あふれる熱い涙/RCサクセション from『Baby a Go Go』 -1990-

あの時はやはり特別だったので、実は驚きや嬉しさは今回よりも大きかったのは事実だ。
しかし、それでも僕や僕達にとっては、今回は大事件である。

あの時というのは94年の「GLAD ALL OVER」であり、
今回というのは今年8月20日の日比谷野音のことだ。

忌野清志郎、仲井戸麗市。そして新井田耕造。
KING OF LIVEとして駆け抜けた80年代の5人のRCサクセションのうち、3人が集まるわけだ。
これが僕や僕達にとってどのくらい凄いことなのかちょっとまだ良くわかっていないのだが、
凄いことなのである。
リンコさんはどうなんだ…とか、G-2はどうした…とかはここでは考えないようにする。
考えたらキリが無いもの。

2005年の忌野清志郎35th Anniversary。
これはそのままRCサクセションの35th Anniversaryでもあった。
清志郎の一連のイヴェントや『RHAPSODY NAKED』があった。
これらは新ナニワ・サリバン・ショーでエンディングを迎えたと思っていたが、
まさかこんなものが控えているとは想像すらしていなかったし、夢にも思わなかった。

まだ冷静でいられる。まだ6月だ。あと1ヶ月以上もある。
あの時と同じように、今回も当日まではこのままでいようと思う。

     **********

さて、もしこのブログを、そしてこの記事を関係者の方が偶然でもいいから見たとしたら、
是非、清志郎とチャボ、そしてコーちゃんに伝えて欲しい。
絶対に伝えて欲しい。
伝えてくれよ。

90年発表の現時点でRCサクセション名義としては最後のアルバム『Baby a Go Go』。
コーちゃんもレコーディングには参加しているが、数曲でしかドラムを叩いていない。
そんなアルバムの中で三人揃ってレコーディングされた1曲であり、
更には当時のRCサクセション20周年テーマ・ソングとなっていた「あふれる熱い涙」。
この名曲を絶対に野音で披露して欲しい。何なら三人だけのセッションでも構わない。

というか、三人での演奏だったとしたら、
僕はきっとタイトルのように涙があふれて大変なことになるけれど…。


※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。


Blue1981
マイトさん

実質的なラスト・アルバム収録曲で、かつバンド結成20周年のテーマ・ソングで、かつ清志郎+チャボ+コーちゃんが揃ってレコーディングされた曲とくれば、個人的にこれを演奏する意味は浅くはないと思うんですよね。聴きたいなぁ。
2006/07/11 23:55



マイト
かなり好きな曲です。
RCの末期?のなかでは一番ではないでしょうか?
さて20日ですが・・・皆で会えて話せたら楽しいでしょうね。
チケットどうなることやら・・・
2006/07/11 15:21
(http://yaplog.jp/ft-succession)


Blue1981
Anilineさん

>CHABOはわかんないですけどニーダさんはライブ全編叩きますよね

えーと、私はチャボがギタリストとしての参加…であることを望んでいます。でも、今回はそれ風な感じですよね。とにかくバンドのいちメンバーとしてギターを弾いて欲しい。ですから当然出ずっぱりでしょう。
でも、一曲はヴォーカルをとって欲しいな。曲は…そうだなぁ、悩みに悩んで「ハイウェイのお月様」かな。もちろんRCヴァージョンで。

>「よぉーこそ」とかアリかなぁ…?

アリです。完全にアリ。というか、演ってもらわなくちゃ。

「ラー・ラー・ラ・ラ・ラ」は90年の野音でも演奏されました。あの時は「楽しい夕に」から他に「エミちゃんおめでとう」「ぼくの自転車~」と、三曲も演ったんですよね。今考えても凄いことです。
2006/06/24 12:45



Aniline
>Blueさん
バンド的演奏ではなかったですが、タイコあり鍵盤も?(見えなかった;_;)
と音も野音にピッタリ合って、メインステージで演るよりよかったと思います。
推測の域でしかありませんが、やっても驚きじゃなく至極当然かな、これは。
CHABOはわかんないですけどニーダさんはライブ全編叩きますよね。
曲の予想だけで楽しいですね。「よぉーこそ」とかアリかなぁ…?
チケットは取れるか云々より、世間での注目度が解らないので迂闊に動けません
**あ、前回のセットリストに「ラーラーラララ」抜けてました、どうでもいいか(笑

2006/06/24 10:31



Blue1981
Anilineさん

野音ではバンド形態で演ったわけでは無いんですね。

「Baby a Go Go」を聴けば、コーちゃんが叩いている曲は、やはり演奏が締まっていると思うんですよ。この曲も、ドラムが入るところからグッと引き締まりますよね。目立たないけれど、結構RCにとっては重要な曲だと思います。
2006/06/23 22:03



Aniline
>それはそうと、去年の清志郎は野音でこの曲を演ったのですか?

昨年のライブは、途中で会場後方に設置された「サブステージ」にて
清志郎&三宅君and more、とアコースティック形式で数曲、丁度日が暮れる
時間帯でした。順不同で「宝くじ」「体操しようよ」「楽しい夕べに」
かな?(当日のセットリスト見つからない!)
「あふれる熱い涙」を聴いたのはそのライブが久しぶりだったんですが
「tu tu lu lu tu lu lu〜」と一緒に口ずさんでいると、何のアルバムだったっけ?
とか思い出せないのに(笑)、懐かしさだけじゃない思いで胸が一杯になっちゃって。
今年、やりそうな気がします、はらたいらさんに3000点!
(ぴあプレリザーブがダメだったので思い当たる人間に今まで頼みのコールをば…)

私の周りにも昔からRCファンはあまり見掛けませんでしたね、そりゃあ
80年のブレイク時、私小学生でしたから!(笑)
今でも・・・ネットで出会う程度かな?(幸い大抵よい人に出会えてます)
まぁ、ファンだの何だの云う私より、兄弟たちや友人たちがフェスなどで
キヨシロー目撃情報を沢山くれるので、散々笑われる訳であります。
昨年を期に、ライブなり何なり、行きたい、行けるなら取り敢えず行こう
と思うようになりました。縁がないなら仕方ない。でも今までみたいに
都合付かず直前で断念、連れの反対を受け断念、はもうしません。
一番大事なものは、自分、ですからね〜^^

2006/06/23 1:55



Blue1981
KENBOさん

私の記事で気付くとは…危なかったですね。

それにしても、こんなにたくさんのRCファンからコメントをもらえるのは嬉しいなぁ。80年代前半当時、私の周りにはRCを好きな人なんてほとんどいませんでしたからね。今もそうです。仕事上、実は音楽好きの人に囲まれているのですが、RCや清志郎、チャボ好きな人は皆無です。

あのときに野音や武道館に集まってくるあんなにたくさんの人達はどこにいたのか…。そして今はどこにいるのか…と思いますねぇ。
2006/06/22 21:08



Blue1981
Anilineさん

日比谷の野音は東京に住んでいるRCファンにとっても特別な場所だと思います。それはそうと、去年の清志郎は野音でこの曲を演ったのですか?一度でも今のバンド形態で演ったのなら、本当に当日は聴ける可能性が出てきたなぁ。
2006/06/22 21:01



KENBO
BLUEさん ごぶさたしております。
いやぁBLUEさんありがとう。
このエントリーを見てなかったら 今回の野音気づいてませんでした。
”うっそぉ~”と、かなりスピードつけて@ぴあへ・・・
終わってました。(;´_`;)
CNプレガも取り扱い無し・・・
そして最後にeプラス。
間に合ったぁ~プレオーダーしました

今回は何年ぶりだろう 野音に行くのも 生音を聴くのも
もしチケット ゲットできた暁には野音でお会いしましょう
BLUEさん。

2006/06/22 17:46



Aniline
私は家族友人みんなから笑われてた程、ライブに行けなくて生メンバーを
見れずにいた位だったのですが、初めて現場まで滞りなくたどり着けたのが
昨年の日比谷野音でした。やはり「ヤオンベイベー」な野音は地方の人間からすれば
憧れの場所なんですよ。(行ってみて、野音の特別さに気付かされました)
去年は夕暮れとセミの鳴き声と一緒に、「あふれる熱い涙」を聴いてて
これをリアルで聴いていた頃とは違う気持ちで、じ〜ん、としちゃって。
(私はこのアルバム好きなんです^^;;)

皆さん、チケットが手に入りますように、私のも含めて(笑)、祈ってます!

2006/06/22 11:51



Blue1981
nobuさん

「Baby a Go Go」でこの曲を聴いたときの何ともいえない気持ちが思い出されたので、是非コーちゃんのタイコで演ってほしいものだなぁ…と。聴きたいなぁ。でも、想像しただけで涙腺が…(笑
2006/06/22 0:35



nobu
「あふれる熱い涙」

なんかこの記事みてるだけで涙あふれそうです^^;

それにしても、ほんと、RCブログ仲間が皆集結しそうですね~~!
みんないけますように!ああ、楽しみ。。
2006/06/21 23:39
(http://ameblo.jp/nobu-s)


Blue1981
和歌之介さん

またまたコメントありがとうございます!

おー、沖縄だけでなく日比谷野音も申し込んだのですか!三人をRCサクセションと呼ぶのは極端かもしれませんが、でも誰が何て言おうとRCですよね。
2006/06/21 22:12



Blue1981
Rainbowさん

オリジナルRCサクセションが観られるときがきたら凄いなぁ…。何だか私も「夢じゃ無いかも…」なんて思えるようになってきましたよ。

予習…ですか(笑) 何とか考えてみますね。
2006/06/21 22:08



和歌之介@沖縄
お久しぶりです。以前に下山淳のエントリーにコメントした者です。

最近のキヨシローの活動にはあまり興味が無く、ライブも見に行ってなかったんですが、今年は久々にキヨシローが来沖(9月9日)するのでちょっと気分も盛り上がってました。
でも今回の来沖は違うぞ、単なる「キヨシローが見れる」じゃないぞ、「RCが見られる」に限りなく近いぞと気づいてからは、単なる気分の盛り上がりも、ドキドキするような興奮に変わってきました。

Blue1981さんのエントリーを読んで、さらにいてもたってもいられなくなり、8月20日の野音のチケットをぴあのプレリザーブで申し込みました。
こんなドキドキは、10年ぶりくらいかも知れません!

2006/06/21 16:48
(http://www.ring-do.com)


Rainbow
思いって通じる、願えば叶うと、しみじみ思うこの頃です。

前にBlueさんが書いておられた「キヨシローとリンコさん、ケンチ」の共演っていうのだって
まんざら夢でもないかも?なんて思えます(笑)

チケット、祈ってますからね♪

予習のご指導お願いしますね(笑)
2006/06/21 11:19
(http://ameblo.jp/rainbowgraf/)


Blue1981
恭さん

自分を含む皆さんがチケットを取れますように…(笑
2006/06/21 1:08



Blue1981
月見家さん

目立たないけれどいい曲ですよ。同じフレーズを繰り返すだけなんですけど、演奏してみるとわかるんですが深いんですよね。90年のRCでの演奏以外では清志郎の弾き語りで聴いただけなので、今回は是非聴いてみたい曲のひとつです。
2006/06/21 1:06




話題沸騰ですね。
狭いサークル内のことかもしれませんが(笑)

しかしこれは本当に黙っていられません。
「あふれる熱い涙」ですかぁ。
それは涙あふれちゃいますね。

もし、ブログで知り合った人たちがみんなチケット取れたら、同じ会場に集結するんですね。
これも面白いことですよね。

2006/06/21 0:08
(http://ameblo.jp/mautabgorotomoyusei/entry-10013835754.html)


月見家
>「あふれる熱い涙」

正直なところ、私にとっては、忘れがちな曲のひとつでした。

ただ、今回のblue1981さんの文章を読んだことで、何だか急にすごく大切な曲のように思えてきました。

「3人だけのセッション」なんてシーンが実現したら、私も涙があふれて仕方ないと思いますね。

まぁ、その前にチケットを確保するという難事業が待ちかまえているわけですが…。
2006/06/21 0:06
(http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ