THE ROLLING STONES LADIES AND GENTLEMEN Film Live at Budokan

その作品が 『LADIES AND GENTLEMEN』 であったとしても、
10月にDVD化され発売となるわけだから、
ストーンズに思い入れの無い人からしたら、
何も映画館で観なくても、DVDを待てばいいじゃない…と感じる人がいると思うけれど、
今回は映画館だけじゃなく、日本武道館で上映されるのだ。
武道館で72年のストーンズのライヴを観る…ということには、
どうしたって惹かれてしまうわけで、雨の秋分の日になったが、行ってきた。

※画像右のポスターは来場者全員にプレゼントされたもの
CIMG8053.jpg CIMG8059.jpg

映画が始まり、スクリーンにテロップで " 二分前 " の文字が出た後から、
メンバーがステージに現れて1曲目の「Brown Sugar」が始まるまでの時間。
ここは実際に観たストーンズ武道館公演の開演前に似た感覚を、僕は個人的に味わっていた。

本当にストーンズが武道館のステージに出てくるような錯覚。
思い入れだと言われればそれまでなのだけれど、そんな事は関係ない。
興奮した。

そして「Brown Sugar」が始まってからの約90分は、いったい何と言えばいいのか…。
ミックに合わせて身体が動き、一緒に手拍子をしてしまう。
もちろん曲が終われば拍手をしてしまう。
いやいやこれは映画じゃないかという冷静さも一瞬過ぎったが、
あの時間に体験した、所々に感じるリアルさは何だったのだろう。

観ていて目が潤んだシーンは二つ。
「Dead Flowers」をミックとキースがワン・マイクで歌うシーンと「Jumpin Jack Flash」。

ミックが、キースが、ローリング・ストーンズが美し過ぎる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も雨の中、武道館へ行きました。
そして私もミックとキースがひとつのマイクで歌う
『Dead Flowers』には体がブルブルっと震えましたよ。
武道館へ観に行ってよかったと思ったのでした。
LOVE STONES!!!

Re: 芍薬さん

> そして私もミックとキースがひとつのマイクで歌う
> 『Dead Flowers』には体がブルブルっと震えましたよ。

ほとんどのファンは「Happy」を挙げるんじゃないかと思うのですが、
私は断然こっちのほうにグッときちゃいましたね。

> 武道館へ観に行ってよかったと思ったのでした。

同感です!
Profile

Blue

Author:Blue

Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's BBS
twitter
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ