少しHでかなりHな新年会 早川義夫(Vo.Pf.)+佐久間正英(G.)+熊坂るつこ(Acc.) 池袋 鈴ん小屋 2012.1.8

早川義夫のライヴ初体験。
最近の活動形態はそれなりに知っていたけれど、何の予習もせずに臨んだ。
早川さん以外のメンバーは、まずは説明不要の佐久間正英がギター。
僕の世代には四人囃子よりもプラスチックスのメンバー、
またはスライダーズなどを手掛けたプロデューサーとしてのほうが知られているかも。
そしてアコーディオンの熊坂るつ子というトリオ編成。
いったいどんな音なんだろうという楽しみもあった。

凄かったよ、このトリオ。
佐久間さんのギターは言うまでもないし、熊坂さんがまた身体全体で弾くんだよね。
早川さんからも " 身体全体が音楽 " と紹介されていたくらいだった。
ドラムもベースもいないけれど、早川さんのリズムをとるステップがそれの代わり。
中央に早川さん、下手に佐久間さん、上手に熊坂さんという3人は、
演奏はもちろん、視覚的にもカッコよかった。

     **********

ライヴはいきなり「サルビアの花」で始まった。
おおっ!と思っている暇もなく、「堕天使ロック」に「マリアンヌ」と続いた。

すげぇ。

いくら何でもこんなオープニングは予想していなかった。
初めて来た僕のために…は言い過ぎだろうけれど、そんな風に感じたのも事実。
最高のスタートだった。

さて、僕はジャックスも好きなのでこうした曲が演奏されればグッとくるけれど、
実は一番思い入れがあるのは音楽界への復帰1作目のソロ 『この世で一番キレイなもの』 だ。
これは本当に素晴らしい作品で、今も良く聴いている。

早川義夫
ソニーレコード
発売日:1994-10-21

結果として今夜は、このアルバムからは5曲も歌われたので、個人的には最高だった。
ライヴは二部構成だったのだが、タイトル曲と「いつか」のようにアルバムの核となる曲が、
それぞれ一部のラスト、本編のラストに演奏されたことでも、
今の早川さん自身にとっても大きな曲であり、アルバムなのかもしれない。

今更言うまでもないけれど、早川さんのラヴ・ソングは素晴らしい。
かっこつけず、作為も感じさせず、思った言葉がそのまま歌になっているラヴ・ソング。
オリジナルでもカヴァーでもそれは変わらない。僕が共感し、惹かれるのもそんな曲だ。
この日は「純愛」「僕らはひとり」に痺れた。

ツイッターで事前に早川さん本人が教えてくれたように、
チャボの「My R&R」は二部のオープニングに演奏された。
これはもう大感激のひとこと。
そして本編ラストの「いつか」。
これまで何度聴いたかわからないけれど、目の前で早川さんが歌うのだ。
あのヴォーカルと歌詞と、そしてピアノのフレーズ。
この2曲は危なかった。何とかこらえた。
涙が流れ落ちるのは防いだが、確実に僕は泣いていた。

     **********

ライヴ後、自由参加の新年会が行われた。
こんな機会はもう無いだろうと思い、僕も参加した。
テーブルを囲んで、ファンの方々と早川さんとの歓談…だったのだが、
途中で参加者全員が自己紹介をするという流れに(笑)。
もちろん初対面の方々なので、自己紹介と言ってもなぁ…と思ったが、
実はこの時間が凄かった。
だって新年会に参加した人にはリアル・ジャックス・ファンの方、
早川さんが音楽界に復帰後、初のTV出演のときのディレクターだった方、
佐久間さんと早川さん(ジャックス)との縁を作った佐久間さんの同級生の方、
そして早川さんの親戚の方…等々もの凄い人がいて、激レアなエピソードを聞くことができた。
おかげでこの宴は第三部のようだったし、別料金でもおかしくないくらいだったよ。
僕は圧倒されながら話を聞いていたのだけれど、
早川さん風に言えば、この新年会も音楽だった。
実際のステージはもちろん、ライヴ後の時間も含めて音楽だったように思う。
新年早々、素敵な時間を持てたことに感謝。
早川さん、佐久間さん、熊坂さん、ありがとうございました。


ここからは自分のための記録。

●その1
入場者へのプレゼントがあったのも嬉しかった。
佐久間さんからはツイッターのフォロワー宛に発信していたというおやすみ音楽のCDR。
熊坂さんからはポストカード。
早川さんからは非売品音源。何種類かから選べたのだが、
僕は「君のために」のシングル盤を…と言っても、これはアナログ仕様のCDシングルです。

CIMG0371.jpg CIMG0372.jpg CIMG0373.jpg

●その2
思い入れのある早川さんの著書にサインを頂いた。
まずは「たましいの場所」と「いやらしさは美しさ」。

CIMG0374.jpg CIMG0375.jpg

そして「ラブ・ゼネレーション」。
この本にはどうしても書いてほしいフレーズがあったので、無理を言ってお願いした。
早川さんは快く応じてくれました。
しかも自由国民社の「ラブ・ゼネレーション」には、逆に早川さんからメッセージを頂いた。

CIMG0376.jpg CIMG0377.jpg CIMG0378.jpg

大感激です。
本当にありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

失礼致します。日記読ませていただきました!私も行きたいと考えていたのですが、どうしても都合がつかず断念したので、ライブの雰囲気や詳細が伝わり、読んでて楽しかったです!My R&Rとか、私はまだ生で聞いたことがないのでうらやましいです!(笑)

あと、もし覚えてらしたらで勿論よいのですが、早川さんのお年玉音源というのは、他にどういったものがあったのでしょうか?(笑)(^_^ゞ

うわぁ・・・。

新年から、すばらしい話を聞かせていただいてありがとうございました。
うまく言えないけれど、「音楽と人と自分」の最高の瞬間を体験されたのかな、と感じ、そのおすそ分けに私もぐっとしてしまいました。
こういう話に弱いんです、わたしは(笑)。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

Re: KHさん

> ライブの雰囲気や詳細が伝わり、読んでて楽しかったです!
> My R&Rとか、私はまだ生で聞いたことがないのでうらやましいです!(笑)

とても詳細をお伝えするなんてできていませんが、初の早川さんライヴは感動しました。
あんなに " 歌う " ということが目に見える人はいないんじゃないかと思いました。

> 早川さんのお年玉音源というのは、他にどういったものがあったのでしょうか?(笑)(^_^ゞ

覚えている限りでは、私が頂いた「君のために」のCDシングルの別仕様(短冊版です)と、
確か『アメンボの歌』のCD、そしてタイトルを失念しましたが、
カセットテープが2種類(?)あったと思います。

コメントありがとうございました。

Re: 夢風さん

> 新年から、すばらしい話を聞かせていただいてありがとうございました。

本当にいい日を過ごせました。
ライヴはもちろん、新年会もかなり緊張していたのですが(笑)、
早川さんと話せる機会なんて考えたことなかったし、
今後もあるかどうかわかりませんからね。参加して良かったです。

> 遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

MY R&R

佐久間さんのリツイートでたどりつきました。
昨日、私も参加いたしました。
新年会の中で、「どうしてMY R&Rをカバーされたんですか?」
と質問された方がいらっしゃいました。その方でいらっしゃいますか。
実は僕も早川さんのファンであり、
チャボのファンでもあります。
あまりこういう組み合わせで両方好きという方に
会った事がなかったので、思わずコメントをいれさせていただきました。
また訪問させていただきます。

Re: totisさん

> 新年会の中で、「どうしてMY R&Rをカバーされたんですか?」
> と質問された方がいらっしゃいました。その方でいらっしゃいますか。

はい、そうです。
答えは既に早川さん自身が書かれているのですが、直接聞いてみたかったのです。

> 実は僕も早川さんのファンであり、
> チャボのファンでもあります。
> あまりこういう組み合わせで両方好きという方に
> 会った事がなかったので、思わずコメントをいれさせていただきました。

私の周りにもいないですね。
いつかは共演も…などとこっそり思い続けていますが、夢かな、やっぱり(笑)。

コメントありがとうございました。

さすが

Blueさん、すごいライブ押さえてますね~

熊坂さんはちょっと前に早川さん(私にとっての早川さんはもちろん早川岳晴さんです!笑)と共演してるので気になる方です。
岳晴さんと熊坂さんとバイオリンの向島さんのライブで、すごくよかったらしいです。白崎映美さんも出たとか。

佐久間さんは私はなぜか四人囃子のイメージです。頭よさそうな印象で。だからプロデューサーじゃなくてミュージシャンと受け取っています。
だからこの組合せは気になります(笑)。実際の空気感、どんな感じなのか。また詳しくお聞きしたいです。

Re: 蘭芳さん

> 熊坂さんはちょっと前に早川さん(私にとっての早川さんはもちろん早川岳晴さんです!笑)と共演
> 岳晴さんと熊坂さんとバイオリンの向島さんのライブで、すごくよかったらしいです。
> 白崎映美さんも出たとか。

熊坂さん、早川さんとも共演してるんですね…ってややこしい(笑)。
アコーディオンだから佐藤芳明さんとも交流があるかもしれませんね。

> 佐久間さんは私はなぜか四人囃子のイメージです。
> 頭よさそうな印象で。だからプロデューサーじゃなくてミュージシャンと受け取っています。

ギター、カッコ良かったですよ。
最近は爆音ギターばかりを聴く機会が多かったので、
小さなハコでの神がかりギター(早川義夫さんいわく)は最高でした。

> だからこの組合せは気になります(笑)。実際の空気感、どんな感じなのか。

口頭や文章ではお伝えするのは難しいなぁ。
そちら方面でライヴの機会があれば是非。

No title

俺は早川義夫は随分前にフジで観たっきり。
佐久間さんと2人編成でした。
俺も『この世で一番キレイなもの』が一番好きかな。
早川さんのラヴソングはまるで中学生のラヴレターのような
真っ直ぐさがあって最高だと思います。
それにしても、新年会、凄すぎです!

Re: LA MOSCAさん

> 俺も『この世で一番キレイなもの』が一番好きかな。

名盤ですよね。

> それにしても、新年会、凄すぎです!

凄いでしょう!
しかも、その場では凄いと思わせなかったところがまた凄い(笑)。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ