サイド・バイ・サイド/古井戸 -1978-

エレック期の古井戸紙ジャケット仕様でのCD化に続き、
CBSソニーから『酔醒』までが紙ジャケで再発された。
ラスト・アルバムとなった『ラスト・ステージ』も、ずいぶん前だがCD化されている。
現時点でオリジナル・アルバムと呼べるものでCD化されていないのは、あと二枚である。
まずはエレック期の『イエスタデイズ』。
いくら編集盤だと言っても、これをCD化から外したのは疑問だ。
今からでも遅くないぜVAP。

そしてもう一枚が、キティに残した『サイド・バイ・サイド』だ。
以前も記事にしたが、
これは『ラスト・ステージ』の後だったと思うが、一度CD化が発表されている。
しかし、理由は不明だがボツになる。
更に最近でもハガクレ・レーベル発足の際には復刻のメニューに入っていた。
これは嬉しかったが…。
しかし、ここでもハガクレの企画消滅?により、CD化はされなかったのである。

僕が血眼になって古井戸のアナログ盤を中古屋で探していた時代。
お金も時間も使ったが、何とかエレック時代は揃えることができた。
高価であっても、
マニアックな中古屋に行けばエレック期のレコードはちょこちょこと出ていたから、
とにかくレアな『古井戸ライブ』さえ入手できれば、後は比較的容易だったと思う。
それでも帯が付いていて状態が良いものであれば、値段は5桁を下ることはなかったけど。

『酔醒』も蒲田にある えとせとられこーど なんかに行けば、
値段はともかく見つかったものだが、
『サイド・バイ・サイド』だけはなかなかお目にかからなかった。
だからこのレコードを手に入れた時はとても嬉しかった。
確か「ステーションホテル」のシングル盤も一緒に買ったと思う。
もう今では無くなってしまった中古屋だった。

さて、その内容だが、
78年ということで「酔醒」以上にニューミュージック的なサウンドとなっている。
『酔醒』も洗練された音だったが、
曲の核はダークでヘヴィなものがあり、決して甘さや軽さは無かった。
しかしこの『サイド・バイ・サイド』はちょっと様相が違う。

新ナニワ・サリバン・ショーでのHISに参加していた吉川忠英。
彼がアレンジやプロデュースにも大きく関わっている。
もちろん自身でギタリストとしても全面的に参加。
ドラムスは林立夫だし、ストリングスアレンジは瀬尾一三。
これだけでも人によっては音が何となく想像できると思うが、
何と言っても過去の作品との大きな違いは、仲井戸麗市色の後退であろう。
そうは言っても、収録曲のうちA-4、B-4、B-5が加奈崎芳太郎作。
残りは全てチャボの作品だ。
この点の割合は今までと変化無しである。
しかも、チャボのヴォーカル曲が4曲(A-2 A-3 B-2 B-3)もあるし、
B-3に至っては完全なチャボのソロ作と言っていいだろう、ちょっとした実験的な曲だ。
更にB-2は、何とチャボとおおくぼさんのデュエット!
一応クレジットはバック・ヴォーカルなのだが…。
それにしてもこの曲は凄い。
仲井戸家の食卓の風景を、本当に夫婦で歌っているのである。
『絵』に収録された「ねぇHISAKO」も凄いと思ったが、こちらのほうが上である。

このようなアルバムなのに、何故だか仲井戸麗市色がほとんど見えないのである。

曲単位で言えば、竹中直人がカヴァーしている「抱かれた後で」は名曲だと思うし、
今でもたまに歌われる「夜奏曲」だって、
後にセルフ・カヴァーしたことでもわかるように重要な曲だろう。

発表された78年と言えば、
既にチャボはRCサクセションとの交流が始まっていたと思われる時期だから、
そういったことでの古井戸に対する気持ちが、アルバム制作にも出ているのかな。
チャボの活動の中では完全な異色作だと思うが、
こういった作品が残されたというのも今では貴重かも。

この時期の古井戸はどんなライヴを演っていたのかな。
ニューミュージック的なサウンドで古井戸クラシックスを演奏するライヴというのも、
観てみたかった気がする。

     **********

MKF 1031 キティ 1978.5

SIDE:A
1.DATE SONG 2.大都会 3.抱かれた後で 4.恋唄 5.さよならマスター

SIDE:B
1.星空ダンスホール 2.Morning Soup 3.Rhythmic Lullaby 4.チャンピオンが負けた日
5.雪便り 6.夜奏曲




※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。

Blue1981
2006/05/25 21:50

Anilineさん

>「三番目」「スロバラ」と何か、3枚EPセットで1万切ってたのをオークションで

これは安くて凄すぎますね。私も、見本盤でしたが「三番目に大事なもの」と「キミかわいいね」の2枚で20,500円で落札というのを見たことがあります。他の人はどう思うかわかりませんが、この二つは私にとってはタダみたいなものですね(笑

「宝くじは買わない」と「涙でいっぱい」は別格。両方とも価格はおそらく10万円前後でしょう。でも、もう20年くらい前ですが、私の友人は「涙でいっぱい」を2,800円で購入しています。何とも中途半端な価格ですが、その中古屋はそれなりな値段を付けたところを見ると、ちょっとはレアさを理解していたようですが、それでも無知すぎましたね。友人は超ラッキーと大喜びしていました。



Aniline
2006/05/25 17:12

先日「三番目」「スロバラ」と何か、3枚EPセットで1万切ってたのをオークションで
見掛けました、多分「涙でいっぱい」なら入札してたと思うんですけど…
「宝くじ」EPは、私が中学生の頃(80年代半ばかな)大阪のアメリカ村って
とこにあるレコ屋の店頭に飾ってまして。2万位で。いつも前を通る度
悩んで、お店の方に状態聞いても教えてもくれないし、ずっと店頭で陽に
当たる環境だし止めといたんですが、それから現物見た事ないんです。

>私は二人とも今ではやわらかくなったなぁ…と思いますね。特にチャボ。BOOKを出した辺り(85~86年)とは別人のようです。

そうですね、特にキヨシローに注目してた身として、キヨシローは80年代
後半、人間変わったくらいに変化してます<顔が特に
仲井戸さんは、アレはいつ頃かなぁ…何か吹っ切れたんでしょうか
無理した表情が減った気がします。RCのチャボに感じる痛そうな感覚が
なくなったと云うか…後、もしやあの変化してないような服装が仲井戸さんの
心の変化を解りやすくしてるのかもしれない!?(凄く勝手な推測)



Blue1981
2006/05/24 22:20

Anilineさん

清志郎やチャボ絡みで今でも高価なのは、RC初期のシングル盤のみでしょうね。「宝くじは買わない」から「スローバラード」まで。古井戸のシングルも「ローリング・ストーンズが鳴ってた」と「チャンピオンが負けた日」はそれなりな価格で中古市場などに出るでしょうが、この二枚は単にレアだからというだけで、聴かなくても支障はありません(笑

>違和感はとんがった姿の方に感じてた
私は二人とも今ではやわらかくなったなぁ…と思いますね。特にチャボ。BOOKを出した辺り(85~86年)とは別人のようです。



Aniline
2006/05/24 11:10

ディープではない筈な仲井戸さんファン(実際「Rock馬鹿と知的ヒッピー」は
手に取ってレジの前で「知的ヒッピーって知的ちゃうし」と棚に戻した位ですしw)でない
人間故、余計に聴きたいです、サイド・バイ・サイド、いやこれは本当に(笑)

今、アナログを敢えて買うのは余程の音楽マニアかと思われるフシもありますが
この様に「CD化されてない」モノなら仕方ない訳で。ただエレックがCD化
されるなんて、世間に疎いだけで結構「エレック含むフォークブーム」が
来てるとか?このCDが売れない時代、版権問題クリア出来たとしても
普通出さないでしょ…どうせ暫くすればブックオフに並んだりして(笑)
今、麗蘭1st.なんて数百円で何処でも並んでますよ~。ぽえじーLPは
ヤフオクで千円とか。送料やらの方が高く付きそう、紙ジャケも既に値崩れでした。

RCから仲井戸さんを知りましたが、逆に清志郎とご両人共に違和感は
とんがった姿の方に感じてたんですよ、何だか違う側面があるぞ、とか…
あぁイヤなマセガキ~(笑)ネットなんてない時代でよかったです、殺されそうw



Blue1981
2006/05/21 20:06

Anilineさん

ディープな仲井戸麗市マニア以外は「サイド・バイ・サイド」は無視しても良いと思います(笑)。

RC以降、それこそ麗蘭以降にファンになった人の中には、RCのチャボですら違和感を感じている人も少なくないと思うし、まして古井戸(特にフォーク期)なんてどう聴こえるんだろう…と。興味はあるんですけどね。化粧してアタマが爆発している80年代前半RCサクセションでバリバリのチャボは、麗蘭でファンになった人達にはどう映るんでしょうね。

>古井戸アナログ、大暴落ですね(笑

まぁ、CD化されちゃえば、暴落するのは決して古井戸だけのケースでは無いんですがね。ちなみに私が買った価格でいちばん安かったのは「酔醒」の帯なしアナログで5,000円でした。今は1,000円でも売れないかも…というか、売れないでしょう(笑


Aniline
2006/05/21 6:15

これ…聴きたいようなどうしたらいいのか悩むアルバムですね(笑)
「イエスタデイズ」紙ジャケは知りませんでした、でも紙ジャケは個人的に
嫌いでして…でもアナログレコードは存在感あるしインテリアなんかにも
いいんですが、紙ジャケはダメですね、「ちゃっちい」イメージかな?

「えとせとらレコード」、新宿か川崎に未だある筈ですよ、蒲田の店舗は
昔、貸レコ屋や有線の流れモノなんかが一気に放出されてた時代とか
レコード市やら相当通い詰めた頃、えとせとらを偶然知って住所調べて
何度も通販してもらってたんですよ。お茶の水のマンスリーマンションにいた時は、ディスクユニオンの横らしく、何故友達が皆迷わないのか謎でしたね

古井戸アナログ、大暴落ですね(笑)私は丁度季節柄、持っていない
「ぽえじー」が欲しくとも(初夏らしい?)今、プレイヤーが壊れちゃって
ふと、CDもレーザーディスクやβやらと同じ経路な気がするんですよ
レコードは面倒だからこそ手軽に気軽に扱いにくいが逆に長所ですが
個人的にデジタルメディアは信用出来ないし、やはり劣化早いですよ!
扱い方悪いので解り易いんですが、昔のヘビロなんて音質ヒドいです(笑)
好きな音楽でも聴けるならオッケー、こだわりは持たない様にしてますが
やっぱ根本的に「PCで高音質」ってヘンかな、と。iPodなんて正にそうですが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ