10/30のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ちびまる子 マグネットクリップ、揃えてみました。 https://t.co/vQ2pVYNAxU
10-30 21:05

今夜は浅川マキを聴きながら夕食。 https://t.co/QelcvWfuzu
10-30 21:12

夜に食べていいのか。つばらつばら。 https://t.co/C1DZ5isxfi
10-30 21:21

RT @sarapon: 斉田さんのかぶり物に桑子も苦笑い https://t.co/EJxA0AnweU
10-30 21:22

RT @EeMMY_: 斉田さん…好きです(*´-`) https://t.co/ymAe0GWxWD
10-30 21:23

【今日は何の日・仲井戸麗市】91年、アルバム『麗蘭』発表。6年前に書いたこのエントリーは今も変わらずそのままです。 十七年前の十月三十日に https://t.co/EO9IKL4n2V
10-30 22:09

テレビもいいけれど、やっぱり風街レジェンドに出て欲しかったなぁ、松田聖子。 NHK『SONGS』で松本隆の特番、ユーミン、松田聖子、KinKiら出演 https://t.co/x5GQHirwup @CINRANETさんから
10-30 22:12

キーを落としてる…。
10-30 22:13

スポンサーサイト

10/29のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

今夜もしまねっこクッキー。 https://t.co/aG70h7Alpq
10-29 21:19

今夜はメリー・ホプキンを聴きながら夕食。 https://t.co/pH6PvciF4P
10-29 22:04

10/28のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

加奈崎芳太郎のDig it 最終回:この「セントルイスブルース」は、今回の再会ライヴ音源じゃないか!
10-28 00:34

夜だけど食べます。しまねっこクッキー。 https://t.co/ugMVLDXYFM
10-28 21:25

始まりました。 https://t.co/Bn4YK8TcR9
10-28 22:02

10/27のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @Yano_Akiko: 『行け柳田』やっぱしいい曲だな。月刊ジャイアンツの取材で、宮崎のキャンプに連れてってもらった事も思い出しました。王選手にサインもらった。そして、”もっと、みんなに分かりやすい歌をつくりなさいよ”って優しく諭されたもんだ。はい、今だに努力を続けてお…
10-27 21:56

RT @Yano_Akiko: 発表します。「行け柳田」ですっかり気持ちが盛り上がってしまったので、この曲を12月のさとがえるコンサートで演ったるです。ということで、これから細野さんに説得メールしなくちゃ。。。。
10-27 21:56

何それ! https://t.co/vBHnrPhPkt
10-27 22:21

会いたや見たや 会いたや見たや 月よ おまえならわかるだろうか この想い https://t.co/FKhdHECJsS
10-27 22:35

RT @natalie_mu: 中島みゆき最新アルバム「組曲(Suite)」アナログでも発売決定 https://t.co/hut8H9Hkp8 https://t.co/wPzo8tOoSn
10-27 23:26

10/26のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

10月26日~30日の「ラジオ サロンdeくにまる」のゲストは仲井戸麗市(CHABO)さん https://t.co/X3dbGoKfBo #joqr
10-26 16:42

10/25のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

松江のスケッチ。 https://t.co/aMgUyGDgQ3
10-25 12:19

『夜も昼も』は僕が初めて手にした真理子さんのアルバム。今年の松江ライヴはここから3曲も歌われました。「十五夜」「爪紅のワルツ」「胸の小箱」。嬉しかったな。とてもとても大切なアルバムです。 SFS-014 浜田真理子 『夜も昼も』 https://t.co/uhR3wMJ745
10-25 23:01

夜も昼も/浜田真理子: 真理子さんを知った年の最新作 『夜も昼も』 を手に入れた日は家に早く帰りたくて聴きたかったのをおぼえています。あんな気持ちになったのは仲井戸麗市の 『絵』 と麗蘭の1stを手に入れたとき以来でした。人生で出会う大切な何かのひとつを手に入れた日でもあります。
10-25 23:13

おやすみなさい。 風の音-浜田真理子 https://t.co/EG8HFz6fPy @YouTubeさんから
10-25 23:16

10/24のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @Retro_Co: The Runaways by Adrian Boot, 1976 https://t.co/r8gEH3Nl0y
10-24 06:04

今朝の富士山。 https://t.co/ZHcxT4F6fh
10-24 08:21

恒例になった秋の松江。今年もよろしく。 https://t.co/aT8g3kF8Yu
10-24 09:23

ちょっと遅めのモーニング。いただきました。 https://t.co/GNDy78CjQF
10-24 10:03

「島根本大賞」。投票しました。 https://t.co/nCj19wf9L5
10-24 10:39

RT @BOOK_ARIDUKI: @BOOK_ARIDUKI 「胸の小箱」著:浜田真理子、本の雑誌社発行「松江 復刻版」写真:植田正治、随筆:漢東種一郎、山陰放送発行おめでとうございます! https://t.co/uHLMrYuEXO
10-24 16:57

RT @BOOK_ARIDUKI: 決定!第1回島根本大賞!第3回BOOK在月までの集計を以って、以下の2冊が同率1位ということで、2冊が第1回島根本大賞として決まりました。
10-24 16:58

浜田真理子 島根県民会館: 一部終了。フォノライトストリングスとの共演。ピアノの弾き語りとは違う真理子さんの魅力が引き出されているのが素晴らしい。この音を聴くのにホールという会場も吉。「爪紅のワルツ」が実にかっこいい。 https://t.co/8cqs56EF3U
10-24 17:57

浜田真理子 島根県民会館: これまででいちばん聴きごたえのあるライヴでした。ピアノとストリングスと言えども決してキレイにまとめないアレンジがとてもスリリング。オリジナルも良かったけれど、この編成での浅川マキ「かもめ」、中島みゆき「時代」のカヴァーに驚くと共に感激。
10-24 19:48

松江に来たら必ず確かめるようになった自販機。今年もありました。2列目が全部ドクターペッパー。 https://t.co/f17zLAUJBP
10-24 22:47

続きを読む

古井戸「再会」仲井戸麗市CHABO麗市×加奈崎芳太郎 東京キネマ倶楽部 2015.10.20

「ちどり足」と「ポスターカラー」で、それぞれマンドリンを、
そしてギターを弾く仲井戸麗市に注目していました。
その理由。
古井戸のライヴでチャボがマンドリンを弾くパートは、
おそらくハイライトのひとつだったでしょうから、
マンドリンを手にしたチャボ自身が何かを思い浮かべるであろうと思ったこと。
そして『ライブ帝国』のDVDで確認済みだった「ポスターカラー」の映像から、
静かながらも内には激しい何かが宿っているかのように、
ひとつひとつフレット上の音を確かめながら探しているかのように、
自身の中に入り込みながらギターを弾く姿がとても印象的で、
まさにあれこそが古井戸の仲井戸麗市であろうと思ったこと。
再会ライヴへのチャボの気持ちをその場で窺い知るには、
この2曲しかないだろうと勝手に思っていたからです…が、
僕の思い入れは、あまりにもウェットで過剰だったようです。

CIMG9161_convert_20151023215317.jpg

諏訪市文化センターと東京キネマ倶楽部のステージに立つ仲井戸麗市は、
紛れもなく2015年の仲井戸麗市でした。
36年ぶりの古井戸、しかもフルでのライヴなのに、
ステージ上ではこれまでのDuetや恩返しと同じように見えました。
特別な感情を出すことはまったくと言っていいほどなく、
それどころか、加奈崎さんやファンの思いを軽くキャッチし、
笑顔でジョークに受け流す姿は、意外を通り越し、驚きの一言です。
MCは、ほぼ加奈崎さんが担当していたにも関わらず、
ステージを仕切っていたのはチャボだったと思います。

ニュートラルな仲井戸麗市。
感情を素直に出す加奈崎芳太郎。
この対比が交わることで生まれた何かが、
70年代と現在の間にあった時間を無くしてくれたようでした。

加奈崎さんが「昔と逆で、今はチャボが俺の面倒を見てくれる」云々と話していましたが、
この「面倒をみる」を、大きな意味での「恩返し」と置き換えてみると、
再会ライヴの意味が掴めそうな気がします。
チャボにとっての再会とは、加奈崎芳太郎とのそれだけでなく、
おそらく古井戸としての仲井戸麗市との再会でもあったのでしょう。
この言葉が適しているとは思いませんが、
古井戸に対して拘っていた自分を吹っ切り、許し、古井戸の自分を認めた…と、
そんなニュアンスだったのではないでしょうか。
だからこそ加奈崎さんを立てて、その結果として古井戸そのものを立てたことになる。
こうなれば、そこにいる二人は間違いなく古井戸です。
俺は古井戸の仲井戸麗市である…という認識。
ハッキリとこれがチャボの中に生まれたのだと思います。
チャボがステージで " 古井戸だー " と自分たちを紹介したことがその証でしょう。

たった2回のライヴでしたが、濃密な時間でした。
まるでツアーの最終日のように、その音と雰囲気は、
初日と2日目では違っていたように感じられました。
二人のドラマを想像して、感情が高ぶる瞬間が何度もありました。

ここまで書き連ねてきた思い入れの部分はもちろんですが、
特筆すべきは、古井戸の音楽の素晴らしさです。
特に、70年代のアレンジのまま披露した楽曲に現在の自分をそのまま注入し、
その結果、古井戸の曲が普遍性を持っていたことを証明したチャボのギター。
素晴らしかった。
今回の再会ライヴは、何より音楽としての感動が大きかったことが、
いちばんではないかと思います。

  加奈崎さんと出会わなかったらおおくぼさんとも出会えなかったんだ
 
最後になってチャボが言ったこのコメント。
ここでの " おおくぼさん " は、おおくぼさんそのものを指すだけでなく、
古井戸以降に出会えたすべての者や物たちの象徴に聞こえました。
チャボは " ビートルズ " を60年代すべての象徴として指すことがありますが、
これと同じように、今のチャボにたどり着くまでの様々な出会いが、
渋谷の青い森の楽屋をノックしたことで始まったことを考えると、
やはりあの " おおくぼさん " は象徴として聞こえます。

加奈崎さんとチャボが出会わなかったら、
もし、古井戸がなかったら、
今、ここにいる僕も違った自分だったわけです。
加奈崎さんへのノックから始まった二人の物語の中に、
僕も脇役…いや、エキストラで登場しているとも言えます。
こう思わせてくれることが素晴らしいと思います。

加奈崎さん、チャボ、ありがとう。

10/22のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @hamadamariko: しまったー。あさちゃんの主題歌口づさんでしまったー。
10-22 15:54

RT @hamadamariko: 不覚。
10-22 15:54

RT @BILLIKENSHOKAI: 東京都現代美術館「オノ・ヨーコ 私の窓から」 https://t.co/F7u20BC84K 開催にあたり、オノ・ヨーコのコンサート・パンフと「SAC ジャーナル」を #ビリケン商会「三原 自宅のコレクションから」資料提供しました。 ht…
10-22 19:45

RT @Arban_mag: イギリスの名門レーベル<Honest Jon's Records>が浅川マキのアルバムをリリース!https://t.co/8UhwzcfWVW https://t.co/z2jb7mLGuG
10-22 22:44

10/21のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @dave_spector: 僕も巨人の監督のオファーを頂いたがプロ野球にデーブが二人いると混乱が起きるから辞退しました。
10-21 16:17

10/20のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @Retro_Co: Jodie Foster & Robert De Niro, 1975 https://t.co/GMwDMwHQwS
10-20 16:10

今夜はステージに幕がおりていません。これまでと違う雰囲気で気分が盛り上がってきました。 古井戸 東京キネマ倶楽部。
10-20 18:35

古井戸 再会 東京キネマ倶楽部: 感動しました。二人の再会のドラマを思い切り感じ、ステージを見て感情が高ぶる瞬間が何度もありました。今夜は素直に、僕にとっての古井戸の過去と今とこの先に思いを巡らせて、浸っていたいです。 https://t.co/XFQiyELiid
10-20 21:27

古井戸 再会 東京キネマ倶楽部: おそらく二度とないからこその再会。そんな再会だから感動的だったのだと思います。加奈崎さんが「昔と逆で今はチャボが俺の面倒を見てくれる」のような話をしましたが、面倒=大きな意味での恩返しと置き換えてみると、再会ライヴの意味が掴めそうな気がします。
10-20 21:42

古井戸 再会 東京キネマ倶楽部: 加奈崎さんと出会わなかったらおおくぼさんとも出会えなかったんだ。サンキュー加奈崎芳太郎…とチャボ。このおおくぼさんは、おおくぼさんそのものを指すだけでなく、古井戸以降に出会えたすべての者の象徴に聞こえました。チャボにとってのビートルズのように。
10-20 22:02

レコードで聴いただけでは、ましてや歌詞の字面を追っただけでは絶対に分からない。これはすべて太字で。 https://t.co/ELcrPuaR11
10-20 23:08

チャボにとっての60年代すべてを象徴するのがビートルズであるのと同じように、今のチャボにたどり着くまでの様々な出会いが加奈崎さんへのノックから始まったことを考えると、やはりあの「おおくぼさん」は象徴として聞こえます。
10-20 23:16

今夜歌われた「スーパードライバー5月4日」。レコードで聴ける急ブレーキの音は、チャボの車でジァンジァンの駐車場で録ったと加奈崎さんが明かしていた。チャボがスーパーテクニカルドライバーとクレジットされていた理由はこれだったのかー。
10-20 23:28

10/19のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

続・上諏訪のスケッチ。 http://t.co/pKcSmfNbIH
10-19 11:42

諏訪市 原田泰治美術館。素敵でした。 http://t.co/a9JQMLtg9B
10-19 14:27

おいしい水。 http://t.co/siumgeX1So
10-19 15:18

昨夜の夕飯は、何かしらご当地ものをと思っていたので、みそ天丼にしてみました。諏訪。 http://t.co/X7SvQXTtzc
10-19 15:24

おそらく二度目の再会はないと思うので、明日が最後の古井戸でしょう。 https://t.co/r3oAd8PAxT
10-19 16:37

RT @umjun1: 古井戸「再会」ライブ at 諏訪市文化センターのことをブログに書きました。http://t.co/1dDYscRHl2 #古井戸 #加奈崎芳太郎 #仲井戸麗市
10-19 17:52

古井戸「再会」仲井戸麗市CHABO麗市×加奈崎芳太郎 諏訪市文化センター 2015.10.18

9/6の渋谷公会堂の時も感じました。
加奈崎さんとチャボの、あの笑顔の意味するところは何なのでしょう。
再会、そして演奏できることの喜びや嬉しさか、
それとも、照れ隠し的な面もあってのことか。

加奈崎芳太郎の地元である諏訪で、古井戸の再会を観ました。

CIMG9113_convert_20151019183941.jpg

再会ライヴについて、加奈崎さんは事前に多少の想いを吐き出してくれましたが、
案の定…というか、当然のごとく、チャボからは開催発表時の最低限のコメント以外、
いくつかの新譜のプロモーション活動の中で触れはしましたが、
実質、ほぼゼロに近い状態でした。
僕自身、これは納得できることですから、
2回の再会ライヴに向けては古井戸の楽曲を軸に、
いや、それを最大のテーマとして臨むことにしていました。
古井戸の曲を古井戸の二人が36年ぶりに披露する…に期待するのみです。

いくらチャボの古井戸への複雑なスタンスがあっても、
僕は古井戸時代に残された曲の素晴らしさを知っています。
それは80年代、90年代、そして2000年代を通して変わらないことですが、
レコードやCDの中でしか体験できませんでした。
しかし、遂に生で、しかも加奈崎芳太郎と仲井戸麗市の二人による演奏で聴ける。
ここに二人や僕の想いを付け加えることもできますが、
あくまでもそれは二次的なこととし、
古井戸の素晴らしい曲を堪能しよう、
もう、これだけで十分ではないかという気持ちでした。

諏訪市文化センターの開演前の客席から感じる雰囲気からは、
さすがに大きな期待感をキャッチすることは容易でしたが、
ライヴが始まった瞬間から、
古井戸の二人は僕の想いをそのまま受け止めてくれました。
目の前には僕のためだけに演奏していると思わせてくれる二人がいました。

不思議でした。
まるで何事もなかったかのように、
最近まで一緒にやっていたかのように、
二人は笑顔で古井戸していました。

 こんばんは~レッド・ツェッペリンです!

このMCはチャボのサービスかもしれませんが、
『ラスト・ステージ』を知っていれば、その破壊力は最大級になることでしょう。
でも、チャボから36年前の古井戸を感じるMCがあったのはここだけでした。
あとは、僕の知っている今のチャボが、
加奈崎さんと一緒に、
2015年の10月に、
諏訪で古井戸を演奏していただけでした。
でも、このことの何と言う素晴らしさ。
昔に引っ張られることではなく、
もちろん戻るわけではなく、
懐かしむこともなく、ギターを弾き、歌う。
そのことが、古井戸の音楽が今も通用することを証明していました。

古井戸は素晴らしかったし、今も変わらず素晴らしい。
このことを二人が演奏することにより知り、それをお客さんの前で披露できる。
これがあの笑顔に表れているのではないかと思います。
古井戸の普遍的な楽曲への自信が、
再会から実際に音を出して、生まれたのだと思います。
もしかしたらチャボ自身が古井戸の凄さを忘れてしまっていたのかもしれません。

諏訪と東京のたった2回で再会は終了します。
でも、二人にとっては、新しい何かの始まりになることは間違いないでしょう。
東京公演は、心と身体に思い切り深く刻み込もうと思います。

10/18のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

諏訪、二度目の来日です。 http://t.co/vb4Iy7crsN
10-18 13:31

早速…。 http://t.co/UB1BJYawaO
10-18 13:33

自宅と同じように…? http://t.co/Mp0JRHPQEs
10-18 13:41

高島城。 http://t.co/c76FHKtsCl
10-18 14:08

リハの音が漏れていたので、さっさと離れました。 http://t.co/6NATzdtbqC
10-18 14:15

上諏訪のスケッチ。 http://t.co/7uxwFnOy10
10-18 15:47

古井戸 再会 諏訪市文化センター: 加奈崎さんとチャボを見ながら色々な思いを持った。感動した。歌もギターも、そして何と言っても素晴らしい曲に感動した。あっという間の古井戸だった。でも間違いなく45年の時間が流れてる古井戸だった。
10-18 19:02

古井戸 再会 諏訪市文化センター: チャボの口から「古井戸だー」と聞けたことに興奮した。当たり前にこの日を迎えているが、僕は感謝しなければいけない。古井戸を体験できたことを。加奈崎芳太郎と仲井戸麗市に心からありがとう。
10-18 19:10

古井戸 再会 諏訪市文化センター: ある曲で終始チャボが加奈崎さんを見ながら歌いギターを弾くシーンに心動かされる。古井戸への長い距離はあっても、チャボには大切なものなんだということを感じさせてもくれた夜。でなければ、あんなギターは弾けない。あれは古井戸だからこそのギターだった。
10-18 20:52

RT @iikagenDAHA: 9月6日の渋公は、チャボの「人間力」に惹かれたライブ。そして今日は、チャボの「ギタリスト力」に惹かれたライブ。
10-18 21:04

続きを読む

10/17のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

まだ手にしていないのに、既に泣きそうです。『ダークネス〜』に続いて、やっと『ザ・リヴァー』が届きます。 https://t.co/uE58NpkDDz
10-17 11:41

何これ、可愛い花。 http://t.co/DACag62G7c
10-17 15:42

fluid / 古井戸 -2015-

80年代のある時期から90年代アタマにかけて、
RCサクセション以前にチャボが在籍していた古井戸をすべて聴きたくて、
必死で中古レコード屋を巡り、エレック時代のアルバムを集めました。
美品であれば、当時は中古市場での古井戸の相場は5ケタ。
1枚見つけるたびに10,000円が吹っ飛んで行きましたが、
代わりに手に入れた音楽の魅力がそれを上回っていました。

CIMG9105.jpg

レコードは深くじっくりと聴きこみましたが、
チャボのライヴで取り上げられる古井戸はほんの一部でした。
よって、その時々では、満足な古井戸を聴くことは叶いませんでした。

さらに輪をかけていたのが、チャボの古井戸への想いやスタンスです。
FC会報やインタヴューを中心に知っていったそれらにより、
徐々に古井戸は僕の中でタブーになっていきます。
まぁ…タブーは大げさであっても、事実、それに近かったというのが実感です。
僕が思うチャボと古井戸のあいだにある距離は、想像している以上に離れていたのでしょう。
きっとそれはいつまでも縮まることのない距離…。

さて、今現在のチャボはニュートラルに古井戸の曲を取り上げるようになっています。
チャボが古井戸を多く歌うようになったのは90年代が終わる頃で、
僕自身がハッキリそれを意識できたのは98年、SWEET HOME SHINJUKUです。
実際にこのライヴでは、ひとつのステージで「何とかなれ」と「永い夢」を歌うなど、
驚きのセット・リストもありました。
ファンならご承知の通り、解散コンサートを象徴している2曲です。
これを同時にライヴで取り上げることにびっくりしたのを今も思い出せます。

CIMG9106.jpg

古井戸を歌うようになり、結果として、
2000年に発表された『works』での古井戸セルフ・カヴァーに繋がるわけで、
理由はわかりませんが、間違いなくチャボにとってポイントになった時期のはずです。

それでも…チャボが古井戸を歌うことはあっても、
古井戸を語る…話すことは、ほぼ無いと言っていいと思います。
この、チャボが触れないことによる影響はかなり大きく、
過去の古井戸のベスト盤発売や紙ジャケCDでのリイシューなど、
何度かあった機会も、そう話題になることもなく、
結果として再評価にも繋がらず今に至っているのは、
仲井戸麗市サイド側のスタンスがいちばんの理由だと感じています。

著者 :
フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日 : 2015-09-01


仲井戸麗市、デビュー45周年の今年、
『fluid』のタイトルで発表された3枚組のCD。
モノクロの何枚かの未発表写真以外は、
単に発表された順にオリジナル・アルバム収録曲が並び、
デビューから解散までの10年間を追った流れになっています。
しかし、収録された42曲を通して聴くと、
流体と言うバンド名に込められたその意味をダイレクトに感じさせてくれます。
70年代と言う時代のため、今ではどうしても違和感を感じてしまう歌詞があるけれど、
メロディ、アレンジ、ギターのフレーズなどをじっくり聴いてみると、
実に多彩な音楽性を持っていたことがわかりますし、
洗練されているアレンジで、今も通用する曲も少なくありません。

個人的には、まずは「待ちぼうけ」や「ねむけざまし」「ねえ君」。
これらは今のチャボが好むタイプの曲であり、ソロで演っていてもおかしくないし、
シンプルなアレンジとギターが実にかっこよく、あらためて驚かされた曲たちです。

「何とかなれ」「ポスターカラー」のように、ハモリというより二人のヴォーカルを重ねたり、
「四季の詩」「スーパードライバー5月4日」のツイン・ヴォーカルで聴かせるアレンジは、
独特な古井戸サウンドの特徴であり、こちらも実にかっこいいです。

未CD化の『サイド・バイ・サイド』からの4曲も貴重です。
「チャンピオンが負けた日」と「さよならマスター」などは良くできた曲で、
いわゆるニュー・ミュージック的な音ですが、
しっかりしたメロディとアレンジがあるし、このPOPさは悪くありません。
アルバムがフルで再発されたら、今ならば高く再評価されそうな気がします。

これまでと変わらず、今回もチャボは何も語っていませんが、
その代りに3枚のディスクが思い切り雄弁です。
『fluid』は、古井戸のコンピレーションとして決定版なのは間違いないでしょう。

最後にひとつだけ。
仲井戸麗市と古井戸のデビュー45周年に沿って、
僕ならばこのアルバムに次の3曲を追加して45曲にします。

「花言葉」from 唄の市 第一集(朗読はカットしたヴァージョンで)
「退屈」from 古井戸の世界
「ステーションホテル」from シングル(絶対にシングル・ヴァージョンです)

CIMG9108.jpg

10/16のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @mora_info: 【インタビュー】「日本語ロック」の先駆者! RCサクセションの名作『PLEASE』『BLUE』『RHAPSODY』のハイレゾ化を記念して、当時のディレクター・森川欣信さん(現・オフィスオーガスタ社長)へのインタビューを実施しました! http://…
10-16 08:29

10/15のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @shinozakimaki: 1980年の学園祭は素敵だった。 http://t.co/tEi45v1XS3
10-15 09:14

2004年の「YES オノ・ヨーコ展」もここで観ました。当時は2回、観に行きました。今回も楽しみです。 オノ・ヨーコ|私の窓から|東京都現代美術館 http://t.co/klahRhfxRB
10-15 22:11

10/14のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @agostoshinya: 老後破産の恐怖をヒシヒシと感じさせる恐ろしい記事。それにしても、天地真理さんの変貌ぶりたるや・・・  http://t.co/tRR6YllzgG
10-14 00:37

エレカシが「スローバラード」か。2011年のJAPAN JAMを思い出すなぁ。あれは感動的ないいライヴだった。 https://t.co/DAxeNdFIcB
10-14 15:53

ブログに当時いただいたコメントも感動的でした。 JAPAN JAM 2011 エレファントカシマシ×仲井戸CHABO麗市×泉谷しげる 幕張メッセ 2011.5.5 http://t.co/GdsStpwbLn
10-14 15:55

RT @daijapan: ええそうなんですよ https://t.co/yjfluXyesi
10-14 16:10

芋煮会、本当にやってる(^_^;) https://t.co/vnJusMnWiB
10-14 21:52

10/13のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @michinara3: 古井戸の加奈崎芳太郎さんが札幌出身だと知る。長野出身だと思ってた。ライブ観れて良かったな~自分。 http://t.co/qUIBfl8azQ
10-13 16:13

RT @w_keiichi: 明日!すごい企画!笑この機会に是非ー https://t.co/BAe9QV3PEE
10-13 20:33

RT @usm_thebeatles: 俺の人生の決定的な光。彼らのすべてが魅力的だった。この楽曲たちは俺の永遠のNo.1。、、って、俺みたいなやつが世界中どのぐらいるんだろう?。ザ・ビートルズは世界史に残る光だ…。仲井戸CHABO麗市#ビートルズ1
10-13 20:44

10/12のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

僕もちょうど読み直しているところです。だんだんわかる。 だんだん深くなる http://t.co/wh22V7VCtZ
10-12 23:04

10/11のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

今年はひとりで、ゆったり演ります。当日はリクエストも受けるかもしれないし、 カバーもやるかもしれないし、新曲もやるかもしれないし、の、かもしれない 仲井戸CHABO麗市 65歳 バースディLIVE 2015.10.9 http://t.co/X8a59m5ReW
10-11 01:09

10/10のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

面白い!片岡たまきさんにはもっと色々と書いて欲しいな。 今日は、仲井戸“CHABO”麗市の65歳の誕生日!|大人のMusic Calendar|大人のミュージックカレンダー http://t.co/IlPO5irwhp
10-10 16:35

今年はひとりで、ゆったり演ります。当日はリクエストも受けるかもしれないし、 カバーもやるかもしれないし、新曲もやるかもしれないし、の、かもしれない 仲井戸CHABO麗市 65歳 バースディLIVE 2015.10.9

ジェフ・ベックの発言とされる " 年月の収穫 " を、
ここ数年、チャボはよく口にするようになりました。
チャボ自身が年齢を重ねることに対する様々な思いに対し、
このジェフの発言が大きく響いたことがその理由と想像されます。
おそらく、それを簡単にまとめてしまえば、年をとることはネガティヴではなくポジティヴ。
年月を収穫していくようなものだ…ということのように思います。

これ(年齢を重ねること)により、以前は見えなかったものが見え、
聴こえなかったものが聴こえ、知りえなかったことを知り、
感じられなかったことを感じられるようになる。
これこそが、まさに年月の収穫を指しているのでしょう。
もちろんそれらの中心には音楽があり、そこが起点となり、
自身の視野、感覚の範囲が広がっていくこと等々を実感しているのだと思います。
ロックは俺にとって社会へ出ることのパスポートだ…というチャボですから、
なおさらこれを感じられているのだと想像できます。

さて、僕自身もチャボの音楽を聴き続けて相当な時間が経過しています。
その都度の " 点 " で感じるライヴや作品という触れ方が多くても、
さすがにチャボに対するいちファン、いちリスナーとしても、
今では年月の収穫を感じることが多くなりました。
長く聴いてきたからこそ…というモノやコトは、決して少なくありません。
もちろんそれは人それぞれ、ファンの数だけあるものですが、
ファンの数だけあるものだからこそ、年月の長さや重さや深さを考えて想像すると、
それを収穫することでの、実りあるモノの素晴らしさを感じざるを得ません。

今年のバースデー・ライヴは、ファンクラブが対象と言う限定されたものでした。
MCでチャボが " この場に俺を嫌いな人はいないよね " と言っていたからこそ、
年月の収穫というフレーズは単なる言葉や単語ではなく、
結果として、この夜のテーマになっていたように思います。

やり続けている人の、やり続けてきた人の、やり続けていく人の音楽を聴いた。
そんなライヴでした。
チャボ、65歳、おめでとう。そして、ありがとう。

     **********

P.S.
俺のポエムだと思って聴いてくれよ…と披露された「朝日のあたる家」のエッセイ。
そしてその後のエピソード。
チャボは " とけたんだ " と言った。
帰宅して、僕はとけたことはよかったのか…と考えた。
でも、とけなかったままでよかったのか…とも思えた。
いずれにしても、適切な形容ではないかもしれないが、
僕にとっては仲井戸麗市、65年の年月が生んだ音楽のひとつを感じた瞬間だった。
今や単なる歌、曲、歌詞、ギターではない。
僕は " 仲井戸麗市 " を聴いているのである。

10/09のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

10月9日。Happy Birthday、チャボ!いい曲、いい歌、そしていいギターをこれからも。そしていつまでも。 http://t.co/7cA2VQjK7C
10-09 16:45

毎年チャボの誕生日には、いつも食べてる気がする。 http://t.co/OY5A03dNk3
10-09 19:09

仲井戸麗市バースデーライヴ。やり続けている人の、やり続けてきた人の、やり続けていく人の音楽を聴いた。そんなライヴだった。65歳おめでとう。そしてありがとう、チャボ。 http://t.co/1iPZY2ev2s
10-09 22:27

10/08のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @mutimaki: バンドを知らない世代の仕事かな?赤坂の某超人気アナウンサーがニュースで清志郎のことを何度もセイシローといっていたのを思い出します。 https://t.co/In0zmTYYhG
10-08 11:25

RT @mutimaki: RCサクセション(not セレクション)リマスター盤の不良ディスク交換しようか迷ったが、PLEASEとBLUEの冒頭2秒の空白はやはり気持ち悪かったので交換することにしました。 http://t.co/95c161WGfM
10-08 11:26

RT @mutimaki: もう一丁。RCサクセション(not セレクション)リマスター盤、RHAPSODYも盤面だけでなく音にも問題。M2.エネルギーからM.3ラプソディーにかけて一瞬ブツ切れになっている。オリジナルはそのままM3.に繋がる。頼むよ〜。 http://t.co
10-08 11:26

10/07のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @taki615: 2015年最新デジタルリマスター PLEASE バンド名が間違ってる!! http://t.co/uRwcdWgSiS
10-07 07:53

RT @taki615: BLUE +2 もバンド名間違ってる‼︎ http://t.co/c97Vf5sp6C
10-07 07:53

これはRCのセレクションですよ…ということなのかもしれないな(笑)。
10-07 07:55

お詫びとお知らせ - UNIVERSAL MUSIC JAPAN http://t.co/Mo6dHpBuAm RCサクセションのリマスターSHM-CD「RHAPSODY」(UPCY-7056)「PLEASE+4」(UPCY-7057)「BLUE+2」(UPCY-7058)
10-07 22:22

今回のRCセレクションの件、以前もあった酷い仕事を思い出す。2008年、清志郎完全復活記念のRCサクセション、オリジナルアルバム紙ジャケット再発には曲名や表記に誤植やミスが頻発した。昔からRC再発の仕事には愛情が感じられないと思ってきたが、あきれて物も言えない。
10-07 22:23

2008年、紙ジャケットCDで発売された『THE DAY OF R&B』の帯。RCサクセション、サム・ムーア、そしてチャック・ベリーとの共演だったはずが…。 http://t.co/HpCaBq06g4
10-07 22:26

2008年の紙ジャケ再発のミスには「ドカドカうるさいR&Bバンド」ってのもあった。
10-07 23:40

10/06のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

旅するアートカフェ新幹線「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」16年春に登場 http://t.co/0rMfGrV0ks
10-06 23:22

10/05のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

仲井戸麗市『TIME』を聴きながら。今夜の我が家は超辛口トーク。 http://t.co/Z3qLy6UtJv
10-05 21:08

10/04のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

朝から露天風呂。今日も気持ちのよいお天気です。 http://t.co/xCt5EPqOxP
10-04 07:34

川べりを歩く。 http://t.co/dr5HKhhfxf
10-04 10:15

寝転がる。 http://t.co/cojIF6cdzq
10-04 10:19

「渋谷公会堂」が建て替えのため4日閉館 ラスト公演は沢田研二 #ldnews http://t.co/RnfFSSGIOU
10-04 23:17

僕の渋谷公会堂初体験は1980年クリスマスのRCサクセション。そして現時点で最後のシブコーは2015年9月6日の仲井戸麗市。チャボで始まりチャボで終わりました。本当に思い出がいっぱいの会場です。 http://t.co/QSyfPpVTlm
10-04 23:24

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ