君が僕を知ってる / RCサクセション from 『single B-side』 -1980-

新ナニワ・サリバン・ショーがNHK-BS2でO.A.された。
実際には4時間半ものイヴェントだったのだが、1時間半に短縮されての放映だ。
当然ダイジェストになる。
よって、完奏どころかほんの僅かしか放映されないバンドやアーティストもいたし、
放映された選曲も個人的には納得いかないものもあったし、
逆に「放映されたら嫌だな(笑)」と勝手に思っていて、
結果として放映されなくて良かったぁというものもあった。
まぁ、イヴェントの雰囲気はその場で観ていない人にも伝わる作りではあったと思う。

しかし、1時間半にまとめてみても物凄いヴォリュームと密度である。
そして、これはTVで観たからということもあるだろうが、
もっととっちらかっていたとも思っていたがそうでもなく、
統一感が感じられたのがちょっと意外だった。編集もうまかったのかな。
とにかく、改めてあのイヴェントのでかさを再認識した次第だ。

TVを観ると、やはり当日の記憶とは細かく違っているところもあったが、
ほとんどは観て聴いたとおりだった。
しかしそんな中で、出演者の表情が良くわかったと言うことはTVの良さである。
もちろん僕は後半のチャボと清志郎の共演が楽しみだったから、
そこで改めてチャボがとても楽しそうな表情をしていたことがわかり、
何だか感動してしまった。

個人的ハイライトは「君が僕を知ってる」。
清志郎×チャボ×梅津さんの3SHOTが再び観られて嬉しかった。

さて、この曲はRC活動休止後の共演(ライヴでの)では必ず演奏されていると思う。
だいいち、活動休止後に最初に演奏したのもこの曲だ。
清志郎のライヴに突然チャボが飛び入りし、
「何から何まで君がわかっていてくれる」とお互いに歌ったわけだ。
この選曲、清志郎のインタヴューで読んだことがあったと思うが、どうやらチャボらしい。
チャボはどんな想いを込めて清志郎との再会セッションの一発目にこの曲を選んだんだろう?

番組では、ラストに演奏された「夜の散歩をしないかね」も放映してくれたのが嬉しかった。
そして、何よりもラスト・シーンは清志郎とチャボ二人のストップモーションだったのだ。
少なくとも番組制作者は何かがわかっている人だったのだろう。

そういえば昔、
ロッキング・オン誌だったかで「君が僕を知ってる」についての論争みたいなものがあったなぁ。
確か「君は僕を知ってるが、僕は君を知ってるのだろうか?」みたいな内容だった。

僕は君を知ってるかって?
知ってるに決まっているだろう。
そうだろう、清志郎。
そうだよな、チャボ。



※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2006/04/21 23:33

KENBOさん

ライヴが映像作品になった場合、制作者側がどれだけそのアーティストに対して愛情があるか…。それによっては、ライヴとはまた違った魅力が加わりますからね。今回は良い仕事をしたってことでしょう。

>菊花賞
未聴です(笑
昔は花田も下山もルースターズ以外での活動は体験しています。特に柴山俊之と下山淳が昔やっていたセンチメンタルフールはレコードも良かったし、ライヴも最高でした。特にライヴ。サンハウスのナンバーはもちろん、アンコールではドアーズの「タッチ・ミー」と「ライト・マイ・ファイア」の連発。実に貴重な体験でしたよ。


KENBO
2006/04/21 22:08

Blueさん ごぶさたしております。

仕事に出かける前にビデオをセットして、やっと ほんとにやっと いま観終わりました。
一年の三分の二は家を空けているせいで LIVEに足を運ぶこともまったく無くなって
LIVEはDVDやビデオでしか観れなくなったのがとても残念なんですが
今回のBSでの放映は良かった。
『LIVEは生!』だとは思うけれど 
CHABOが登場してからの清志郎が更に嬉しそうで 楽しそうで
ホント、RCのにおいがしてたしね。

特にラストの『夜の散歩~』にはちょっと涙腺がゆるくなってしまったですよ。

RC またやってくれないかなぁ 
でも やらないから そこがまたいいのかなぁ

ついでに
花田&菊(柴山)さんの菊花賞もいいですよ。





Blue1981
2006/04/20 22:19

Anilineさん

度々コメントどうもです。

>アレは何を告げているんでしょうね?
何でしょうね。普通に考えると演奏中に話しかけることなんて無いはずですけど(笑


>z期からは確かに過小評価

過小評価どころか、無視に近い。音楽的に見ても花田と下山期は素晴らしかったと思っています。とにかく私はめちゃめちゃ不満です(笑



>「雨あがりの夜空に」のどのテイクが好きか?

私はシングル・ヴァージョンですね、やっぱり。







Aniline
2006/04/20 2:05

Blueさん
>Rooster(s)(z)、z期からは確かに過小評価だと思います。中〜後期の作品が霞んでいるのは、ルースターズを「大江慎也」の有無で捉えてしまう風潮からでしょうし、私も勿論、下山さんの曲は好きです。
「雨あがりの夜空に」のどのテイクが好きか?に似てるかもしれませんね。
ちなみに私は「Rhapsody」版(OK、CHABO!の方)が一番ですが、「the TEARS...」バージョンも円熟した「雨あがり」として好きです。シングルは・・・やっぱりあの曲はライブの曲ですかね?何となく(笑)

「君僕」の間奏部にて、キヨシローがチャボの耳元で何か囁いていると思うのですが、アレは何を告げているんでしょうね?とても気になっております。



Blue1981
2006/04/19 23:40

nobuさん

清志郎とチャボ、たくさん2SHOTがありましたね。
TVでは、「君ぼく」の間奏が終わった後にチャボが梅津さんの肩に手を回したシーンが一瞬観られるんですが、そこも印象的で良かったです。


nobu
2006/04/19 22:52

(http://ameblo.jp/nobu-s)
うわ。このツーショット画像。。もう・・たまりませんねえ。最高!



Blue1981
2006/04/19 22:08

Anilineさん

コメントありがとうございます。

>「君僕」の提案者がCHABO
インタヴューはロッキング・オン・ジャパンだったかなぁ。もしかしたら雑誌じゃなくて、何かのTVでのインタヴューだったような気もするんですよね。とにかく清志郎が発言していました。「アンコールで出てくるまで、チャボは楽屋で待っている間は大変だったと思います」みたいなことも話していた記憶があります。

>Roosters(z)では「花田・下山」派
私は大江時代から聴いていますが、圧倒的に花田と下山派ですね。大江が嫌いなのではなく、一貫してルースターズは好きです。でも、アルバム「DIS」を出した頃からROOSTERZにはどんどんのめり込んでいったのですね。今でも、何故「KAMINARI」以降が評価されないのか不思議で仕方ありません。渋谷公会堂解散ライヴでの花田と下山(特に下山)を観て、その大江の幻影と戦う姿には泣きそうになりました。

そんな私でも、フジ・ロック・フェスでのオリジナルの四人がステージに上がる前の姿をDVDで観て、そりゃぁ興奮しました。四人がただ立っているだけで、もうOKでしたねぇ。




Aniline
2006/04/19 15:07

(http://blog.livedoor.jp/arwt)
Blueさん、先日は当方Blogにコメント寄せて頂き有難うございました。
「君僕」の提案者がCHABOとは初耳でした、何といういいエピソード...
処でBlueさんはRoosters(z)では「花田・下山」派なんですね。
大江派の私でもその点については実際のところやはり否めません。

CHABOがいるから清志郎もやっていられるんでしょうし、同じく逆も。

今回映像編集者の立場で観ても素晴らしい番組でした。再放送が楽しみです



Blue1981
2006/04/17 1:36

Rainbowさん

今回のチャボですが、今までの共演の中でも、いちばんその場に自然に溶け込んでいたのではないかと思います。TVでハッキリしたのですが、二人が絡むところなど、ある一瞬ではそれこそRCサクセションを観ているかのようでした。


Rainbow
2006/04/16 23:43

(http://ameblo.jp/rainbowgraf/)
チャボってこんなに優しい顔できよしろうを見るんだ、と驚きました。
みんな幸せそうだった。
あんな時空にいたなんてうらやましいですよ~


Blue1981
2006/04/16 21:30

V.J.さん

告知記事を書かなくてすいません…。再放送は5/12(金)21:00-22:30 BS Hi-visionです。


V.J.
2006/04/16 9:59

(http://vyniljunkie.seesaa.net/)
あぁ、Blueさんの記事を以前読んで、絶対見よう!
と、思っていたのに、O.A.してしまいましたか…

残念、見逃しちゃいました(涙)
Blueさんの記事読んで、見たつもりになります。(再放送ないか調べてみます(号泣))

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ