1981年11月21日

少し前に、FMでオンエアされたRCのライヴについて書いたことがきっかけで、
久しぶりに当時の気分がよみがえってきている今日この頃。
次は80年6月に行われた晴海でのオールナイト・ライヴについて書こうと思っているので、
その時の記憶をできるだけ鮮明に思いだすために、サウンドストリートのテープに加え、
何かあるたびに引っ張り出すことが多くなった、当時の日記も読み返してみた。
そのライヴのことは、当時としては意外と多めに記されていたことに驚いたが、
おかげであらためてハッキリと思い出すことまでもがあったのは収穫だった。

FMネタだけでなく、RCのシングルの投票についてのエントリーの影響もあり、
最近は 『EPLP』 と 『BLUE』 を聴きかえす日々。
実は、今も 『BLUE』 を聴いていた最中なのだが、
何故だか突然、このレコードの発売日の日記を読んでみようと思いついた。

その日は1981年、昭和56年の11月21日だ。

  11月21日(土)
  RCの武道館のチケット来日。アリーナのSブロック。
  それにNEWアルバム「BLUE」買ったぜ!
  曲が少ないのがなんだけど、いい曲が多いぜ。
  「まぼろし」は名曲だ!

何と、この年のクリスマスに行われた初の武道館単独公演のチケットが届いたのが、
アルバム 『BLUE』 の発売日だったのか…。

     **********

人生を変えたアルバムは 『RHAPSODY』 だと思う。
でも、人生が決まったアルバムは 『BLUE』 だ。

RCサクセション
USMジャパン
発売日:2008-12-17

当時の僕が日記にも書いたように、
収録曲はトータル・タイムが40分にも満たない8曲だけである。
しかし、そんなたった8曲は、何という8曲だろうか。

「ロックン・ロール・ショー」の後は「Johnny Blue」でなくてはならないし、
「多摩蘭坂」に続くのは「ガ・ガ・ガ・ガ・ガ」以外には無い。
盤をひっくり返してのB面1曲目は「まぼろし」しか考えられないし、
「チャンスは今夜」が次に来ることは当たり前である。
遠くから聴こえてくる「よそ者」のイントロは、まるでライヴのアンコールのよう。
アルバムを締めくくるのは、退屈なこの国に届いた「あの娘のレター」。

スーツ姿の5人。
挑戦的な表情の清志郎。
やはり 『BLUE』 で決まってしまったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チケット来日!

日本語の使い方が間違ってる…(笑)当時のblueさんの興奮ぶりがうかがえます。。実は私はレンタルしてカセットテープにダビングして、そんなやつを何度も巻き戻しては聴いておりました。でもカセットレーベルは手作りで実際のジャケットと同じようなロゴでタイトルを描いて…ブタネコのイラストや…今見ると、なかなか傑作なのですが…。今はCDを持っていますヨ。

曲順、本当にそんな風に思いますね…。RCのものは皆そんな風に感じます。

友人は「まぼろし」が好きだと言っていたな。私は「よそ者」が好きで。“けむる港町”という歌詞はちょっと演歌のよう(笑)だけど。1番のお気に入りは「あの娘のレター」なのですが、“お別れ飛行場”に向かって車を走らせてるシーンが浮かんできます。明るい曲調なのに涙が出ます…。
清志郎のヴォーカルは本当にすごいですね。

Re: tamaさん

> 日本語の使い方が間違ってる…(笑)当時のblueさんの興奮ぶりがうかがえます。

この頃から " 来日 " という単語は普通に使っていたんですねぇ。
チャボの影響はでかいよなぁ。

> カセットレーベルは手作りで実際のジャケットと同じようなロゴでタイトルを描いて…
> ブタネコのイラストや…今見ると、なかなか傑作なのですが…。

それ、いつか見せてくださいよ!

> 曲順、本当にそんな風に思いますね…。RCのものは皆そんな風に感じます。

まったくですよ。
「ダーリン・ミシン」の次は、絶対にあのイントロじゃないとダメだし。

> 友人は「まぼろし」が好きだと言っていたな。私は「よそ者」が好きで。

日記にあるように、最初は「まぼろし」が印象に残ったんでしょうね。
ただ、やはり「チャンスは今夜」にシビレていましたよ。
最強のロックン・ロールです!

あの娘のレターは

確かサントリーのCMで、別ヴァージョンが使われてましたよね♪
あのヴァージョンもカッコよかったです。

Re: Miffyさん

> 確かサントリーのCMで、別ヴァージョンが使われてましたよね♪

はいはい、そうです!
順番から言うと、私はCMヴァージョンを聴いたのが先だったと思います。
後に野音のライヴで「あの娘のレター」を聴いたとき、
歌詞が一緒だけど曲は違うな…みたいに感じた覚えがあります。

BLUEの思い出

私にとって思い出すのは高校の通学路ですね。登下校の時頭の中で毎日鳴ってたので。発売日がモッズの「NEWS BEAT」やルースターズの「INSANE」と重なってたような・・・。博多に住んでる者にとって、「東京のバンド」は全て否定すべき対象でしたが、RCだけは例外でした。このBLUEが出た時大学受験を控えた3年生でしたが、ライブも行きました。福岡市民会館。ラジオでは、渋谷陽一が「まぼろし」をしきりに褒めてましたね。NHK FMで憂歌団とスタジオライブやったのってこの頃でしたっけ?「よそ者」やったのが意外な気がしたのを覚えてます。でもこのスタジオライブ、凄く良かったです。テープ無くしちゃったけど。ロッキング・オンでチャボと清志郎の全曲解説が始まったのはこのアルバムからですよね。

Re: デッカードさん

> 博多に住んでる者にとって、「東京のバンド」は全て否定すべき対象でしたが、RCだけは例外でした。

リアルな話ですね。
私は敵対みたいな雰囲気は感じていませんでしたが、あるところにはあったんでしょうね。

> NHK FMで憂歌団とスタジオライブやったのってこの頃でしたっけ?

この頃だったと思います。ただ、武道館後だったかな。

> ロッキング・オンでチャボと清志郎の全曲解説が始まったのはこのアルバムからですよね。

あぁ、そうか。『BLUE』 からだったんですね。
考えてみると、かなりRCにとってポイントとなったアルバムのような気がします。

仮想敵

70年代後半から80年代の前半はいわゆる「めんたいロック」系のバンドが上京した頃ですが「東京のバンドには負けられんじぇー」という雰囲気がありました。私達客の側も「東京の連中やらイモバンドばっかりたい」みたいな地元贔屓が漂ってました。でも人によってはこっそり家で東京ロッカーズ聴いてたりとか(苦笑)はあったと思いますが。実際イベントでフリクションが出た時なんか地元のアマチュアバンドの方が人気あったりしました。強力な郷土愛でしたね。東京で一旗上げるには奴等は正に「仮想敵」でした。
しかしRCは違いました。すんなり受け入れられたのです。R&B等のルーツが近かったからかも知れません。RCはどちらかというとスタックス系ですが当時のめんたい系はモータウンでした。博多時代のモッズなんかは「STOP IN THE NAME OF LOVE」「HEAT WAVE」辺りをレパートリーにしてましたし。博多のめんたいビート・ファンで東京のバンドが受け入れられたのは私が知る限りではRCとスライダーズだけです。

お~!!!

出ましたね、『Blue』の記事。
コレはきっとみんな思いいれありますよねぇ。
俺も買った時や聴いてた時の記憶が鮮明に蘇ります。
ある意味、この5人の時期を象徴する一番、“バンド”ってカンジのアルバムだと思います。

Re: デッカードさん

> でも人によってはこっそり家で東京ロッカーズ聴いてたりとか(苦笑)はあったと思いますが。

これ、絶対にあったと思います(笑)。
当時ならではのお話、ありがとうございました。

Re: LA MOSCAさん

> ある意味、この5人の時期を象徴する一番、“バンド”ってカンジのアルバムだと思います。

『BLUE』 は音からして他のアルバムとまったく違いますからね。
ただ、バンドとしてのまとまりは、次の 『BEAT POPS』 も凄いと思いますよ。

夜更けLOVE

 チケット来日

素敵な言葉や。
もー・・・ほんまなんて微笑ましいコトバなのでしょう。
アタシの下にチケット来日した第一号は・・・どのツアーやったやろ?
住之江競艇場はぴあに並んで購入したし、BEAT POPSのツアーは当日にダフ屋から購入した。
一万円でしたっ!

なので、その次のツアーからかな。
今度確認してみよう。

そして・・・大好きなアルバム【BLUE】。。
前回コメした中でTSUTAYAの前身であるレンタルショップでのLPレンタルで済ましてたアルバムなのですが、私もカセットを何度も何度も聴いてた。
この曲のあとはこれ、
この曲のあとはこのイントロ・・・
ほんまにその通りですよね。

ジャケットに細いピンクのBLUEという文字・・好きです。
清志郎のこの口・・好きですw

ほんま、いいアルバムですよね。

ガ・ガ・ガ・ガ・ガを生で聴いたことないのですが・・・聴きたかったなぁ~。
一度くらいは聴きたかった。
あのイントロのギターに清志郎の雄叫び・・・・。

アタシはもTAMAさん同様、カセットのレーベルは手作りでやってた人間なのですが、
音楽雑誌とかのお気に入りの写真を切り抜いてレーベルにしてた。
タイトルはインレタを好んで使ってましたね。。

ブタネコは教科書やノートの至る所に描かれてましたw
落書き大好きだったのでチャボや清志郎の似顔絵とかもノートによく描いてた。

ほんと懐かしきいい時代。

今度実家に行った時、カセットみてみよ~・・・

Re: 桃未さん

> チケット来日

いったい、どこに来日するんだよって感じです(笑)。
でも、違和感ゼロですし、RCファンなら私と同じだと思います。

> アタシはもTAMAさん同様、カセットのレーベルは手作りでやってた人間なのですが、
> 音楽雑誌とかのお気に入りの写真を切り抜いてレーベルにしてた。
> タイトルはインレタを好んで使ってましたね。。

手作りするだけ、皆さん思い入れが強かったんですよね。

No title

うん、BLUEは最高です。

Re: POP-IDさん

> うん、BLUEは最高です。

はい、BLUEは最高です。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ