新谷祥子シンガーソング マリンバ 共演/神谷満実子(ソプラノ) スペシャルゲスト/林英哲(太鼓) 六本木STB139 2011.8.30

楽しみにしていたライヴだった。
その理由は、単に僕がファンである新谷祥子のライヴということだけでなく、
太鼓の林英哲さんとの共演だったからだ。
だって、チャボと新谷さんのデュエットが実現したきっかけが、
林さんのライヴを観に行ったチャボが、
そこで演奏していた新谷さんにひとめ惚れ…ということなので、
それはいったいどういうライヴだったのだろうと、ずっと気になっていたのだ。

ライヴ前の予想は、新谷さんのオリジナルを二人で、
または三人のアレンジで聴かせてくれる…だったけれど、
結果は、新谷さん自身がこの三人で演りたい曲を思う存分に披露する…というものだった。

ライヴは新谷さんのソロ、弾き語りのパートでスタート。
この第一部はサンタナの「哀愁のヨーロッパ」で始まり「レット・イット・ビー」でしめる。
オリジナルは「小さき者へ」が演奏されたが、CDとはアレンジが変えられていて新鮮。
好きな曲なので、個人的には嬉しかった。

ちなみに、渡辺真知子の「かもめが翔んだ日」なんて曲も演奏されたのだけれど、
新谷さんのライヴの魅力は、こんな選曲にもある。
だって、例えばお客さんは何を聴きたいだろう…と考えたとする。
そこで「かもめが翔んだ日」は、なかなか出てこないよ(笑)。

要するに、彼女自身がマリンバの弾き語りで歌いたい曲、歌ってみたい曲を選ぶ。
その結果、良い意味でジャンルを超えたカヴァー曲が披露されることになる。
しかも、彼女は決してマニアックな曲を選ばず、誰もが知っている直球曲が多い。
ギターやピアノの弾き語りなら、それらのカヴァーはありふれていて面白く無いだろう。
でも、マリンバの弾き語りなのである。
だから聴いていて楽しめるし、曲の新しい魅力を発見できたりもするのだ。

さて、最初のゲストはソプラノの神谷満実子さん。
過去に武満徹の曲をマリンバの伴奏で歌うコンサートで共演したということだ。
今回もそのときに演奏したのだろう曲を披露してくれた。
また、今秋に発表される新谷祥子2ndアルバムに収録されている「紅カラス」を二人で。
これがまた素敵でカッコ良かった。

それにしても、ソプラノの声という楽器の凄さを目の前で聴いたのは初めて。
マリンバに乗った神谷さんの歌が表現する世界は、何とも言えない独特なものだなぁ。

そして休憩を挟み、いよいよ林さんとの共演が始まる。

続きを読む

スポンサーサイト

08/30のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

六本木。風が秋の気配。 http://t.co/B5xWKmZ
08-30 17:25

新谷祥子シンガーソングマリンバ STB139:開演前。ワクワク。しかも凄い情報解禁でドキドキ。 http://t.co/xeZ9LiP
08-30 18:15

新谷祥子シンガーソングマリンバ STB139:そろそろ開演。テーブルにはキャンドルが。 http://t.co/08DyqAh
08-30 19:17

新谷祥子シンガーソングマリンバ STB139:一部終了。「哀愁のヨーロッパ」始まり「レットイットビー」でしめる。オリジナルの「紅カラス」が素敵だった。カッコイイ!
08-30 20:32

新谷祥子シンガーソングマリンバ STB139:二部からアンコールまでは林英哲さんとのセッション。迫力の太鼓は圧巻かつ感動的! http://t.co/UQx208I
08-30 22:09

新谷祥子シンガーソングマリンバ STB139:新谷さんのマリンバと林さんの太鼓と神谷満実子さんのソプラノという組み合わせのセッションは、新谷さんもMCしてたけど、本当にこの日だけのスペシャル。ライブの最後を飾った曲は「花」でした。
08-30 22:20

新谷祥子シンガーソングマリンバ STB139:新谷祥子&林英哲での「鬼あそびのうた」と「冴えた月の下で」は凄かった。あんなマリンバと太鼓の絡みを聴かされると本能的に興奮してくる。あの音の前では電気で増幅された爆音さえもやせて聴こえるんじゃないかな。
08-30 22:30

08/29のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

『新谷祥子シンガーソング マリンバ スペシャルゲスト/林英哲(太鼓)』 いよいよ! http://t.co/oRDU0b6
08-29 21:33

これが縁で、チャボのCDジャケットとかTシャツを奈良さんが手掛ける…。凄そう(笑)。
08-29 23:55

08/28のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

ARABAKIで曽我部恵一がチャボとのセッションで「One Nite Blues」を歌ったらしい。チャボのヴォーカル以外でのこの曲を想像することがまったくできないのだが、正直、出来はどうだったのか。チャボのギターは凄かった…という感想も見られるが…。
08-28 17:22

何よりもチャボが「One Nite Blues」の演奏を解禁…しかもこういったカタチでしたことに驚く。このことでも今年のチャボ、今のチャボは明らかにこれまでと違うと思う。本当にチャボの中で何かが変わったのか、それとも何らかの理由があるのか、だろう。
08-28 17:27

うじき最高! RT @juntamori: 本番直前!ココ客席!!氏木さんやるな?(^3^)/ http://t.co/usPpaRi
08-28 17:53

02年大阪のイベントでリクエストされリハまで演ったのに歌えなかったという曲。しかもこの02年を最後に封印されていたのに…。 RT @garagevoice: 大磯まで逃げられりゃ…という意味もあるのでしょうか…。 RT 何よりもチャボが「One Nite Blues」の演奏を解禁
08-28 18:10

「One Nite Blues」解禁

仲井戸麗市、今年のARABAKI ROCK Fes.は、
津軽のまほろばSESSION BAND(3G+伊東ミキオ)として参加。
ここに曽我部恵一、寺岡呼人、土屋公平が加わってのセッションということだった。
個人的には特に惹かれるものが無かったのでパスしたのだが、
もちろんチャボが出るわけだから、気にはなっていた。

ということで、終演時間に合わせてtwitterをチェックすると、驚きの情報が目に入る。
曽我部恵一が「One Nite Blues」を歌ってのセッションがあったと言う。
何と…。

「One Nite Blues」は、85年の1stソロ・アルバム 『THE仲井戸麗市BOOK』に収録され、
シングルとしてもカットされたチャボの代表曲のひとつだ。

CIMG9647.jpg CIMG9648.jpg

さて、この曲についてのチャボの公式発言。

・ある種、『THE仲井戸麗市BOOK』 はこの曲がすべて
・これ以降のミュージシャン生活なくてもいいから、この曲を俺はシングルで切ったということを残したい

これ以外にも、ギター・プレイを含めて " 一生に一度のテイク " だとチャボ自身も明言する曲でもある。
レコーディングの様子などは折にふれ語られてきているので、
チャボにとっての重要過ぎる曲だと言うことは、ファンも共有できているだろう。

もちろんこういった曲なので、ファンのあいだでも人気は高いと思う。
85年、86年の 『BOOK』 に伴うソロ・ツアーでは、もちろん演奏された。
しかし、チャボはただでさえ演奏する曲に対して何らかの意味づけをするような人だ。
よって、この曲を演奏し歌うということには、
特別な理由、または決意みたいなものなど、相当のエネルギーが必要になるのだろう。
そのためか、90年以降は、ほとんど演奏されなくなってしまう。
僕自身、バンドのアレンジで聴いたのは98年の日比谷野音が最後だ。
このときでさえ、演奏されたことに驚いた記憶があるので、本当に聴く機会が少ないのである。

これまた有名なエピソードだが、2002年の夏、
ONE NITE SUMMERTIME BLUESとタイトルされた大阪のEvent。
イベンター側から「One Nite Blues」のリクエストがあり、チャボはリハまで演ったという。
しかし、結局この曲が本番で歌われることは無く(チャボは「やはり歌えなかった」と発言)、
そのライヴではトーキングというカタチで披露される。
この2002年を最後にして、「One Nite Blues」は完全に封印されていたと思う。

『THE仲井戸麗市BOOK』 収録曲は、
今では「打破」も「カビ」も「早く帰りたいPartⅡ」も歌われるようになった。
ヘヴィな曲ではないが「月夜のハイウェイドライヴ」も最近は披露されている。
しかし、「One Nite Blues」(とある意味で双璧の「別人」も)だけは、
もう何らかの特別なことでも無い限り、聴けないだろうと思っていた。
そして、それも仕方がないな…とも思っていた。

要するに、聴きたいと思っていても、演奏されることは無い曲と言う認識だった。

そんな曲が野外ロック・フェスで何の前ぶれも無く突然、
しかもチャボがギターを弾くにしても、
他人がヴォーカルをとってのセッションで演奏されたというから、そりゃ驚く。

自分が歌わなければ演奏することは…ギターだけならば大丈夫なのか。
それとも、演奏できるようになった理由があったのか。

今後のライヴでチャボが歌う「One Nite Blues」を聴くことができるのだろうか。

08/27のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

KISSのジーン・シモンズ 「今のロックはサイアク」| 音楽(洋楽・邦楽)のことならMTVJAPAN http://t.co/3PjLVNE via @mtv_japan
08-27 12:43

「特別な夏」「カルピス」「プレゼント」「Take You To The Movies Tonight」「いつか笑える日」「夜奏曲」「ポスターカラー」「9月の素描」。今夜歌った曲。歌ってみた曲。そして歌いたかった曲。
08-27 23:18

08/26のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

3G、今夜の大阪も素晴らしいようだ。想像の中であっても、バッチリと聴こえるぜチャボのテレキャスター。今日の東京で聴きたかった「Rain Fall Down」。
08-26 20:53

外出中、豪雨に遭ったらしい隣の部署のスタッフが会社に戻った際のこんな…しかも自然でさりげない、こんな一言が聞こえた。「この雨にやられたよ。エンジンいかれちまった」。何だかすげぇカッコ良かったよ。普段の生活で、なかなかRCの歌詞はそのまま使えないよね。イカシてたなぁ。見習いたい。
08-26 22:04

3G(吉田建 仲井戸麗市 村上秀一)「All Cover Night!!」 Billboard Live TOKYO 2ndステージ 2011.8.25

あれだけの充実したオリジナル曲があるのに、何故カヴァー?

ライヴ発表時にはこんなことも思ったけれど、
本番が近づくに連れて、そんな思いは消えていった。
バンドのチャボに飢えている…と言うのは大袈裟かもしれないが、
僕の気持ちの中では、そう言いたいくらいなのも事実だ。
とにかくバンドでギターを弾き、歌う仲井戸麗市に会えるとなれば、
オリジナルでもカヴァーでも、楽しみなことに変わりは無い。

事前のインフォメーションでは、
ディラン、クラプトン、ストーンズ、リンゴ・スターなどの名が挙げられていた。
ここからも、チャボがお得意とする英米のバンドやアーティストたちの楽曲、
しかも、おそらく過去に披露されたカヴァーも含まれるだろうなと予想していたけれど、
実際のメニューは初披露曲も多く、実にマニアックな選曲になっていた。

終わってみれば知っている曲が多かったけれど、
チャボのカヴァーは例の通り日本語で歌われるわけで…。
微妙に…いや、曲によってはメロディー自体も変わってしまうから(笑)、
実は誰もが知っているような超有名曲なのに、
サビにくるまで何の曲なのかがわからなかったものもあった。
僕自身はオープニングの曲からしてそれで、
あのサビにきて初めて曲を理解できたという始末(笑)。

また、チャボのソロ・ライヴでは…特に全曲カヴァーというような企画では、
ほとんど全てのアタマで曲を紹介してくれることが多いので、
いつものそんなサービスに慣れている身としては、
何が飛び出してくるかがわからない今夜のライヴは、とても新鮮だったように思う。

実際、新鮮だった。

続きを読む

08/25のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

3G ビルボードライブ東京2nd バンドでエレキを弾くチャボはいいなぁ。最近はこんな姿を観る機会が少ないので尚更それを感じる。 http://t.co/YL0MGPH
08-25 23:32

3G ビルボードライブ東京2nd COVERと言ってもかなりマニアックな選曲。リンゴスターの「オーマイマイ」なんてのまで演奏。 http://t.co/OIM55vb
08-25 23:37

3G ビルボードライブ東京2nd アコギで演った「リトルウィング」。良かった。あらためて歌詞を噛みしめる。軽く歌える曲じゃないよね。シチュエーションは大事だぜ。
08-25 23:48

3G ビルボードライブ東京2nd 「セキュリティ」。僕の好きなチャボだ。♪数学はわからない、社会性はゼロ でも誰にも負けない この強き愛♪ どうしていいのかわからなかった十代の僕は、こんなチャボに助けられていたんだよ。
08-25 23:54

08/24のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

D.N.A.ロックの殿堂 仲井戸麗市 第23回放送 夏の曲特集を聴く:「R&Rバンドで育った俺としてはね、夏的な曲は実はあまり無かったんです今回調べても。ビートルズにね、もし間違ってたら誰か教えて(ね)。Summerってつく曲は無いです」。確かに無い。気にしてなかったけれど意外。
08-24 22:27

D.N.A.ロックの殿堂 仲井戸麗市 第23回放送 夏の曲特集を聴く:チャボが30年間も暖めているらしい「なでしこ」というタイトルの曲の完成と発表を、ココロからお祈りしております。
08-24 22:32

今夜、まさに今の時間は佐野元春30周年ツアー東京ファイナルがNHK BSプレミアムで放送中なんだよなぁ。録画は手配済みですが、生で観られないのは残念です。
08-24 22:38

08/23のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

♪ タカタカター この曲がアップされるのを待っていました。これぞ浜田真理子という名曲。ライヴでも凄かったけれどスタジオ・ヴァージョンも凄い。 RT @beyond_staff: 浜田真理子ブログ音源追加しました。今回は『ミシン』。http://t.co/PUyUUt5
08-23 21:02

本日のVHS VIDEOデジタル化はスターリンのYOUR ORDER!。スターリンを知らなくても観ればとんでもないものが映っているという事だけはわかるはず。もうあっという間の30分。ラストで歴代メンバーの当時の今が紹介されるが、ミチロウのそれは食事中。バックには「カノン」。感動。
08-23 21:14

08/22のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

これを書いた当時よりもチャボの未発表曲は更に増えている。未発表曲だけで編集されたライヴ盤は2?3枚作れるんじゃないかな?10.9のDVDと対になるCDとしてHOHOEMI RECORDで企画して欲しいものだ。 架空のニュー・アルバム http://t.co/mKx59Xu
08-22 01:40

熱心なファンでは無いけれど、気になる人でした。今敏 回顧展。新宿眼科画廊にて。 http://t.co/egmBK1U
08-22 22:56

何も知らずにこれを観たのがきっかけ。『パーフェクトブルー』。 http://t.co/lets1pE
08-22 22:57

これもなかなか凄かった。『千年女優』。回顧展でもらったお土産シール。 http://t.co/Y0zbjY0
08-22 22:59

今敏 回顧展。展示されていたイラストなどはやはり迫力があるし美しかった。好きな作品のものには尚更それを感じる。訪れたファンが作品を観る視線が熱い。『千年女優』を見返してみたくなった。会場の様子はオフィシャルサイトでも見ることができます。 http://t.co/IOaR9xh
08-22 23:09

今、ふとスイッチを入れたラジオから流れてきたこの曲が今夜のココロにとても沁みた。 Al Stewart - Year of the cat http://t.co/GxpYybg
08-22 23:40

08/21のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

曲も好きだけど、この映像がたまらない。本当に素晴らしい。 The Rolling Stones - Love Is Strong http://t.co/h3JAAIo
08-21 00:40

本日のVHS VIDEOデジタル化作業はSTREET SLIDERS 2000.6.5 新宿リキッドルームでのTHE LATE SHOW<Night>の生中継。新宿のリキッドはいかがわしくて良かったな。トラッキングに画像にとテープの劣化が進んでいた。早めに他のにも手をつけないと。
08-21 20:46

2000年と言えばSLIDERS解散の年じゃないか。リキッドルームのマンスリーはすべて観に行ったけど、さすがにその後のことはアタマに無かった。目の前で演奏しているバンドがなくなるなんて思ってもいなかった。『WRECKAGE』以後のライヴは本当に凄かったので尚更。
08-21 20:57

本日のVHS VIDEOデジタル化もう1本。仲井戸麗市 My R&R TOUR 麗蘭Night 2000.7.7 博多DRUM LOGOS。加山雄三にインスパイアされた未発表曲「夏よいつまでも」は名曲。幸せだなぁ 僕は遊んでる時が一番幸せなんだ 僕は死ぬまで遊んでたい いいだろ?
08-21 23:41

08/20のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

手続き終了。無事に退院。 http://t.co/aqLJ0J5
08-20 14:56

退院についてたくさんのリプライを頂きましたが、私は元気です。入院もしていませんし、退院したのも私ではありません…。すみませんでした。そしてご心配(?)して頂き、ありがとうございました。
08-20 17:18

本日のVHS VIDEOデジタル化作業は、92年にスペシャで放送された麗蘭1st Anniversary LIVE 日清パワーステーション。「ラジオ」「ハッスル」のオリジナルが聴ける貴重なライヴ。番組の最後には未発表のRC90年野音の「ドカドカ?」が収録されていてこれまたレア。
08-20 21:33

本日のVHS VIDEOデジタル化作業、続いてはLIVE SHOWER 93年忌野清志郎&2・3'sの日比谷野音。久しぶりに通して観た。今ではおふざけもまったく気にならないし演奏は素晴らしいし、いいライヴだと思う。間違いなく野音の清志郎というフレーズから思い浮かべるもののひとつ。
08-20 23:19

08/19のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

様子を知るには便利だけど、書き手の姿が見えないレポだなぁ。 CHABOの恩返し YO-KING with 仲井戸“CHABO”麗市 @ Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE - http://t.co/TxXzOWq
08-19 22:12

ナニワ・サリバン・ショーの映画化は無事に予定通り公開されそうだ。ところで生産工程が遅れているというもうひとつは、その後何の音沙汰も無いけれど、まだ遅れているのかな?
08-19 22:45

CHABOの恩返し④ YO-KING with 仲井戸CHABO麗市 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 2011.8.18

8月ということで、チャボのパートは夏の雰囲気が感じられる構成だった。
特に夏の曲が続けざまに演奏されたわけではなく、
中盤の「特別な夏」と、本編ラストの「カルピス」くらいだったけれど。
でも、この2曲が僕にはとても印象的で、ココロに残った。

昔から夏が嫌いだ。
いいな…と思ったことは、おそらく一度も無い。

チャボの曲には夏が多く登場する。
僕の大好きな人は、昔から僕が大嫌いな夏を歌っていた。
でも、チャボの歌う夏は、何故だか心地よく響いていたことも確かだ。
おかげで、僕は夏が嫌いなのではなく、夏を知らないだけなのではないか…と思ったり、
無理すればビーチ・ボーイになれると思ったこともあった。
そして、ある時期からはチャボの夏だけは好きになる。

今でも現実には夏を好きになれずにいるのだけれど、
チャボの歌の中の夏が好きだということは、変わっていない。

チャボが言い続けてきた " 今年の夏は今年だけ " や " いい夏、来るぜ " 。
これらのおかげで、今まで僕は嫌いな夏を過ごせてこれたような気がしている。

昼間は今年いちばんの暑さだったようだ。
でも、ライヴの後の渋谷の街で、少しだけ涼しい風を感じた。
明日は暑さが和らぐらしい。

帰宅してシャワーを浴び、一息つく。
ギターを手にして「特別な夏」を歌ってみた。

08/18のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

チャボの恩返し YO-KING 今夜は「特別な夏」と「カルピス」。この2曲でした。 http://t.co/bj58XXF
08-18 22:42

チャボの恩返し YO-KING 夏は嫌いだ。でも、チャボが歌い語ってくれる夏は昔から好きだった。嫌いだけど好きな夏…と今夜のチャボは言った。そんな夏もあるのだ。
08-18 22:51

08/17のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

1曲目からです。「ねむけざまし」のイントロに入るフレーズがあるのですが、何てこと無いフレーズなのに、一発でそれまでの雰囲気を変えました。すげぇよチャボ。 RT @iikagenDAHA @koben222 えっ!どの曲、どのタイミングで空気が変わったのでしょうか?気になります!
08-17 00:05

嫌な事があったけどよく我慢した自分。「ちょっとしたご褒美に」とあったので、つい…。 http://t.co/okQP94O
08-17 20:57

昨日のお台場のおかげで古井戸…特にチャボのマンドリンが聴きたくなる。弾いてる曲はいくつかあるけれど、いちばん好きなのが『ラスト・ステージ』の「ちどり足」。解散ライヴということもあり、とても切ないフレーズがたまらない。この曲の前後が「花言葉」と「Love Song」というのもね…。
08-17 21:54

古井戸の『ラスト・ステージ』と言えば「いつか笑える日」のオリジナルが収録されているアルバムでもあります。チャボのギターとハモリが最高。
08-17 22:06

坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス2011 第30夜「お台場リクエストアワー」忌野清志郎60周年RESPECT!ZEPP TOKYO 2011.8.16

最初に気になったことを書いておく。
" 忌野清志郎60周年RESPECT! " というサブ・タイトルが付いたライヴだったが、
このタイトルをそのまま受け取ってきたファンには、もしかしたら物足りなかったのではないか。
ただ、僕個人としては、間違いなく清志郎をRESPECTしたライヴだったと感じたけれども…。
いずれにしても、ファンによっては賛否がある内容だったかもしれない。
そんなことは思った。

     **********

一部は坂崎幸之助がお客さんのリクエストに応えるライヴ。
二部は寺岡呼人のソロと坂崎とのセッション。
ちなみに呼人は坂崎とのセッションで、
「あの歌が想い出せない」と「夜の散歩をしないかね」を演った。

そして第三部からいよいよ仲井戸麗市が登場する。
最初は坂崎とのセッション・パート。
まずは古井戸の2ndアルバムから「ねむけざまし」。
この曲のイントロにはチャボによるフレーズがあるのだけれど、
いきなりそのイントロをチャボが弾いた途端、会場の空気が変わった。
気のせいじゃなく、本当に変わった。
いや、チャボが変えたのだ。

二人のセッションは「抒情詩」「コーヒーサイフォン」と続いた。
坂崎の好みから言って、初期の古井戸が演奏されるだろうことは予想できたが、
さすがに熱心なファンだったことがわかるバックアップぶりであった。
確か「抒情詩」ではフラマンも弾いていた。
このため、サウンドも本物の古井戸のようだった。
※フラマン=フラットマンドリン

曲間はMCというよりもトークである。
話自体はファンならば聞いたことがあるものばかりではあるが、
坂崎のホストとしての対応が、そんな話をとても新鮮に響かせてくれた。
おかげでチャボが語る古井戸と清志郎は初めて聞く話のようで、
この辺りから僕は鼻と目の奥がおかしくなってきていた。

続いてはチャボのソロ・パート。
ハッキリと " 清志郎云々のライヴなので、RCを3曲歌います " と宣言。
まずは「君が僕を知ってる」と「忙しすぎたから」の連発。
もちろん「君ぼく」はあのMCから入る。
曲の途中で涙腺決壊。
何に感動していたのか良くわからないが、後から後から涙が出てくる。
まさにあふれる熱い涙。
忌野清志郎、仲井戸麗市、RCサクセションとの30年。
そこに今の自分自身の体調や感情や気分。
そんなものすべてが、この日の「君ぼく」の何かやどこかで、
ひとつに結ばれたような感じと言えば良いだろうか。
悲しいではなく、嬉しい。
切ないではなく、嬉しい。
そんな涙だったように思う。

ソロ・パートの最後は「上を向いて歩こう」。
そのイントロはこうだった。

 日本の有名なロックン・ロール!
 中村八大! 永六輔! 坂本九!

 忌野清志郎!

 ワン ツー ワンツーサンシッ!

忌野清志郎!とチャボがシャウトしたところは、本当に感動的だったよ。

     **********

チャボのソロが終わると、坂崎幸之助と竹中直人が加わる。
基本的には三人による古井戸、チャボ、そしてRCナンバーのセッションであった。
「ティーンエイジャー」も「いい事ばかりはありゃしない」も良かったが、
やはり白眉は「ラヴ・ソング」「花言葉」「ポスターカラー」だった。
坂崎&竹中による古井戸では、チャボも本気になるしかない。
そんな演奏が素晴らしくなるのは当たり前である。

続きを読む

08/16のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

本当にキレイ。紫陽花の一種かな? http://t.co/3FOwkF4
08-16 15:21

開場間近。 http://t.co/n8tWHut
08-16 18:05

お台場フォーク村デラックス 坂崎&チャボ ねむけざまし、抒情詩、コーヒーサイフォン 最高だった。チャボがギターを弾いた瞬間に空気が変わった。テレビでも伝わったかな?
08-16 23:06

お台場フォーク村デラックス チャボソロパート 君が僕を知ってる、忙しすぎたから、上を向いて歩こう 泣けた。本気で泣いた。
08-16 23:11

お台場フォーク村デラックス 坂崎&チャボ、竹中 ティーンエイジャー、ラブソング、花言葉、いい事ばかりはありゃしない、ポスターカラー、アイシャルビーリリースト。アンコールは雨あがりの夜空に。三人の古井戸はとても良かった。
08-16 23:19

はっきりと変わりました。 RT @koben222: 空気変わりましたよね。明らかに。 RT お台場フォーク村デラックス 坂崎&チャボ ねむけざまし、抒情詩、コーヒーサイフォン 最高だった。チャボがギターを弾いた瞬間に空気が変わった。テレビでも伝わったかな?
08-16 23:43

08/15のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

実感を持てないと言いながらも「彼、本人はもういないからね…」と…。 RT @POP_ID: チャボの言葉が刺さる。@BlueSpiritBlues 特集ワイド:この夏に会いたい/8 ロック歌手・忌野清志郎さん - 毎日jp(毎日新聞) http://t.co/97q10MY
08-15 23:09

♪ 雲の上は晴れ ♪ 名曲です。 RT @beyond_staff: 浜田真理子ブログ音源追加しました。今回は『腰の低い位置で』。http://t.co/LVrRzd0
08-15 23:10

吉田秋生『カリフォルニア物語』を読む。初めて読んだときは感じなかったけれど、ヒースにいちいち共感している今の自分に驚く。それにしても文庫の対談で中島梓も言ってるけど、何で途中でこんなに絵が変わるんだろう?本人は意識していないらしいけど。
08-15 23:24

08/14のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

その通り。自分の音楽の凄さをいちばんわかってないのがチャボ自身なんだよなぁ…といつも思う。 RT @hina_413: チャボは「日本のロックの宝」と言ってCharを紹介したけど…チャボ、あなたもですよ!3G、素敵なステージをありがとう!チャボ、カッコ良すぎだからっ!
08-14 09:38

川崎市市民ミュージアム http://t.co/qsnmURQ
08-14 10:34

予想以上だった。欲を言えば映画やドラマ以外にCM作品の上映も欲しかった。ウルトラシリーズはもちろん、映画も再び観たくなったけれど、いちばん興味を持ったのは実相寺演出の紀行番組「遠くへ行きたい」。これはすべて観てみたいなぁ。 実相寺昭雄展 http://t.co/1fsS3du
08-14 17:14

やっぱりパンクだったと思う。 ウルトラ・シリーズのパンク・ロッカー http://t.co/l10VkfA
08-14 17:18

08/12のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

誕生日?昨夜の盛り上がりを考えると凄い偶然! RT @garagevoice: 4巻も素晴らしかったです!RT @solar1964 おお!ちょうど『海街Diary』4巻出たばかり。RT @kinonewssite:「今日は何の日?」8月12日は漫画家 吉田秋生の誕生日です
08-12 12:14

大内さんも吉田さんのファンでしたか!福生と『シングル・マン』と『河よりも?』は、なるほどと思いました。 RT @garagevoice:『河よりも長くゆるやかに』が大好きでした。福生というと村上龍というよりも、『シングル・マン』と『河よりも??』のイメージです。
08-12 12:47

これは美味しいです。タリーズ。 http://t.co/Tuel2Nb
08-12 15:24

小さくて凄くキレイ。何て言う花かな? http://t.co/TIAgNOX
08-12 19:30

いわゆる少女漫画を読むようになったのはいつからだったかな?ハッキリ覚えていないけれど、読むきっかけになった作品は、内容は忘れてしまいましたが、作者もタイトルも記憶しています。それは瀬戸みのりの「わたしのロミオ」という単行本。友達のお姉さんに借りました。もう一度読んでみたいな。
08-12 23:20

マンガの話題も楽しいな。でも、何年か前にかなり処分してしまったからなぁ。今では何を持っていたかも忘れてしまうほど思い切った処分でした。コミック以外も含めて約1,000冊も手放した。手元に残したのは本当に好きな作品ばかり。
08-12 23:50

08/11のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

スズナリで寺島しのぶ。しかも寺山修司。観たい。 http://t.co/kkcswOH
08-11 19:33

本棚の奥から引っ張り出した。久しぶりに読んでみる。吉田秋生。 http://t.co/Ou2G8bR
08-11 22:03

これも好き。「櫻の園」。 http://t.co/vORSskZ
08-11 22:32

この2作は消化不良でした。 http://t.co/HUkFWbh
08-11 22:46

何だ何だ、いきなり吉田秋生で盛り上がってるぞ。嬉しいけど(笑)。私にとってはやっぱり「BANANA FISH」。そして「吉祥天女」。この二つで決まりです。
08-11 22:49

そういえば、こんなのまで入手しました。 http://t.co/kpx1DHJ
08-11 22:55

続きを読む

08/10のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

中島みゆきシングル。楽しみです。 RT @miyuki_staff: 10/26にNEWシングル『荒野より』の発売が決定しました!約2年ぶりのシングルです。皆さんにお届けできる日が待ち遠しいです(^∇^) http://t.co/GNeWqeT
08-10 12:48

なんつッ亭 和風豚骨つけ麺 http://t.co/ZntJv0S
08-10 19:36

08/09のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

今日はガマンしませんでした。ファミマ。 http://t.co/UR4lpIS
08-09 21:19

シオン / 沢田聖子 from single -1979-

熱心なファンでも無く、思い入れも特に無く、
普段から積極的に聴くこともなく…であっても、どうしようもなく大好きな曲。
こんな曲が誰にでもあるのでは…と思います。

沢田聖子というシンガーソング・ライターがいます。
彼女はイルカの妹…みたいな感じで79年にデビューしました。
実際に初期のシングル、アルバム共に、イルカによる曲が少なくありません。

僕にRCサクセションを教えてくれたT君から彼女を知ったと記憶しています。
当時、1stアルバムの 『坂道の少女』 を良く聴いていて、
とりわけその中の収録曲であり、アルバムに先駆けて発売されていた(と思う)、
2ndシングルの「シオン」という曲が大好きでした。

熱心なファンでも無く、思い入れも特に無く、
普段から積極的に聴くこともなく…であっても、どうしようもなく大好きな曲。
僕にとってのそれは、この「シオン」です。

イルカの作詞・作曲による、おそらく沢田聖子の代表曲でもあるはずです。
僕と同世代ならば、この曲は知っているという人は少なくないかもしれません。
1stアルバムは友人に借りて聴いていましたが、このシングルは買いました。

CIMG7378.jpg CIMG7379.jpg CIMG7380.jpg

いつだったか、何年かぶりにこのシングル盤をターン・テーブルに乗せたことがありました。
僕にとっては、ストリングスによるイントロのフレーズから切なさ全開であり、
久しぶりの再会なのに、その歌詞とメロディに、一気に持っていかれてしまいました。
ちなみに、アレンジを手掛けているのは故・木田高介です。

この、聴いた瞬間に身体中を駆け抜ける、決して言葉では説明できない感動。
特別な思い出がこびりついているわけではないのにココロがふるえます。
あるフレーズでは、自然と涙がこぼれます。
これが音楽の持つ力であり、僕が音楽から離れられない理由のひとつでもあります。

3年くらい前だったでしょうか。ちょっとしたきっかけでこの曲を聴いた際、
現在も活動を続けている彼女が気になって調べたことがありました。
何と「シオン」を2004年にセルフ・カヴァーしていることがわかりました。
これはすぐにでも聴くしかありません。
「雨ノチ晴レ」というシングルのカップリング曲として発表されていたそれを手に入れ、
期待に胸を膨らませて聴きました。

続きを読む

08/08のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

立秋。 http://t.co/ueBAX8o
08-08 09:10

ウチカフェの新商品に気になるものが…。今日はガマンしました。
08-08 21:44

♪ 暦の上に秋立ちて二百の十日来ても…古井戸の「ひなまつり」。どうして二百の二十日じゃないんだろう?そういえばチャボの曲には秋という色が少ないな。それどころか、ほとんど無いかも。
08-08 22:28

08/07のツイートまとめ

BlueSpiritBlues

昨夜は3時半までARBを観ていた。LONGEST TOURのゲストパート。花田裕之との「Standing On The Street」と仲井戸麗市との「Oh!Please」。この一瞬だけのシーンにもグッとくる。いつ観ても「Soul To Soul」でのKEITHのシーンは切ない。
08-07 11:24

石橋凌 is BACK!

最近になって、やっと時間を見つけてはVHSのVIDEOをDVDに落とし始めた。
当然、それは昔のTVで放映されたものや市販の音楽モノなのだが、
ダビングの時間は、モニターに映る映像に気持ちを持っていかれてばかりだ。

CIMG9640.jpg CIMG9641.jpg

ARB is BACK !!。
これは1998年の復活ツアーを収録したもの。

ARB
ユニバーサルJ
発売日:2003-02-19

復活ツアーは、僕は赤坂Blitzに行った。
このVIDEOは、そのBlitzでのライヴを中心にしたもの。
観ればわかるのだが、それはそれはもの凄い盛り上がりで、本当にとんでもなかった。
もちろん、とんでもないというのは素晴らしいという意味だ。

個人的には田中一郎、
そして斉藤光浩がギタリストとして在籍していた時代に思い入れがあるけれど、
どの時代のARBも、石橋凌が歌い出せば一発で引き込まれてしまう。
このVIDEOをダビングしている最中も、僕はモニターに目が釘付けだった。

そして、この作品が素晴らしいのは、演奏と音楽はもちろんなのだが、
ARBを待っていたお客さんの表情が素敵だということだ。
そりゃ、そうだろう。
タイトル通り、ARBは戻ってきた。
でも、それだけではない。
だって僕たちは待っていたのだから。

2011年。
もうファンの間では知られていることだけれど、石橋凌が戻ってくる。
レコーディングも完了しているようだし、後は作品の発売を待つだけである。

現在、1曲のみHPで試聴できる。
発表されているこの曲のレコーディング・メンバーは次の通り。
石橋凌(Vo)、池畑潤二(Dr)、渡辺圭一(B),藤井一彦(G),伊東ミキオ(Key)、梅津和時(Sax)。
もちろんアルバムもこのメンバーが中心なのだろうし、
後に行われるであろうライヴも、このメンバーになるのだろう。
久しぶりに " 待望 " という単語を素直に使うことができる。

凌が歌うことを、歌ってくれることを待っていた。
始動。
石橋凌 is BACK!。

ARB
ビクターエンタテインメント
発売日:2003-09-17

今夜は 『RED BOX 1978-1990 COMPLETE DVD SET』 を引っ張り出している。
5枚のDVDでARBの歴史を追ったものだ。
ただいまDISC-1の23曲目、「Do It!Boy」。
1983年5月の後楽園ホール、アッパーカット2のライヴだ。
あと4枚もあるが、これからどこまで観てしまうのか…。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ