08/30のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @nhk_scf: 放送はいかがでしたか?9月のマンスリーDJは13年ぶりソロアルバムを発表される仲井戸“CHABO”麗市さんです!放送は3回に渡ってお送りします。今年デビュー45周年のCHABOさんヒストリーを語って頂きつつ、ギター弾き語りも交えての90分。お楽しみに♪…
08-30 22:59

スポンサーサイト

「MY NAME IS CHABO」まで、あと7日

下の世代に誘われてのそれではなく、
最近はチャボから声をかけての再会から共演の流れが出来つつありました。
これまではまったく無かったことなので、ファンとしては嬉しいことでした。
中でも80年代を同時期に活動していた人との共演となれば、
現在までの時間はチャボや僕自身にも平等に流れていますから、
過去と今をそこに投影でき、当時の自分を今の自分が感じることと、
今の自分が現在のチャボと共演者を感じることが、
同じ時間と場所で行われるわけで、単なる数時間の音楽ではない、
しかし音楽でしか体験できないものを手に入れることができます。

こうした流れを突き詰めていけば確実にたどり着くのが、
チャボの音楽活動のスタートである古井戸です。
しかし、あまりにもナイーヴかつ強固な意思により、ファンとしては、
チャボにとっての古井戸は触れたくない、触れられないものだと感じていました。
実際、それは事実だったと思います。
もちろん楽曲としてはライヴで取り上げられた曲も多いですし、
MCやインタヴューなどで話をすることもありました。
ただ、いつもそこには何らかのこだわりがありました。
ライヴでは歌詞を変えて歌うということは代表的なそれでしょう。

IMG_3787.jpg

『works』で古井戸の曲をセルフ・カヴァーした際も、
オリジナルと同じキーで歌うことで感情が込められるのを避けるため、
あえてキーを変えて云々ということでした。
どうしてそのことが嫌なのか、ダメなのかが僕は理解できませんでした。
そうしたくない理由には相当なものがあることがわかり、
軽いショックを受けたことを思い出します。

時間が前後しますが、こうしたこだわりの極めつけは、
93年に発表された『古井戸Selection(1971-1974)』のライナーでした。
そこで吐露されていた複雑な思いがすべてで、
チャボにとっての古井戸は、決して消したいものではないとしても、
関わりたくないもの…か、それに近かったのだと思います。

IMG_3786.jpg

デビュー45周年のライヴの出演者に加奈崎芳太郎の名前を見つけた際に、
不思議なことに、とても自然に受けとめることができました。

加奈崎さんが出るのは、きっと当然であるはずのことです。
しかし、このことが、本来はそうではなかったことなのです。
それが、今回は当然のことになったのです。
ファンとして感じるそのことに対しての喜びが、そんな気持ちにさせたのだと思います。

チャボから出演をオファーし、
9/6の後に、古井戸としてのライヴまで決めたと伝えられています。

fluid_saikai.png

  静かに深い心持ち。
  二人にとって35年という遥かな日々が意味ある時間であったと感じてもらえるような
  " 価値ある再会 " のステージを

古井戸「再会」と名付けられたライヴに対してのチャボのコメントです。
それはとても静かで、かつどこまでも深い。

あと7日。

08/29のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @soulflowerunion: ジャケットの色校正、二度目でOK!#中川敬ソロ http://t.co/Vs6uYGjywx
08-29 11:04

RT @michiro60: 今日はグループ魂の「雨のノーパン成人式in野音」にゲスト出演。「遠藤ミチロウ」のあと出演「解剖室」を歌い、さらに後半で再び出て、阿部サダヲさんと「お母さん、いい加減〜」をデュエットした。解剖室では血のオシッコ?を客席にぶちまけた。 http://t…
08-29 22:38

RT @michiro60: バイトくんはスターリンTシャツ直接買いに来てくれた。 http://t.co/0eWy6T3Tif
08-29 22:38

RT @michiro60: 遅刻くんは福島(いわき)出身。隣は荒川良々さん。 http://t.co/DiFtBT45K6
08-29 22:38

RT @michiro60: 皆川猿時(港カヲル)くんも福島出身。お母さんが僕の「お母さん、いい加減〜」を聴かされて鬱になったって言いふらしてるけど、ウソだぞーっ。本当は感動して泣いたらしい。 http://t.co/faRekzIU2s
08-29 22:51

「解剖室」だけでいいから観たい。
08-29 23:38

08/28のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

嵐の前の静けさ…的な感じだな。
08-28 16:24

楽しみ! https://t.co/NzsGL1Q4Xw
08-28 20:13

奈良さんがデザインしたチャボのTシャツやCDのジャケットがあればいいよねって良く我が家で話していたので嬉しいなぁ。 https://t.co/NzsGL1Q4Xw
08-28 20:19

「ならきん」ってエミさんが頼んだのかな(笑)。
08-28 21:44

「MY NAME IS CHABO」まで、あと9日

今回のデビュー45周年ライヴの会場が渋谷公会堂と言うのがいいです。
これまで様々な場所でライヴを体験してきましたが、思い入れがある会場としては、
おそらく5本か3本の指に入ります。
その差を生むのは何なのかはハッキリと言葉や文章にできませんが、
確実に何かが存在しているのは間違いありません。

チャボにとっての重要なライヴを数多く行ってきた会場にSHIBUYA-AXがあります。
しかし、個人的に、この会場に対しての思い入れはほとんどありません。
たとえば " SHIBUYA-AX " と書いても単なる文字の羅列に近い感触です。
でも " 渋谷公会堂 " と書くと、そこには実体はないけれど、見て触れられる何かががあります。
いったいそれは何なのでしょうか。

     **********

僕が初めて渋谷公会堂に足を運んだのは、1980年12月25日でした。
RCサクセションです。
ということは、僕の初めてのシブコーにチャボは立っていたわけです。
その後も、僕とシブコーとチャボのトライアングルは何度も結成されました。

CIMG6085_20150828234707fa2.jpg

忘れられない89年、泉谷しげる with LOSER。
90'sバラッド HALLELUJAH LIVEと題されたシブコー。
雷が落ちてきたようなオープニングの「ハレルヤ」の凄さを未だに思い出します。
下山淳と仲井戸麗市が並ぶステージの美しさは記憶の中に永久保存されています。

忘れられない90年、仲井戸麗市のツアー 『STILL ALIVE &WELL』。
このシブコーは最前列で観ることができました。
すぐ目の前で、清志郎が仲井戸麗市バンドと「いい事あかりはありゃしない」を歌い、
浅川マキが仲井戸麗市バンドをバックにハプニングしていました。

CIMG6880_20150828234949c13.jpg

忘れられない94年、あの 『GLAD ALL OVER』 直前。
清志郎とチャボがRCサクセション休止後、初めて共演したのもシブコーでした。
この時の「君が僕を知ってる」は、僕の中で史上最高の「君ぼく」です。

CIMG7540_20150828234840d55.jpg

もちろんこれ以外にも僕とチャボとのシブコーはたくさんあります。
そのどれもが強烈に、鮮烈に、深く記憶に残るものであり、
いつだって記憶のスクリーンに映し出すことができるものでもあります。

2015年9月6日。
この日のシブコーも、そんな日のひとつになるでしょう。
あと9日。

08/27のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ジョンランドゥのフレーズにスプリングスティーン本人の言葉など目新しいものは皆無なのに、このアルバム周辺のエピソードは何度読んでも興奮します。 https://t.co/uu7ZTZuDwq
08-27 16:10

08/26のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

「月夜のハイウェイドライブ」かな。 https://t.co/TdfRdFAuOG
08-26 20:46

「MY NAME IS CHABO」まで、あと12日

9/6(日)仲井戸CHABO麗市 45th Anniversary公演「MY NAME IS CHABO」。

45th0906.png

2週間を切った渋谷公会堂に向けて、
オリジナル・アルバムのリマスター再発盤6タイトルをポケットに忍ばせ、
仕事の行き帰りにシャッフルで聴いています。
順不同で飛び出してくる曲を聴いてると、実に様々な場面が頭に浮かびます。

「打破」を聴けば、86年、渋谷LIVE-INNでのTHE NAKAIDO REICHI BANDを。
「夜のピクニック」を聴けば、90年、渋谷公会堂でのSTILL ALIVE AND WELLを。
「ムーンライト・ドライヴ」を聴けば、96年、日大文理学部の学園祭を。
「L・O・V・E」を聴けば、94年、日仏会館での密室ライヴを。
「魔法を信じるかい?」を聴けば、96年、下北沢タウンホールを。
「Song for you」を聴けば、97年、小雨模様の日比谷野音を。
「My R&R」を聴けば、98年、新宿パワーステーションのSWEET HOME SHINJUKUを。
「大切な手紙」を聴けば、01年、SHIBUYA-AXを。

僕がチャボに出会ったのはRCサクセションからなので、
付き合いはデビューから45周年のうちの35年です。
キーボードを打てば数秒で書ける1行ですが、
1stソロ『THE NAKAIDO REICHI BOOK』から既に30年が経ち、
実質的なソロ・デビューである『DADA』からも20年以上が経過しています。
凄い年月だとしか言いようがありません。
よく、長い時間に対して " あっという間だったよ " と言ったりしますが、
そう思う反面、長く、深く、重く…そして嬉しく楽しい…やはり凄い時間です。

 姿を変えてしまう思い出深い渋谷公会堂にて
 古井戸~RC~麗蘭~ソロ~BANDのLIVEを行う

チャボにとってだけでなく、僕にとっても思い出深い渋谷公会堂。
あと12日。

08/24のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

風街レジェンド。僕にとって吉田美奈子「ガラスの林檎」のカッコ良さは松田聖子が出なかったことの裏返しでもあります。パンフを読んだら尚更。だって、あの日、もし松田聖子が歌うこの曲のバックで鈴木茂がギターを弾いていたら…。たらればはご法度。でも、想像するだけで凄いもんなぁ。
08-24 23:25

松田聖子なら「ガラスの林檎」と「瞳はダイアモンド」で決まり。細野晴臣とユーミンそれぞれが松本隆と組んだ名曲。しかもB面が「SWEET MEMORIES」と「蒼いフォトグラフ」というこれまた名曲の凄いシングル。 http://t.co/wh2FaiTbey
08-24 23:41

08/23のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @shoko55mmts: ブログを更新しました。「風街レジェンド」→http://t.co/22e9wPZWuR
08-23 01:08

風街レジェンド2015 国際フォーラム 2015.8.21~8.22

松本隆の作詞家活動45周年を記念しての公演は、
2日間、それぞれ3時間半超えの長丁場となりました。
松本隆だからこそ実現したものでしょうが、実際に体験してみて、
そのあまりにものテーマの大きさに気づくことになります。
観に行ったお客さんがどこにポイントを置くか。
これが肝であったと思います。

演目についてはお客さんの数だけの素敵な感想があると思いますが、
ひとつのコンサートとしてとらえたら、逆にマイナスな点にこそ、
目や意識が向いてしまうのではないかとも同時に思います。

僕は演奏のクオリティよりも、個人的な思いや想いに重点を置いていました。
そもそも、この企画はそういうものだという気持ちで初めから臨んでいますから、
あの曲が聴ける…といった、無邪気な楽しみや期待を持っていました。
クオリティ云々は横に…と言っても、風街バンドのメンバーを見れば保障されていますから、
そこはよい意味で考えていなかったというのが正しいです。

IMG_3766.jpg

はっぴいえんど、大瀧詠一追悼、出演者の誰か、思い入れのある曲…。
これらのどこにポイントを置いても、コンサートは楽しめたと思います。
僕は、はっぴいえんどの、所謂 " 伝説 " 的なものには思い入れがありません。
これまで単にひとつの音楽として接してきたので、
ステージ上の3人の立ち姿や、佐野元春が加わっての「はいからはくち」は楽しめました。
歌うと思っていなかった原田真二の「タイム・トラベル」は、大好きな曲だけに感激。
石川ひとみの「三枚の写真」は、終盤の太田裕美「さらばシベリア鉄道」と共に、
切なさ全開の名曲度に唸らされました。
イモ欽トリオの「ハイスクール・ララバイ」は懐かしくて笑顔になったし、
「赤道小町ドキッ」1曲だけでしたが、山下久美子を観られたのは、
ドラムに山木秀夫がいるからグッと度がアップしましたし…と、前半だけでも満腹感。

中盤は何と言ってもナイアガラトライアングルvol.2の「A面で恋をして」です。
この曲を聴いている間、僕のアタマの中には1982年が駆け巡っていました。
素晴らしい年だったな…と思い出に浸っていましたが、これが音楽が持つ素敵な面のひとつです。

鈴木茂の「砂の女」では終盤のギター・ソロを今剛、松原正樹、鈴木茂の3人で廻し、
ここはギターを弾いていた身としては惹きこまれます。実にカッコよかった。

松田聖子が出るならば、絶対に「ガラスの林檎」と思っていたので、
吉田美奈子がこの曲を歌うと紹介したときは興奮しました…が、
そこで展開されたのは、オリジナルとはまったく違ったアレンジでした。
凄かったです。純粋にカッコイイと思いました。
しかし、この場で、このコンサートで歌う松田聖子曲としては疑問です。
本当にあれでよかったのだろうか…の思いは今もアタマの中にあります。

こういった、あれはよかったが、これはダメだった的な感想は、
きっとお客さんの数だけ存在するでしょう。
しかし、そうなることは、素晴らしい仕事をしてきた作詞家松本隆だから当たり前。
そうならないほうがおかしいとさえ感じます。
僕自身も?があったとはいえ、この視点から楽しめることができたのはよかったと思います。
ただし、進行や演出効果については、ミスや間の悪さを感じることが多くて残念。
初日よりも2日目は改善されていましたが、時間を忘れさせてくれるまではいきませんでした。

IMG_3771.jpg

パンフを読み、松本作品の曲をチェックして聴き返すなど、
コンサート後も楽しみが増えたことは嬉しいです。
音楽を好きでよかった、音楽があってよかった。
このことをあらためて感じさせてくれたのが、2日間のいちばんの収穫だったかもしれません。

続きを読む

08/22のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

風街レジェンド国際フォーラム2日目: 初日とほぼ同じ内容なのに、僕にとっては水谷豊の「やさしさ紙芝居」1曲でかなり違う印象になりました。鈴木雅之と矢野顕子の映像コメント出演は良かったな。終演後の〆にはユーミンも顔を見せ、最後のステージ上は凄いメンツでした。
08-22 21:35

風街レジェンド国際フォーラム: 僕は僕なりに楽しめましたが、どこにポイントを置くかで感想が違ってくるコンサートだったと思います。松本隆というテーマは大きすぎますね。4時間でもまとめきれません。ひとつのコンサートとして考えると、マイナスなことのほうが目についちゃうんじゃないかな。
08-22 21:57

風街レジェンド国際フォーラム: グッときた瞬間は2日間でたくさんありますが、今、すぐに思い返すことができる印象に残ったシーンは「砂の女」の終盤のギターソロを今剛、松原正樹、鈴木茂で廻したところです。あれは実にカッコ良かった。
08-22 22:40

帰宅して太田裕美を聴いています。風街レジェンド効果。 http://t.co/PtIfXSa3HF
08-22 22:43

08/21のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

風街レジェンド2015国際フォーラム2daysの初日、開演待ち。3時間半以上のプログラムになるとのこと。楽しみです。 http://t.co/Ds6KkkXXvo
08-21 18:33

風街レジェンド国際フォーラム: あれだけの歌手にこれだけの名曲。グッとくる瞬間が何度もありました。まさに ♫時間旅行のツアーがピッタリの4時間。それにしても1982年は素晴らしい年だったな。堪能しました。 http://t.co/7zUNTqmC8q
08-21 23:20

風街レジェンド国際フォーラム: 休憩無しの4時間ライヴは久しぶりだからかなり長く感じました。進行や転換がスムーズじゃなかったので余計に。明日は改善されるかな。
08-21 23:35

休憩無しの4時間ライヴが長いと言っても、チャボは一人でこれを演ってたんだよな。しかも南青山MANDALAやSHIBUYA-AXで。
08-21 23:38

08/20のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @yalpro: 山野一/ねこぢるy個展「そこいらの涅槃(ニルヴァーナ)」、銀座のぎんけいさろん&ギャラリーで開催中です。FBページに山野一先生出演の告知ムービーをアップしました。https://t.co/7n4oWPhKd7 http://t.co/4vE3oQID
08-20 20:16

世界的な写真家アニー・リーボヴィッツが世界巡回展を開催 舞台は東京・NYなど世界10都市 http://t.co/0gM0uiXwXg
08-20 20:17

RT @aomorikenbi: 昨夜の真夜中にアップした画像ですが、実はある場所を拡大すると.......う、うっているんです。拡大写真は下記リンクからどうぞ(閲覧注意!)。ばけますよ、ばけますよ〜。http://t.co/CNWVwkHDle http://t.co/Zl
08-20 21:47

チャボのファンにはお馴染み?の常連客ですよ。 https://t.co/23xyvbuEYx
08-20 21:49

『at 武道館』をつくった男。また読み返してみよう。 http://t.co/zkrYkrkwqP
08-20 21:54

松江の次は出雲! https://t.co/JyRFAnYK3x
08-20 22:07

08/17のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @Sarah_Sax729: チャボさんデビュー45周年!私はRCをお腹の中で聴いていたという話を最近親に聞きました。自分のプレイや音楽の趣味に、その影響が出まくっているなぁと改めて思いました。すごいなぁ。http://t.co/mjQbVJCllf
08-17 16:36

08/15のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

間違いなく今のコヨーテバンドは凄い音を出してます。 https://t.co/hmABWXCh6J
08-15 00:01

RT @koikekazuo: 僕は、「言霊」があると信じているので、よくない言葉を使うたび、その人は霊(魂)を失っていると思う。(小池一夫)
08-15 05:40

RT @khachi54: へぇ!ナルチョ本出したんだ!^^昔、池袋のデパートの屋上にスモーキー・メディスン見に行った事あったっけ! https://t.co/QqwIGBBzf8
08-15 07:55

ミュージシャンが言葉を残すことも仕事や音楽作品が後世に引き継がれていくためには大事だと思っているので、好きな人たち自身が書くのはもちろん、著者が他者であっても、リアルな話や驚きの新発見や真偽があやふやな伝説でも、本人の声や姿をしっかり伝える本ならば出版は大歓迎です。
08-15 08:18

ごまだれ冷しゃぶうどん、いただきました。 http://t.co/Liuf1EjFHo
08-15 14:40

ちょっとちょっと、かっこいいんじゃないのーこれ!「雨!」は予想していた通り改作だったけど、うーんまずまずかなぁ。アルバムを早く聴いてみたい! 仲井戸麗市 オリジナルアルバム「CHABO」Trailer https://t.co/Hcko4kRjhj @YouTubeさんから
08-15 23:38

08/14のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

間違いなく事件。こんな事件なら歓迎したい。 フォークデュオ古井戸が復活の36年ぶりライブ - 音楽 @nikkansportsさんから http://t.co/5vXSitav0h
08-14 07:47

本紙に載っているチャボのコメントがとても印象的。解散後の古井戸に対する思いを知るだけに尚更。でもだからこそ感動的。古井戸の音楽はもちろん加奈崎芳太郎と仲井戸麗市という人間を聴いて観るステージになると思います。 https://t.co/wEHNDg3Ts1
08-14 08:21

沈黙は金。
08-14 08:34

量より質。
08-14 08:39

RT @nikkan_entame: 古井戸「130歳ライブ」伝説デュオ36年ぶり甦る http://t.co/vbxUvmcdMm
08-14 08:45

この動画は本の中身よりも新譜の音に耳が釘付けだよ。確認できた曲は「やせっぽちのブルース」と「祝祭」。 https://t.co/DgCEpexGZN
08-14 19:54

08/13のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

富山で買ってきたブラックラーメンなう。 http://t.co/eM4LUJS8yc
08-13 21:32

GLAD ALL OVERが21年前なんて信じられないなぁ。清志郎とチャボ名義のライヴは最初で最後。暑く熱かった夏の野音。黄ばんだ新聞記事がCDや映像作品では決して感じられない頭の中の鮮烈な記憶を呼び起こしてくれました。 http://t.co/8t1EXtI0h2
08-13 21:56

08/12のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

久保講堂ライヴに向けてアレンジが変わっていったのには今でも納得できないオレが作ったパートを他の人が演奏していたり…銀次のこんな発言から、銀次サイドの久保講堂は決してよい思い出ではないことからも、複雑な気分で読みました。 https://t.co/iH7wnLgwOa
08-12 00:02

RT @55music: 音楽活動45周年を迎えるCHABOこと仲井戸麗市のキャリアを網羅するスペシャル・ムック「CHABO BOOK 仲井戸“CHABO”麗市」9/8発売!忌野清志郎への思いも語る!http://t.co/AC5L5iPDpp#仲井戸麗市 #忌野清志郎
08-12 16:19

「CHABO BOOK 仲井戸“CHABO”麗市」は期待していいのだろうか。表紙だけの情報で想像してみても、まだわからないなぁ。 9/8発売!忌野清志郎への思いも語る!http://t.co/0Jk0Dgevb0
08-12 16:24

「CHABO BOOK 仲井戸“CHABO”麗市」。ギターマガジンだから愛ある内容なのは間違いないと思います。まずはインタビューが楽しみだな。 http://t.co/0Jk0Dgevb0
08-12 16:27

さすが片岡たまきさん。リアルな目撃談。 1973年、横浜にも野外音楽堂があった。そこで聴いたのはピッカピカの、まだ3人だったRCサクセションとチャボのいた古井戸だった。|大人のMusic Calendar http://t.co/LR8axaCDdD
08-12 20:45

08/11のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

わははー(笑) https://t.co/UJnIrj6Wix
08-11 22:42

08/10のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @miyuquinha: 島根松江の!日本の宝、浜田真理子さんが!!遠方から、ありがとうございました。お会いできて嬉しかったです!また是非、ご一緒させてください^^ http://t.co/2gQx4RpRYI
08-10 21:09

RT @yukigatiratira: ギターを愛した男:風小僧通信(湯川トーベンのブログ) http://t.co/63JTliX2Sq
08-10 21:22

最高だな、この新谷さんの表情。音が聴こえるよ。 そらいろ劇場 http://t.co/BMz1fD3Ml5
08-10 23:26

08/09のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

録画したものを見ました。「硝子坂」最高です。感動。 高田みづえ復帰 親方も喜ぶ - Y!ニュース (2015年8月8日(土)掲載) http://t.co/7pXVVEQFSs
08-09 11:25

録画した思い出のメロディーを見る。石川ひとみの「まちぶせ」。今だからなのか、昭和のヒット曲が持つ独特の切なさが全開に感じられてやばかった。歌や曲やその歌手を通して自分自身の当時と今が浮かびあがります。音楽は素敵だな。
08-09 11:47

どう見ても小学生の女の子がグレイトフルデッドのトートバッグをさげていてかっこいい。山手線なう。
08-09 13:33

東儀さんが大好きなギタリストとな!どんな内容なのか楽しみです。 https://t.co/Nr4jO27ZUb
08-09 13:38

鶏の一枚揚げ。おろしポン酢でいただきました。 http://t.co/9fX8MtbSai
08-09 15:23

08/08のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ニュースでしか見られませんでしたが、感動しました。朝から泣きそうに。 https://t.co/R7T6gqinG5
08-08 08:28

08/07のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

目に浮かぶなぁ。しかも「また是非会おうな」か。じーんとしてしまいました。 https://t.co/H4DItjJ5NE
08-07 00:23

08/06のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @khachi54: 違います!(≧∇≦) https://t.co/ZK5dFL852H
08-06 08:47

何度か訪ねた広島は「静かな街」という印象でした。 http://t.co/Y5aC8Rk0NI
08-06 22:42

RT @livedoornews: 5000RT:【原爆の日】「86を次世代に伝える」広島のTV局がラテ欄に込めた思いhttp://t.co/cMZeoDtlFYカープ選手らも今夜は、胸に「PEACE」、背中に「HIROSHIMA」と入ったユニフォームで記憶の継… htt…
08-06 23:04

08/05のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @SealedTown11ave: ブログ更新:ハマダと夜と音楽と(浜田真理子さんライヴ) http://t.co/ca8xACLxaT
08-05 01:25

08/04のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @GianMorikawanky: 小川銀次逝く。RCサクセションブレイク前夜、在籍♪メタメタ弾きまくってた天才ギタリスト。ライブでのスローバラードのイントロ、泣きの指輪をはめたい、そして「雨上がり」ミドル8の絶妙でメロディアスなオブリガード。飄飄として繊細で頑固な奴。酒…
08-04 00:42

清志郎と銀次の再会は偶然だったのか。 グレート義太夫「また一人…。」⇒ http://t.co/hlBqTgBhyo
08-04 08:39

佐野元春 新宿ReNY: オープニングのヘヴィなディストーションに象徴されるギターバンドとしてのライヴアレンジが全編で素晴らしかった。ギターソロも増えた。体感としてもロックンロールではなくロック。ライヴの場でもじっくりと聴いてみたいと思わせる音をコヨーテバンドは出している。
08-04 21:42

浜田真理子「ハマダと夜と音楽と」 代官山 晴れたら空に豆まいて 2015.8.2

心や気持ちがくたびれているときは、この人の歌を聴きに行けばいい。
このことをあらためて感じ、そして確信できた夜でした。

IMG_3692.jpg

どんなにヘヴィで暗い歌でも、真理子さんはあの、いつもの笑顔で歌います。
おかげで聴く人の気持ちを一瞬でほぐしてくれますが、それだけで終わらないのがミソです。
緩んだココロの隙間に、ダイレクトに曲が入り込み、あっという間に満たされてしまいます。
こうなると真理子さんの思うつぼ…と言いたいところですが、
真理子さんの音楽が素晴らしいのはこの程度のことではありません。
その歌われる世界が聴く側に置き換えられることが素晴らしいと思うのです。

前日に書きあげたという新曲「きらめくひと」が披露されました。
この曲でも、僕が思うそれは顕著でした。
人との出会いの喜びを個人的な体験をもとに歌う曲でしたが、
それでありながら、誰もが自分に置き換えられるラヴ・ソングでもあるのです。
聴いていた人、それぞれのきらめくひとがあの場にはいたと思います。
だからこそ、大きく広く深く、聴く人の心に沁み入ってくるのです。

「教訓Ⅰ」や「一本の鉛筆」もしかり。
間違いなく真理子さんの意思で歌われるのですが、
特に強いメッセージ性が見えるわけではなく、
やはり聴く側の「教訓Ⅰ」であり「一本の鉛筆」が用意されているのです。
まさかそうなるように意識しているわけではないでしょうが、
自然にそうなっているのが、やはり独特だし、素晴らしいと思います。

IMG_3691.jpg

ところで、最近のライヴで披露される新曲が素敵です。
たとえば、本来なら後ろ向きに使われることが多い " さようなら " というフレーズ。
これをポジティヴに響かせる「サヨナラが降るとき」の美しさ。
降ってくるようなピアノの響きが、旅立ちであるサヨナラを伝えてくれます。
サヨナラの向こう側に希望が見えます。
こんな曲をたくさん聴いてみたいと思います。

観た後、聴いた後、僕に前を向かせてくれるのが今の真理子さんのライヴ。
好きな音楽が、必要としている音楽でもあるという幸福を感じています。
この人に出会えて本当に良かった。

08/03のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

当時ここに書いたことは、今でも一字一句まったく同じ思いであり、変わらないし変わることもないだろう、きっと。 小川銀次/RCサクセション http://t.co/Bp4unuxuU6
08-03 22:42

毎年5月2日に開催されている忌野清志郎ロックンロールショー。ぜひ小川銀次には出演してほしかった。チャボとコーちゃんと一緒に「よォーこそ」を「ブン・ブン・ブン」を「ステップ!」をそして「スローバラード」を演奏してほしかった。もういちどRCサクセションする銀次を見てみたかった。
08-03 22:49

08/02のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @KyojiTWJ: 激レアフォトかも。山本恭司&遠藤ミチロウ。70年代には野音でスターリンと対バンになったことも。その時スターリンはアンプを持って来ていなくてBOWWOWのアンプを借りたと今聞きました(笑) http://t.co/bj0HyNQ4Wa
08-02 12:31

浜田真理子 晴れたら空に豆まいて: 昨日書きあげたという新曲「きらめくひと」が素晴らしい。個人的でありながら誰もが自分に置き換えられるラブソングでもあるのがいい。だからこそ大きく広く深く心に沁み入ってくる。名曲。 http://t.co/QuodwaHnlG
08-02 21:17

浜田真理子 晴れたら空に豆まいて: 本来なら後ろ向きに使われることが多い さようなら というフレーズをポジティブに響かせる「サヨナラが降るとき」の美しさ。聴いた後に前を向かせてくれる曲を今の真理子さんは歌う。とても気分がいい。 http://t.co/rFt9ds2du7
08-02 21:36

浜田真理子 晴れたら空に豆まいて: あらためて思ったのが三拍子…ワルツの多さ。誰かがワルツは名曲が多いと話していたのを聞いたことがあるが納得。真理子さんのワルツは名曲ばかり。今夜も「青い月のワルツ」が聴けた。 http://t.co/NYGxMbW4zB
08-02 21:42

オン・ザ・ロックを観ようとしていた人の中で、何名かは『大人のムード歌謡』を注文したのだろうか?
08-02 23:01

RT @oriori_kotoba: 浜田真理子さんのライブ会場でも折々の記事を飾ってくださっていて感激でした。 http://t.co/Jnok03qbtV
08-02 23:18

楽しかったな。ロックの話だからミュージシャン同士はストレートで面白いよ。ポンタの本、自暴自伝を再読したくなりました。 https://t.co/2Pk1gokGLy
08-02 23:31

浜田真理子 晴れたら空に豆まいて: 今夜も歌われた「教訓Ⅰ」。楽しくおちゃらけたMCがあっても一発で曲の世界に引き込んでしまうボーカルはさすが。しかもあのいつもの笑顔で歌われるので、聴く人の中に言葉とメロディが素直に入り込んでくる。 https://t.co/o6okGxCrvE
08-02 23:41

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ