CHABOの恩返し⑨ 奥田民生 with 仲井戸CHABO麗市 広島クラブクアトロ 2012.1.29

確かにチャボは " 一緒に歌ってくれ " と言ったし、
奥田民生のライヴでは、おそらく当たり前の光景なのだろう。

恩返しシリーズのライヴでは、必ずチャボは相手の曲を本編で1曲カヴァーしてきた。
それは今回も変わらず…だったが、でも、
チャボが歌う相手の曲をそのファンが一緒に歌うなんてことは、
これまでの恩返しライヴの中では、僕の記憶では無かった。
このシーンだけでも、じゅうぶんに感動的なライヴだった。

     **********

民生のソロ・パートは、普段の姿やペースはもちろんわからないけれど、
それなりに自分のペースで進行していたのだとは思う。
ただ、これは民生だけに限らないのだけれど、曲のタイトルさえもほとんどふれず、
淡々と演奏が進んでいくというスタイルは実にもったいない。
もう少し初めて観るチャボのファンに向けたアピールがあればよかったのに…と、
またしても " もったいないなぁ " という感想を持ってしまった。

この点、チャボは真逆である。
今回も初めて観るであろう民生ファンの前で例のMCをかまして笑いをとる。
もちろん演奏する曲の説明も忘れない。
そのあいだには奥田民生とのエピソードもバッチリ絡めるのだが、
決して上から目線ではなく、しっかりと民生を立てる。
更に、そんな中にまったく違和感なく清志郎とRCの話も加えるのだ。
とりとめがなさそうに感じるかもしれないけれど、
既に民生は「スローバラード」を自身のパートで歌っていたから、
こういったすべての流れはまったく自然なのである。
実にうまいと思った。チャボは仕切りの天才である(笑)。

もう、こうなればチャボのファンはもちろん、そこには民生がいないのに、
民生のファンも一緒にチャボのステージが進むにつれてあたたまっていく。
そんな雰囲気の中で民生の曲がカヴァーされたのだから、
盛り上がったのは自然であり、当たり前であったのかもしれない。

本編はもちろん、アンコールでのセッションも実に盛り上がった。
パッと観て聴いただけではラフでな感じだったが、二人の演奏はバッチリ!
まったく問題なかった。
「雨あがりの夜空に」も、個人的な基準だが、一か所もブレずに決まっていた。
実は、これはとても珍しいことなのだ。
スタンダード化している割に、この曲の決まった演奏を聴けることは、まず無いからね(笑)。

     **********

実は今回のライヴ前、広島で演ることをチャボは気にしていて、
" 完全なるアウェイだからみんな応援に来てくれよな " と冗談を飛ばしていたが、
6割くらいは本気だったと思う(笑)。

でも、広島に来ていたお客さんは素敵だった。
行儀がいいという表現が相応しいのかどうかわからないけれど、
みんなが二人のステージを自分なりに楽しんでいた。
そして何よりも音楽を楽しんでいたというのを感じられたことが素晴らしかった。
更に、ファンだけでなく、ステージ上のチャボと民生本人たちさえも、
このライヴをお客さんと共に楽しんでいたことが素敵だった。

     **********

広島から帰って、ライヴの感想を知りたくてツイートを追った。
「民生」で検索するよりも「CHABOさん」で検索したほうが、
民生ファンの嬉しい感想をたくさん読むことができた。
このことがとても嬉しかった。
スポンサーサイト

01/30のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

同感。私の周りの民生ファンと思われる人は皆チャボのMCに頷いて反応してた。あれなら例え知らない曲でもすんなり入れただろう。自曲をアピールし、かつ民生を盛り上げたのは素晴らしいです。 RT @iikagenDAHA:そんな雰囲気になったのはチャボさんのしゃべりによるところが大きい
01-30 21:50

CHABOの恩返し広島クラブクアトロ奥田民生:チャボがカヴァーしたのはこの曲。これまでの恩返しライヴで相手のファンがチャボのカヴァーで歌うのを僕は観たことがなかったが広島ではそれがあった。感動した。音楽の素晴らしさだ。奥田民生 月を超えろ http://t.co/kUBXK0In
01-30 23:43

おやすみなさい。 The Beatles - P.S. I Love You: http://t.co/5dhQtjxi
01-30 23:48

01/29のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

CHABOの恩返し広島クラブクアトロ奥田民生:チャボも民生も、そして両方のファンも、その場にいた皆が幸せな気持ちになれたライヴだったと思う。演奏云々ではなく音楽の素晴らしさを感じた。最高だった。
01-29 23:48

CHABOの恩返し広島クラブクアトロ奥田民生:「高校の時に見たRCサクセションのギターの人と一緒にやってます。羨ましいでしょ!」と民生。そうだよねぇ。凄いよねぇ。羨ましいよねぇ。
01-29 23:53

CHABOの恩返し広島クラブクアトロ奥田民生:チャボは民生のモノマネをしてた。やっぱり今年はたくさんモノマネが見られそうな予感(笑)。
01-29 23:54

CHABOの恩返し広島クラブクアトロ奥田民生:実際のところ僕はわからないけど、ライヴで今日のような民生をファンはあまり見ることができないのではないか…と思った。民生ファンは嬉しかっただろう。それを引き出したチャボは見事。恩返しというタイトルは嘘ではない。
01-29 23:59

01/28のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

82年のタイガースを往年のファンはどう感じていたのかわからないけれど僕は好きだった。特にこのヒット曲は頻繁に耳にし、大好きだった。それにしても当時は新曲だったのに妙に懐かしくて切なかったのが不思議。いい曲だよね。 色つきの女でいてくれよ: http://t.co/IXX44t2H
01-28 23:50

おやすみなさい。 Backwards and Forwards - Aztec Camera: http://t.co/H2LEyTdK
01-28 23:55

01/25のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

おやすみなさい。 Neil Young & Crazy Horse - Winterlong.: http://t.co/HLwBG6kJ
01-25 00:02

昨夜はジュリーとタイガースで盛り上がったことでしょう。 http://t.co/y0QMq2qf
01-25 09:12

東北地区限定ずんだプリッツ。お土産でいただいた。美味しいです。 http://t.co/eB2z6NWX
01-25 20:59

01/24のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

キレイ。 http://t.co/yQYE4k5q
01-24 09:28

寒そう。 http://t.co/hHtByGNp
01-24 09:30

録画していた『NHK SONGS 沢田研二 ザ・タイガースを歌う』を観る。60歳を過ぎた4人のトークには僕なんかでもしみじみする。演奏シーンではどうしてもバックを務める下山淳に目がいってしまう。派手なプレイは無かったけれど、「誓いの明日」でのアコギが実に切れていてカッコ良かった。
01-24 21:16

NHK-FM元春レイディオショー Winter Song特集:冬の曲、冬の歌っていいな。夜に聴くのにぴったりだし。そういえば昔「冬のうた」っていうオリジナルのインスト曲を作ったのを思い出した。確か26歳の冬だった。
01-24 23:46

NHK-FM元春レイディオショー Winter Song特集:OAしてくれると信じていたよ。Neil Young「Winterlong」。もう何度聴いたかわからない大好きな曲。ピクシーズのカヴァー・ヴァージョンも大好き! #MRSjp
01-24 23:52

01/23のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

おやすみなさい。 浜田真理子・Song Never Sung: http://t.co/FDU9yqSK
01-23 23:13

01/21のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

D.N.A.ロックの殿堂 仲井戸麗市 第28回放送 去年入手した新譜特集を聴く:OAされた曲よりも印象に残ったのは斉藤和義のモノマネ(笑)。そういえばギャラリー新年会でも田中邦衛のモノマネしてたな。何だか2012年はモノマネがたくさん聞けそうな予感(笑)。
01-21 22:17

おやすみなさい。 Tom Waits - San Diego Serenade: http://t.co/PrUvUGF0
01-21 23:38

01/20のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ギャラリー新年会南青山マンダラ:通して歌われなかったが、浅川マキに歌ってもらうイメージで描いたという「ステーションホテル」が良かった。オマケ程度の域をこえて心に響いた。マキさんがいなくなってもう二年。 http://t.co/PotcfjxF
01-20 01:09

おやすみなさい。 浅川マキ - 夕凪のとき '84 LIVE: http://t.co/8fB6lzKe
01-20 01:30

物凄く寒い!今夜は身体が温まるものを食べるぞ。本日のお昼ご飯。味たまらーめん。 http://t.co/Ico3ldfZ
01-20 19:40

これは!ロゴとして使えるのでは(笑)。 RT @mamblejamble: 4才女児がなんか書いてた(笑) http://t.co/OIYSVX7H
01-20 22:31

来た!あとは来日を強く願う! 『緊急発売決定!ブルース・スプリングスティーン・ニューアルバム』 http://t.co/rBO0NDxq
01-20 23:01

ギャラリー新年会 2012 ことしもよろしく 南青山MANDALA 2012.1.19

昨年に引き続いてのギャラリー新年会。
もちろん後半の抽選会も盛り上がるけれど、やはりライヴが楽しみだよね。
ミニ・ライヴと言ってもミニじゃないのは誰でも知っているし、
FCの企画ということで、いつもよりもくだけてリラックスしたチャボを見られるし、
やはり無視できないのであります。

事前にリクエストを募っていたのだけれど、早々と " 演らない " 宣言(笑)。
まぁ、楽しませてもらえれば僕としても、別に応えてくれなくても良い(笑)。
とにかく今年はどんな曲を演ってくれるのかなぁ…と期待していたところ、
軽い今年の挨拶(これは「年賀状」の改作?)の後に「冬の夜」。
初期の古井戸ナンバーで地味な曲なんだけど、だからこそ驚いた。
意外すぎてアタマに浮かびようもない(笑)。
結果として、この曲を筆頭に、前半は古井戸のレア・ナンバーが歌われた。
『サイド・バイ・サイド』収録の「Rhythmic Lullaby」なんてのも飛び出す。
このアルバムは、たまたま家で良く聴いていたから余計にびっくり。
どういった気持ちでこの曲を歌おうと思ったんだろう?

嬉しかったのは「バスケットシューズ」。
清志郎との共作だ。
初めての共作である「コーヒーサイフォン」よりも前に世に出ているんだけど、
チャボによる種明かしでは、二人が持っていた未完成の断片を合わせて作ったということだ。
そんなことで、純粋な共作とは考えていないのだろう。
MCでチャボは " ~の部分は俺で、~が清志郎で " みたいに解説してくれた。
ちなみに、以前に僕はこの曲についてこんな風に書いたことがある。

  『オレンジ色のすけっち』に収録された「バスケットシューズ」。
  この曲が記念すべき二人の初共作として発表されたものだ。
  チャボ自身がヴォーカルをとるこの曲は、二人の特徴が良く出ていると思う。
  全編でチャボらしいメロディが歌われているのだが、
  突然「♪涙がこぼれた~」の部分で清志郎っぽさが爆発する…
  と僕は感じているのだが、どうかな。

あながち間違いではなかったんじゃないかな。

そうそう、古井戸の曲と言えば、
浅川マキに歌ってもらうイメージで作ったというのが「ステーションホテル」。
さわりだけを演ってくれたんだけど、グッときてしまった。
マキさんにふれたから余計にそうだったのだと思うけれど、
チャボらしい悪態をついたあと、天を見上げて詫びをいれていたのも、らしいと思った。

中盤でビートルズの「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」が、
例のチャボらしい日本語詞で歌われた。
聴けばわかるが、まぁ、そういう歌詞だった。
ここはMANDALAである。

ライヴは「いつか笑える日」。そして「プレゼント」で幕。
とても楽しい時間だったけれど、素晴らしく素敵な余韻が残る1時間半だった。

     **********

抽選会はいろいろな意味で凄かったね(笑)。
当たった人、当たらなかった人、全員がクタクタだったと思うけど、
司会のチャボがいちばん疲れただろうなぁ(笑)。
みなさん、お疲れ様でした。
楽しかったね。

P.S.
そうそう、今回チャボのクセを見つけたんだ。
司会中にね、マイクを回すクセがあるよ。
何度も持ったマイクをくるくるくるくる回してた(笑)。

01/19のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ギャラリー新年会南青山マンダラ:相変わらず全然ミニじゃないレア曲満載のミニライヴ。清志郎とチャボのお互いの未完成作品を合わせて完成させたという古井戸時代の共作「バスケットシューズ」が聴けたことは貴重。 http://t.co/SgoYGNjn
01-19 22:42

ギャラリー新年会南青山マンダラ:偶然にも家のターンテーブルに今のっているのは『サイド・バイ・サイド』。このアルバム収録の「Rhythmic Lullaby」なんて演るとは思わなかった。 http://t.co/nApEKwvw
01-19 23:07

01/17のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ここのところ家で良くギターで弾き語っているのは「夜の散歩をしないかね」。きれいな月の下、二人で手をつないで歩きたい。 http://t.co/wyZwHYvw
01-17 22:36

01/16のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

2位、13位、16位、27位、29位、32位に僕も1票。 児島由紀子の「ロンドン通信」 最も偉大なギター・ソロ×50 http://t.co/uxGc3TKR
01-16 22:35

テレヴィジョンで好きなギター・ソロの曲と言えばこれ。最高にスリリング! Television - See No Evil: http://t.co/1UcpxLH9
01-16 22:50

最も偉大なギター・ソロ×50って、日本でやったらどうなるんだろう。1票だけなら僕はRCサクセションの「まぼろし」にする。2票ならばROOSTERZの「OH! MY GOD」を追加する。
01-16 23:05

01/14のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

PARCO Museum http://t.co/k1nz1OlK
01-14 13:49

Shibuya HIkarie。初めて意識して見上げたけど凄いな。 http://t.co/UtotZaF5
01-14 14:41

青い森へ。 http://t.co/R3MHYpYu
01-14 15:55

渋谷の東急東横店で開催されていました。また松江に行きたくなります。 http://t.co/NaIQoDf0
01-14 18:07

パルコミュージアムで開催されている「青森県立美術館コレクション展 北の異才たち」に行く。ウルトラ怪獣で知られる成田亨、寺山修司の天井桟敷ポスター、そして奈良美智に棟方志功など青森は凄いアーティストだらけだ。初めて知った小島一郎と工藤哲巳にも興味を持った。いつか行きたい青森県美。
01-14 18:29

昭和40年男 2012 February vol.11

RCサクセションの特集…しかも巻頭8ページ。
更に仲井戸麗市インタヴューとなれば、購入を迷うことは無い。

この号を実際に手にしてみると、連載特集として昭和55年が取り上げられていた。
昭和55年がどんな年だったかというと、1月にポール・マッカートニーが成田で逮捕され、
12月にジョン・レノンがニューヨークで射殺された年だ。
要するに、1980年ということである。
ということは、僕がRCサクセションのライヴを初めて観た年になる。
1980年4月5日の久保講堂で。

RCサクセションの特集は、特に変化球が投げ込まれることはなく、
ストレートでファン目線の内容だった。
チャボのインタヴューも、僕自身は新たな発言や発見もなく、
通して淡々と読み進められたけれど、
おおくぼさん撮影による82~83年のステージ写真をバックにしたそれは、
やはり知っている話であってもグッとくる。
特に14ページの清志郎とチャボのツーショットの美しさったら…。
これを10代の僕は特別に感じず、普通に観ていたわけである。
どう見ても特別…いや、当時のRC風に書けばト・ク・ベ・ツになるのかな…だろう。

今は止まっているだけのバンドであるが、もう二度と動くことは無いだろう。
でも、自分が多感な時期に心から夢中になり、今もそこから影響を受け続け、
これからもそれが続くであろうバンドでもある。
そのメンバーの口から今出るのは、当事者ならではの言葉でもあるけれど、
僕たちを…少なくとも僕を代弁してくれている言葉でもある。

1980年。
忌野清志郎、小林和生、仲井戸麗市、新井田耕造、ゴンタ2号。
RCサクセションは全員20代。
そして僕は16歳だった。
グローリーデイズ、そしてゴールデンデイズ。
RCと過ごしたこの後の10年間は、まさにこの言葉通りだった。

※オマケ
僕の昭和55年 → 1980年 RCについての個人的メモリー

01/13のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

それにしてもチャボは清志郎とRCについてずっと語り、歌い続けてきてるな。昭和40年男のインタビュー発言にある「一緒にRCで掴んだグローリーデイズ、ゴールデンデイズ」への思いが、時間の経過により、もしかしたら寂しさや切なさよりも勝ってきているのかもしれない…なんて思う。
01-13 20:38

早川義夫「君のために」。最高のラヴ・ソングのひとつ。いつ聴いても何度聴いても胸を打つ。 RT @la650518: 就寝前の1曲。Blueさんの先日のブログ読んで思い出して久々に聴いた。http://t.co/Cwnz4djW 中学生のラヴレターのような歌詞なのに異常に胸を打つ。
01-13 23:48

01/11のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

熱源。表紙はRCサクセション。 http://t.co/XP3IV9c8
01-11 19:26

昭和40年男RCサクセション特集を読む:期待していたチャボのインタビューは、インタビューをもとに構成した記事だったので予想していたのとは違ったけど、語られてることはRCなわけだから、そりゃ所々の発言にはグッとくる。
01-11 20:01

昭和40年男RCサクセション特集を読む:嬉しいのは、使われていたライヴの写真がおおくぼひさこさんのものだったこと。中でも、おそらく82年辺りと思われる世界一のツーショットが美しすぎる。80年代の僕は、当たり前のようにこんな痺れるシーンを観ていたんだなぁ。
01-11 20:09

3.11復興支援ライブLIVE FOR NIPPON Vo.10下北沢風知空知:さて、チャボが出てきました。楽しみだ。
01-11 20:49

なかなか演奏が始まらない(笑)。さすがチャボ。 ( #lfnippon live at http://t.co/vqSImoqX)
01-11 20:51

3.11復興支援ライブLIVE FOR NIPPON Vo.10下北沢風知空知:オープニングは「よォーこそ」ショート・ヴァージョン。そして新年のあいさつの新曲。あ、「BLUE MOON」が始まった。
01-11 20:57

やはり、なかなか演奏が始まらない(笑)。 ( #lfnippon live at http://t.co/vqSImoqX)
01-11 21:03

3.11復興支援ライブLIVE FOR NIPPON Vo.10下北沢風知空知:「GIBSON」。ひとり弾き語りではありそうで無かったアレンジだな。
01-11 21:06

3.11復興支援ライブLIVE FOR NIPPON Vo.10下北沢風知空知:「アメリカンフットボール」。それにしてもこの曲はもうオリジナル・ヴァージョンで聴くことはできないのかなぁ。いつになったらもとに戻るんだろう?
01-11 21:10

クローズ・マインド(笑)。 ( #lfnippon live at http://t.co/vqSImoqX)
01-11 21:12

続きを読む

01/10のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

このエピソードを読み鈴ん小屋新年会での話に改めて感動しました。『GOODNIGHT TO FOLLOWERS』も気に入ってます。またライヴに行きたいと思います。 RT @masahidesakuma: 相当久しぶりにブログ書きました。  http://t.co/EdahUjWw
01-10 00:16

(笑)。 RT @dave_spector: 中南米での満員の飛行機のBGM→混んどるが飛んで行く
01-10 19:08

元春レディオショー ナイアガラDJトライアングル:イエロー・サブマリン音頭に恋はボリショイに宇宙人の声(笑)。番組は最後までこの線で行ってほしいな。おかげでCS&NにBen Folds Fiveがかかってもマジな曲に聴こえない(笑)。
01-10 22:12

元春レディオショー ナイアガラDJトライアングル:今年の干支のドラゴンというお題で落合博満の「サムライ街道」だって(笑)。大瀧師匠サイコー(笑)。
01-10 22:29

元春レディオショー ナイアガラDJトライアングル:杉真理「大瀧さん、こういうの(「サムライ街道」)いつ買うんですか?」。大瀧詠一「ゆうべダウンロード販売で買った」。凄い(笑)。
01-10 22:32

元春レディオショー ナイアガラDJトライアングル:ナイアガラ・トライアングルVol.2は抱きしめたいレコードの1枚。ありがとう。
01-10 23:59

01/09のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

1月8日の「少しHでかなりHな新年会」で頂いた佐久間正英さんからのお年玉プレゼント『GOODNIGHT TO FOLLOWERS』がとても気持ちいい。詳しいことはわからないけれど知る必要は無い心地良さ。あんな凄いライヴ後もこうして別の素敵な音楽で楽しませてもらえるなんて嬉しい。
01-09 23:53

01/08のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

少しHでかなりHな新年会 鈴ん小屋:早川義夫ライヴ初体験。いきなりサルビアの花、堕天使ロック、マリアンヌの三連発!すげぇ。 http://t.co/IJyFE9wo
01-08 18:03

少しHでかなりHな新年会 鈴ん小屋:一部終了で休憩中。二部も楽しみ!
01-08 18:05

少しHでかなりHな新年会 鈴ん小屋:二部は「My R&R」で始まった。大感激。本編ラストは「からっぽの世界」から「いつか」で終了。「いつか」は心に響いた。涙をこらえて聴いた。
01-08 19:24

少しHでかなりHな新年会 鈴ん小屋:こんな機会は二度と無いだろうからライヴ後の新年会にも参加。同じテーブルで早川義夫と話をしている自分が信じられない。聞きたいことも聞いた。サインも頂いた。同じく新年会に参加したファンの方々も素敵だった。新年から素晴らしい体験ができた。
01-08 21:18

少しHでかなりHな新年会 早川義夫(Vo.Pf.)+佐久間正英(G.)+熊坂るつこ(Acc.) 池袋 鈴ん小屋 2012.1.8

早川義夫のライヴ初体験。
最近の活動形態はそれなりに知っていたけれど、何の予習もせずに臨んだ。
早川さん以外のメンバーは、まずは説明不要の佐久間正英がギター。
僕の世代には四人囃子よりもプラスチックスのメンバー、
またはスライダーズなどを手掛けたプロデューサーとしてのほうが知られているかも。
そしてアコーディオンの熊坂るつ子というトリオ編成。
いったいどんな音なんだろうという楽しみもあった。

凄かったよ、このトリオ。
佐久間さんのギターは言うまでもないし、熊坂さんがまた身体全体で弾くんだよね。
早川さんからも " 身体全体が音楽 " と紹介されていたくらいだった。
ドラムもベースもいないけれど、早川さんのリズムをとるステップがそれの代わり。
中央に早川さん、下手に佐久間さん、上手に熊坂さんという3人は、
演奏はもちろん、視覚的にもカッコよかった。

     **********

ライヴはいきなり「サルビアの花」で始まった。
おおっ!と思っている暇もなく、「堕天使ロック」に「マリアンヌ」と続いた。

すげぇ。

いくら何でもこんなオープニングは予想していなかった。
初めて来た僕のために…は言い過ぎだろうけれど、そんな風に感じたのも事実。
最高のスタートだった。

さて、僕はジャックスも好きなのでこうした曲が演奏されればグッとくるけれど、
実は一番思い入れがあるのは音楽界への復帰1作目のソロ 『この世で一番キレイなもの』 だ。
これは本当に素晴らしい作品で、今も良く聴いている。

早川義夫
ソニーレコード
発売日:1994-10-21

結果として今夜は、このアルバムからは5曲も歌われたので、個人的には最高だった。
ライヴは二部構成だったのだが、タイトル曲と「いつか」のようにアルバムの核となる曲が、
それぞれ一部のラスト、本編のラストに演奏されたことでも、
今の早川さん自身にとっても大きな曲であり、アルバムなのかもしれない。

今更言うまでもないけれど、早川さんのラヴ・ソングは素晴らしい。
かっこつけず、作為も感じさせず、思った言葉がそのまま歌になっているラヴ・ソング。
オリジナルでもカヴァーでもそれは変わらない。僕が共感し、惹かれるのもそんな曲だ。
この日は「純愛」「僕らはひとり」に痺れた。

ツイッターで事前に早川さん本人が教えてくれたように、
チャボの「My R&R」は二部のオープニングに演奏された。
これはもう大感激のひとこと。
そして本編ラストの「いつか」。
これまで何度聴いたかわからないけれど、目の前で早川さんが歌うのだ。
あのヴォーカルと歌詞と、そしてピアノのフレーズ。
この2曲は危なかった。何とかこらえた。
涙が流れ落ちるのは防いだが、確実に僕は泣いていた。

     **********

ライヴ後、自由参加の新年会が行われた。
こんな機会はもう無いだろうと思い、僕も参加した。
テーブルを囲んで、ファンの方々と早川さんとの歓談…だったのだが、
途中で参加者全員が自己紹介をするという流れに(笑)。
もちろん初対面の方々なので、自己紹介と言ってもなぁ…と思ったが、
実はこの時間が凄かった。
だって新年会に参加した人にはリアル・ジャックス・ファンの方、
早川さんが音楽界に復帰後、初のTV出演のときのディレクターだった方、
佐久間さんと早川さん(ジャックス)との縁を作った佐久間さんの同級生の方、
そして早川さんの親戚の方…等々もの凄い人がいて、激レアなエピソードを聞くことができた。
おかげでこの宴は第三部のようだったし、別料金でもおかしくないくらいだったよ。
僕は圧倒されながら話を聞いていたのだけれど、
早川さん風に言えば、この新年会も音楽だった。
実際のステージはもちろん、ライヴ後の時間も含めて音楽だったように思う。
新年早々、素敵な時間を持てたことに感謝。
早川さん、佐久間さん、熊坂さん、ありがとうございました。

続きを読む

01/07のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

東京都現代美術館。 http://t.co/RMTBdwLA
01-07 10:31

東京都現代美術館「建築、アートがつくりだす新しい環境」でフィオナ・タンの映像作品Cloud Islandを観た。犬島の風景とアートと島の人々の姿。実際に島で僕が感じた独特の時間が画面からも伝わる。実に見応えある作品だった。
01-07 12:28

清澄庭園。 http://t.co/k1nSpFJ5
01-07 14:11

小山登美夫ギャラリーでオノ・ヨーコ展「灯 あかり」を観る。展覧会というより参加する作品だった。あまりに暗く静かで最初は怯んだが、僕を入れて5人が見学していた。とてもヨーコらしいと感じたけれど、やはりこれじゃ物足りない。本格的な個展が観たい。
01-07 14:57

季刊山陰22号。注文が遅くなってしまったのでやっと到着。真理子さんのエッセイ楽しみ! http://t.co/m9J0vDzB
01-07 16:51

プリプリ再結成記念で思い出したネタをもうひとつ。前身バンドの赤坂小町に至るオーディションで、当時交流があった女の子バンドのメンバーのひとりが最後まで残った。結果的にはそこまでだったのだけれど。彼女は凄く上手だったんだけどな。その子のバンドとの共演も思い出してきた。懐かしいなぁ。
01-07 22:28

楽しみにしています。 チャボさんのインタビュー。 http://t.co/NjSp2RWg @s40otokoさんから
01-07 22:33

01/06のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

清志郎ではなくRCサクセションの特集という点に期待。 キヨシローさんで勝負!! http://t.co/IdxpzShe @s40otokoさんから
01-06 22:15

チャボがRCをどう語っているのかとても興味深い。 仲井戸麗市、チャボさん。 http://t.co/6rEb8Y9x @s40otokoさんから
01-06 22:18

プリンセス・プリンセス再結成か。昔バンドをやってたとき、たぶん赤坂小町からプリプリに向かう途中の時期だったと思うんだけど、その頃の彼女たちとリハで使っていたスタジオが一緒だったことがある。そのとき今野登茂子をとても可愛いと思った記憶がよみがえってきた(笑)。
01-06 22:36

01/04のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

さすがにクリスマスじゃなくなってる。 http://t.co/9FhzVAxa
01-04 10:10

おやすみなさい。 -- Bruce Springsteen - Drive all night http://t.co/umMNEcvh
01-04 23:08

01/03のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

三が日が終わる。こんな穏やかなお正月を過ごしたのは初めてかもしれない。今年も歩く道にはきつい場所もあるだろうけど、それをただ辛いだけと思わずに楽しいと感じられる心を持ちたい。小さくてもいいことをたくさん見つけ、小さな幸せにも気付き、感謝したい。2012年が良い年になりますように。
01-03 23:12

01/01のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

この渋谷さんらしい短い文章でじゅうぶんです。観たファンが自分で何かを補完すれば、その数だけの感動的なレポートができあがるはずです。ちなみに僕も治療は無理だと思います(笑)。 RT @ro69_jp: 渋谷陽一の「社長はつらいよ」 チャボ http://t.co/VlF6risM
01-01 12:12

2012年 A HAPPY NEW YEAR!

ベテラン・ミュージシャンやバンドのライヴをフェスで初めて観たらしき若いファンの、
" 凄かったなぁ " 的な感想が聞こえて嬉しかった…という声を、
後からネット上で目にしたりすることは多いけれど、
実際に自分は、印象に残るようなそれを体験したことはなかった。
昨日のCDJ11/12で、初めてそんな声を僕は聞いた。

チャボのライヴが終わった後、
MOON STAGEの出口周辺で前にいた若い男女の会話が聞こえた。

  さすがベテランって感じだったね
  カッコ良かったなぁ
  61歳だって
  あんな61歳いないよね
  痩せすぎだよね

ハッキリと覚えている内容だけになるけれど、こんな会話だった。
ちなみに痩せすぎ云々は、もちろん褒め言葉として使われていた(笑)。
前後の会話と雰囲気からして、初めてチャボを観たと思われる。

個人的には観ようと思った理由のほうに興味がある。
だって、チャボのライヴを観れば、前述した内容の感想は、
おそらく全員から聞けるだろうからだ。
何らかの興味を持って観にきた人なのだから、
カッコイイ、あんな61歳はいない…と感じない人はいないだろう。

2011年のチャボの活動をあらためて追えば、
きっとこんな会話があちこちで交わされたことだろうと思う。
だってあれだけの共演をこなしてきたのだ。
初めての人たちの前にあれだけ立ってきたのだ。
そんな2011年が目に見えるかたちで、耳に聴こえるかたちで、
2012年の活動に反映してほしいと願っている。

最後に見せてくれた力強いメッセージ。
それは2011年の終わりではなく、既に2012年が始まっているのだと理解した。
今年のチャボには期待したいと思います。

A HAPPY NEW YEAR!
新しい一年が始まりました。
2012年が、どうぞよい年になりますように。
今年もよろしくお願い致します。

12/31のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

セットリストもそうだけど、りぼんの文字に感動。もちろん、あのりぼんだよね? RT @masami_suzki: 再度訂正!先ほどのRCの磔磔セットリスト ボスがちゃんと調べてくれました 80年5月22日 http://t.co/3L9juHNc
12-31 00:43

RCから三人、もとRCから一人来たから緊張しましたよ…のくだりにグッときました。 RT @Pine_Young: 昨日の磔磔でもらった「磔磔」の12月号のリーフの記事。読みごたえあります。チャボの看板に関する記事。 http://t.co/trTPQQ0p
12-31 11:08

今年も無事に到着。いつものことだけど会場まで遠いなぁ…。 http://t.co/euzKYD7q
12-31 14:45

スタンプ。 http://t.co/E5prykiu
12-31 15:08

CDJ11/12仲井戸麗市:よォーこそ、ゆく歳くる歳、打破、ライフ、労働歌、マイウェイ、上を向いて歩こう、よい年を。並べられた曲のタイトル通り前を向いたライヴで感動。 http://t.co/ZRIoqWgu
12-31 17:01

CDJ11/12仲井戸麗市:たった一人のステージはこれまで何度も観てきたが、今回はそれらと明らかに違っていた。力強く頼もしく、神々しささえ感じたよ。ギターを抱えた立ち姿が実にカッコイイ!これがチャボだ!
12-31 17:09

CDJ11/12佐野元春&THE COYOTE BAND:初めて観たけど想像以上にロックしていてカッコイイな。 http://t.co/nlCe6YZC
12-31 18:11

CDJ11/12佐野元春&THE COYOTE BAND:それにしても「アンジェリーナ」は不滅だな。♪迷ってしまいそうなときでも二人でいれば大丈夫だぜ…本当だよ。
12-31 18:19

大晦日に自分にとっての今年の一曲が決まった。それはビートルズの「抱きしめたい」。忘れられない、忘れたくないミュージック。そして忘れられない一日。2011年、色々あったけど最後はこの言葉で終わりたい。ありがとう。
12-31 22:31

いいなぁこの写真。 RT @CHABO61: 本日、CHABO仕事おさめです。 幕張入りしました。 http://t.co/aOX6tm8K
12-31 23:52

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ