HEART ACE/RCサクセション -1985-

  メンバーで一丸となっている感じが薄れてきているアルバム。
  当時のパルコのCMでチャボが嫌がって落ち込んだ。
  アルバムの音が悪いし、ミックスも良くない。
  「歌いたいことがなくなってしまった」と清志郎が後年語った…。

以上、すべてアルバム『HEART ACE』に対してのものである。
とにかく今では散々な言われようの作品だし、実際に評価も高くないと思う。
でも、ちょっと待てよ?
実際にこれを当時買って聴いた僕は、
ここで言われているようなことを感じていたのかな…?

決して感じていなかったよ、そんなこと。
現在のこのアルバムの影の薄さや低い評価は、
すべて後から言われていることの影響が大だと思う。
それらを信じてまともに聴いていないという人がいたら本当にもったいない。
少なくとも僕は『FEEL SO BAD』や『MARVY』『COVERS』よりも好きだ。

確かにこのアルバム収録曲の「海辺のワインディング・ロード」、
そして「山のふもとで犬と暮している」のリミックス・ヴァージョンと、
新曲2曲を収録したミニ・アルバム『ノーティー・ボーイ』が同時期に出た。
音が悪い…という理由で。
ただ、それを聴いても、音が違うと感じたが、別に音が良いとは思わなかった。

今回、80年代RCのすべての作品を聴き返した中で、
いちばん良かったのが『HEART ACE』だったくらいだ。
名盤…と言い切ってしまいたいとも思う。

曲の粒は揃っているし、バランス良くバラエティにとんでいるし、演奏も悪くない。
確かに実際のバンド内部やメンバー間は微妙な時期だったのだろうが…。

『HEART ACE』発表後から、日比谷野音での4 SUMMER NIGHTSが始まった時期。
RCが事務所から独立した時期。
チャボが初ソロ『THE仲井戸麗市BOOK』を発表した時期。
このように、やはりそれは独特な時期だったのだ。
しかし、何故かステージ上で観る当時の彼らの表情はスッキリとしており、
本当にカッコよかった。
清志郎は相も変わらず派手なメイクと衣装で動き回っていたし、
目立たなくなったと言っても、
チャボはギタリストとしての立居振る舞いが抜群に素敵だった。
特にチャボがRCのステージで自身のソロ作である「打破」を歌う姿は、
男でも惚れてしまう程であった。

その証拠がある。このレコードのメンバーの写真である。
ここでの清志郎の表情。
当時、この清志郎を観た僕は物凄くカッコよく思ったものだ。
「清志郎、何かあったのかな?」と感じるくらい、その表情が変化したように思えた。
今観ても、僕は当時の印象のままである。

P.S.
アルバムがCD化された際、
シングル「すべてはALRIGHT(YA BABY)」がボーナス・トラックとして追加収録された。
これをどうとるか…だ。
同時期のシングルがボーナス・トラックとして収録されたのは、
この『HEART ACE』だけである。理由はまったく不明。
こういうところでも、このアルバムの扱いは半端であり、
実際の評価を曲げている原因だと思う。

さらにP.S.
アルバムと兄弟のような映像作品の『SPADE ACE』。
もし観ていないファンがいたら、良くも悪くも必見。


RCサクセション(1998-12-09)
Amazonランキング:270987位
Amazonおすすめ度:



※このエントリーは、以前のブログ『Blueの雑記帳』に書いたものです。
  画像はすべて削除いたしました。
  ここから下は、当時頂いたコメントになります。


Blue1981
Anilineさん

「HEART ACE」は今回聴きなおして自分の中で評価を改めましたよ。名盤だと思います。

>ハートは「愛情」スペードは「勇気」です。意味深かも・・・??
そういえばこのアルバム・タイトルについてのメンバーからのコメントって記憶に無いなぁ…。
2006/07/24 0:56



Aniline
ビックリその2、は、丁度ベッドの脇の壁にこの頃(85-6)のツアーパンフ
(オークションで購入)のこんな清志郎フェイスが貼り付けられておりまして
「うぉっ!MYルーム盗撮(笑)!」と驚いてしまいました。

「HEART ACE」は後期RCでも好きな曲が詰まって好きですよ。
丁度リマスターしたヤツに買い換えたので、聴いていても違和感なく
「すべてはAlright」も違和感ないですね。

トランプのマークにそれぞれ意味があるんですが、ハートは「愛情」
スペードは「勇気」です。意味深かも・・・??
(因みにダイヤは「お金」、クラブは「労働」です)

2006/07/23 14:13



Blue1981
nobuさん

この写真の清志郎は抜群にカッコいいですよね。「遊びじゃないんだっ」に別テイクが載っていますが、このフォト・セッションで撮影されたものをすべて見てみたいです。青の色合いも素敵。
2006/07/21 22:59



nobu
この頃は、バンドとしては微妙な時期だったんでしょうけど。。
この清志郎はカッコいい~。いい面構えというか。
レコードの時代の方がジャケットが大きくて、ありがたみも大きいですよね。
2006/07/21 19:18
(http://ameblo.jp/nobu-s)


Blue1981
月見家さん

>“GLORY DAY”
この曲は深読みしましたねぇ…。何を歌ったのか、ハッキリとした発言は、チャボからはいまだに出ていないですよね?逆に清志郎は「この曲が印象に残っている」という発言が残っています。「チャボが落ち込んだから、リンコと春日博文と一緒に曲を作った」とも言っているので、「あぁ、なるほどそういう曲なのか…」と。

ボートラの件はねぇ…。曲間がほとんど無いので、CDでは結構違和感があります。数秒あけるくらいの編集をしろよ!と思います。
2006/07/21 0:34



月見家
私の場合、このアルバムでは、“GLORY DAY”がダントツに好きなんですが、不思議とこの曲はとりあげられたり、言及されたりする機会が少ない気がします。何でだろう?

あと、当時は「“SKY PILOT”と“LONELY NIGHT(NEVER NEVER)”は、どっちかでいいじゃん」と思いましたね。あの路線にはちょっと食傷気味でした。

>シングルがボーナス・トラックとして収録されたのはこの「HEART ACE」だけである。理由はまったく不明。
 ホントですね…。ボーナス・トラックだと知ってて聴いているからなのかもしれませんが、最後、いかにも付け足しっぽい流れになっていると感じます。


2006/07/21 0:13
(http://moon.ap.teacup.com/tsukimiya/)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ