BLUES'N ROLL/三宅伸治 -2007-

SWITCHからのデビュー・シングル『BACKしよう!/くさっちまうぜ!』も買った。
同じくSWITCHからの4曲入りライヴ盤『A-LIVE』も買った。
もちろんメジャー・デビュー作の『社会復帰』も買った。
この三作共にお気に入りだ。
このように、その初期の頃から知っているのに、僕は三宅伸治の良い聴き手ではない。

MOJO CLUBもソロも、ライヴには一度も足を運んでいない。
理由は良くわからない。
ただ、僕にとっては、僕をライヴにまで行かせるような何かが無かったんだろうし、
感じることができなかったんだと思う。

よって、彼を観るのは清志郎やチャボのバックでギターを弾く、
ギタリストとしての姿だけである。
正直言って、ギタリストとしてはあまり好みのタイプでは無い。
実際に清志郎のバックを務めるようになった当初のライヴを観て、
凄く違和感を感じたこともある。
その出されている音が清志郎のロックと合っているとはとてもじゃないが思えず、
曲によっては不協和音であった。
チャボのツアーに参加したときも、ギタリストとしての印象はまったく残っていない。

しかし、不思議なことにタイマーズでのTOPPIとなると別であった。
最高だった。物凄くいいギターを弾いていた。

これは単なる僕の好き嫌いなのだろう。
でも、とにかく僕にとっての三宅伸治はそんなミュージシャンであった。

『BLUES’N ROLL』。
三宅伸治のアルバムを買うのは何年ぶりだろう。
アルバムが出ると聞いたとき、これは聴きたいと思った。
これまた理由は良くわからない。
きっと、僕の中の何かとタイミングが合ったのだろう。

「Fly me to the High way」。
冒頭のギターからいきなりカッコイイ。
久しぶりにロック!っていう曲を聴いた気がする。

「月がかっこいい」。
ザクザクと切れ込むギターが、これまたカッコイイ。
いちばん得意とするタイプのナンバーなんじゃないかな。
タイトルも最高。

「夢の途中」。
気持ちがいいほどPOPなロック。
ヴォーカルも楽器も、全てがここしかないというところにおさまって鳴っている。
名曲だと思う。

アタマの三曲を聴いただけで、このアルバムの性格がわかる。
『BLUES’N ROLL』というタイトルから想像していた音とは正反対であった。 

とにかくやたらと突き抜けたような曲が並ぶ。
ミュージシャンとして、今は凄くいい状態なんだろうなぁ…というアルバムだと思う。

それにしても、MOJO CLUB時代とはずいぶんとヴォーカルのスタイルが変っている(気がする)。
でも、そりゃそうだよ。20年も経っているんだもんなぁ。

そうそう、アルバムのラストに収録されている「Midnight Special」で、
タイマーズが復活しているのには嬉しかった(笑)。

さて、個人的にアルバム中で白眉なのは「夏が終わる頃」。

  心配ない大丈夫だって
  変らない声を聞いたんだ
  それで歌を描いている
  ただ嬉しくて

この曲はいつ描かれたのだろう?
僕のような人間には、どうしても特別に聴こえてしまうのだが、それでいいと思う。
しょうがないよ、特別に聴こえてしまうのだからね。

ライヴ、行きます。


三宅伸治 / アールディー レコ-ズ(2007/03/07)
Amazonランキング:2673位
Amazonおすすめ度:

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。Blueさんみたいに伸ちゃんをいちギタリストとして見ている人はあまりいないと思います。ただ、Blueさんが書いてるのはわかるような気がしました。でも、伸ちゃんはいいですよ。是非ライブを見てくださいね。

horiさん

コメントありがとうございます。

>伸ちゃんをいちギタリストとして見ている人
そうですよね…きっとほとんどいませんよね(笑)。
私はこんな自分を特殊だとは思いませんが、少数派だとは思っています。しかも圧倒的な v-292

>是非ライブを見てくださいね
行きます!

お邪魔します。。。^^
私も初めは清志郎さんの後ろでギターを弾く人
という認識しかなかったのですが
MOJO再結成のライブを見て、目から鱗が落ちたのです(笑)
ソロもバンドも伸ちゃんのライブはお薦めです^^

『夏が終わる頃』は
清志郎さんが闘病生活に入ってしばらくして
伸ちゃんへ電話がかかってきた時に書かれたそうです。
私は8月5日のソロ@小田原ではじめて聴きました。
(その時はまだスローテンポの曲でした)

ファンにとっても伸ちゃんにとっても
まさしく特別な曲ですよ♪^^

NONさん

コメントありがとうございます。
えーNONさんは、以前ヒナさんのコメントにあった「NONさんの掲示板」のNONさんでしょうか…?

>後ろでギターを弾く人という認識
私は一応MOJO CLUBから知っているのですが、LSRを始めたばかりの頃かなぁ。
ギターが清志郎と合ってないような気がしていたんですよね。
これはチャボや山川のりをと比べてどーのこーのというのでは無く、単に音が好みじゃなかったんです。
ただ、『KING』のツアー辺りは、もう違和感が無くなっていましたけれど。

>ソロもバンドも伸ちゃんのライブはお薦めです^^
彼のライヴは行かないのですが、実は結構CDは聴いています(笑)。
『BLUES’N ROLL』、今では麗蘭の磔磔ライヴ盤に替わって聴きまくる日々です。
ライヴ、楽しみです。

>『夏が終わる頃』は清志郎さんが闘病生活に入ってしばらくして伸ちゃんへ電話がかかってきた時に
やはりそうなんですか。これは感動的な名曲ですね。

お返事ありがとうございます!
そうです、ヒナさんのとこに書いてあったNONです(笑)
私もBLUES'N ROLL聴きまくってます^^;
ライブ楽しんで来てくださいね~♪

NONさん

>そうです、ヒナさんのとこに書いてあったNONです(笑)
あぁ、やはり! これからもよろしくお願いします v-290
それにしても三宅伸治ファン・サイトを運営しているんですね。参考にさせて頂きます。

細々とですがやらせていただいてます^^
これからもどうぞよろしくお願いします♪

NONさん

久々に昔のCDも引っ張り出して聴いています。最近のも聴いてみようかな…と思います。
それにしても新譜は10曲で43分。まるでアナログのようで最高です。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ