仲井戸麗市SONGBOOK その11/OK!!! C'MON CHABO!!! NAKAIDO CHABO REICHI RESPECT ALBUM!!!

これまでも思ってきたことだけれど、チャボの作る曲はかなりPOPである。
古井戸時代の楽曲から聴き返して行けば、それは簡単にわかると思うのだけれど、
RCサクセション以降は、そういったPOPさが表立って出ていないように感じる。
歌詞はともかく、そのメロディの特徴がそう簡単に変わることは無いので、
今でもPOPさは変わらずにあるのだけれど、チャボ自身のヴァージョンとなると、
何故かそういった点が隠れてしまうんだよなぁ。
ただ、それこそがチャボのスタイルであり、魅力でもあるのだけれど。

寺岡呼人,斉藤和義,桜井和寿(Mr.Children),ザ・クロマニヨンズ,曽我部恵一,トライセラトップス,浜崎貴司(FLYING KIDS),宮沢和史,吉井和哉,Leyona …and more
徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2011-02-23

今回のオムニバスを聴いていちばん感じたことは、
やはりチャボの描くメロディの良さ…POPさであった。
他人に歌われることにより、メロディがハッキリと際立つことで、
その恐ろしいほどのPOPさが見えてくる。
両方を比べて云々…では無いが、
やはり良いメロディを描いているよなぁと感じずにはいられない。

もうひとつ感じたのは、チャボの曲を歌うというのは、
もしかしたら物凄く難しいのではないか…ということだ。
勢いで突っ走るロックン・ロール…例えばここで言えば、
民生の「チャンスは今夜」や、
クロマニヨンズ「GIBSON(CHABO'S BLUES)」であれば違和感は無いが、
「ポスターカラー」や「月夜のハイウェイドライヴ」、
「唄」に「ガルシアの風」「慕情」などは、
かなりの歌唱力が無いと表現できないどころか、その人自身なりにさえ歌うのは難しそうだ。
こんなことは今まで考えた事はなかったが、こういったアルバムが出たことにより、
今後はチャボの楽曲に対する見方、聴き方に広がりが出てきそうだ。


P.S.
・「ティーンエイジャー」で聴ける梅津さんのSAXソロは、どう聴いてもあの音である。
 これはアルバムの中でも聴きものだろう。このソロは泣けた。
・チャボがギターとコーラスで「月夜のハイウェイドライヴ」に参加している。
 もちろん、このことで僕にとってアルバムの価値はぐんと上がる。
・アルバムについて事前にキャッチしたり耳にしていた話や感想は、すべて間違いであった。
 もちろん「魔法を信じるかい?」がオリジナルより良いなんて事は、まったく無かった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Blueさんの言われてることはキヨシローの楽曲に対しても
思うところがあります。
ポップの定義をどう位置づけするかという事もありますが、
ブルースあるいはディープな感じのR&Bをきちんと経ている人の歌はどうあがいてもそこを通っていない他の人のポップとは違うような気がします。
曲ではなくて“歌い方”に於いてです。
それはある意味ミックなんかもそんな感じがします。
だから尚更、最近ある意味ポップ畑の人がチャボの曲を歌うと違和感があります。reyonaの「ガルシアの風」は秀逸でしたが。

Re: 野原散歩さん

> Blueさんの言われてることはキヨシローの楽曲に対しても
> 思うところがあります。

清志郎の場合は、自分で歌ってのそれがわかるのですが、
チャボとなると、なかなかわかりにくいというのが私の感じ方かな。

> ブルースあるいはディープな感じのR&Bをきちんと経ている人の歌は
> どうあがいてもそこを通っていない他の人のポップとは違うような気がします。

確かにそういった面はあるのだろうとは思います。
話はズレますが、私が清志郎とチャボに感じているのは、
あの二人は最初から自分の中に取り込んだ音楽を血肉化でき、
その結果、オリジナルなスタイルを持つこと、
そしてそれを歌や演奏で最初から出すことができる才能が、
無意識的にでもあったんじゃないかな…ということです。

魔法を信じるかい?

私はレヨナさんを知らないので、知らないおねいさま(笑)がうたうより。タッペイくんが歌ったほうがいいと思います。(私は23歳ですが、レヨナさんって年上ですよね?)

Re: 雨上がりさん

> タッペイくんが歌ったほうがいいと思います。

その案はアタマに無かったなぁ(笑)。

とにかくこの曲のカヴァーについてのチャボ発言が、
私にはあまりにも試練だったので、どうしても引っ掛かっていましたから。
ただ、自分へのリスペクト・アルバムさえ「いちばん聴かせたかったのは清志郎」と話し、
しかもその理由に清志郎たちとRCサクセションをやっていたこと…という点を挙げ、
更に「キヨシロー、サンキュー」とコメントする人ですから、今は安心していますけれど。

あと、細かい点ですが、チャボは「清志郎とRCをやっていた」ではなく、
「清志郎たちとRCをやっていた」と話してくれていたことが、私は本当に嬉しく思いました。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1102240036/
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ