ギャラリー新年会!ことしもよろしく / 南青山MANDALA 2011.1.20

はじめから予想はしていたけれど、
案内に書かれていた21:30終了予定というのは、もちろんあって無いようなもので(笑)、
あいだに休憩が入ったが、結局すべてが終了したのは22:30を過ぎていた。
1部がリクエストにチャボが応えてくれるミニ・ライヴで、2部が抽選会。
とにかくチャボのサービス精神におそれいる3時間以上だった。

Image1101202.jpg Image1101201.jpg

最初に抽選会のほうから触れるが、用意されたプレゼントの量と質が凄くて、
とてもすべてを書ききれないため、様子だけ簡単に記しておきます。

FC会員向けの企画なので、いつも以上にチャボは砕けているのだけれど、
これまでもこういったチャボを何度も見ている僕でさえ、この日のチャボには驚いた。
そこまでやらなくても…と思ってしまうほどのサービス精神を発揮。
チャボ自身も決して嫌いじゃないとは思うけれど、
あんなにファンを楽しませてくれる40年のキャリアがあるベテラン・ロック・ミュージシャン、
しかも60歳というのは、チャボ以外にいないのではないか。

抽選に当たった人はもちろん、外れてしまった人でも、
あの時間はまさにチャボとの新年会らしい盛り上がりであり、
たくさん笑ったし、本当に楽しかった。

おそらく、今日のようなライヴ以外の企画に初めて来たファンも少なくないと見受けられたが、
帰りの電車を気にしながらも、ほとんどの人は楽しめたのではないかと思う。

お馴染みのチャボ賞の中身が相変らず凄いものだったけれど(当選した人、おめでとう!)、
今回は、更にその上の特別賞というのがあった。
これがまたとんでもないものだった。
かなり特別なものなのでここには記さないけれど、もし僕が当たったら、
嬉しい反面、逆に困ってしまうかもしれない…という賞だった。
ちなみに当選した人と僕の番号は、何と1番違いでした(笑)。

1部のミニ・ライヴは、まったくミニじゃなかったけれど、
歌われたのは、すべてリクエストされた曲から選んでくれた。
これが実にチャボらしい。ファンにとっては本当に嬉しいことである。

ただし、ライヴと言ってもいつもの状況では無い為、
トークが占める割合も、これまたいつも以上に大きい。
よって、スタートから40分経過した時点で、
まだ2曲しか歌われていなかったのを知ったときは笑った(笑)。

セット・リストは、順番が前後するところもあるが、こんな感じだった。

・糧
・うぐいす
・ラジオ
・ランタン
・冬の日
・魔法を信じるかい?
・新宿を語る・冬
・ハイウェイのお月様
・遠い叫び
・Holiday
・いつか笑える日
・プレゼント

このあいだにも、リクエスト曲からさわりだけを演ってくれたのだが、
例えばそれはこんな曲だった。

・ノンシャラン
・ひなたぼっこ
・ノイローゼ・ダンシング
・Bad Boy
・プリンセス
・ちぇっ

「ノンシャラン」は覚えていないようで、イントロを含めたさわりだけ。
「ひなたぼっこ」は " 清志君たちもこの頃は ♪ " のところを歌ってくれた。
「ノイローゼ・ダンシング」と「Bad Boy」は両方とも一節を演ってくれた。
「Bad Boy」はバンドで聴きたいなぁ。
「プリンセス」は未発表曲の中でも名曲度が高いので、これもライヴで聴いてみたい。
「ちぇっ」は初期のTHE仲井戸麗市BANDで演奏されていた曲。チャボはまったく忘れていた。

ざっと振り返ってみたが、これらの曲のあいだに長いMCが入るのである。
ミニじゃないのがわかるでしょ(笑)。

チャボ、そしてFCギャラリーの皆さん、楽しい時間をありがとう。
今年もよろしくお願いします。


P.S.
最後にどうしてもこれだけは書いておきたい。
時期柄、例のトリビュート・ライヴとCDについての話も出た。
誰が何の曲を演奏したか…と、その出来や印象について話してくれたが、
確か「魔法を信じるかい?」のところだったと思う。
チャボは " オリジナルより好いかもしれない " みたいに言っていた。
その流れで、トリビュートCDすべてについても、同じようにオリジナルよりも云々と言っていた。

あり得ない。

チャボだって本気でそんなことは思っていないはずだ…と信じたい。
単なるサービス・トークだろう…と信じたい。
特に「魔法を信じるかい?」は、チャボ自身も " 俺の宝だ " と明言している曲だ。
その理由は書くまでも無いだろう。
好きか嫌いか、気に入ったか気に入らないか…ならともかく、
オリジナルよりも良いなんて、少なくとも僕には絶対にあり得ない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「魔法を信じるかい?」

年末に伊藤恵美さんがTwitterでつぶやいてらっしゃったのは、この曲の事だったのでしょうか......

『レヨナは天才だからね。』と仲井戸君が言っている。オリジナルではキョシローさんがやってる、あのフェイクをやってくれた事に感動した。と言ってます。

No title

おお、うらやましい。
チケットもあったのですが、インフルエンザで断念。
悔しいなあ。
でも、雰囲気が多少なりとも伝わってきました。
ありがとうございます

Re: vitaminさん

> 年末に伊藤恵美さんがTwitterでつぶやいてらっしゃったのは、この曲の事だったのでしょうか......

そうじゃないでしょうか?
この日は " 天才だ " とは言っていなかったと思いますが…。
この曲に限らず…ただし、この曲は特に…ですが、単に私にはあり得ないということです。

Re: 我悪さん

> チケットもあったのですが、インフルエンザで断念。
> 悔しいなあ。

それは残念でしたね。お大事にしてください。
いい新年会でしたよ。たくさん笑いました。

コメントありがとうございました。

「魔法を信じるかい?」の件

あり得ない。
チャボとキヨシローの曲は本当は誰も歌ったらいけないのだ。
おそれ多いぞ!!

Re: 野原散歩さん

> あり得ない。

私のようなファンは思いっきり少数派なのでしょうが、
楽しい時間の中で、ここだけはどうしても引っ掛かりましたねぇ。
あり得ません。

魔法を信じよう…。

楽しそうですね~。。プレゼントが知りたいなあ~。

昨年武道館で聴いた桜井さんの「月夜のハイウェイドライブ」も良かったけど…
チャボの演奏と歌にはかなわない。。それはそうですよね。

Twitterでの情報ですが、寛平さんゴールして、「清志郎さんに報告したい」と
仰ったそうですね。(カメラマンの有賀さんがそのツイートをリツイートしてらした。)
私はゴール生放送特番は観れなかったんですが。。
それを読んで、嬉しい気持ちになりました。
心のどこかで、いつも清志郎のこと考えて走ってらっしゃったのかな、と思って。

Re: tamaさん

> 楽しそうですね~。。プレゼントが知りたいなあ~。

本当に楽しかったですよ。
プレゼントは、チャボのサインが入ったレコードや本、ポスターなどが盛り上がりました。
あれは全部、欲しいもん(笑)。

> 昨年武道館で聴いた桜井さんの「月夜のハイウェイドライブ」も良かったけど…
> チャボの演奏と歌にはかなわない。。それはそうですよね。

最近のチャボの周りでの一連のことは、とてもここには書きにくいというのが本音です。
昨年のツアーでのチャボの言葉を借りれば、なかなかの試練というのが、
自分の今の心境にいちばんしっくりくるかも…。

> Twitterでの情報ですが、寛平さんゴールして、「清志郎さんに報告したい」と
> 仰ったそうですね。(カメラマンの有賀さんがそのツイートをリツイートしてらした。)

ネット上での声をいくつか見ましたが、感動的だったようですね。

うわー!

いいですねー!チャボに会いたくなりますー!

プリンセス!
プリンセス!きゃー!聴きたいなぁー。いいですよねぇ!

あり得ない。
はい、もちろんです。

そのアルバム、聴かなくてもいいやって思ってます。聴きたい気持ちもありますが(笑)

「○○のカバー良かったよ」と言われても、ねぇ…
ほんとにチャボが好きで理解している人にカバーしてもらいたい。
あの人も、あの人も、興味ねー(笑)
チャボには申し訳ないけど。

ツイッターなどなど、ネットでは見たくないもの目に入る…ですなぁ(笑)楽しみにしている人が多いみたいで…

Re: ヒナさん

> プリンセス!
> プリンセス!きゃー!聴きたいなぁー。いいですよねぇ!

この曲、ライヴで再び聴いてみたいなぁ。
何で歌わなくなっちゃったんだろう?

> あり得ない。
> はい、もちろんです。

あり得ないですねぇ。

> あの人も、あの人も、興味ねー(笑)

ヒナさん、毒吐いてますね(笑)。

リクエストをみて

「これだ!」と思いました。「糧」「ランタン」「いつか笑える日」「Holiday」「プレゼント」「魔法を信じるかい?」「ラジオ」・・・。RCを離れ、「自分のステージ」を探していく中で生まれた曲達。今一番ライブで聴きたい曲達です。DADAからプレゼントシリーズ位までの、1人で全国を回ってた頃、ステージでお馴染みだった、これらの楽曲が。何かリクエストでこの辺が選ばれたというのが納得しました。

Re: デッカードさん

> RCを離れ、「自分のステージ」を探していく中で生まれた曲達。

うまく言葉に出来ませんが、私も演奏された曲に何らかの共通しているもの、
またはテーマみたいなものを感じていました。
間違いなく 『DADA』 や密室ライヴ期の曲が多いですしね。
仰るように、この時期のチャボが、ソロのイメージにピッタリと重なるのかもしれませんね。

No title

抽選、ハズれてしまいました~~!
久々に番号が呼ばれるたびドッキ~ン!としましたが・・・
残念!!Sさん当たってましたね!
私はアナログ当たりたかったな・・・
ひさこさんのパネルも!!!
特別賞はあまりに凄過ぎて恐れ多かったですね!
当たったかた、おめでとうございます・・・しくしく。

リクエスト、プレゼントが聴けてうれしかったです。

Re: the crowさん

> ひさこさんのパネルも!!!

私もこれが欲しかった!
中でも、パリの写真よりも 『MR.&MRS.』 の写真のものが良かったなぁ。

> 特別賞はあまりに凄過ぎて恐れ多かったですね!
> 当たったかた、おめでとうございます・・・しくしく。

でも、あれは困りますよね(笑)。

確かに。

人様が命削って生み出した曲を命削らないで他人様がカヴァーして、
オリジナルを超えるはずがない。
それがポップミュージックならば奇跡も容易に起き得るけれど、
ロックと呼ばれたものにおいて、それがあるならオリジナルが駄曲なだけだ。

追伸:
岩田さんのツイッターが素晴らしすぎるので、ご紹介を。
名文・名言の坩堝でございます。
http://twitter.com/IWATAYUKIO/status/26645461116915712

Re: POP-IDさん

この件については、曲が曲なだけにスルーできませんでした。
岩田さんのツイッターはチェックさせて頂きます。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ