The Stones In The Park / ROLLING STONES

ストーンズ・モードは続いている。
CDはもちろんのこと、映像も久しぶりに色々と引っ張り出して観ているが、
やはり先日の武道館があったためミック・テイラー期に絞られるので、
映像作品は自然とこれになる。

CIMG8067.jpg

現在はリマスター・ヴァージョンが出ているが、
僕が所有しているのは2000年に出たDVDだ。

ザ・ローリング・ストーンズ
エイベックス・トラックス
発売日:2006-07-05

僕が初めてこの映像を観たのはいつになるだろう?
ハッキリと記憶に残っているのは、
81年のNHKヤング・ミュージック・ショーの総集編だ。
ここでハイドパークからの「サティスファクション」を観た事は覚えている。
まぁ、とにかく今でもストーンズの映像でも定番の作品になるだろう。

良く言われることだけれど、チューニングは甘いし、
バンド・アンサンブルもまとまっていないけれど、
それでもここでのストーンズはカッコイイとしかいい様が無い。
荒々しさやラフさも素晴らしい魅力となることもあるのだ…の、
最高の見本のような気がする。

とりわけ観ていて僕が引き込まれるのは、
実に異様なキース・リチャーズだ。
特にここで観られる表情は、
迫力があるというよりも不気味である。
フライングVを弾いている姿も珍しく、
またそれがキマッているからたまらない。

ちなみに、初めて観る人は、
観客の様子を観るのも楽しみのひとつだと思う。
やばそうな客はたくさんいたんだろうなぁ。
最後に映るポール・マッカートニーには、
何故だかいつもホッとする。
スポンサーサイト

BRUSSELS AFFAIR 1973 / ROLLING STONES

ストーンズのBOOTLEG CDで僕が聴いた回数がいちばん多いのが、
おそらく、1973年のライヴが収録された、これになるだろう。

CIMG8060.jpg CIMG8061.jpg CIMG8062.jpg

ちょっと調べれば、詳しい情報はネットに星の数ほど転がっていると思うので、
内容についてはここでは割愛するが、まぁ、とにかくとんでもないものである。

ほとんどがスタジオ・テイクよりもアップ・テンポで演奏される。
それなのに、更にリズム隊はガンガン前へ前へと突っ込んでいく。
キースの分厚いギターがビッチリと隙間を埋め、
ミック・テイラーのフレーズがその上を飛び回る。
そんな音をバックに、ミックが叫ぶ。

当時のステージ写真なんかを見ながら聴くと、
いかにこの当時のストーンズが凄かったのかが容易に想像できる。
決して生の体験には及ばないけれど、
たぶん僕が想像しているもの以下ということは、絶対に無いだろう。
それどころか、想像以上だった可能性のほうが高いな、きっと。

何十万人、何百万人が言っていることだと思うけれど、
この時期のローリング・ストーンズを観たら、
そりゃぁ人生が決まっちゃう…変わっちゃうだろうなぁ。

昨日の武道館のおかげで、アタマの中がストーンズになってしまった。
こんなことは久しぶりなのだけれど、やたらと気分がいい。


※追記
このBOOTLEGのアップグレード・ヴァージョンの情報を頂きましたので、早速聴いてみたら…。
す、凄い! 情報、ありがとうございました。

THE ROLLING STONES LADIES AND GENTLEMEN Film Live at Budokan

その作品が 『LADIES AND GENTLEMEN』 であったとしても、
10月にDVD化され発売となるわけだから、
ストーンズに思い入れの無い人からしたら、
何も映画館で観なくても、DVDを待てばいいじゃない…と感じる人がいると思うけれど、
今回は映画館だけじゃなく、日本武道館で上映されるのだ。
武道館で72年のストーンズのライヴを観る…ということには、
どうしたって惹かれてしまうわけで、雨の秋分の日になったが、行ってきた。

※画像右のポスターは来場者全員にプレゼントされたもの
CIMG8053.jpg CIMG8059.jpg

映画が始まり、スクリーンにテロップで " 二分前 " の文字が出た後から、
メンバーがステージに現れて1曲目の「Brown Sugar」が始まるまでの時間。
ここは実際に観たストーンズ武道館公演の開演前に似た感覚を、僕は個人的に味わっていた。

本当にストーンズが武道館のステージに出てくるような錯覚。
思い入れだと言われればそれまでなのだけれど、そんな事は関係ない。
興奮した。

そして「Brown Sugar」が始まってからの約90分は、いったい何と言えばいいのか…。
ミックに合わせて身体が動き、一緒に手拍子をしてしまう。
もちろん曲が終われば拍手をしてしまう。
いやいやこれは映画じゃないかという冷静さも一瞬過ぎったが、
あの時間に体験した、所々に感じるリアルさは何だったのだろう。

観ていて目が潤んだシーンは二つ。
「Dead Flowers」をミックとキースがワン・マイクで歌うシーンと「Jumpin Jack Flash」。

ミックが、キースが、ローリング・ストーンズが美し過ぎる。

神戸新聞 『BOYFRIEND』

僕が最初に知った神戸新聞を始め、確認できただけでも、
熊本や静岡、新潟などの新聞に 『BOYFRIEND』 の記事が掲載されているようだ。
取材の経緯などは不明だが、神戸の友人に記事を送ってもらい、
それを確認することができた。

決して小さくは無いスペースの、ひさこさんとチャボの写真入りで、
二人による写真集制作と清志郎への想いがあらためて伝わってくる、
とてもとても、とっても良い記事だと思う。

活字になっても、二人の言葉からは、
その想いや気持ちの深さを本当に感じることができる。
読む僕自身が、予めそのような想いのうえで見る…ということを差し引いても、
この、何とも静かでやさしい記事は素敵だと思う。
そして、やっぱりちょっと悲しくなる。

先日のAERAの記事のときもそうだったし、
今回の新聞も大きく派手に宣伝されることは無かったし、
だいいち、ファンの多くが望んでいたであろう写真展さえも、
現時点で開催予定の話は聞かれない。
こういった姿勢は、何だかひさこさんらしいな…とも思う。

チャボも、現在進行中の GO!!60 ツアーの宣伝コーナーで、
この写真集 『BOYFRIEND』 に触れているのだけれど、
" こう、手に持って話すのもどうかな…と思って… " と言いながら紹介する。
実物を手にしてお客さんに向かって話したことは、僕の知る限りは無い。

これは二人が意識をして控えめにしている…というのではなく、
ひさこさんとチャボにとって、自然であたりまえなスタンスなのだと思う。
こういうところに、僕なんかは感動してしまうのだ。

山中湖で演奏された「Little Wing」のもとになったであろうエピソード、
ヒヨドリの話も記事の最後で触れられていた。

  ヒヨドリは、清志郎がよこしたんじゃないか
  そう思うのもいいなと思っています

チャボ、僕もそう思うよ。


P.S.
ところで、近い時期に発表された有賀幹夫さんの写真集 『NAUGHTY BOY』 があるが、
これはもう制作のコンセプトからして違うので、
お互いを比べてどーのこーの云々…というよりも、
両方の写真集を手に出来るファンとしての喜びを、あらためて感じている。
個人的な思いや想いとしては、僕は80年代RCサクセションからのファンなので、
自分なりに二冊の写真集からは別々の、違った、深く、
そして強い感動を受けとることができたということを、本当に嬉しく思う。

GO!!60 仲井戸CHABO麗市 with 早川岳晴 Tour 2010 in 新潟 ジョイアミーア 2010.9.19

タクシーの運転手に聞いたら、今回の新潟ジョイアミーアは、
所謂 " 結婚式の二次会 " 等で利用されることが多い場所とのことで、
演奏スペースがあるレストランといった会場だった。
よって、本格的なライヴ・ハウスでは無いので、
音響がどうなのかな…と思っていたが、
全体的なバランスは、特に変な風に聴こえるということはなかったと思う。
ただ、早川さんのベースだと思うが、
曲によっては会場のどこかに反応してビビり、ノイズになっていた。
これは静かな曲でも発生していたので、僕も気になったし、
同じようなお客さんもいたかもしれない。

CIMG8042.jpg CIMG8049.jpg CIMG8050.jpg

さて、ライヴではたまに観られるのだが、
歌とギターのバランスを掴みかねる…というか、
歌よりもギター側にチャボの気持ちが寄って(?)しまい、
歌が疎か(という程でも無いのだが)気味になることがある。
この日の「Gibson」がそうだった。

歌のあいだにちょっとしたアドリヴを入れながらの演奏なので、
ギター側に寄ってしまうと、歌い出しが遅れたり歌詞を忘れたり…ということになる。
でも、僕自身は、これは実にチャボらしい一面として捉えているので、
変にマイナスに思うことはないのだけれど、
ただ、チャボがこういう点を気にすると思うんだよねぇ。
気にすると言うのはあくまでも僕の想像だけれど、気にしていると思う。
となると、その後のライヴにも影響は出るので、
この日は、本当に細かい点だけれど、僕が気になるミス的なものがあった。

ということは、ライヴの出来は今ひとつだったのかと言えば、そんなことは無い。
観る前に想像していた東北ツアーの雰囲気とは、会場的にもちょっと違っていたが、
それでも満足できる内容だった。

続きを読む

キセキのキヨシロー / 野口トオル -2010-

その曲のドラムスを新井田耕造が担当。
仲井戸麗市、梅津和時、三宅伸治、金子マリがメッセージを寄せ、
ジャケットは久原大河氏が手掛けた…というリリース予定のCDシングルがあります。

船橋にあるライヴ・ハウス、月。
この " 月 " のマスターであり、今年の3月に急逝された野口徹さんが作った、
忌野清志郎へのトリビュート・ソングがその曲です。

タイトルは「キセキのキヨシロー」。

KiyoshiroCDcov.jpg

清志郎ファンが企画した " キセキのキヨシロー#1 " というEventが、
今年の4月2日に " 月 " で行われました。
「キセキのキヨシロー」は、野口さんによってここで歌われる予定だった曲です。
一緒に演奏するはずだったメンバーが曲を完成させ、
4/2のEvent当日にステージで披露したそうですが、
更に、ここに関わった人や人たちの想いがこの曲のCDを生みました。

曲の一部を聴きました。

  新井田氏のビートの効いたドラムが、
  そして清志郎のシャウトが聞こえてくるようなご機嫌なロックンロール!

見せて頂いたCDの資料にあったこの文章そのままの曲です。
この曲の歌詞はRCの楽曲のフレーズがふんだんに織り込まれていて、
ファンが聴けば、野口さんの清志郎への想いが一発でわかります。

実は、野口さんと僕はまったくの同世代。
そして、僕も昔(20年前!)、野口さんと同じような手法で曲を作ったことがあるのです。
僕も歌詞はすべてRCの曲のフレーズを組み合わせて作り、
タイトルは「ティーンエイジャーだった頃」と付けました。
一人で自宅録音した音源も残っています。
ですから、この曲の歌詞を見て曲を聴いて、とてもとても共感しました。

ライヴにもレコーディングにも参加したコーちゃんが、
CDにこのようなコメント(抜粋)を寄せています。

  キヨシローくんの曲とうたが好きだった、野口徹さん。
   (中略)
  そして、ついに野口さんはキヨシローくんをトリビュートする曲をつくった。
  でも、その曲をバンドで、ライヴで、発表する直前に、彼は突然亡くなってしまった…。

  だからみんなで、「キセキのキヨシロー」をレコーディングした。

僕も早く手にとって、フルで聴いてみたいCDです。

     **********

ここで急なお知らせになります。

9月20日(月・祝)に、このCD完成記念ライヴが " 月 " で行われます。
コーちゃんのドラムで、RCの曲をたくさん演奏するそうです。
しかも、コーちゃんも歌うらしい!

バンドのメンバーである吉森さんのHPから参考までにご紹介。

●9月20日(月・祝)キセキのキヨシロー発売目前ライヴ@船橋 無国籍料理 月

■出演:新井田耕造/吉森信/上村秀右/清水アキオ/門井一/楠知憲/原田真一郎
■場所:船橋 無国籍料理 月
■時間:19時開演
■チャージ:2000円
■お問合せ:船橋 無国籍料理 月

☆コメント:このお店のマスターの野口さんが、急逝されて約半年。
      そのマスターが生前、やろうとしていた
      キセキのキヨシローというイベントが、今年の4月、
      その意思を尊重する人達の手によって、なんとか行われて、
      その記念に、そして、これからの、月、というお店のために、
      そのマスターが遺した曲を録音して、
      CDシングルを発売することになりました。
      僕も、ご縁があって、1曲、録音に参加させてもらいました。
      本来、この日が発売ライヴの予定だったのですが、
      よくある話で、この日に間に合わなくなってしまって、
      この日は、発売目前ライヴ、ということになったそうですが、
      みなさま、どうぞ、今後とも月を応援してあげてください。

     **********

最後に、今回の情報を提供して頂いたKさん、ありがとうございました。

浜田真理子を知っていますか?

今年、2010年の初夏に行なわれた浜田真理子の東北ツアーに伴い、
ミュージックギルドの担当者が、プロモーションとして 『おみあいCD』 という、
何と未発表ライヴ音源のCDを東北限定、しかも Take Free! で配布した。

 " 彼女は世の中にもっと知られるべきアーティストである "
 " 彼女の音楽を沢山のみなさんに知ってもらいたい "

このような担当者の強い想いで、
おみあい写真ならぬ 、おみあいCDを制作したということだった。

僕自身、東北ツアー初日の盛岡公演を観たのだが、
もちろんこのCDの存在もツアー前にキャッチしていた。
※参考までに、こんなブログ記事がある

ただ、入手経路が無い。
まさかCDをもらいにだけ東北まで行くわけにもいかず、
どうしたものか…と思っていたが、
盛岡に関する情報を集めていたときに、
某所でこのCDをプレゼントするという企画を発見!
ダメもとで申し込んでみたら見事に当選…というか、送って頂けた。

 この企画は会員向けとしてのものであり、会員以外はもちろん、
 まさか県外からの応募があることは想定していませんでした…

という内容のご丁寧な手紙が同封されていた。
どうやら、何も考えずに応募してしまった僕であるが、
担当の方には感謝の気持ちでいっぱいで、とにかく感激だった。

CIMG8037.jpg CIMG8038.jpg CIMG8040.jpg

ご覧のように、ジャケット(?)も良い。
ジャケ裏には彼女のアルバムのディスコグラフィ。
東北ツアーのスケジュールも入っていた。
僕のはもちろん盛岡ヴァージョン。
おそらくライヴを開催した場所の数だけのヴァージョンがあるのだろう。

そして、肝心のCDを実際に聴いたのだが、
これがまた、とんでもなく素晴らしいものだったのである。

続きを読む

ROCK'N'ROLL GYPSIES ワンマン~ Ⅲ発売記念LIVE~ CLUB CRAWL 2010.9.4

7/28リリースの3rdアルバム発売記念ライヴ。
発売から1ヶ月以上の時間が経っているが、待った甲斐があるだけのライヴだった。

Image100904.jpg

記憶している『Ⅲ』 から演奏された曲は7曲。
「そろそろ」「OH! MY GOD」「渇く夜」「そんなとこ」
「CRAZY ROMANCE」「黒の女」「WORK IT OUT」。
※追記:GATE40ブログによると「穏やかな時へ」も演奏されたようだ。

ライヴでは、GYPSIESの曲の他には花田のソロ、
ルースターズ(S&Z)・ナンバー、そしてカヴァーと、
この組み合わせでセット・リストを組んでいるわけだが、
正直言って、最近はマンネリと感じる点があった。
それでも、例えば取り上げるカヴァーに変化があればいいけれど、
「Workin' The Dog」なんかは、飽きているファンはいないのだろうか…。

こんな感じだったから、新曲がメニューに入ることにより、
思い切り変化が生まれたことはもちろん、既発曲にも新たな印象を受けることになった。
これまで何度も聴いていた曲が、生まれ変わったかのように聴こえた。

いつもなら8割を下山淳を観て聴くことに割くのだが、
今回は平等に、そして全体を把握してみようと臨んだライヴ。
そのおかげか、いつもどおりの爆音ライヴでも、僕の耳はバランス良く音を捉え、
しかも花田裕之をじっくりと観るという、個人的にも例が無いGYPSIESのライヴだった。

ヴォーカルはもちろん、全編で花田のギターが実に力強く鳴っており、
こういった音は、ROOSTERZでは決して観られなかった下山との絡みである
カッコイイ!

この日のGYPSIESは最高だったのではないだろうか。
いや、細かいことを挙げれば色々と出てくるけれど、
新曲もかなりこなれた印象の演奏だったし、
花田の歌も、下山のギターも、池畑&市川のリズム隊も、
完全なるフォー・ピーセズ・バンドとして鳴っていた。

各自の音楽活動から考えれば、メインのバンドなのか、そうでは無いのか…という、
何とも不思議な存在のバンドであるが、4人が集まればこの音である。
4人のスケジュールからリハの時間もそうそう取れないだろうに、この音である。

割と冷静に観ていたのだけれど、中盤からはその音に圧倒されてしまい、
本編が「LUCKY LOVE」で終わった後は、ただ呆然と立っているだけのような状態…。
アンコールでの「風の跡」と「TRUCKIN'」の連発も凄まじく、
唖然…となるカッコ良さだった。

ライヴ後のキーンといういつもの耳鳴りは、これまでの中でもいちばんかもしれない。

P.S.
下山の使用ギターは3本。
メインは例のストラトキャスターだったが、
久しぶりのナショナル(「YO YO」でスライドを決めていた)とブルーのファイヤーバード。
自身のヴォーカル曲ではファイヤーバードを使用していた。

水清ければ、魚住む。

これまでもそうだったのだけれど、桃未さんから頂くコメントは、
何だかいつも僕の中にあるRCサクセションのスイッチを押す作用があるようで…。

RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-11-23

今日、僕は、「考え」をめぐらせていた。
僕はいつでもめぐらせている、どんな時でも…ということでは無いけれど、
桃未さんのコメントのおかげで 『MARVY』 のグッズについてめぐらせていたのだ。
それはどういうことかというと、
確か 『MARVY』 のグッズが紹介されていた雑誌があったような…というものだ。
一度思ってしまうと気になって仕方がなく、今日は仕事もうわの空という場面が何度もあったよ。

アルバム 『MARVY』 については、かなり前にここでも触れている
アナログで2枚組の仕様は、CDでは決して味わう事ができない不滅の魅力がある。

CIMG8021.jpg CIMG8022.jpg CIMG8023.jpg

ちなみに僕は、そのレコードについて当時の雑誌に載ったインタヴュー等の記事を、
ジャケットに入れていることが多いのだけれど、『MARVY』 もその例外では無い。
これはPLAYER誌の清志郎インタヴューだと思う。

CIMG8024.jpg CIMG8025.jpg

さて、帰宅して早速、部屋の中をチェックする。
それは苦労せずに見つかった。
僕がめぐらせていた「考え」は間違いでは無かったのだ。

その雑誌の名前は、別冊宝島 『ROCK FILE』 である。
1988年発行のVol.2だ。
ここに、バンド・グッズ徹底研究という特集が載っているのだが、
そこでRCサクセションも取り上げられていたのである。

CIMG8026.jpg CIMG8027.jpg

88年ということは 『MARVY』 を引っさげてのツアーのときだから、
掲載されているグッズは、正にそれなのである。
僕の記憶は正しかった。
仕事中に「考え」をめぐらせていたかいがあったものだ(笑)。

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ