忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace 2011.5.2

客電が消えると、RCサクセションの「ロックン・ロール・ショー」のイントロに乗って、
ステージ正面上部の3面スクリーンに清志郎の映像が映る。
その映像は、清志郎が自転車で武道館へ到着し楽屋へ向かうシーン。
そして準備からバンドのメンバーとステージへ…という編集がされていたのだが、
楽屋以降のシーンが凄かった。
その理由は、映されていたのが80年代のRCサクセションだったからだ。
要するに、RCの武道館ライヴのオープニングという演出だったのである。
もう、この時点で僕は興奮していた。
メンバーがステージへ。
続いて清志郎もステージへ向かう。
このまま本当にRCの武道館が始まればいいのに…と思った。

さて、映像からは清志郎のいつもの定番MCがいくつか流れたのだが、
一際大きく " オッケー、チャボ! " が聞こえた瞬間、
3面スクリーンの中央にチャボが映し出された。
カメラはチャボの手元…ストロークする右手を映す…と同時に右手が振り下ろされ、
「雨あがりの夜空に」が始まった。
何という劇的で痺れるオープニングだ!
あまりのカッコ良さでハッキリと記憶していないけれど、
ヴォーカリストとして斉藤和義、浜崎貴司、宮沢和史、ゆず、奥田民生らがいたと思う。

いきなりの「雨あがり~」も驚いたが、次がまた凄かった。
コーちゃんのドラムに乗って、あのイントロが始まった。
正直、イントロだけでまた終わるんだろうな…と思ったのだが…。

あれだけ聴きたかった歌詞。
今度こそ歌ってくれるのかと期待していた歌詞。
そのたびにはぐらかされてきたのだが、この日チャボはそのまま歌いだした。

  季節はずれの 激しい雨が降ってる♪

「激しい雨」が、遂にチャボによりフルで演奏されたのである。
この日のライヴは、このアタマの2曲で決まってしまった。

  RCサクセションがきこえる、RCサクセションが流れてる

" 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace " は、
まさにこの歌詞どおりのライヴとなった。

CIMG9311.jpg

以下、パンフに掲載されている順番で、出演者について個人的感想を短く記しておきます。

・泉谷しげる
今回はアリーナ席中央にサブ・ステージが作られており、
ハウスバンドとセッションしないゲストはここで歌った。
泉谷はサブ・ステージのトップ・バッターだった。
「雨あがり~」を途中まで演った後、「サマータイム・ブルース」を。
アドリヴでお台場に原発を作れという歌詞を加えて受けていた。
その後、泉谷らしいアカペラ(?)で「ラヴ・ミー・テンダー」を歌った。

・奥田民生
昨年のこの日にもARABAKIで歌った「スローバラード」を熱唱。
去年と違うのは、バックで聴こえるギターが、あの音だということである。
もう1曲は、チャボのトリビュート・ライヴで歌った「チャンスは今夜」。
二曲とも盛り上がっていたが、個人的にはこの日だけの新しい曲を聴いてみたかった。
ちなみに「チャンスは今夜」の間奏前のブレイクで、チャボが " コーちゃん! " と叫ぶ。
僕にとっては重要なシーンであった。

・金子マリ
RCのライヴでも持ち歌だった「ラッキー・ボーイ」。
これは予想の範囲内だったが、もう1曲が凄かった。
まずは、何とチャボが紹介して金子ノブアキとkenkenが登場する。
この二人をリズム隊とし、金子ファミリーで何を演るのかと思ったら…。
チャボがいきなりあのイントロを弾いた。
「よォーこそ」を除けば、ライヴのオープニング・ナンバーとしては、
ベストだと個人的に思っている曲、「MIDNIGHT BLUE」が演奏されたのである。
この日のハイライトのひとつだった。感動で震えたよ。

・斉藤和義
「JUMP」と「ドカドカうるさいR&Rバンド」という王道の2曲。
これまでの弾き語りで聴かせると言うイメージを打ち消すカヴァー。
特に「ドカドカ~」のキーはきつかっただろうけれど、それでも強引に歌いきっていた。
その心意気と姿勢と精神に感動した。
MCでも " 替え歌はまだ怒られますよ " と意味深な発言に " ざまーみろ! " と一言。

・クロマニヨンズ
多数のゲストの中で、文句無くベスト・パフォーマンスだと僕が思ったのがクロマニヨンズだ。
ハマリまくりの「ROCK ME BABY」と、
マーシーのバキバキのギター・リフがイカシテた「ベイビー!逃げるんだ。」。
そして驚きの「いい事ばかりはありゃしない」。
3曲ともオリジナルをいじらずの、ほぼストレートなカヴァーだったけれど、
ロック的な美しさに満ちていて、実にカッコ良かった。

・サンボマスター
サブ・ステージにて「トランジスタ・ラジオ」と「世界中の人に自慢したいよ」。
「トランジスタ・ラジオ」のイントロのフレーズを ♪シャラララ とコーラスにしていた。
このアレンジは絶妙。
「世界中~」は感情がこもり過ぎの気もしたが、こういった場では問題なく受け入れられていた。

・東京スカパラダイスオーケストラ
5月2日は、スカパラのドラマーだった青木達之の命日でもあるそうだ。
「危ないふたり」と「トランジスタ・ラジオ」を。
バッチリと決めた余裕の演奏だった。

・トータス松本
RCファンを明言するだけあって、思いが込められたヴォーカルは感動的。
特に「すべてはALRIGHT(YA BABY)」にはグッときた。
「よそ者」も、エレカシのカヴァーに負けない出来だったと思う。

・仲井戸麗市
「激しい雨」と、何と「ブン・ブン・ブン」を演ってくれた。
昨年末のCOUNTDOWN JAPANで「エネルギーOHエネルギー」を聴いた後、
今度は「ブン・ブン・ブン」を演ってくれとお願いしたことが実現したなぁ。

・ハナレグミ
サブ・ステージにて「多摩蘭坂」を。
「君を呼んだのに」との組曲風にしたアレンジだったが、
他のゲストが清志郎やRCナンバーをほぼオリジナル通りにカヴァーしている中、
彼はかなり独自の解釈だったので、まったく違うメロディになっていた。
残念ながら僕には響かなかった。

・浜崎貴司+高野寛
サブ・ステージにて「君が僕を知ってる」と「デイドリーム・ビリーヴァー」。
安心して聴くことができるデュオ。曲も王道で、こういう場にはピッタリだったろう。

・原田郁子
清志郎との共作と言う「銀河」というオリジナル曲をサブ・ステージで歌ったのだが、
お客さんが曲を知っているかどうか以前に、
これだけRCナンバーが連発されている中でのこの選曲は、かなり厳しいと思った。

・細野晴臣
まぁ、HISを歌うだろうと思っていたが、「幸せハッピー」だった。
正直言えば、坂本冬美の歌で聴きたかったなぁ。

・真心ブラザーズ
サブ・ステージにて「ファンからの贈り物」と「2時間35分」。
これといって変化球もなく、ストレートど真ん中のカヴァーだった。
あまり彼らの色が出ていなかったように感じたけれど。

・宮沢和史
「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」と「うわの空」。
こういう地味な曲を好んでいるんだろうな。
『シングル・マン』 がお気に入りならば、
いつか「ヒッピーに捧ぐ」や「甲州街道~」にも挑戦して欲しい。

・矢野顕子
「恩赦」と「ひとつだけ」をサブ・ステージにて弾き語る。
演奏と歌は彼女の世界としか言い様が無く、
「恩赦」もまったくオリジナルとはかけ離れたアレンジだし、
「ひとつだけ」だって清志郎を抜いたとしても彼女の代表曲であるわけだし、
ここは矢野顕子のライヴになっていたように思う。
良い意味で、これはアッコちゃんだから仕方が無いだろうな。

・YUKI
いきなり「自由」のイントロに乗って登場し、そのまま歌いだした。
元々大好きな曲でもあるので嬉しかったが、あのハイトーンで歌われると新鮮。
続いては初めて聴いて衝撃を受けた(?)云々というMCで、何と「不思議」!
これは驚きの選曲だったが、思い入れがありそうな割には歌詞が飛んでいて残念。
おかげで、僕はのめり込むことができなかったなぁ。

・ゆず
サブ・ステージにて「金もうけのために生まれたんじゃないぜ」と「イマジン」。
「金もうけ~」のハモリを聴くと、とてもRCの曲とは思えないな。
そういう意味では自分たちのものにしていると言えるのかも。

・Leyona
「Sweet Soul Music」と「ダンスミュージック☆あいつ」を。
彼女は選ぶ曲と自分のキーが合っていないように思うのだけれど、どうなんだろ?
チャボのトリビュート・ライヴでも同じように感じた。

     **********

個人的な思いは色々ありすぎてうまく書けそうも無いので、それはまたいつか。
今回は清志郎の、そしてRCの曲の素晴らしさを再確認。
これまでも何度も再確認してきたけれど、その都度で常に更新されていく。
2009年以降はそれらの曲が歌い継がれていくことも確信できているし、
それは素晴らしいことだし、嬉しいことでもある。

あと、やはりこれだけは…ということで。
チャボとコーちゃん。そして梅津さんと片山さん。
たった4人だけかもしれないけれど、僕にとってはただの4人では無い。
かなりのリハ…もちろん個人練習も含めて…を重ねてきたのだろう。
だって、RCサクセションだったから。
特にチャボのギターなんて、まさにあのフレーズであの音だった。
4人のコンビネーションがバッチリだったことが嬉しかった。

RCはスゲェよ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace セット・リスト

セットリストなんぞをうpしようとおもっていたのですが、ナタリーにめちゃ詳しいレポが掲載されてんじゃねーか!! ということで、自らうpしても仕方ないのでまぁ感想なんぞをタラタラと書いていきたいと思いますです。 開演予定の16時になっても武道館の客電は付いたま...

コメントの投稿

非公開コメント

RC

BLUEさん

ありがとう。

とてもよかったデス!

激しい雨、、もう嬉しかったです。
確かその演奏前、チャボがギターのチューニングしてるようなところが
モニタに映ったその時の表情がすごく良かったなあ。

「チャンスは今夜」の“コーちゃん!”は、これまた。。涙ですね。
私は“あれ!?今、コーちゃん、ていった?”と思ってて、
blueさんとこで確認できて良かった!(笑)

金子ノブアキとkenkenの登場も嬉しかった。すばらしい!
RCの時に、子供たちをステージにあげる、ということをやってましたよね?
(パンフレットにおふたりが載った事もありました)
その時に、このお二人は確かライブで観た事あると思うんですが、
タッペイくんがステージにあげられた時は観たことなかったなあ。。
なんて考えながら、カッコイイMidnight blueを聴いていました。

私的には「すべてはALRIGHT(YA BABY)」と、「不思議」の演奏が
もう、ほんとに、RCサクセションだったこと。嬉しかった。
やっぱりコーちゃんのドラムがすごく嬉しかった。「すべては…」の始まりの…。
「不思議」はYUKIちゃんの可愛いボーカルではあるけど、
当時よくみたPVのままの感じ、RCサクセションのままで。。

ちょっと気になったところなんですが、ライブの合間の
「忌野清志郎ニュース」での、石坂敬一氏のコメント、
「清志郎は○○を作って、天国に持って行ってしまった」と
神妙な顔で言ってたように思うんですが、
○○のところなんて言ってたかblueさんわかりますか?

最後の方の清志郎の武道館映像に関してとツイッターで
???的なことを仰ってられる方がいました。
私は2階席だったし(ほぼ正面から見える位置ではあるけど)
あれはあれで家でDVDみるよりも迫力もので良かったけど、
ちょっと長いな(笑)とは思った。でも私は楽しかったです。
映像だしついお菓子だして食べちゃった。スミマセン(笑)
でも、湧いているのは映像の中の観客で、
せっかく盛り上がっていた武道館が少し冷めちゃった感じはしたかな。。

長々とすみません。。もう色々ときりがないですね…♪
チャボのいい表情をみるのは嬉しかった。コーちゃん、梅津さん、片山さん。
また、あるといいな。清志郎、どうもありがとう。楽しかったよー♪

エンジェル

おはようございます。
あの場にBlueさんがいたこと、ただの閲覧者の私ですが、とっても嬉しかったです。
チャボが
♪RCサクセションがきこえるー♪
とうたっているとき、なぜかBlueさんが頭に浮かんできました(顔も知らないのに笑)。
Blueさんの内容で充分満足なのですが、個人的にあの「よォーこそ」をはじめとした映像を「武道館」で見ることができたことが嬉しくて仕方なかったです。
「エンジェル」なんか思い出すだけで胸がぎゅ~んとします。
映像長すぎ!みたいな意見も多々あるみたいですが・・・私はそうは思いませんでした。
もっと見たかったし、やっぱRCが演るRCはサイコーだな~って再認識させられちゃいました。
タイムスリップかなんかして、舞台袖からRCが全員で出てくるんじゃないかって何度もチラチラ見ちゃいましたもの。
今までフィルムコンサートって?みたいな気持ちがありましたが、やる場所によるんだな、って思い直しました。
野音も楽しみです。

Re: みさちさん

コメントありがとうございました。

Re: tamaさん

> 激しい雨、、もう嬉しかったです。

演ってくれましたね。
もちろん軽い気持ちでは歌えない曲だとは認識していましたが、
どうしてもチャボに歌って欲しかったので、ファンとしてはやはり感激です。

> 「チャンスは今夜」の“コーちゃん!”は、これまた。。涙ですね。
> 私は“あれ!?今、コーちゃん、ていった?”と思ってて、
> blueさんとこで確認できて良かった!(笑)

私は間奏前にチャボが叫ぶか…を待ち構えていました。
案の定というか、ドラムがコーちゃんならばこれが無いと。

> 金子ノブアキとkenkenの登場も嬉しかった。すばらしい!

80年代には夢にも思わなかったセッションです。
もちろん清志郎がいたら…もありますけれど。

> 私的には「すべてはALRIGHT(YA BABY)」と、「不思議」の演奏が
> もう、ほんとに、RCサクセションだったこと。嬉しかった。

チャボとコーちゃん中心に観ていたのですが、RCの曲の演奏はバッチリでしたね。
特にチャボのギターはキレていました。
20年以上振りに演奏する曲が半分以上あったと思いますが、何も問題なかったです。

> ちょっと気になったところなんですが、ライブの合間の
> 「忌野清志郎ニュース」での、石坂敬一氏のコメント、
> 「清志郎は○○を作って、天国に持って行ってしまった」と
> 神妙な顔で言ってたように思うんですが、
> ○○のところなんて言ってたかblueさんわかりますか?

リズム・アンド・ブルースだったと思います。

> 最後の方の清志郎の武道館映像に関してとツイッターで
> ???的なことを仰ってられる方がいました。
> 私は2階席だったし(ほぼ正面から見える位置ではあるけど)
> あれはあれで家でDVDみるよりも迫力もので良かったけど、
> ちょっと長いな(笑)とは思った。でも私は楽しかったです。
> 映像だしついお菓子だして食べちゃった。スミマセン(笑)
> でも、湧いているのは映像の中の観客で、
> せっかく盛り上がっていた武道館が少し冷めちゃった感じはしたかな。。

私は何の違和感も感じず、自然な流れで観ていました。
完全に武道館の清志郎&RCサクセションというモードになっていたので、
既発映像であっても大音量で観られるのはこんな機会しか無いし、
何といっても未発表映像があったので、楽しかったどころか興奮して観ていました。
私はまったく問題なかったです…というより、ハッキリと良かったです。

> チャボのいい表情をみるのは嬉しかった。

もちろん出演者全員がそうなのですが、
それでも私にはダントツでチャボの清志郎への愛が伝わってきました。
だからカッコ良かったし、だから楽しく感動的なライヴになったと思っています。
最後はチャボの目に光るものがあったように見えました。

Re: 素浪人さん

> チャボが
> ♪RCサクセションがきこえるー♪
> とうたっているとき、なぜかBlueさんが頭に浮かんできました(顔も知らないのに笑)。

ははは(笑)。それはありがとうございます。

> 映像長すぎ!みたいな意見も多々あるみたいですが・・・私はそうは思いませんでした。

ファンによって感じ方は違うということだけだと思います。
正解も無いでしょうし。

> 今までフィルムコンサートって?みたいな気持ちがありましたが、
> やる場所によるんだな、って思い直しました。

そういえば、武道館で観たストーンズの映像も良かったなぁ。

> 野音も楽しみです。

これも良い企画ですね。

愛溢れる

すばらしいレポートです。

Re: バカチンさん

いやいや、どうもありがとうございます。

行って良かった!

また悲しくなるのかと思うと、チケット買う時迷いましたが
チャボ、コーちゃん、梅津さん、片山さんが一緒にイカレたナンバー
を演ってる!!のを観れるだけで本当に行って良かった!
ここはやっぱり特別な場所!って思いました。

ステージ真横だったのでステージに向かうみなさんの姿が見えたのですが、
最後の1曲の前にチャボとマリちゃんが抱き合うようにして歩いてきたのが
印象的でした。

モニターにもやたらチャボが映っていたような・・・気のせい?

コーちゃん

あの声は、チャボさんでしたか!民生が言ったように思っていましたが…違ったんですね~
ステージ向かって右から見ていたので、よく見えなかったし、後半は頭がボーッとしていましたから…。
チャボさんが言ったのならなおうれしいです。
あの曲を、コーちゃんとチャボさんの演奏で聞けるのがうれしくて、ただ単純に何も考えずに楽しめた一曲でした。
メインステージで演奏された曲は、どれもイントロから、ワクワクしました。
普段は言えない分、「コーちゃ~ん!」て何回も叫んでしまいました(笑)
今月15日には、また船橋月に出演してくださいます♪新井田さんのドラムを間近で見たい方、どうぞいらしてくださいね。
最後は宣伝になっていまいました(笑)


Re: the crowさん

> ここはやっぱり特別な場所!って思いました。

武道館は、野音と並んで特別な思い入れを持つファンが多いでしょうからね。

> ステージ真横だったのでステージに向かうみなさんの姿が見えたのですが、
> 最後の1曲の前にチャボとマリちゃんが抱き合うようにして歩いてきたのが
> 印象的でした。

チャボとマリさんだけでなく、コーちゃんや梅津さん、片山さんも含めてのRCのメンバーは、
特に思うところがあったライヴだったんじゃないかな。そんな気がします。

> モニターにもやたらチャボが映っていたような・・・気のせい?

あまりモニターは観ていなかったので、その辺は不明です。

Re: karkoさん

> あの声は、チャボさんでしたか!民生が言ったように思っていましたが…違ったんですね~

チャボでした。
民生だったら、それはそれで " おおっ! " と思ったでしょう。

> メインステージで演奏された曲は、どれもイントロから、ワクワクしました。
> 普段は言えない分、「コーちゃ~ん!」て何回も叫んでしまいました(笑)

私も " コーちゃん! " って言った(笑)。
はじめてかもしれません(笑)。

> 今月15日には、また船橋月に出演してくださいます♪
> 新井田さんのドラムを間近で見たい方、どうぞいらしてくださいね。

ここを読んで頂いたかたで興味がある人は、是非、月へ。

No title

ナイス、レポートありがとうございました。

ロックンロールショー、フィードバックできました。
武道館の感動がよみがえりました。

彼が僕のベースを初めて聴いた時「マリちゃん良かったね、これで一生歌っていけるね」って言わたってママが嬉しそうに話してくれた―。
彼と初めてステージに立った後、いつか一緒にファンクバンドをやろうと盛り上がった―。

僕がKENKENでママがマリちゃん、そして彼が清志郎。
レポ読んでKENKENのブログを思い出しました。
一昨日はまさにファミリーストーンなステージだったんですね!マリちゃんの「♪ぶっ飛ばせ♪」カッコ良かったでしょうね。

月日の経つのは早いけど、どうしてもこの時期は寂しくなります。

Re: でこりんさん

少しでもお役に立てたのでしたら私も嬉しいです。
コメントありがとうございました。

Re: 雲さん

> 一昨日はまさにファミリーストーンなステージだったんですね!
> マリちゃんの「♪ぶっ飛ばせ♪」カッコ良かったでしょうね。

清志郎がいないのは残念ですが、「Midnight Blue」はファミリー・ストーンなステージでした。
カッコ良かったです。

私も行きました!!

私も行ってました~!!
個人的ベストは金子ファミリーです。
kenken大好きなベーシトなんです(^^)

しかもこんな形で見れるとは思ってなかったのでうれしさ倍増でした。

斉藤和義さんの「替え歌間だ怒られちゃいますよ」は、
斉藤さんの替え歌知ってる人がすくなかったのかあまりみなさんわかってないようでしたねぇ。

私はすごくうれしかった一言だったんですがw

朝8時に家をでて終演が22時。
疲れを感じない至福の1日でした。

Re: み~さん

> 個人的ベストは金子ファミリーです。
> kenken大好きなベーシトなんです(^^)

ベース、カッコ良かったです。
金子ファミリーのパートは、まさにPeaceな感じでした。

> 斉藤和義さんの「替え歌間だ怒られちゃいますよ」は、
> 斉藤さんの替え歌知ってる人がすくなかったのかあまりみなさんわかってないようでしたねぇ。

そうでしたか。
でも、あの場には色々なファンが来ていたので仕方が無いのでしょうね。
いい1日でしたね。

拍手コメントの皆様

非公開なうえ、私から返事もできないのですが、
たくさんの拍手コメントありがとうございます。
頂いた皆さん、全員のコメントが嬉しいです。

No title

僕も行きました。
文句なしに楽しいイベントでした。

今回のライブにおける各出演者の評価は、鑑賞者によって意見が大きくわかれるようですね。
自分が「意外とよかったなぁ」と思うある出演者の演奏が、ツイッターでは「ワースト」
とコメントされてたり、さまざまだなあと思いました。

ハナレグミの演奏については、
解釈をはっきり出すカバー演奏が好きなこともあり、
僕はとても感動しました。
矢野さんの「恩赦」も楽曲の持つ魅力が出てたように思います。
原田さんの選曲も個人的には嬉しかった。
ただ、もう一曲カバーも演奏してほしかったなぁとは思いました。
「銀河」は演奏時間が長いからかもしれませんが。

クロマニヨンズにはちょっと驚きました。
通常大胆な解釈で自分のものにするタイプの人たちだと思いますが、
大きく曲調を変えず、パンツを脱ぐなどの余計なギミックもなし。
あえて正攻法できたのだと思います。
ヒロトはこの手のイベントでしょっちゅう歌詞を間違えてきたのに、
今回はミスもなかった印象があります。
目を閉じて歌う姿にブルーハーツ時代を思い出しました。

不思議とすべてはALRIGHT(YA BABY)の演奏は、ほんとすばらしかったです。

サンボマスター、ゆず、YUKI、真心ブラザーズなどについては、
良いところもそうでないところも、blueさんとほぼ同意見でした。

演奏やボーカル力に問題がなくても、
途中で歌詞を間違えた出演者が何人もいたのはちょっぴり残念でした。。。
緊張してたり、歌詞を写すモニターを見忘れたりいろいろあるのでしょうが。

ほかにも各バンドについて感想を言いたいとこですが、
やはりキリがないのでこのへんで。。。

チャボには「もっと歌ってほしかった」という意見もあるようですが、
裏方というスタンスで、あえて主役にならず
(とはいえ、どう転んでもダントツで目立ちますが)、
このイベントを「たくさんのミュージシャンが清志郎の曲を歌う場所」
にすることに徹しており、それがすばらしいと思いました。
「あくまで清志郎が主役」という思いと
チャボから清志郎への感謝の念が強く伝わってきました。

ビデオはtamaさんとほぼ同意見で
>湧いているのは映像の中の観客で、
>せっかく盛り上がっていた武道館が少し冷めちゃった感じはしたかな。。
とも思いました。
でも、映像を流すこと自体はとてもよかったと思ってます。
特に初出の映像が嬉しく、
僕もエンジェルが印象に残りました。
アングルを切り替えたりせず、清志郎の顔を撮り続けた映像と、
すばらしい演奏に感動しました。
逆に何回も観た映像は家でも見れるので、特になくてもよいかなぁと思いました。
ほかのミュージシャンのファンもいるので、必要なのかな?
ian dury との共演映像も嬉しいサプライズでした。

トータスの時だったと思いますが、
「チャボさんや新井田さんとやれてとても嬉しい」という趣旨のコメントをした際、
スクリーンにそれぞれの顔のアップが映されました。
個人的には「あのー梅津さんと片山さんは・・・とも」若干思いましたが、
テレビではこのあたりも楽しみですね。

この書き込みには、特に返信不要です。
いつもライブが終わったあと、
更新を楽しみにしています。
これからもがんばってください。












Re: まるちゃんさん

こういったコメントを頂くことで、
あのライヴを多面的に観ることができて、とてもありがたいです。

> ian dury との共演映像も嬉しいサプライズでした。

実はこの映像は気になっていました。
何故かと言うと、テロップに後楽園ホールと出ていたからです。
清志郎の個展で流されていたスペシャル映像のブロックヘッズとの絡みは京都のライヴでした。
もし後楽園ホールならば、まさに私が観に行ったライヴですから、これはフルで観たいですね。
まだまだお宝映像は眠っているんだなぁ。

コメントありがとうございました。

遅くなりましたが

私は行かなかったこのライブ、友人が行ってきて、様子を
教えてくれたのですが(友人は、とても楽しんできたそうです)、

「ライブは6時間やったけど、やはり清志がいないと
 なんか足りない」

っていう一言に、そう、そうなんだよね・・・
淋しさを実感してしまうんだよね・・・
と、思っていました。
(私は、単純に、「RC・清志郎の歌を清志郎以外の人が歌うのが
 あまり好きではない」という理由もあったのですが・・・
 (*単に好みの話なので、いい悪い、ではないです。*))

しかし、コーちゃん、チャボ、梅津さん、片山さん、そしてマリちゃん。
まるで5人がそろっていた最後のRCのライブのよう。
(あの時は、梅津さんがいなかったけれど・・・)
それで、「MIDNIGHT BLUE」、めちゃめちゃ盛り上がりますね!!

そして、「RCはスゲェよ」。
本当に、まったく、この一言に尽きます。

Blueさんのレポはいつも温かい目線で、自分が勝手にモヤモヤ
した思いを抱いていたライブでも、「ああ、そうだよな」って
ホンワリした気持ちにさせてもらえます。
ありがとうございます。
今回、行かなかったけれど、Blueさんが行ってくれて、そして
レポを書いて下さって、良かった!

Re: びーとさん

私はRCサクセションが大好きだし、忌野清志郎と仲井戸麗市が大好きです。
チャボとコーちゃん。梅津さんと片山さん。そしてマリさん。最高でした。
ライヴが7時間でも8時間でも、きっと私は大丈夫だったと思います。

> そして、「RCはスゲェよ」。
> 本当に、まったく、この一言に尽きます。

今、毎日このことばかり思っています。

No title

Blueさん、こんばんは。いつも楽しく拝見しております。こんなこと、Blueさんにしか聞けませんが、少し教えて下さい。いつも、最新の情報に敏感なBlueさんが、日比谷野音7.9についてまだコメントされていません?!それと、いつもsold outのはずのチケットが何故か今回はまだ販売されてるではありませんか?僕は行こうと思っていますが...。Blueさんの今回の野音に対する期待度をお聞かせ下さいませ。

Re: takaさん

> Blueさんの今回の野音に対する期待度をお聞かせ下さいませ。

チケット云々については何とも言えません。
個人的には事前に発表される情報が少なすぎるとは思います。
情報が無いので迷っているファンがいて、チケットが売り切れていない…みたいなことは、
もしかしたらあるのかもしれませんね。

内容については、ダイナミックフィルムという表現が、
5.2の武道館で流された映像を連想させますから、
私は、未発表の野音のRCサクセションを期待したいです。
ただし『COVERS』発表時…以外のライヴです。
私にとってのRCサクセションの野音は " あれ " ではありませんから。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ