屋根の上

去年の12月、麗蘭はBillboard Live TOKYOで「Merry X'mas Baby」を演った。
そのライヴ後に友達からもらったメールには、こう書かれていた。

  「Merry X'mas Baby」の歌詞がなんだか胸にせまりました

僕は、こんな返事をした。

  私はこの曲が発表された当時から、清志郎を思い浮かべていました。
  初めて聴いたときから、清志郎の存在を感じていた曲です。
  発表された93年というのは 『DADA』 もありました。
  このアルバムにも同じことを感じました。
  今となっては、無意識だとしても、
  清志郎への思いが出てき始めた時期だと思っています。
  RC時代に共作した「ランタン」を収録したのも偶然では無いでしょう。
  そして翌年、例の 『GLAD ALL OVER』 の94年になるわけです。

RCサクセションが活動休止した直後は、清志郎もチャボも自分の事でいっぱいで、
お互いにお互いのことを思うなんて事は、まだ無かったのではないか。
ただ、その時点で既に20年もつきあってきた友人であり、
かつ、そのうち半分の10年間は一緒のバンドでぶっ飛んでいたわけである。
ある程度の時間が経てば、お互いが気になるのは当然だろう…と思うことは、
ファンなら…というか、僕にとっては自然であった。

僕が勝手に思うに、それは92年からスタートしている。

92年の11月、清志郎は2・3'sの1stを発表する。
ここで清志郎は「あの娘が結婚してしまう」をカヴァーした。
この曲を取り上げたきっかけはともかく、
何でまた古井戸を演るんだ…と当時の僕は感じたが、
これがまたかなり切ないヴァージョンになっていて、
特に終盤の清志郎によるアドリヴ(?)の歌詞を聴いて、
" 何だよ、まるでチャボのことを歌っているみたいじゃないか " と思った。
僕の家においでよ きっとうまくやれるよ…なんて、まさに、だった。
これは思い切り個人的な感覚だったが、確信でもあった。

また、このアルバム収録曲には「お兄さんの歌」がある。
一般的には、清志郎がRC時代とは変わった事で離れていったファンに向けての皮肉…。
そんな曲だと理解されていると思うが、僕は何故だかここにもチャボを感じていた。
というか、以前もここに書いたけれど、間違いなくこの曲はRCサクセションである。

そして極めつけは「インディアン・サマー」だ。
どう聴いても、ここで歌われている相手は、完全にチャボである。

こんな僕なりの理由があり、2・3'sの1stは全体的に切なさが溢れている。
清志郎がチャボのことを想いだしている…ということで。

年が明けて93年、チャボが3rdアルバム 『DADA』 を発表する。
ここには清志郎との共作である「ランタン」が収録されていた。
そして同年、ミニ・アルバムでの「Merry X'mas Baby」のラストの歌詞。
いなくなった友達のココロ…なんて、どうしたって僕は清志郎を思ってしまったわけだ。

二人は(特にチャボは)ハッキリと意識をしていないかもしれないが、
でも、結果としてチャボが清志郎に応える形になっている…と僕は感じていたのだ。
そして94年の 『GLAD ALL OVER』 となり、共演を果たしたわけである。

こんなやり取りを、昨年の暮れに友だちと、した。

続きを読む

スポンサーサイト

浜田真理子 ひそやかなうた会 2010 盛岡市民文化ホール 2010.6.25

初夏の東北ツアーにあわせて丁度良く休みが取れたので、初日の盛岡に行ってきた。
個人的にも盛岡は初めての来日なので、旅としても楽しみにしていた。

CIMG7870.jpg CIMG7910.jpg

※浜田真理子 ひそやかなうた会 2010 GUILD NEXT

今回のツアーに伴い、ミュージックギルドの担当者がプロモーションとして、
『おみあいCD』 なる、何と未発表ライヴ音源のCDを東北限定で配布したようである。
これはTake Free! ということだったので、浜田真理子を知らない人が、
そのCDを聴いて今回のライヴに足を運ぶ…ということもあったと思う。

会場は盛岡市民文化ホールという、盛岡駅前のビルの中にあるホール。
まず、会場に入って驚く。
パイプオルガンがステージ後方にドーンとセットされていた。
何という迫力…と共に、とても美しい。
このステージで浜田真理子が歌うのか…と思ったら、
まだライヴ前なのに感動してしまった。

本番中も照明によってパイプオルガンの表情が変わるので、
何も特別なことはしていないのに、とても良い効果をあげていた。
音響も、何とも自然なエコーが彼女のヴォーカルにハマッていたと思う。
素晴らしいホールだった。

彼女自身も盛岡でのライヴは初めてだということで、
メニューは自己紹介的な面があったように思う。
オリジナルにカヴァーを挟むのはいつもどおりなのだが、
披露されたオリジナルは厳選したベスト・オブ的であり、
初めて観るお客さんも引き込まれた人が多かったのでは無いだろうか。
2007年3月の僕のように。

緊張はあったと思うが、気合いも入っていたはずだ。
本人が感じた出来はともかく、僕自身にとっては、またしても最高だった。
今の僕がライヴで聴きたい曲はすべて演ってくれた。
ある1曲では、思わず落涙。
いや、何というか、本当に素晴らしかった。

仙台、郡山、山形と今後もツアーは続く。
今回は初めて観るお客さんが多いと思うので、ここでは何も触れないでおきます。
セット・リストはツアー終了後にブログで発表されるだろう。

今の彼女のヴォーカルで歌われる曲、すべてを聴いてみたい。
ライヴではもちろん、いつでもどこでもそれを聴いていたい。
是非、ライヴ・アルバムを出してもらいたいと思う。


※7/2追記
セット・リストが発表された。
郡山市公会堂の第二部も聴いてみたかったが、
個人的には、何と言っても山形県郷土館文翔館の第二部だ。
レナード・コーエンの「Hallelujah」。
そして浅川マキの、何と「夜が明けたら」!
彼女のヴォーカルで歌われたのか…。凄いな。
この2曲は是非、ライヴで聴いてみたいなぁ。

     **********

時間も限られていたので、観光は市内の定番な場所しか行けませんでしたが、
せっかくなので、記念に貼っておきます。

CIMG7877.jpg CIMG7893.jpg CIMG7928.jpg
CIMG7918.jpg CIMG7927.jpg CIMG7908.jpg
CIMG7866.jpg CIMG7880.jpg CIMG7922.jpg
CIMG7872.jpg CIMG7894_20100718015906.jpg CIMG7901.jpg
CIMG7937.jpg CIMG7929.jpg CIMG7935.jpg

One of Love Vol.1 途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクトGIG マウントレーニアホール 2010.6.21

" tour 2010 GO!!60 " の合間にも、今年のチャボは様々なライヴを行います。
そんな中のひとつ、夏木マリと斉藤ノブのプロジェクト " One Of Love " のチャリティー・ライヴ。
まずはライヴの概要を。

●One of Love Vol.1『途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクトGIG』
 公演日:2010年6月21日(月)
 会 場:マウントレーニアホール(渋谷プレジャープレジャー)(東京都渋谷区)
 出演者:泉谷しげる・ichiro・m.c.A・T・加藤和樹・ZENA・土屋アンナ
      仲井戸“CHABO”麗市・藤井尚之・松本俊明(五十音順)
      One of Love スペシャルバンド・斎藤ノブ・夏木マリ
 開場/開演:18:30/19:00
 料 金:全席指定:6,500円(税込)※1ドリンク・1ROSE 付

100621_2152~0001 100621_2153~0001

嬉しいことに、このライヴを観た方からメールでレポを頂きました。
転載の了解を頂きましたので、ここにアップ致します。

続きを読む

Hiroyuki HANADA AGE 50th GIG NAGARE PREMIUM DAYS 1 LIQUIDROOM 2010.6.20

これだけのライヴなのに、花田本人からのMCはほとんど無し。
ある程度ドライなのは予想していたとはいえ、その予想以上に無かった。
でも、ライヴ中に、しきりに照れた表情と仕草を見せる花田裕之を見れば、
MCなんてしなくても、十分に伝わってくるものがあった。
ライヴ自体も3時間を越える長丁場だったが、
セッティングなどの演奏以外の時間も特に気がそがれることなく進んでいたと思う。

CIMG7865.jpg CIMG7864.jpg

出演するゲストは、それぞれの持ち歌とスタンダードな洋楽カヴァー、
そしてROOSTERSやROCK'N'ROLL GYPSIESの曲などを各自2~3曲演るという構成だった。
カヴァーだけの人もいたし、自身のオリジナルを歌う人もいたし、
ROOSTERSを演る人もいたりと、すべてのゲストが同じパターンでは無かった。

最初に発表された出演者はフライヤーのとおりだが、
本番2日前に and more が3名、発表された。
ヤマジカズヒデ、Dr.kyOn、そして布袋寅泰。
これを知った時点で、僕のいちばんの興味は布袋との共演に絞り込まれた。

今の花田の音楽活動からすれば、
ファンにとっても布袋とのコラボ期は、おそらく評価は低いと思われる。
実際に、あの音は花田の資質と合っていたとは言い切れないかもしれない。
でも、ROOSTERZを終え、ソロとしての歩みの第一歩が 『Riff Rough』であり、
『Riff Rough Session』 として残されたライヴだったのだ。

  **********

ライヴは柴山俊之との菊花賞で始まるという贅沢なものだった。
菊花賞を観るのは初になる。「500マイル」が良かった。

藤井一彦と花田という2人のギタリストが並ぶ姿は、とても絵になる。
「She Does It Right」のブレイク後のカッティングが、めちゃくちゃキレていた。
カッコ良過ぎる。藤井一彦熱が再燃しそうな予感。

陣内孝則はロッカーズ「可愛いアノ娘」、
石橋凌はARB「AFTER'45」と、それぞれの曲も歌ったのだが、
この辺は嬉しい気持ちもあったけれど、なかなか微妙でもあった。
あくまでも観る側の(しかも、僕の)視点ではあるけれど、
花田がギターを弾いているバンドで、陣内がロッカーズを歌う…であればいいのだが、
凌がARBを歌うバンドで花田がギターを弾いている…になってしまうようで…というのがその理由。
これは同じようだけど、僕の中では微妙に違う。
まぁ、お祭りだからいいんだろうけれど、何故だか今日はそんなことを感じてしまった。
いや、でももちろん2曲とも良かったし楽しめたよ。

三宅伸治との「Jumpin' Jack Flash」というど真ん中選曲がある一方、
苣木寛之とはPINK FLOYDの「Wish You Were Here」、
UAとのPATTI SMITH「Because The Night」など、
取り上げられるカヴァー曲もバラエティにとんでいて楽しめた。

ROOSTERSナンバーで印象に残ったのは、加藤ひさしによる「GIRLFRIEND」。
サビのリフレインをお客さんに歌わせるという、ニクいアレンジ。
こんな風にやられると、ライヴの性質から言ってやたら感動的。
仲野茂による「恋をしようよ」も、
あんなに笑顔でセッションできる曲になったんだなぁと感慨深かった。
やはり30年という年月が経っているのだ。

続きを読む

BOYFRIEND おおくぼひさこ写真集 文・仲井戸麗市

  dedicated to Kiyoshiro's family

おおくぼ ひさこ,仲井戸 麗市
ぴあ
発売日:2010-06-28

ページをめくる。
めくるたびに現れる忌野清志郎とRCサクセション…と、
RCサクセションと忌野清志郎。

ほとんどすべての写真から、
その当時の僕にとっての清志郎、
そしてRCサクセションを思い浮かべることができる。
レコードやライヴだけではない。
これらの写真にも、僕の何かがこびりついている。

添えられたチャボの言葉は、
僕が知っている僕の清志郎と、
僕の知らないチャボの清志郎を教えてくれる。

悲しい写真集かもしれない。
でも、僕にとっては嬉しい写真集でもある。

写真の素晴らしさは言うまでもない。
だってこれは、おおくぼひさこ写真集なのだから。

ひさこさん、ありがとう。

続きを読む

GO!!60 仲井戸CHABO麗市 with 早川岳晴 Tour 2010 in 南青山MANDALA 2010.6.18

  演奏は今まで2時間45分だったのに何故か3時間
  曲は変わってないのに
  1月ツアーのアタマのほうでは2時間半以内だったような記憶も

これは3月の「GO!! 60 in 中国・四国・神戸」の際、
早川さんが自身のブログに書いていたことだ。

Image1006181.jpg Image1006182.jpg

サッチモが終り、チャボがステージを後にする。
時計を見たら、時刻は22時45分。
開演は19時(多少、時間はおしたけれど)だった。

1月の北海道ツアー開始当初から、実に1時間も長くなっていることになる。
もちろん演奏以外の時間も含めてになるけれど、
それにしても1時間の延長というのは、おそらく自然なことだとはいえ、凄い。

続きを読む

6月:[GO!! 60] in 広島・近畿・静岡

5月の九州で " tour 2010 GO!!60 " も半分を消化。
よって、6月は後半戦がスタートしたことになります。

今ツアーのレギュラー・ライヴ以外には、
大阪でのShangri-La5周年Eventが加わりました。
また、早川さんのNewベースが登場したことは特筆すべきことですね。
僕も早く音を聴いてみたいものです。

今回も掲示板へ投稿して頂いた皆さん、ありがとうございました。

GO60.jpg

●6月:[GO!! 60] in 広島・近畿・静岡 - Blue
2010/06/05 (Sat) 10:05:45

6月5日(土) 広島 LIVE Cafe’ Jive
6月6日(日) 広島 LIVE Cafe’ Jive
6月7日(月) 姫路 Beta
6月9日(水) 和歌山 OLDTIME
6月10日(木) 奈良 NEVER LAND
6月12日(土) 大阪城野外音楽堂(Extra)
6月13日(日) 浜松 窓枠

いよいよツアーは今日の広島から後半戦に突入です。
12日の大阪Shangri-Laの5周年Event出演も含め、
何だか盛り上がりを見せそうな予感…の6月です。


●広島 LIVE Cafe’ Jive - Blue
2010/06/05 (Sat) 20:27:40

広島2daysのチケットはSOLD OUT!

100605_1701~0001 100605_1655~0001 100605_2102~0001 100605_2104~0002


●Re: 6月:[GO!! 60] in 広島・近畿・静岡 - やき餅咲ちゃん
2010/06/06 (Sun) 23:14:17

6月6日(土)広島 LIVE cafe'Jiveに行ってきました。
北海道の電気屋さんが作ったギターをチャボさんがもらったという話は有名ですが、
今日は早川さんがベースをもらって初演奏だったのかな?でした。
その曲はもう次元を超越した世界でした。
いやもう、どの曲もそんな感じです。

早川さんがしゃべるコーナーがあるのですが、そのときチャボさんが微笑みながら、
ペットボトルのお茶をコップについで、飲んでいたのがキュートだったなぁ。


●Re: やき餅咲ちゃんさん - Blue
2010/06/06 (Sun) 23:40:37

>今日は早川さんがベースをもらって初演奏だったのかな?

おお!
もしかしたら九州ツアーからお目見えしていたかもしれませんが、
新しい展開があったんですねぇ。

>早川さんがしゃべるコーナー

ツアーが進むうちに、演奏だけでなく、
このコーナーもどんどん長くなっているのかな(笑)。
投稿ありがとうございました。


●お好み焼き 麗ちゃん - Blue
2010/06/06 (Sun) 23:49:24

広島と言えばお好み焼き。
そして、チャボのファンに行ってもらいたい有名行列店が、この「麗ちゃん」です。
私も数年前の広島旅行の際、食べに行きました。

ちなみに「麗」の字以外、チャボとは何の関係もありませんが(笑)。

100606_1208~0001 100606_0959~0001 100606_0901~0001

続きを読む

仲井戸麗市 CHABOは歌い続ける ロックジェット Vol.40

ロックジェット Vol.40は、仲井戸麗市の特集号だ。

シンコーミュージック・エンタテイメント
発売日:2010-06-10

1本の新しいインタヴューと、二人のライターによるチャボ論も掲載されているが、
特集と言っても、ほとんど過去のインタヴューの再録であり、
残念ながら、僕が期待していた内容とはまったく違っていた。

ただ、最近(と言っても10年間にわたる…だが)のチャボの発言がまとまっているということでは、
読み応えはあると思う。

  チャボが好きだ

言葉にして、言ってみる。
文字にして、書いてみる。

何も知らない他人から見たら、きっと、とても軽い。
でも、もちろん僕にとっては軽くなんかない。
そして、どこでも誰にでも自信を持って言いきれること。

  チャボが好きだ

ロックジェットを読み終えて思ったのは、
自分にとって当たりまえである、このことだった。

忌野清志郎追悼展 愛し合ってるか~い?

もう終わってしまいましたが、
5/2(日)~6/6(日)まで白金のCoolie's Creekで開催されていた、
" 忌野清志郎追悼展 愛し合ってるか~い? " に行ったときのことを記しておきます。

kiyosiro.jpg

敬愛する清志郎へ捧げる作品を、参加アーティスト達が持ち寄ったというこの企画。
会場はライヴも行なわれているレストランバーなのですが、
展覧会だけ観ることも可能…とのことでした。

実際、僕が友だち数人と行った時間は、
その日にライヴをする方が、まだリハーサルを行なっている最中。
それでも特別に(?)お店に入れて頂きました。

もちろん邪魔にならないように、まずは2Fと3Fから。
おかげでゆっくりと展示品を観て廻ることができました。
ありがとうございました。

清志郎本人のものも含め、本当に色々な作品が展示されていました。
僕自身、参加アーティストのほとんどが初めて目にする方々でしたから、
とても新鮮に作品に接することができました。

いくつかの作品は販売もされていて、
僕が行った時点では、安齋さんのタンバリンは完売のようでした。

興味深い作品の中、やはり目を惹かれたのは写真です。
平間さん、イジマさん、操上さん…。
それぞれカッコイイ写真が展示されていましたが、 個人的に良かったのは、
最近はチャボのライヴ撮影はこの人…の三浦麻旅子さんの写真でした。

彼女の写真は3枚。
うち2枚は札幌市民会館最後の日に清志郎が飛び入りした際のもので、
両方ともチャボとのツーショットです。
1枚は二人を正面から、そしてもう1枚は後ろから撮ったもの。

僕は、この後ろから撮影された写真がとても印象に残りました。
もちろん二人の表情はわかりません。
ただ、清志郎がチャボに抱きついているその姿からは、
清志郎の大きな喜びと嬉しさが伝わってきます。
よって、この写真を観て今の自分が感じたものは、決して切なさや悲しみではありません。
とてもHAPPYな気持ちでした。幸せハッピー。
素敵な写真だと思います。

もう1枚は青空です。
撮影されたのは2009年5月9日。
とてもキレイな空です…。

・marico photo diary
忌野清志郎追悼展に参加してます。

続きを読む

言葉によるロックン・ロール

最近は嬉しいことに、チャボに関する新しいニュースが続けて発表されている。
そんな中で僕が注目しているのが、" MY R&R " とタイトルされた、
ロッキング・オンから出る詩集…いや、詞集だ。

チャボの歌詞集はこれまでにも出版されている。
まずは92年の 『いつか笑える日』 。
71年の古井戸から91年の麗蘭までの歌詞に、
おおくぼひさこさんによる何枚かの写真が挟まれた本だった。

CIMG7860.jpg CIMG7861.jpg
いつか笑える日―仲井戸麗市歌詞集
いつか笑える日―仲井戸麗市歌詞集

続いては2003年にリリースされた2枚のベスト・アルバム購入者への、
応募抽選特典として作られた 『仲井戸麗市 全歌詞集 1971-2002』 。
これは後にライヴ会場やUp&Down.comでも販売され、僕もそこで手に入れた。

CIMG7858.jpg CIMG7859.jpg

チャボはライヴで、ほぼ欠かさずポエトリー・リーディングを行う。
やり始めた当初は、主に自作のエッセイを朗読していたが、
ある時期から、それに加えて歌詞を取り上げるようにもなった。
ただし困ったことに、僕はこの " 歌詞を朗読する " ということに、未だに馴染めていない。

何てったって、半歩間違えれば、新宿で詩集を売ってる人になってた…という人である。
よって有能な作詞家であるから、曲とギターと同様に、その歌詞にも大きな魅力を持つ人だ。
しかし、あくまでもライヴで僕が聴きたいのは曲とワン・セットで…なのだ。
だってさ、「ポスターカラー」とか「慕情」とか「はぐれた遠い子供達へ」なんて曲は、
歌詞を読むだけでなく演奏してくれたらどんなに嬉しいことか…なんだもん。

CIMG7863.jpg

でも、こんな僕でも本としてチャボの歌詞を読むことは好きだ。
昔から、レコードを買ってそれを聴くのと同じくらい、歌詞カードを読むのも大好きだったからね。
もちろん、それは今も同じだ。

実際、『仲井戸麗市 全歌詞集 1971-2002』 は、ある次期の持ち歩き本となっていて、
いつもカバンに入っていたものだ。

さて、今回出版される詞集は、プレス・リリースによれば、音源未発表の新曲4曲に、
カヴァーや提供曲までが含まれているようだ。
これらすべてが楽しみだが、特にカヴァー曲は何が取り上げられているのか…に期待している。
できればザ・バンド「Twilight」とブルース・スプリングスティーン「Hungry Heart」。
この2曲が収録されていることを願いたい。

プレス・リリースには " 40年間綴り続けてきた「言葉によるロックン・ロール」 " ともある。
とても共感する。
例えば、普段の生活の中、しょっちゅう口から出る " 早く帰りたい " という言葉。
僕にとってこれは、まさにロックン・ロールだし。
Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ