CHABOのDJ TO Night 南青山MANDALA 2011.12.12

チャボがDJを務めるラジオ番組 『DNAロックの殿堂』 の、
今年の月ごとのテーマに沿って1年を振り返る…という内容。
約3時間にわたり、30曲程がかかり、生演奏1曲とミニ抽選会というメニューだった。

僕自身、後追いになるが番組を聴けているので、
今夜かけられた曲は、ある1曲を除いて特に新鮮味を持つことは無かった。
その問題の1曲というのは、チャボがカヴァーしている「リトル・ウィング」のリハ音源だ。
初演である山中湖でのEvent出演時のものらしく、メンバーは早川岳晴、カースケ、たつのすけ。
これが凄かった。
リハーサルと言いながらもまるで本番のよう。
僕は目をつぶって聴いていたのだが、本当にステージで演奏されているように感じた。
チャボのヴォーカルもギターも思いがこもっていた。
これだけでも今日のチケット代の価値がある。

更に生演奏が1曲。
ザ・バンドの「クリスマス・マスト・ビー・トゥナイト」を弾き語ってくれた。
これは最高のカヴァーだよね。
曲の前には、再び清志郎とのエピソードを話してくれて、またまたジーン…。

今夜のチャボは、何かと清志郎のことにふれていた。
実際に自分でも「今日は清志郎のことたくさんしゃべってるね」と言っていたくらいだ。
更に最後には「ナニワサリバンショーに出た時と同じだ」と自分を指して言っていた。
シャツは違っていたが、かぶっていた帽子とメガネは同じだった。
クリスマス・ムードな雰囲気の中でチャボから清志郎とのエピソードを聞くのは最高だったな。

チャボは個人的なこともかなりの部分まで話してくれた。
途中で「何もそこまで話さなくてもいいんじゃないか」、
「そんな姿を見せなくてもいいんじゃないか」と思ったりしたが、
ある意味で、これもチャボの音楽と言えるのかもしれない。
ライヴをしているのと同じとは言わなくとも、似ている表現活動なのかもしれない。

今夜は自分自身のここまでの2011年も振り返ることになった。
月ごとにあった個人的な場面が浮かび、それが頭の中でハッキリとした映像になっていた。
今年がもうすぐ終わる。
自分にとってどんな年だったのだろう。
年末の京都でその答えを出してみたいと思っている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!
ほんとにあの音源凄かったですね!!
これだけでチケット代の価値が・・・ほんとにそうですね!!
私ももっとラフなものかと思いましたが、
なんとも気迫のこもった演奏・・・ドラム、ベース、ギター全部素晴らしい!

うち帰って本家のレコード聴きましたが(アナログで持ってる)
意外とあっさり聴こえてしまいました。(短いんですよね)

the BANDの曲も毎年クリスマスには聴くので嬉しかったのですが、
あれ以来、歌詞はだいたいその事、ですよねえ。
「ナニワ・サリバン・ショー」のラスト部分もホント、切なくなりました。

私はジョージ好きでもあるので、去年も今年もジヨージで
これも嬉しかったです。

ちなみに私は新年会には行けないので、Blueさん、プレゼント当たってきてくださいね。

Re: the crow さん

> ほんとにあの音源凄かったですね!!
> これだけでチケット代の価値が・・・ほんとにそうですね!!
> 私ももっとラフなものかと思いましたが、
> なんとも気迫のこもった演奏・・・ドラム、ベース、ギター全部素晴らしい!

いやー凄かった!胸がいっぱいになりました。

> 私はジョージ好きでもあるので、去年も今年もジヨージで
> これも嬉しかったです。

ブロマイドを買いに行こうかと思っています(笑)。

> ちなみに私は新年会には行けないので、Blueさん、プレゼント当たってきてくださいね。

最近の抽選会は、当たる気配すらありません…。
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ