シンガーソング マリンバ / 新谷祥子 -2010-

音楽に詳しくない人と話していても、
例えば " ピアノの弾き語り " や " ギターの弾き語り " と言えば、
その人自身、イメージが浮かんだり想像できたりはするだろう…というか、できると思う。
でも " マリンバの弾き語り " だったらどうか?
音楽にそれなりに詳しい人であっても、
それを聴いたことが無ければ、想像すら難しいかもしれない。

実は、実際に僕は最近それを体験したばかりなのだ。
久しぶりに会った友達との会話。
そいつは昔、僕と一緒にRCサクセションの久保講堂に行ったヤツ、T君だ。
音楽には普通に詳しい。

  最近はどんなライヴに行ってるの?
  新谷祥子っていうマリンバ奏者
  マリンバ?
  そう マリンバの弾き語りなんだよ
  ?

まったく想像がつかなかったらしい。

     **********

新谷祥子、初のマリンバ弾き語りによるアルバムが発表された。
 
新谷祥子
ARAYA Records
発売日:2010-10-20

今年の5月のライヴで、彼女から " ミニ・アルバムを出します " という発言があったのだが、
それが制作過程で変更になった(嬉しい変更だった!)のだろう、
最終的に10曲収録のフル・アルバム(だよね)になったものが、この 『シンガーソング マリンバ』 だ。

発表前に見たインフォメーションに記載された曲のタイトルには、
ライヴで披露されていた曲がいくつか並んでいた。
それだけで期待が膨らんでいたが、そうは言っても僕自身はライヴしか知らないわけで、
いったいどんな音になって届けられるのかが、やはり想像できなかった。

はたして、届けられた作品は期待通りであり、期待以上でもあるものだった。

CDプレーヤーにセットし、最初に出てきた音を聴いた瞬間、
" あぁ、これだ、これが新谷さんだ " と安心する。
マリンバの音を言葉で説明するのはとても難しいのだが、
この " 安心する " というのは、僕自身には適切な表現のような気がしている。

チャボとの共演を含め、これまで何度か彼女のソロ・ライヴを体験しているが、
ライヴでは気付かなかったテイストを、このアルバムには感じた。
それはフレンチ・ポップス。
オープニングの「小さき者へ」や「静かな少女」などにそんな雰囲気を感じ、
マリンバが奏でるフレーズにフランシス・レイを思い出したりもした。
ただし、全体がそれ風だと言うことでは、まったくない。
新谷祥子のオリジナルな世界以外の、何ものでもない。

マリンバによるリフ(でいいのかな?)が印象的な「美しいままで」と「黄昏ピーコック」。
特にスピード感が溢れる中に新谷メロディが活きる「黄昏ピーコック」はかっこいい。

イントロが実にかっこいい「ユニコーン」。
ヴォーカルというよりもヴォイスという彼女のスタイルがハマっている「クレッセント」。
中盤に並ぶこの渋い2曲の強烈な存在感が、アルバムを引き締めている。

決して大袈裟なアレンジでは無いのに、スケールの大きさが感じられる「土」。
音とフレーズの組み合わせが絶妙なのだろう。
聴いていると映像が浮かぶ、映画のサントラ的な大作だと思う。

そして新谷祥子の代表曲になるだろう「冬の線路」。
何度かライヴで聴いているが、とても気に入っている曲だ。
切ない歌詞とメロディ。マリンバの美しいフレーズ。
名曲という言葉しかあり得ない。

こんな表現はとても安易なのだが、今の季節にバッチリなアルバムだと思う。
これから寒い冬へ向かうという時期に、マリンバは実に合うのではないか。
くり返し安易な表現を使うが、凍えたココロをマリンバは暖めてくれるように思う。
更に言えば、このアルバムは聴けば聴くほど、どんどん印象が変わっていくような気がする。
いや、変わっていくというよりも、聴くほどに色々な姿を見せてくれるというほうが近いかも。

11月のレコ発ライヴでは、これらの曲を、また新たな気持ちで観て聴くことができるだろう。
それは嬉しいことだし、楽しみなことだし、幸せなことだ。
新谷さん、素敵な作品をありがとう。

    **********

T君に今度会ったときには、もちろんこのアルバムを教えてあげるつもりだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 きょう、チャボさんのラジオトーク「ロックの殿堂」で、新谷さんのうたと演奏を初めて聴きました。マリンバは木を叩いて反響させる楽器だから、古代の人たちの音やうたを森の中で聴いているような気がしました。今度、チャボさんとの共演を聴いてみたいな。

Re: じゅんさん

> きょう、チャボさんのラジオトーク「ロックの殿堂」で、新谷さんのうたと演奏を初めて聴きました。

おお!それは本当ですか!
この新作からかけたのかな?何の曲だったんだろう?
新谷さんが知ったら感動しちゃうと思うなぁ。

> 今度、チャボさんとの共演を聴いてみたいな。

二人の共演は凄いですよ。機会があったら是非、体験してください。
コメントありがとうございました。

新谷祥子さん「かねは鳴る」でした

 チャボさんのラジオトークで紹介された新谷さんの曲は「かねは鳴る」でした。
 こころにしみ入るうたと曲でした。

Re: じゅんさん

> チャボさんのラジオトークで紹介された新谷さんの曲は「かねは鳴る」でした。

再びの情報ありがとうございます。
「鐘は鳴る」かぁ。キレイな小品的佳曲ですよね。
実にチャボっぽい選曲な気がするなぁ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ