中島みゆき TOUR2010/ 2011.1.13 東京国際フォーラム

昨日に続いての国際フォーラム。
ツアーでの東京公演は今日がラストになる…という13日は、
めったに体験できないほどの感動的な夜になった。

Image1101131.jpg Image1101132.jpg Image1101133.jpg

最高!
凄い!

観終えた後は、こんな言葉しかアタマに浮かんでいなかった。

2日間ともセット・リストはまったく同じだったが、
僕が感じた内容と印象は、両日ともまったく違っていた。
この " 違っていた " というのは、どちらかの日のほうが良かったと言う事ではなく、
2日間、まったく違うライヴを体験できたということである。

今ツアーの特徴に、曲によって…あるいは曲の一部分のみ、
所謂 " 夜会めいた " 演出で表現されていること…があると思う。
振り付けというよりは、明らかに演劇的な表現スタイルが加えられている。
この演劇的なアプローチは、12日よりも13日のほうが多かった。
また、MCの内容も基本は同じだが、13日のほうがバラエティにとんだトークになっていた。

よって、個人的な印象とお断りしてになるが、13日は気持ちが12日とは違っていたように見えた。
特にそれを強く思った理由は、アンコールだ。

Image1101134.jpg Image1101135.jpg Image1101136.jpg

アンコールでの中島みゆきは、興奮していたように見えた。
良い意味で、冷静さを欠いていたようにも感じた。
別にミスがあったとか、トチッたとか、はみ出したとか、
冷静さを欠いたと言っても、こういうマイナスなことがあったわけでは無い。

ライヴ本編の勢いとノリと感動がそのままアンコールへ持ち込まれ、
そこへ更に加わった客席からの強い思いや期待を、
ストレートにステージで彼女は受けたのではないか。
そりゃ、興奮するだろう。

この日のアンコールでは、こういったものが歌に込められて出ていたように思う。
それがとても良かった。
凄く良かった。
そんな彼女は素敵だったし、カッコ良かった。

この2日間で印象に残った曲を、いくつか挙げてみる。

●二隻の舟
13日は、まるで " 夜会 " で聴いているようだった。
曲のあちこちに、この日の彼女ならではの感情を込めて…のヴォーカルだった。
素晴らしいの一言。

●時刻表
実際に腕時計を見て、現在の時刻を口にして曲になだれ込むというアレンジが良かった。
ところで、この曲が演奏されたこともそうだが、
「鷹の歌」が歌われる前のMCで「傾斜」の歌詞に触れるという場面もあり、
僕が 『真夜中の動物園』 を聴いたときにアタマに浮かんだのが 『寒水魚』 というのは、
決して的外れでは無かったのだなということがわかった。

●夜曲
気のせいかもしれないが、12月に観たときよりもエンディングが短くなっているように思う。
オリジナル・ヴァージョンの印象があるので、長く引っ張ってもらいたい気もする。
あれがあってこその「夜曲」だと思うのだ。

●Nobody Is Right
もしかしたら最大の聴きものかもしれない…と昨日ここに書いたけれど、訂正します。
間違いなく、今ツアーの聴きものだと思う。

●時代
観るのが3回目のうえ、本編ラストに来ることがわかっているのだけれど、
それでも感動してしまうし、3回ともその感動が、見事に新たに更新されていった。
この曲をエンディングに持ってくるなんてことを、まさか本人がやるとは思わなかった。
これで感動するなというのはとても難しいことである。

●悪女
ストレートなロック・アレンジなのだが、実に爽快で気持ちいい。
過去のライヴ盤でも別なヴァージョンが聴けるが、おそらくアレンジしやすい曲なのだろう。

●たかが愛
11月に聴いたときは、ライヴにマッサラで臨んだこともあり、
" 最後はこの曲で来たかぁ " と、どちらかと言えば驚きの感情が大きかったが、
12日は真っ直ぐに曲の良さが沁みてきて、グッときてしまった。
実に感動的なエンディングだと思う。
ところで、この曲のスタジオ・ヴァージョンは、
一般的なイメージとしては中島流のラヴ・バラードだと思うけれど、
おそらくこのライヴでは、そんなつもりでは歌っていまい。
「悪女」の後に、特に気を落ち着かせる間もなく、そのままの勢いで歌われる。
カッコイイとしか言いようが無い。
特に13日のアンコールのこの曲は、僕が何故彼女にロックを感じるのか…の回答と言える出来。

もちろんここに挙げていない曲も、すべてが素晴らしかった。
中島みゆきに会えて、嬉しい。
僕もココロから彼女に拍手を送りたい。


p.s.
ちなみに、会場にはカメラが入っていたと思う。
作品化のためでは無いかもしれないが、今ツアーを再び観られる機会があればいいな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

観たいです

もう一度!

今年は夜会ですかね?あ、まだツアー終わってなかった!今年はどうなるんでしょ?!
夜会も一度観てみたいです。

ツイッターで、私達と同じようにRCとみゆきさん両方好きな人と出会いましたよ!Blueさんのこちらの記事を紹介してて嬉しかったです!

Re: ヒナさん

> 今年は夜会ですかね?あ、まだツアー終わってなかった!今年はどうなるんでしょ?!
> 夜会も一度観てみたいです。

どうなんだろう?
でも、夜会の可能性はあるよね。次回は体験して欲しいと思います。

> ツイッターで、私達と同じようにRCとみゆきさん両方好きな人と出会いましたよ!
> Blueさんのこちらの記事を紹介してて嬉しかったです!

ホント?それは嬉しいなぁ。

びわ湖

やっとこさ、観に行けます。
こちらの記事を拝読して、期待MAXです~。
setlistは脳内から消去済みです(笑)

Re: ne_sanさま

> こちらの記事を拝読して、期待MAXです~。
> setlistは脳内から消去済みです(笑)

ネタバレ申し訳ありません!
くれぐれも期待MAXでお願いします。あーびわこ行きてぇ~!

こんばんは

素敵なレポありがとうございます

僕は幸運にも神戸最終日に行けます

どんなみゆきさんに逢えるか本当に楽しみです

みゆきさんのライブは本当に生ものだと感じます。

同じ歌でも日によって全く違う表情に変わりビックリします

Re: コステロさん

> 僕は幸運にも神戸最終日に行けます
> どんなみゆきさんに逢えるか本当に楽しみです

おおっ!ツアー最終日ですか!
どうぞ、思い切り楽しんできてください。
もし良かったら、様子を伝えて頂けると嬉しいです。

> みゆきさんのライブは本当に生ものだと感じます。
> 同じ歌でも日によって全く違う表情に変わりビックリします

いや、本当ですね。
アレンジは同じなのに、ヴォーカルであれだけ変わってしまうのは凄いです。

こんにちは

神戸千秋楽行って来ました。

とにかく感動的な一夜でした。

最後のたかが愛はずっと忘れないと思います。観客も熱かったです

いつも感じるのですが、みゆきさんのライブは独特の緊張感が漂っていますよね

みゆきさんのライブはロック色が強い曲でも 一緒にのるというよりは、一瞬たりともみゆきさんの歌やミュージシャンの奏でる音を聞き逃したくないと思ってしまい見ること聞くことに集中してしまいます。

同じ歌でも毎回毎回違う表情があり、まさに生ものの息づかいや凄みを感じます
このツアーがDVDに残ること心から願っています。

Blueさんのレポートやアルバムの感想等もいつも楽しみです
僕はみゆきさんの他にはブルーススプリングスティーン、浜田省吾、エルビスコステロ、epo、山下達郎、玉置浩二なんかが特に好きですが、最近はBlueさんの好きな浜田真理子さんにも興味があり、ライブにも行ってみたいです

Re: コステロさん

> 神戸千秋楽行って来ました。
> とにかく感動的な一夜でした。
> 最後のたかが愛はずっと忘れないと思います。観客も熱かったです

それは良かったですね。
ツアーのラストを飾る「たかが愛」は、本当に感動的だったことでしょう。

> みゆきさんのライブはロック色が強い曲でも 一緒にのるというよりは、
> 一瞬たりともみゆきさんの歌やミュージシャンの奏でる音を聞き逃したくないと思ってしまい
> 見ること聞くことに集中してしまいます。

あぁ、私も同じです。まして一緒に歌うなんて事は、まずあり得ないですね。

> このツアーがDVDに残ること心から願っています。

いや、本当に作品化されて欲しいです。
いつでもどこでも何度も観たいものです。

> 最近はBlueさんの好きな浜田真理子さんにも興味があり、ライブにも行ってみたいです

機会があれば是非、真理子さんのライヴを体験してください。
報告、どうもありがとうございました。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ