CHABOの恩返し⑤ 和田唱 with 仲井戸CHABO麗市 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 2011.9.16

僕は和田唱…というかトライセラトップスを今年のJAPAN JAMで初めて観る機会があり、
そこでの彼のギタリストぶりがカッコよくて、気にはなっていた。
よって、ライヴの後半はギターなセッションになるだろうことを予測していたが、
それは熱いソロのぶつけ合いや、唸るようなプレイの応酬と言うものではなく、
観ていて、聴いていて、とても楽しいものだった。

前半の和田唱パートはカヴァーとオリジナルが半々くらい。
適度なナルシストぶりのMCも僕自身は楽しめたし、歌とギターはさすがに聴かせてくれた。
ただ、普段の彼のライヴを知らないので何とも言えないのだが、
かなりの緊張があったように感じた。
一見、冷静に見えたけれど、いやいやあれは強力な緊張の裏返しだろう。
ただし、その緊張は良いほうに出ていたとも思う。

白眉は「ポスターカラー」。
バンドでのヴァージョンではなく弾き語りだったが、
オリジナルの名曲度を落とすこと無いカヴァーっぷりが素晴らしかった。

     **********

仲井戸麗市パート。
サウンドチェック…と呟きながらの「Till There Was You」で軽くスタート。
続いてどっぷり演るぜ…と久々の「ムーンライト・ドライヴ」。
ただ、良くも悪くも、今のチャボのライヴにはどっぷりな雰囲気は無い。
この辺は個人的に物足りなくもあるところだが、別にダメだと感じているわけでもない。
2011年の仲井戸麗市がそうなのだ…ということだけである。

中盤。
初期のRCサクセションを…と「九月になったのに」を歌った。
もちろんそういう曲じゃないんだけれど、
今、チャボが " そちらはどうですか 君はどうですか そちらも九月になりましたか " と歌うのだ。
これを聴いた僕のアタマに浮かぶことは、もうそれしかなかったのだが、
こんな僕をおかしいと思うファンは、ひとりもいないと信じる。

ところで、この曲のイントロの前、チャボはブルースっぽいアドリヴをかましていた…が、
実はその前にサラッと爪弾いていたフレーズがあったのだ。
それは何だったかというと「Little Wing」のイントロ。
9月のライヴだし、丁度良いRCの曲があるから…の理由で取り上げたわけではないことが、
これで理解できるだろう。

そして手に入れたばかりという12弦のミニ・ギターでの「スケッチ'89・夏」。
チャボのお父さんが俳句をやるということはファンには知られているが、
この曲の歌詞は、その俳句にチャボが詞を追加して作られたという、実験的な名曲である。
この日の「スケッチ'89・夏」は、ある意味を持って歌われたのだけれど、
最初の一節から最後の " 夏…Oh Oh " まで、強く深い思いに溢れた " うた " だった。

この曲にまつわる父親とのエピソードを " ロックっぽくないんだけど… " と言って話したチャボ。
もし、チャボの言うように、あれがロックじゃないならば、
僕が好きなのはロックじゃないことになるな。

ロックでしょう?
間違いなくロックでしょう?
ロックだぜ、チャボ。

「スケッチ'89・夏」に続いては「9月の素描」が演奏された。
この中盤の3曲は、久しぶりに仲井戸麗市のライヴを観た気がした。
ギターと歌。
そしてそれ以外の何かによってココロが大きく揺さぶられる。
これが仲井戸麗市である。

     **********

アンコールのセッションは、本当に楽しいの一言!
二人を観ているだけでこちらも自然に笑顔となる。
例えギターに詳しくなくとも、ギターの魅力がじゅうぶんに伝わるセッションだったと思う。
タイムマシンがあったら1964年に一緒に行こう!で始まったビートルズの「I'll Cry Instead」。
ヴォーカルは和田唱がとったが、
時折、曲を口ずさみながら横でギターを弾くチャボは実に楽しそうだった。
チャボがビートルズを演奏する機会をもっともっと観てみたいと思う。

     **********

恩返しシリーズは、チャボのライヴとして僕にはまったく物足りないし、
ココロから満足できたことも、これまでは無い。
この日のようなチャボを観ると、尚更ソロ・ライヴを観たいという気持ちが大きくなる。
でも、今年のチャボは " これ " なのである。
ということは、僕の答えはひとつしかない。
今年のチャボを指示する…ということだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ