく嬉しかったところは、「上を向いて歩こう」で
和義さんが「アサ・ヒル・バン・ヨナカ~♪」と歌ったことです(笑)。

ヨル、ではなくて、バン、てところがまた…(笑) ^^

清志郎は、ヨルバージョンが多いと思いましたが、バンもいいなぁ(笑)

じ~んとしたところでございました(笑)。

ファンクラブ先行でチケット購入したのでステージから近くて良い席でした。
幸せ感いっぱい。ずっと思い出に残るものとなりました。。

Re: tamaさん

> ギター、和義さんはダイナミックな感じ、チャボは繊細な感じがしました。
> 対極とまではいかないのかもしれないけど外見とマッチしてるナ、なんて(笑)

ギターは二人とも手クセがありますね。

> 私的にすごく嬉しかったところは、「上を向いて歩こう」で
> 和義さんが「アサ・ヒル・バン・ヨナカ~♪」と歌ったことです(笑)。

あー、歌ったねー。そこは私も印象に残りました。
バン…いいね(笑)。

> ファンクラブ先行でチケット購入したのでステージから近くて良い席でした。
> 幸せ感いっぱい。ずっと思い出に残るものとなりました。。

良かったですね。そんな声を聞くと私も嬉しくなります。

いまさらですが、

PC不調のため(人間も)遅いコメントすみません、
せっちゃん人気のせいか、一般ではチケット取れず、(FC予約は1枚だったため)
なんとか入手して観に行きました・・・が

「もっとおちついて」にびっくりしました。
ここでやっちゃうか・・・!と。
初期RCライブのクライマックスに唄われていたという、
(もちろん生で聞いたことは無いです)
せっちゃんファンよりも、
この曲を聴きたいヒト、ほかにいっぱいいたんじゃないかな、
と思いました。

チャボにとってのRCはやっぱりこの頃、なんでしょうね。
嬉しい、とともに驚愕、というか不意打ちで予測不可能、
FCイベントも行けば良かったな~。

嬉しいのか悲しいのか、びっくりさせられます、いろんな意味で。

ちなみに私はマーシーファンなので(ソロ時の)
もーうテンションあがりました。
もちろん当時のROJはとってあります、下山さんとの対談も
良かったですね。


Re: the crow さん

> PC不調のため(人間も)遅いコメントすみません、

いえいえコメントありがとうございます。
いつでも歓迎します。

> 「もっとおちついて」にびっくりしました。
> ここでやっちゃうか・・・!と。
> 初期RCライブのクライマックスに唄われていたという、
> (もちろん生で聞いたことは無いです)

生で聴いた人は、あの場に誰もいなかったんじゃないかな。
驚きましたよね。

> せっちゃんファンよりも、
> この曲を聴きたいヒト、ほかにいっぱいいたんじゃないかな、
> と思いました。

それは言える。間違いないと思います。

> チャボにとってのRCはやっぱりこの頃、なんでしょうね。

RCというよりもRCの清志郎が…なんでしょう。
渋谷のお店で一緒に演っていた時代が、
もしかしたら今のチャボにはすべてなのかもしれません。
青い森、そして屋根裏…。

> もちろん当時のROJはとってあります、下山さんとの対談も
> 良かったですね。

対談はすべて良かった。マーシー、下山、そして花田。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ