紫の桜/中島みゆき from『おとぎばなし』 -2002-

ニュース番組の中の特集だったかで、樹木医のドキュメンタリーを観た。
樹木医というのはその名の通り樹木の医者で、
枯れかかった樹を診断し、そして蘇生させるのだ。
番組のメインは、山梨県甲府市の実相寺というところにある、
何と樹齢二千年の神代桜を蘇生させるという四年をかけての大プロジェクトだった。

時代が変わると共に、当然桜をとりまく環境も変化する。
桜の周りの土の上に舗装道路ができたため酸素が土を通して根にまで伝わらなくなったり、
もちろん排気ガスや土中の寄生虫の影響で、幹の九割方が枯れているという状態だったらしい。
土を掘り返して古い根を取り出し、新しい土に入れ替えると言う作業を四年かけて繰り返したそうだ。

この回復プロジェクトの結果は良好で、新しい枝も伸び、
TVでも満開の花を咲かせている神代桜の姿を観ることができた。
なかなか感動的な番組であった。

それにしても樹齢二千年というのは驚く。気が遠くなるどころでは無い。
実際にこの神代桜。日本三大桜のひとつであり、国の天然記念物でもあるようだ。

ちょっと調べてみた。
年表によると「ヤマトタケルノミコトが東征の帰り道、
当地に立ち寄った際、自ら手植えた」とある…。凄すぎる。
とにかく果てしなく長い間生きてきたことに驚くし、
そしてこれからも懸命に生きていくというその姿に感動する。

さて、中島みゆきが98年の夜会で発表した「紫の桜」という曲がある。

  忘れてしまえることは忘れてしまえ
  忘れきれないものばかり 桜のもとに横たわれ
  桜 200年前に見たものを話せ
  桜 果てしなく前に見たものを話せ

いつか、この神代桜を見上げながら聴いてみたい。 


さだまさし,瀬尾一三(2002-10-23)
Amazonランキング:36786位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

音楽同好会(名前検討中 中島みゆきを語る会

中島みゆき さん の歌 いいですよね
アルバム 愛してくれと去ってくれ の 世情が好きです。
親愛なるものへ の 狼になりたい という歌も好きです。
ラブ オア ナッシングというアルバム 僕は持っています。このアルバム
僕は 最高です。鳥肌立太です。

Re: 村石太マンさん

> アルバム 愛してくれと去ってくれ の 世情が好きです。
> 親愛なるものへ の 狼になりたい という歌も好きです。

両方とも名盤であり、名曲です。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ