sings soul ballads / 忌野清志郎 -2011-

事前に発表されていた内容をまとめればこのアルバムは、
清志郎自身が残していたバラード・アルバムの選曲リストを再現したものになる。

忌野清志郎
EMIミュージックジャパン
発売日:2011-11-23

例えば、これと同じタイトルで編集盤を作るとする。
10人いれば10枚の、100人いれば100枚の内容が違うアルバムができるはずだ。
所謂ベスト盤に代表される既発曲の編集盤はそんなものだ。
よって、ファンによってはこのアルバムに対しても " あの曲がないぞ " や、
" この曲は違うんじゃ… " という意見もあるだろうと思う。
僕自身もこのタイトルならと考えれば、清志郎のリストとは違う内容になる。

忌野清志郎の新作 『sings soul ballads』 は、
清志郎本人のセレクトという点が最大のウリであり魅力だ。
その1点だけで価値がある。

実際に聴いていく。
1曲目の「世界中の人に自慢したいよ」から「JOKE」の流れ。
もう発表された当時の名義なんて関係ないよ。
ここで聴ける「JOKE」は、『復活!! THE TIMERS』 で聴ける「JOKE」では無いもの。
そして「ギビツミ」に繋がるのだけれど、このアタマの3曲で決まってしまった。
後は最後まで一気だ。
珠玉のスウィート・ソウル・バラード集なんて形容はダサいと思っていたが、
このアルバムに対しては、素直にそれを受け付けることができそうだ。
それどころか、このタイトルの清志郎の編集盤は、もうこの選曲でしかあり得なくなった。

リマスターも効いていて音の分離も良く、
「NEWSを知りたい」なんて最初は別ヴァージョンかと思い、
2・3'sのシングルを引っ張り出し、聴き比べてしまったほどだ。
おかげですべての曲が新鮮で、とても気持ちよく聴ける。

清志郎は素晴らしい。
そんなことをあらためて世界中に自慢したくなる作品だ。

     **********

「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」を聴き終えたところで、
僕はCDプレーヤーのSTOPボタンを押した。
このアルバムはここまで。
15曲で終りだからだ。

絶対に次の曲は続けて聴いてはいけないと思ったし、
実際に聴けなかった。

聴く前にライナーのクレジットを見た。
清志郎、チャボ、コーちゃん、リンコの4人の名前があった。
あぁ、何ということだ。
本当にRCサクセションじゃないか…。

90年録音の、RCサクセションによる未発表テイク。
「500マイル」。
もちろんこのボーナス・トラックを楽しみにしていたのだけれど、
それを今の僕が聴くということは、90年の僕と再び立ち向かうことにもなる。
単に曲を聴くということだけではないのだ。

曲はチャボによるカウントから始まる。
コーちゃんとリンコの心地よいリズムに乗った切ないアルペジオのイントロ。
そこに清志郎のヴォーカルが入ってくる。

これはダメだ…。

とても冷静に聴くことはできん。
泣いてしまった。涙が止まらない。
その理由は何?

RCサクセションだからだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

500マイルからさらに遠く離れて

確かに1990年の自分と向き合いました、あの曲が流れて来た途端に。1990年はもはや遥か彼方でしたが、曲は紛れもなく僕達が夢中になったRC サクセションの音でした。
ところでイントロのカウント、僕には清志郎に聞こえます。ギターの定位とカウントを取る声が。どうでしょう?

Re: デッカードさん

> 1990年はもはや遥か彼方でしたが、曲は紛れもなく僕達が夢中になったRC サクセションの音でした。

切なくなりましたねぇ。

> ところでイントロのカウント、僕には清志郎に聞こえます。
> ギターの定位とカウントを取る声が。どうでしょう?

確かに清志郎もギターを弾いていそうなのですが、
クレジットにはなかったのでチャボなのかな…と思い、そう書きました。
実際には清志郎のギターっぽいですね。

スローバラードせっかくライブバージョンで入れるなら映像も音源も発表されてるこれじゃなく未発表の物にするべきじゃね?EMIのスタッフは昔からファンをガッカリさせてくれるんだよなぁ~っ!清志郎が好きな人の8割から9割はRCサクセションが好きなんだよ。なんでそんな簡単な事がわからないのかな?バラードベストより野音の清志郎をみんなまってるぞ!って思っているのは俺だけかな?

Re: しょうさん

レスが遅れてすみません。

> 清志郎が好きな人の8割から9割はRCサクセションが好き

ファンの数だけの清志郎がいますから、なかなか個人的な思いを断言できませんが、
RCを嫌いな清志郎ファンもいるんじゃないかな?

> バラードベストより野音の清志郎をみんなまってるぞ!って思っているのは俺だけかな?

私も待ってますよ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ