GYPSY-GARDEN VOL.1 ROCK'N ROLL GYPSIES スペシャルゲスト カルメン・マキ/金子マリ 下北沢GARDEN 2013.1.30

本番直前のセッティング時でのギターの音を聴いただけで、耳がキーン(笑)。
あぁROCK'N ROLL GYPSIESのライヴに来たんだなぁ…を実感する。
ちょっとご無沙汰だったので、久しぶりに爆音に身をゆだねてみたかった。

CIMG3884.jpg

GYPSIESのパートは、よい意味で相変わらずというか、
安心して観て聴いていられるものだった。
セット・リストもお馴染みで、レアな曲も無く、いつもの王道で貫禄の演奏。
ただ、今夜は少しラフかな…と途中で感じたりしたけれど、特に乱れることもなく進む。
ギターのハウリもGYPSIESではちょうど良い効果音となる(笑)。
望んでいた爆音を浴びるのも快感であった。

ライヴは休憩をはさんだ二部構成。
一部のラストは下山が歌う「黒の女」(確かそうだったよね…?)。
冒頭で「今日の僕はとてもまじめに演奏しているのですが…」
「その理由はこの後でわかります云々…」のようなMCがあったのだが、
この時点ではどういうことかが掴めず、聞き流してしまった。
目の前の「黒の女」を " 最高だな " と一人盛り上がっていただけだった。

休憩後はゲストとのセッション。
まずは金子マリが登場する。
会場のGARDENというお店を知らなかったと言って、
「ガーデンというから恵比寿に行こうとしたよ」と笑わせる。
下山も花田もステージ上で弄られていて可笑しかったし、
演奏以外でもなかなか貴重なシーンを観ることができました(笑)。

この組み合わせはミスマッチのようで合っているようでと、不思議なセッションだった。
GYPSIESだけのパートではいつもの姿を見せていた4人が、
マリさんが加わると、まるで先輩と後輩、親分と子分のようになっていたのが微笑ましい(笑)。
その分バッキングに徹したわけであるが、何てったってROCK'N ROLL GYPSIESだからね。
この4人がバックに廻るんだから、それはそれは強力だった。
でも、ステージ上のメンバーには自然な笑顔が浮かぶんだよ。
こういうシーンはなかなか見られないんじゃないかなぁ。
音楽の楽しさが伝わってきて素敵だったと思う。
お客さんも含めて盛り上がったソー・バッド・レヴューの「最後の本音」が楽しかった。

金子マリとの3曲目。
ここでいきなりハイライトとなる。
カルメン・マキが加わり、ツイン・ヴォーカルとなる。
そして二人がGYPSIESをバックに歌ったのが「それはスポットライトではない」だった。
ここで先ほどの下山のMCがアタマに浮かんだ。
そうか、そういうことか…と。
一言も触れることはなかったけれど、
やはりあの場には浅川マキがいたのではないだろうか。

カルメン・マキとGYPSIESの共演は、金子マリとのそれよりも自然でバッチリ!
ロック・バンドとして実にカッコ良かった。
個人的にはおそらく80年代以来になる生カルメン・マキ。
そのヴォーカルは記憶に残っているそのままだった。
でかい音をバックにシャウトする姿がきまっている。
とにかく貴重なセッションを観ることができ、大満足だった。

セッション後はGYPSIESが4人だけでぶちかまし本編終了。
アンコールでも1曲くらいセッションするだろう的な考えはあったけれど、
この時点では具体的に思うものは何もなく、ただ気軽に構えていた。

演奏が始まった瞬間に、コード進行で " あの曲かな " ということが浮かんだ。
この時点で何の曲かがわかった。
わかったけれど、そしてあのバンドもカヴァーしていることも知っているけれど、
歌いだされるまで、それがアタマに浮かぶことはなかった。
だから驚いた。
僕は英語…オリジナルの歌詞で歌われると思っていたところに、
いきなり聴きなれた歌詞が耳に飛び込んで来たわけだ。
「アイ・シャル・ビー・リリースト」。
歌詞はRCサクセション・ヴァージョンであった。
ここでも一言も触れられることはなかったけれど、言葉はいらないんだ。
こうして音楽として思いや想い、気持ちを共有できるということが素敵だと思った。

アンコールでのセッションが終わり、
あらためてGYPSIESの4人でライヴの最後を締めくくる「光」の凄まじさ。
ライヴ後は音に圧倒され、放心状態に近くなることが多いけれど、
この日は何だかさわやかで晴れやかで感動的なライヴだったと思う。
演奏と同じく、メンバーの笑顔が印象に残ったこともそんな理由だろう。
スポンサーサイト

01/30のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ロックンロールジプシーズ下北沢GARDEN ゲスト カルメンマキ 金子マリ:何とアンコールで「アイシャルビーリリースト」のRCサクセションヴァージョン! http://t.co/I2xaX7R6
01-30 21:43

ロックンロールジプシーズ下北沢GARDEN ゲスト カルメンマキ 金子マリ:6人全員でセッションしたのは「アイシャルビーリリースト」と「それはスポットライトではない」の2曲。特にふれられなかったけれど、忌野清志郎と浅川マキに捧げられていたように思うのは僕だけではないと思う。
01-30 21:58

01/29のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

磔磔の看板数は、もしかしたらチャボがいちばん多いのではなかろうか? RT @CHABO61: Welcome Board磔磔:Openしました。 ゆたkun看板ありがとう。 http://t.co/OrvdwDN8
01-29 22:19

1/20のパティ・スミス トーク&サイン会 渋谷タワレコ:弾き語りの2曲のうち不明だった1曲目が「Grateful」と判明。『GUNG HO』の曲はここまでJAPAN TOURのセットリストに入っていないので貴重だったかも。※2曲目は「My Brakean Year」。
01-29 22:27

これは行くしかないな。 世田谷文学館で展覧会「帰ってきた 寺山修司」-初出品の書簡も - 下北沢経済新聞 http://t.co/HRamwdMx
01-29 22:59

原発事故の真実を明らかにすれば日本は変革をリードしていくことができる|初の自叙伝『ジャスト・キッズ』を刊行、来日したパティ・スミスが語る震災と原爆 - 骰子の眼 - webDICE http://t.co/zzYM1plo @webdiceさんから
01-29 23:25

01/28のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

午前十時の映画祭で『甘い生活』を観る。3時間の長編も終わってみればあっという間な気も。難しい映画だけれど興味も湧いた。色々と映画の背景を調べてみたい。 甘い生活 #asa10eiga http://t.co/DIlv4nhl @asa10eigaさんから
01-28 21:48

横浜美術館で『ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家』を観る。有名な写真しか知らなかったので展示作品のほとんどが初見。やはり戦場写真が凄かったけれど、来日時の日本を写したものに惹かれた。これはもっとみたいな。 http://t.co/v9nrL27N
01-28 21:59

雲のようですが、白い富士山のアタマが見えます。神奈川県某所にて。 http://t.co/uhIN6F6C
01-28 22:13

久しぶりに横浜中華街でご飯を食べました。 http://t.co/c0kPKuC7
01-28 22:16

01/26のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

えぇ!? このオープニングはずるい(笑)。いや、しかし盛り上がるだろうなぁ。目に浮かぶよ。 RT @awazappa: パティ・スミス 1月26日 セットリスト 意外にもアスク・ジ・エンジェルが1曲目とは。 http://t.co/SEn4gmE6
01-26 23:06

RT @ikubunnotane: 郁文の種vol.1 @松江B1 大友良英×浜田真理子「その街のこども」 http://t.co/8jXK7L6A
01-26 23:30

PATTI SMITH AND HER BAND JAPAN TOUR 2013 Bunkamuraオーチャードホール 2013.1.24

前日のSHIBUYA-AXから一転してホールでのライヴ。
AXではライヴハウスならではの開放的な空間でパティとバンドの音に包まれたわけだが、
会場の割には、所謂ロック色は決して強くはないものだった。
それを物足りなく感じたかというとそんなことはなかったが…。

CIMG3778.jpg

ここに来ると、2011年3月のシンディ・ローパーを思い出す。

オープニングが「April」というのは、おそらくJAPAN TOUR共通だろう。
その軽やかな演奏と彼女のステップはオーチャードホールに似合っていた。
これだけのホールを包み込む音楽を奏でるのに 『BANGA』 の曲は実に相応しい。

※追記
 何と1/24の名古屋、1曲目は「Ask The Angels」だって!
 つい先日、この曲をライヴで聴きたいなぁ…とツイートしたばかり!
 名古屋のファンが羨ましい! 

続きを読む

PATTI SMITH AND HER BAND JAPAN TOUR 2013 SHIBUYA-AX 2013.1.23

この日の3日前にトーク&サイン会を体験していたとはいえ、
やはりライヴとなるとわけが違う。
朝からドキドキで、仕事どころではなかったというのが本音だ。

CIMG3780.jpg

まずは開演前にロビーでグッズを購入。Tシャツを2種類入手した。
そして募金。
一口250円で何口でも可。
募金すると番号がもらえ、何と抽選でサイン入りのドラムスキンがもらえる。

CIMG3784.jpg CIMG3781.jpg CIMG3785.jpg

CIMG3782.jpg

おそらく当日券がかなり伸びたのだと思う。
SHIBUYA-AXはたくさんのお客さんで埋まった。
開演前BGMのレゲエが心地よい。
赤の照明で照らされたステージを眺めているだけでわくわくしてくる。
ほぼ定刻で開演。

何の演出も無く、ふらっとメンバーがステージに登場する。
『BANGA』 からの「April」で軽やかに僕のパティ・スミスは始まった。

続きを読む

01/24のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

想いが伝わるファンの感想は本当に素敵です。 『パティ・スミス仙台公演に行った!』 http://t.co/eJgSyrLz
01-24 00:06

ジャケを見るだけでも幸せ(笑)。 RT @kita_asagaya: うんうん、ですよね。帰ったら聴きます!RT パティ・スミスSHIBUYA-AX:彼女はみつあみのヘアスタイルで登場。それに気付いたファンは全員グッときたことだろう。『ドリーム・オブ・ライフ』が聴きたくなるよね。
01-24 00:09

写真だけでも感動的。 パティ・スミス (Patti Smith) @ 渋谷AX 2013.01.23 http://t.co/xrYkfjPk
01-24 08:30

パティ・スミス渋谷オーチャードホール:アンコールは「ロックンロールニガー」と「グロリア」のメドレー!パティは黒のストラトを弾き、最後は弦をひきちぎった。スゲェ!
01-24 20:53

パティ・スミス渋谷オーチャードホール:仙台への想いをマイナーのワンコードで即興的な曲(かな?)にして歌ったあとに「マイブレイキアンイヤー」に続けたところが本編の個人的ハイライト。
01-24 21:29

パティ・スミス渋谷オーチャードホール:今日は昨日のAXとは雰囲気が違い、本編は祈りに満たされた落ち着いた展開で、それはそれですごく圧倒されたんだけど、アンコールがぶっ飛びすぎてて、まるで二つのライヴを体験したように感じた。
01-24 21:41

パティ・スミス渋谷オーチャードホール:今日はレニー・ケイにピックをもらい、ステージ上のパティと握手も交わした。今夜を逃したら、こんな機会はきっと二度と訪れないと思うので、本当に嬉しい! http://t.co/TaHFFJeG
01-24 22:05

普段、洋楽のライヴ、しかも、わりと年配の客が多いベテラン・アーティストのライヴではあまり合唱とか巻き起こらないんだけど昨日のAXに集まった観客の盛り上がりは別格…同感! rockinon 編集部日記 パティ・スミスのライヴを観た! http://t.co/JOzNs9jT
01-24 22:08

全編がハイライトである…同感! パティ・スミス・アンド・ハー・バンド @ SHIBUYA-AX http://t.co/kiAZsOWl
01-24 22:10

何だかV.J.さんらしくない(?)落ち着いたレポ(笑)。でも、いつも思うことだけど音楽愛に溢れてるよ。 RT @wikeith: 『2013.01.23 PATTI SMITH @SHIBUYA-AX』ヴァイナル☆ヂャンキーの趣味地獄篇|http://t.co/NjoAFxzi
01-24 22:34

01/23のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

元春レイディオショー。ゲスト小林克也。今夜はいいトークだったな。映像がなくても曲がかからなくても楽しめるというラジオの魅力は確かにあるとあらためて思う。二人のトークが音楽のようなものだったかもしれない。 #MRSjp
01-23 00:00

パティ・スミスSHIBUYA-AX:念願の来日公演初体験。感無量…。我慢できずに2回泣いたわ。 http://t.co/WhFXKZ6t
01-23 21:13

パティ・スミスSHIBUYA-AX:彼女はみつあみのヘアスタイルで登場。それに気付いたファンは全員グッときたことだろう。『ドリーム・オブ・ライフ』が聴きたくなるよね。
01-23 21:42

パティ・スミスSHIBUYA-AX:日本のために描いたというあの祈りの曲は、ゲストに和太鼓が加わり迫力の演奏になった。間違いなくこの日のハイライト。
01-23 21:54

これ、ライヴで聴きたいなぁ。 RT @la650518: 今日、脳内プレイヤーで鳴った1曲。パティの「アスク・ジ・エンジェルズ」http://t.co/oBiXwl7S
01-23 22:42

今日はこれに乗って帰ってきました。 http://t.co/GcKHDwxQ
01-23 22:51

夜は恋人たちのものだから。夜は私たちのものだから。 Patti Smith - Because The Night: http://t.co/ydgIsUyZ
01-23 23:47

私たちは再び甦る。私たちは再び生きる。 PATTI SMITH GHOST DANCE : http://t.co/vtw7juOz
01-23 23:53

01/22のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

パティスミス初日の仙台を見に行っている友人が最前列らしい。今頃は盛り上がっている最中だろうなぁ。 http://t.co/YulwPd4r
01-22 20:04

パティ・スミス (Patti Smith) 記者会見 @ アップリンク 2013.01.21 http://t.co/orbsNd3J
01-22 21:21

くまモン。最近よくみかける。この間は渋谷の東急ハンズにもいたよ。これは熊本土産のチロルチョコ。もちろん夜に食べてはいけません。 http://t.co/RuA8xMH7
01-22 22:24

元春レイディオショー。ゲスト小林克也。まさかスネークマンショーの「 はい、菊地です」がOAされるとは(笑)。 #MRSjp
01-22 23:41

元春が「はい、菊地です」OA前に「NHK、大丈夫?」と言っていたけど、昔からスネークマンショーはNHK-FMでOAされていたはず。確か、誰の日だったか忘れたけどサウンドストリートで「愛のチャンピオン号」を聴いた記憶があるし。 #MRSjp
01-22 23:47

やはり火曜日? RT @TheRedKangaroos:うん、間違いないw RT @kentdaijin2:そりゃやっぱり教授の日?QT 元春が「はい、菊地です」OA前に「NHK、大丈夫?」と言っていたけど昔からスネークマンショーはNHK-FMでOAされていたはず。 #MRSjp
01-22 23:52

01/21のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

RT @natsumiitoh: パティ・スミス、必ず歌ってくれます。今日はレニー・ケイと。 http://t.co/as0tH5oT
01-21 21:49

いよいよ明日の仙台からPatti Smith and her band JAPAN TOUR 2013がスタートする。もちろんそこではこの曲が聴けるだろう。 P H T P http://t.co/Ue1f35uZ
01-21 23:03

ツアー初日前日の今夜はレコードコレクターズ誌 2013.1号に掲載されているパティ・スミスのインタヴューを読んで寝ます。 http://t.co/JhsOImFE
01-21 23:43

01/20のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

これは聴いてみたい! ポール・マッカートニーが作詞・作曲を手掛けたピーター&ゴードンの「A World Without Love」、ポール歌唱Verが発見される - amass http://t.co/a6xUzwwj
01-20 00:17

いよいよ今日から個人的パティ・スミス週間が始まる。会えて、見て、聴ける。
01-20 12:18

RT @dai_onojima:今日は渋谷タワーでパティ・スミスのトークショーの司会です。よろしくお願いします。予習その1:96年にパティに初めて会った時の会見記。共同記者会見と単独インタビューの全訳です。 Patti Smith (1) http://t.co/P3PqlbD8
01-20 12:19

RT @dai_onojima: パティ・スミストークショーと来日ツアーに向けての予習その2:01年フジロック ライヴ評。  Patti Smith @ Fuji Rock Festival '01 http://t.co/5GqbtFV1
01-20 12:20

RT @dai_onojima: パティ・スミストークショーと来日ツアーに向けての予習その3:04年『トランピン』発売時のNYのパティのアトリエでの単独インタビューその1: Patti Smith (2) http://t.co/5HRebvUk
01-20 12:21

RT @dai_onojima: パティ・スミストークショーと来日ツアーに向けての予習その4:04年『トランピン』発売時のNYのパティのアトリエでの単独インタビューその2: Patti Smith (3) http://t.co/lYZlUzgp
01-20 12:22

パティスミストーク&サイン会渋谷タワレコ:声も仕草もたたずまいも、そしてもちろん歌も、すべてが最高にカッコよかった! http://t.co/ulP0leqo
01-20 19:35

パティ・スミス トーク&サイン会 渋谷タワレコ:わかっていたけれど、そして当たり前だけど、彼女はあの声だった。彼女のあの声で話してくれた。ポエトリー・リーディングは無かったけれど、質問への丁寧な答えが、まるで詩の朗読のように聴こえた。
01-20 20:26

パティ・スミス トーク&サイン会 渋谷タワレコ:彼女の口からジャニス・ジョプリンやジム・モリソンとう名前や、サマー・オブ・ラヴなどというフレーズが出ることにもいちいち感動してしまった。
01-20 20:36

パティ・スミス トーク&サイン会 渋谷タワレコ:極めつけは「WAR IS OVER! IF YOU WANT IT Happy Christmas from John & Yoko」のフレーズを彼女の声で聴いたこと。何てことないのかもしれないけれど、ちょっとゾクゾクしてしまった。
01-20 20:39

続きを読む

01/19のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

PATTI SMITHから広島へ http://t.co/lNkuXXgr
01-19 01:22

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:1曲目は「ガルシアの風」。以前も感じたけどCDに収録されたオリジナルはいつ聴いても新鮮。代表曲なのに普段ぼくは何故か聴く事がほとんどないという不思議。だから部屋に流れるのもオーディオからではなくいつもラジオ。
01-19 19:10

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:チャボのインタヴュー。「Q:何故ツアーを九州から始めたのか?」「A:南部はノリがいいから」だそうだ(笑)。そして…というか、やはり…というか、福岡では鮎川誠のモノマネを出したらしい(笑。
01-19 19:24

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:GO!!60のときにボ・ディドリーのギターをチャボがもらったエピソードがあったけれど、持ち主はこの番組のDJのMichiさんだったのか。2曲目は「ギブソン」の『works』ヴァージョン。
01-19 19:28

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:「Q:好きな食べ物」「A:麺類、野菜」「Q:好きな飲み物」「A:ワイン(赤)」。
01-19 19:35

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:やばい、ツアーのネタバレが少しあった(笑)。
01-19 19:36

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:今日のチャボ語録。「猫は勝手じゃん。それに憧れる。犬は忠実じゃん。それが気の毒」。
01-19 19:39

NOAS FM「Michiのバンド道」仲井戸麗市スペシャル:番組を聴く前は短いインタヴューがOAされて終わりかなと思ってたけど、丸々チャボの特集だった。ツアーを観るのが更に楽しみになったなぁ。
01-19 19:58

01/18のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

NOAS FM「Michiのバンド道」明日1月19日(土)午後7時、チャボのインタヴューがオンエアされるようです! http://t.co/dPS6awdV たぶんサイマルラジオで聴けると思います→ http://t.co/cw9Z2cqi
01-18 22:59

熊本の詰め合わせをいただきました。もちろん夜に食べてはいけません。 http://t.co/pczDbaqf
01-18 23:04

小さなステージに座って話している麗と蘭。それを最前列で観ていた僕に気づいた麗がステージに来いと手招き。何が何だかわからないけれど、麗と蘭のあいだに座って三人でお客さんの前でトークする…という夢をみた。
01-18 23:07

そういえば今年の初夢もチャボをライヴハウスで観る夢だったな。 01/08のツイートまとめ http://t.co/JFOG1yET
01-18 23:11

何なんだいったい。観ているだけで泣けてきた。 CHABO Fighting Guitar MAN TOUR #2 九州編: http://t.co/tmopLbyL
01-18 23:45

中島みゆき 縁会2012~3 東京国際フォーラム 2013.1.16

昨年10月からスタートした『中島みゆき縁会2012~3』。
年末年始を挟んで、2013年最初のライヴとなる国際フォーラムを観た。

CIMG37461.jpg

休みがあったと言っても、既に全国を廻ってきているので、
バンドによる音はまったく問題はない。

今回の座席は2階最前列ど真ん中。
すべてが見渡せるうえ、音のバランスもよいので、
前回は気づかなかった照明効果やスクリーン演出などが把握でき、
おかげで2回目なのに初めて観るような気分で楽しむことができた。

日替わりでセットリストが変わるということは無いようで、前回と同じだったと思う。
各曲間にちりばめられたお便りコーナーも、いつものMCも変わらず快調で、
ファンは満足だっただろう。
もちろん僕もそうだ。
ただ、あえて希望というか、勝手なお願いというか、そんなものをしたくなったライヴだった。
その希望やお願いは何かというと、" MCを少なくして曲を増やしてほしい " だ。

2007年のツアーが映像作品となって届いたとき、
MCがカットされ、曲の演奏シーンが続く編集がされていた。
実際はMCにより、笑ったりホッとするシーンがたくさんだったけれど、
作品となったライヴは、印象がかなり違うものになっていたと思う。
あくまでも僕自身は、あの編集は大成功だったと思っている。
観ればわかるように、実に感動的なコンサートであり、
MCがカットされた分、セットリストの流れがダイレクトに伝わってきた。
大袈裟かつ極端に言えば、作品化されたことにより実際の姿が見えたのだ。
今回の縁会を観て、このことがアタマに浮かんだわけである。
もし、最低限のMCで休憩もなく、曲が立て続けに歌われていったら…。
単なる一ファンのたら・ればなんてどうでもいいのだろうけれど、
やはり曲だけで進むライヴというものを観て、そして聴いてみたいと思う。

一部の最後、「風の笛」は今回もキテしまった…。
ラストで3度吹かれる笛の音は、今後も忘れることは無いだろう。

何故、今回も歌いたかったのか…は語られないけれど、きっと語る必要もない。
中島みゆきという圧倒的な存在感はもちろん、
曲がを持つ存在感がとてつもなく大きい「時代」は、決して311以降ということだけでなく、
今はこうした曲が求められている時代なのかもしれない。

敗者とは誰で何なのか…という聴き方、聴かれ方はお客さんの数だけあったのではないか。
傷から芽が出ると思える自分が確かにそこにいた。

 ほんの少しでも楽しいひとときを…と思って歌いましたが、
 楽しませてもらったのは私のほうでした

最後の彼女のこの言葉で、いかに素敵な時間を共有できたかがわかる。
本当に楽しいひとときだった。
ありがとう。

01/17のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

いやしかし、やはりこのお店がピッタリなのでは? http://t.co/UQMehq8q RT @CHABO61: 広島へ到着おこのみ村いつもの店でお好み焼を食す。 http://t.co/1ifmvzu1
01-17 22:42

意外な曲もあるけれど、ほぼ賛成。 「I Feel Fine」はイントロのフレーズを指しているんじゃなく、やはりフィードバックだよね。 ギブソンが「最も素晴らしいロック・ギター・イントロ TOP10」を発表 - amass http://t.co/dmE6V1Pc
01-17 22:48

5年前のエントリー。 http://t.co/XbsQ4co0 RT @yukigatiratira: 被災地応援ソング/サヨナラはしない: http://t.co/JqshMuzu @youtubeさんから (*・ω・)ノ: これを。
01-17 23:42

01/16のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ハヤシライス。久しぶりに食べた。 http://t.co/IeNYv9w2
01-16 17:49

中島みゆき縁会2012~3国際フォーラム:前回のツアーでも歌ったけれど今回も歌いたかった…という曲と、今日の気持ちで歌う…という35年前に発表された曲を含む本編のラスト4曲だけでひとつのコンサート同等の感動を受ける。今ツアーのメニューはお馴染みのMCが邪魔に感じるほど感動的だ。
01-16 22:39

中島みゆき縁会2012~3国際フォーラム:前回の座席は前過ぎてステージ全体の様子が掴めなかった。贅沢な悩みだったが、今夜はすべてが見渡せるという逆の意味で最高の座席。素敵な照明効果をバッチリ把握できた。月の演出が素敵だったなぁ。
01-16 22:43

01/15のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

いいなーこの写真。 RT @CHABO61: 本日の仲井戸kun大分へ移動NOW。ソ-ラ-パネル完備のSAでランチ http://t.co/tIKOB2el
01-15 21:32

ここか。 大分自動車道 山田サービスエリア(下り線)がエコエリアとしてリニューアル|NEXCO 西日本 http://t.co/OyOwom3T
01-15 21:32

ワクワクしてゾクゾクして感動したわー。 「ウルトラセブン45周年記念PV」が公開中 - amass http://t.co/MuKzD3kA @amass_jpさんから
01-15 23:16

01/14のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

短いフレーズから「あの曲かな」「どの曲かな」と想像しながら観て、そして聴きました。観に行けるのはまだ先になるけれど楽しみだな。 CHABO FIGHTING GUITARMAN TOUR START.mov: http://t.co/SQ59BsRV
01-14 22:49

01/13のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

おおっ!と言いたいがそれ以前にちゃんと花田とわかるモノマネなのか(笑) RT @johnnyjane118:もっとみんなが「おおっ」とか言えば鮎川さんマネなみにやるようになるかも~ RT花田のモノマネとは新境地(笑)RTチャボが花田さんのマネ @out61:今年最初のライブは花田
01-13 00:07

イカって何だ?
01-13 23:02

イカの再放送を予約しました。 RT @NHK_PR: NHKスペシャル▽深海の超巨大イカ」は 1月16日(水)の深夜、17日(木)の午前0時25分から再放送する予定です。(東海3県 [愛知・三重・岐阜] は、午前0時55から) (1号)
01-13 23:36

仲井戸麗市Fighting Gutar MAN TOUR 2013。今夜は福岡初日。演奏時間は10分ほど短くなった模様(笑)。
01-13 23:44

この曲、また麗蘭のライヴで聴きたいです。 RT @iikagenDAHA: ♪シンプルなラブソング聞きたいのさ今夜は やっかいな気分を引きずるこんな夜には
01-13 23:50

01/12のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

やばい。昨日の夜から止まらない。今朝は起床からトム・ヴァーラインのソロを聴き続けています。1stと2ndのヒリヒリした音も3rd以降の美しさも全部いいな。 http://t.co/4tWWWb6V
01-12 10:42

仲井戸麗市Fighting Gutar MAN TOUR 2013。熊本初日は上々の滑り出しだったようだな。今日は長崎。確かひさこさんのふるさとだったような。九州ツアーはまだ続く。追伸。初日の会場画像や様子を掲示板へ投稿していただいた方に感謝します。ありがとうございました。
01-12 10:57

仲井戸麗市Fighting Gutar MAN TOUR 2013。今夜は長崎。2日目にして既に演奏時間が20分も伸びたそうな(笑)。3時間に届くのはツアー中盤かと思ってたけど、意外に早そうだなぁ。
01-12 23:54

花田のモノマネとは新境地(笑)。 RT @johnnyjane118: 今日チャボが花田さんのマネをちょっとしてたよ~ @out61: 今年見る最初のライブは花田さんと椎野さんでした。花田さんから初夢ジャンボなお年玉を頂いたようないいライブでした!
01-12 23:55

GO!!60のときは、ツアー終盤では「ギブソン」だけで10分くらいの演奏時間になってたしな(笑)。
01-12 23:59

01/11のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

Vサインが似合うなチャボ(笑)。 RT @CHABO61: 本日長崎へ移動日朝もはよから、(笑)熊本のRolling60? DJかなぶんや氏の還暦番組の収録をしてきました。 http://t.co/A7mUoAMh
01-11 21:48

スタジオにマーシャルが!チャボは一生マーシャルを使うことはないんだろうか。 RT @CHABO61: FM長崎なふ。生放送出演で~す。 http://t.co/MlI15jFA
01-11 21:49

トム・ヴァーラインの1stソロはテレヴィジョン以上に強烈だったかも。このイントロは今聴いてもゾクゾクするよ。 Tom Verlaine - The Grip of Love: http://t.co/zl1XRnEn
01-11 22:01

3rdならばこの名曲です。 Tom Verlaine - Postcard from Waterloo: http://t.co/F4Q6DEbR
01-11 22:10

3rdソロのタイトル曲。いきなりイントロから最高。この曲に限らず彼の曲はすべてイントロがカッコイイのです。ギターソロもまさにヴァーライン! Tom Verliane - Words from the front: http://t.co/5xg9fADd
01-11 22:25

今夜はテレヴィジョンからトム・ヴァーラインで燃えてきたぞ。でも所有するソロアルバムはレコードとCDとでバラバラなので、今夜は『Tom Verlaine anthology』を聴きます。 http://t.co/0FMGgjeh
01-11 22:33

01/10のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

Fighting Guitar MAN TOUR初日は2時間30分か。ということは中盤になればきっと3時間近くになるかもしれないな。GO!!60のときみたいに毎日少しずつ伸びていく…(笑)。
01-10 23:06

Fighting Guitar MAN TOUR 再び!

いよいよ仲井戸"CHABO"麗市 Fighting Guitar MAN TOUR 2013が、
明日の熊本からスタートする。

※Fighting Guitar MAN TOUR 2013

3月までの短い期間だけれど、何てったって全国ツアーである。
僕自身、ツアーを観るのは3月までおあずけだが、
やはり期待しないわけにはいかない。
2013年、チャボはどんな音楽を、歌を、そしてギターを聴かせてくれるのだろう。

2013tour_1200.jpg

p.s.
あの GO!!60 のときのように、全国各地で目撃した方は、
よかったら掲示板に投稿して頂けると嬉しいです。

※Blueの掲示板

GO!!60 はそんな皆さんの投稿のおかげで、
素敵な記録としてこのブログにも残すことができました。
レポだけでなく写真もたくさん投稿していただきました。

カテゴリ GO!!60はこちらから → GO!!60

01/08のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

今日の昼から気になっていたニュース。新作は嬉しいけれど喜ぶのはまだ早いかも…。 デヴィッド・ボウイがニュー・アルバム『The Next Day』を3月発売、「Where Are We Now?」のPV公開 - amass http://t.co/ousEERV2
01-08 22:12

ライヴハウスでチャボのセッションを観た。ドラムのイントロで1曲目がスタート。いつも通りメンバー紹介を兼ねた歌詞なのだが歌われる人は誰も知らない。すべて無名のミュージシャンだった。「おおっこれはー!」と思ったら目が覚めた。今年の初夢。何かの暗示?チャボのツアー開始まであと2日。
01-08 22:24

RT @atsushi19630312: 「東京のバンド」と言われて思い浮かぶバンドってありますか? 実はそんなにないのかもしれません
01-08 22:42

RT @atsushi19630312: 異論もあるでしょうが あえて言わせてください 東京のバンドとはRCサクセションとストリート・スライダーズとエレファントカシマシだと!
01-08 22:42

何だって? テレヴィジョンの来日公演が5月に開催 - amass http://t.co/e4Aphu4w
01-08 23:09

01/07のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

NHK「おやすみ日本 眠いいね!」を観る。もちろん早川義夫が出演するからだ。生演奏は「この世で一番キレイなもの」のみだった。ほとんどトークが占める内容で早川さんもほぼ出ずっぱりだったけれど、間違いなくここが番組のハイライトだったと思う。 http://t.co/b1eEnToo
01-07 21:26

宮藤官九郎は早川さんの著書「たましいの場所」が好きで、文庫化の際に帯のコピー文を書いたらしい。何度読んだかわからない本だけれど、番組でそんな話を聞いていたら再び読みたくなった。文庫のみ収録の章もあるから、文庫で買いなおそうかな。
01-07 21:30

そういえば宮藤官九郎が「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」を知らなそうだったのは意外だったなぁ。早川さんが眠いい音楽に挙げたのがこの映画からテーマ曲と「少年時代の想い出」の2曲。大好きな映画と音楽なので何だかうれしかった。
01-07 21:54

実際にこの展覧会には行ったので、番組はぜひ観たい。 NHK-Eテレ『日曜美術館~アートと音楽 坂本龍一×日比野克彦』が1/13放送 - amass http://t.co/KV3JSLTT @amass_jpさんから
01-07 22:00

やっぱりビッグピンクがいいなぁ。 RT @BILLIKENSHOKAI: 本秀康×かせきさいだぁ「レコジャケ観光展」レポート⑤ ビリケン名物スカイブルーの扉の作品たち。。ここも音楽マニアをうならせるコーナーでした!⑥に、つづく。 http://t.co/uS1ECvoP
01-07 23:13

ここも楽しかった。ずうとるびもあったし(笑)。 RT @BILLIKENSHOKAI:本秀康×かせきさいだぁ「レコジャケ観光展」レポート⑥ そして秘宝館ならぬ元ジャケコーナー。このコーナーと作品の間を、確認のために何往復もされる方も.. http://t.co/uyDVLcJZ
01-07 23:17

どんなものでも楽しいです。 【世界一有名な横断歩道】ザ・ビートルズ『アビーロード』のパロディ画像集 - http://t.co/s1lw7enp
01-07 23:20

01/06のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

増上寺。 http://t.co/9txPmC7d
01-06 15:23

念願のチャボ。海老のホワイトカレー。 http://t.co/hlG0tmre
01-06 16:07

01/05のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

「自由」をシングルに押す理由はライヴよりもスタジオ録音のほうがよいと思う曲のひとつだから。といっても『FEEL SO BAD』A面はほぼライヴと同じだけども。テンポも勢いもRC独特の突っ込んで突っ走る僕の好きな形が出ていて最高だと思うし何よりもバンドがひとつになっているのがいい。
01-05 13:09

でもRCサクセションというバンドがひとつになっている…はこの時期が最後だったように思う。『RHAPSODY』以降のRCを強引に前期と後期に分けると『FEEL SO BAD』のBAD SIDEまでが前期、GOOD SIDEから後期…と聴こえてしまうことがそう思う理由のひとつ。
01-05 13:16

もうひとつの理由(実は振り返ればこれがいちばん大きなことだったんだなぁと理解できる理由)…それはチャボのソロ・アルバム『THE仲井戸麗市BOOK』が『FEEL SO BAD』発表の翌85年に出たことだ。もちろん当時の僕はただただ嬉しくて盛り上がっていただけだったけれど。
01-05 13:22

01/04のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

雑誌はわからないなぁ。 RT @yukigatiratira: 【2013年第1弾 P1】『FEEL SO BAD』発売の頃の清志郎さんインタビュー。鳥井賀句という人がインタビュアーですね。何の雑誌かわかる方は教えてください♪ http://t.co/6sbNH8EO
01-04 22:34

ぼくもシングルは「自由」がよかったと思います。 RT @yukigatiratira: 【2013年第1弾 P2】「石井さん」を『FEEL SO BAD』に入れたかったけどメンバーに反対されたということが書かれています。 http://t.co/A4psBQux
01-04 22:36

ひょうきん族にチャボは出たがってたって本当かよ(笑)。 RT @yukigatiratira: 【2013年第1弾 P3】聖子、明菜、都はるみ、陽水、岩下志麻等々、色々な有名人の名前が出てきますヨ。 http://t.co/dbzb0FJI
01-04 22:37

ジャスト・キッズ / パティ・スミス

まずはオフィシャルからコピー文を引用。

 ニューヨークを舞台に
 写真家ロバート・メイプルソープとの出会いから別れまでの20年を綴った、
 パティ・スミスによる青春回想録

 アーティストを目指し
 20歳の頃単身ニューヨークへやってきた痩せっぽちの女の子は、
 死の間際までかけがえのないパートナーであり続けた写真家
 ロバート・メイプルソープと運命的な出会いを果たす。

 その後、ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグら
 60~70年代カウンター・カルチャーの重要人物たちとの交流を育んでいく。
 2010年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞。映画化も予定されている。

 ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ、ジャニス・ジョップリン、
 ジミ・ヘンドリックス、アンディ・ウォーホル、サルバドール・ダリ、サム・シェパード、
 ジム・キャロル、トッド・ラングレンらとの出会いを瑞々しい筆致で描く。

という本である。
ここに挙げられた人たちとの出会いはもちろん興味を惹かれるし、
他にもテレヴィジョンとトム・ヴァーレインが出てくるくだりには、
さすがに " おおっ! " となるけれど、
これらのエピソードにはあまりページがさかれず、
あくまでもパティ・スミスとロバート・メイプルソープが主役だ。
ミュージシャンとしての当時のパティ・スミスについては、
ファンならもっと深く知りたい部分であり、書いてほしい時代でもあるが、
彼女はそれを知っていても、意識してこのようにしたのかもしれない。
ただ、いつかは書いてくれるような気もする。

     **********

決して短い物語ではないけれど、その描写は淡々と描かれていくだけであり、
変な表現だが、ポンポンと読み進めることができた。
彼女の文章はもちろん、翻訳の影響もあるのだろう、
必要以上に感情移入をすることはなかった…が、それがとてもよかった。

一言で表すとしたら美しいラヴ・ストーリーになるだろう。
時代が変わり、それぞれがおかれた環境が変わっても、
二人の関係は決して変わらなかったことが素敵だ。
変わらなかったどころか、
どんどんその繋がりが太く強くなっていったことに感動する。

実質的な最後の章である 『神と手を取り合って』 は、
結末がどこに向かうのかがわかっているからこそ辛くもあるが、
アルバム 『ドリーム・オブ・ライフ』 のレコーディングと同時進行する物語に、
どんどん引き込まれてしまった。
読んでいる最中、アタマの中にはこのアルバムの曲がぐるぐると駆け巡った。
彼女の文章からは、そのレコーディング・シーンがハッキリと目に浮かぶし、
実際に 『ドリーム・オブ・ライフ』 を聴きながら数ページを読んだ。
ただでさえ美しい「ザ・ジャクソン・ソング」や「パス・ザット・クロス」、
そして「ワイルド・リーヴズ」らの曲が、僕には新しく生まれ変わったように聴こえた。

     **********

ロバート・メイプルソープが見にきたという、
息子への子守歌である「ザ・ジャクソン・ソング」のレコーディング。
ピアノに座るリチャード・ソウルとパティは向かい合い、ライヴ録音をする。
フレッド・スミスにリチャードが「何か注文は無いか」と聞くと、
「泣かせる曲にしろよ」とだけフレッドは言う。
歌い終わったパティがガラス越しにコントロール・ルームを見ると、
長椅子の上でロバートは眠り、フレッドは一人で泣きながら立っていた…。

何だかとてもココロに残ったシーンだ。
この本を読む前と、読み終えた今では、
『ドリーム・オブ・ライフ』 は、
僕にとってまったく違うアルバムになってしまった。

     **********

物語が終わり、読者への覚書を読み、いくつかの詩と写真を目にしていくと、
突然「机」という短い一篇があらわれる。
二人の物語を締めくくる素敵なエピソードだ。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ