新谷祥子 マリンバ弾きがたり 「Rock Marimba」 南青山MANDALA 2010.2.27

彼女のホームページのtopic欄に、こんなニュースが載っていた。

  Xylosynthという電子系マリンバ。2月新谷祥子ライブにて初登場します

電子系マリンバ?
単純に " エレクトリック・マリンバなのだろうか " と想像していた僕は、
エレキ・ギターのように電気的に音を増幅して聴かせる楽器かな…なんて思っていた。
結論から言うと様々な音が出る、所謂シンセ・マリンバのようだ。
キーボード型ではなく、マリンバのカタチをしたシンセサイザーとでも言うのかな。
僕の文章ではその音を伝えることはとてもじゃないができないので、
機会があれば、実際に音を聴いて確かめてもらいたい。
とにかく彼女自身も可能性を感じているようで、この楽器の今後の活躍が楽しみだ。

Image100227.jpg CIMG7782.jpg

新谷祥子、マリンバによる弾き語りライヴを観るのは4回目。
今回のライヴ・フライヤーには彼女の曲の歌詞が書かれていた。
引用させてもらいます。

  もっと、もっと、打ち鳴らしてタンバリン
  もっと、もっと、つながって私たち
  うれしいときも、かなしいときも
  タンバリンビートで 打ち続けたい 歌いたい
  雨の音にかき消されても ...

  新谷祥子『タンバリン・ウーマン』歌詞より

これを見ての僕は、やたらと力強い印象を受けていたので、
今回のライヴは、もしかしたらそんな感じになるのかなぁ…なんてことも思っていた。
ちなみにこの曲は本編のラスト・ナンバーとして演奏されたのだが、
僕が受けた、まさにそのままの力強い決意や意志を感じる、感動的なナンバーだった。
途中で " 吐息を歌にして " という歌詞が出てきたのだが、
これは僕が常々感じている彼女のヴォーカル・スタイルにピッタリと当てはまることである。
間違いなく、新谷祥子の代表曲となるだろう。

さて、これまで観た2回のライヴも素晴らしかったが、今夜はそれらを上回る。
もちろん彼女自身の中では、こーしたかったや、あーすれば良かったなどもあるだろうけれど。

僕がライヴ前に感じていた力強さは事実だった。
ここで言う力強さは、何も圧倒されるようなPOWERということだけを指すのではなく、
色々な意味で僕が感じる " チカラ " である。
それは、歌の、曲の、楽器の、演奏の、思いの…チカラだ。

ライヴのメニューはオリジナルに数曲のカヴァーである。
このカヴァー。
何の曲が演奏されるのかが毎回楽しみなのだが、
この日は前回も歌われた「花」「傘がない」や「リンゴの唄」の他、
「Amazing Grace」が彼女独特の " 土っぽい " という解釈で演奏された。

そしてカヴァーとしてはもう1曲。
これは記しておかねばなるまい。
以前も「ガルシアの風」を取り上げた彼女であるが、
仲井戸麗市の曲が演奏された。
この曲を " 好きな曲 " と公言していたとは言え、
それでもフルに演奏されたことにはびっくりした。

続きを読む

スポンサーサイト

成熟したのは…?

スペースシャワーのライヴDVDを観るたびに、2・3'sの清志郎の美しさに唸る。
特にハンド・マイクで「プライベート」を歌う姿はカッコイイの一言で、
これぞ僕のイメージする忌野清志郎だ。
もちろん髪型やメイクに対しての僕の好みにもよるのだろうし、
更にこの表現が相応しいのかどうかもわからないけれど、
何だか " シャープさ " みたいなものが感じられるのは93年辺りまでのような気がする。

その清志郎のルックスが、僕のツボにドンピシャなのが90年。
例えば映像作品 『ミラクル』 のオープニング。
野音のステージ袖で戦闘準備を整える清志郎。
このシーンはいつ観ても、何度観てもわくわくする。
大好きだ。

…で、本題は清志郎のルックスでは無い。

以前ここでも2・3'sを話題にしたことはあるけれど、
そのたびに " 私も僕も好きでしたよ " という声をコメントで頂いた。
そんなこともあり、きっと…いや、
実は本当は人気があるんだよ、2・3'sは…と、今は思っている。

過去のロッキング・オン・ジャパン誌のインタヴューも読み返したが、
渋谷陽一の突っ込みはともかく、清志郎もメンバーも迷っているようには感じない。

CIMG7780.jpg CIMG7781.jpg

特に 『GO GO 2・3's』 のインタヴューでは " 一生2・3'sに骨をうずめます " なんて言っているし。
とにかく " バンドをやれることが嬉しい " みたいな雰囲気に溢れていた時期だったのだろう。

さて、シングルにもなったので、2・3'sの代表曲と言ってもいいだろう「お兄さんの歌」。
初めて聴いたときから、その歌詞がとても印象的で、
自分なりの解釈で聴いてきたこともあり、個人的にもなかなか思い入れが強い曲でもある。

CIMG7726.jpg CIMG7727.jpg

ところで、歌詞には " 成熟したワイン " がいくつか出てくる。
これが85年ものだったり、79年ものだったりするのだが、この年度がポイントなのである。
もちろんファンには有名だと思うけれど、あまり話されているのを見たことも無いし、
これまでここに書いたことも、そして僕自身も話したことがほとんど無いので、記しておこうと思う。

曲の中で歌われるワインは全部で5つだ。

・85年の赤い赤いワイン
・79年のまっ赤なワイン
・72年の苦い白ワイン
・69年のまっ黒なワイン
・51年の苦い苦いワイン

どうですか?
何か気付きますか?

続きを読む

NAUGHTY BOY-KING OF ROCK'N ROLL 忌野清志郎+有賀幹夫写真展

有賀幹夫さんによる忌野清志郎の写真展が決定した。
大阪からスタートし、今後全国を巡回予定とのことだ。

※NAUGHTY BOY -KING OF ROCK’N ROLL- 忌野清志郎+有賀幹夫写真展

春の大阪かぁ…。
ただ、何故か僕はその時期に京都にいるので、是非、足を伸ばしてみよう。

さて、写真展開催となれば、有賀さんの写真集出版も是非お願いしたいところ。
そして、ファンなら同じように思う人もきっと少なくは無いでしょう、
他のカメラマンによる40周年記念の写真展開催も期待していたいと思います。

CIMG7769.jpg CIMG7770.jpg CIMG7771.jpg
CIMG7772.jpg CIMG7773.jpg CIMG7774.jpg

特に岡部好さん、翁長裕さんのものは是非、観たいな。

そして もう一人、忘れちゃならないぜ!

続きを読む

My Sharona / THE KNACK -1979-

「My Sharona」で知られるザ・ナックのヴォーカル・ギターであるDoug Feigerが、
2月14日、脳腫瘍と肺癌を併発して亡くなったそうだ。57歳。
清志郎と同世代じゃないか…。

以前のブログ 『Blueの雑記帳』 から再録します。

     **********

土曜日に会社へ出勤し、ネット・ラジオを聴きながら仕事をしていたら突然この曲がかかった。
久しぶりに聴いたので盛りあがってしまい、帰宅後レコード棚からシングル盤を引っ張り出した。

ザ・ナックの「My Sharona」。
一発屋と言われるバンドであるが、しかし、米ロック・ポップス史に永遠に残るであろう名曲である。

CIMG7766.jpg CIMG7767.jpg

デビュー当時はやたらとビートルズ的なイメージが強調されていた。
実際にジャケットやプロモーション用の写真なんかを見ると、完全にビートル・ライクである。
しかし、その音はまさに80年代に突入する直前に発表されただけあって、
パンクとニュー・ウェイヴの影響を受けた、
ハード・ロック風味のアメリカン・ブリティッシュ・ビート・ロックというか、まぁそんな音だ。
要するに、パンクとハード・ロック、
そしてアメリカン・ロックとブリティッシュ・ロックが79年に完璧に融合した音が、
この「My Sharona」だと思うのだ。
これは来るべき80年代をリードするであろう新しい音であった…だろう。

実際にシングル盤のライナーには次のように書かれている。

  良き時代のポップなサウンドに現代のパンク・フィーリングを結合したニュー・サウンドで、
  真に80年代のロック…

しかし、彼らがこの音を出せたのは「My Sharona」だけであった…のかもしれない(涙)。

それにしても完璧なカッコよさである。
イントロのドラムが聴こえた瞬間から、これは名曲だとわかる。
そしてあの有名なギター・リフだ。
個人的にはローリング・ストーンズの「Satisfaction」、
キンクスの「You Really Got Me」なんかのロックの古典と同等に語られるべきリフだと思う。

無駄を排したソリッドなギター・サウンドも気持ちが良い。
ギター・ソロの部分が王道のアメリカン・ロックっぽいのもなかなかしゃれたアレンジで好き。
ちなみに、シングルとアルバムではギター・ソロの長さが違う。
シングルのほうが短いのだが、アルバム・ヴァージョンは長すぎて今ひとつだ。
シングル・ヴァージョンをお薦めしたい。
そして聴くときは可能な限りの大きい音でどうぞ。

さて、今回このシングル盤を探したのがきっかけで、他のレコード達も久々に目にする事となった。
当時のシングル盤のジャケットが素敵で懐かしくも楽しかったので、
僕が11歳から18歳あたりまでに買った国内盤のシングルについてMUSIC LIFEというカテゴリを作り、
洋楽、邦楽問わずに今後はちょっと書いてみようかなと思います。
ジャケットもなるべく撮影して紹介します。

     **********

今、ベスト盤などでナックをまとめて聴くと、実に新鮮。気持ちいい。
ブルース・スプリングスティーンの「Don't Look Back」をカヴァーしていることも思い出したよ。

ご冥福をお祈りします。

小さく誘う人

平岡さんとお会いする機会があったので、
『詩とファンタジー』 清志郎特集への、読者からの感想についてお聞きしました。
僕と同世代以下というよりも、ずっと年上の人たちからの感想が多かったそうです。
これには少し驚きましたが、あの特集はあくまでも詩としての掲載(歌詞とは言え)でしたし、
『詩とファンタジー』 の、おそらく幅広い読者層を考えれば不思議なことでは無いのでしょう。

実際に最新号である冬唄号の、読者からのお便りコーナーを見ると、
34歳から83歳までの、やはり、そして実に幅広い9名の読者からの感想が載っていました。

僕が印象に残った感想はいくつかありましたが、その中のひとつには、
清志郎は他人や社会にもっと怒っている人だと誤解していた…と書かれていました。

「雨の降る日」
「多摩蘭坂」
「日当りのいい春に」
「まぼろし」
「うわの空」
「夢」

確かに取り上げられたこれらの作品から " 怒りの清志郎 " を窺い知ることは困難です。
その意味では、ここでは清志郎のある一面だけしか伝わらないのかもしれませんが、
清志郎を知らない人には、きっかけとしてこちら側からのほうが入りやすいでしょうし、
そして、怒りの裏には彼のこういった面があることも間違いないとも思います。
だからこそ、忌野清志郎なのです。

感想はこんな風に結ばれていました。

  ぐいぐい近づいていく人ではなく、来て…と小さく誘う人だったんですね

今まで清志郎を知らなかった60代、70代、
そして80代の人がソロやRCサクセションのCDを聴く。
それは少数なのかもしれません。
でも、実際にあるはず、いるはず…だと、僕は思っています。

逆取材

『Baby#1』 のニュースが駆け巡った昨日。

  レコーディングについて、何かエピソードは無いの?

僕も色々と想像してみたりしたけれど、やっぱり知りたいじゃんか…ということで、
Sさんに逆取材を敢行しました。

続きを読む

『Baby#1』 続報!

久しぶりにSさんから連絡がきたので何かと思ったら…。

※清志郎さん新アルバムに大学生の長男参加

ニッカンスポーツの記事によると、3月にリリースされる清志郎のアルバム 『Baby#1』 に、
タッペイと、何と仲井戸麗市に梅津和時、片山広明などが参加しているそうだ。
どうやら未発表音源にコーラスや楽器を重ねて、最終的な作品にしたようである。

これはビートルズ名義で発表された「Free As A Bird」「Real Love」と同じ手法だ。
清志郎本人の意図とは別に作品化され、発表されるわけだけれど、
個人的には、そこに僕が必然性や愛情やリスペクトを感じることができればオッケーである。
もちろんビートルズのケースも大歓迎だったし、実際の音も感動した。

報道で発表されている限りの 『Baby#1』 への参加メンバーを見ると、
何も問題は無く、きっと…いや絶対に感動的な作品になっていることだろう…と思う。

RCサクセションでもレコーディングされた「I Like You」。
タッペイを歌った曲としても当時からファンには知られているが、
この曲のオリジナル・ヴァージョンに、そのタッペイ自身がコーラスを、
そしてチャボがギターを重ねているという。
記事には曲が完成したときの様子も書かれている。

  竜平さんは、チャボとスタジオで抱き合って喜んだという

『Baby#1』 は3月5日リリース。
早くその日が来て欲しい。

続きを読む

忌野清志郎 LIVE at SPACE SHOWER TV ~THE KING OF ROCK'N ROLL SHOW~ -2010-

1曲目の「アイドル」が始まった瞬間から、既にこのDVDのハイライトだ。
しかも次の曲が「プライベート」ときたら、もうクライマックスである。
まだ2曲目なのに。

" この愛は変わらない " と歌う清志郎を観ていたら泣けてきた。
悲しくてじゃないよ。
この清志郎は、あまりにも美しいじゃないか…ということだ。
忌野清志郎&2・3’s。
山川のりをはギタリストとして抜群にカッコイイし、
リズム隊も、これで何の文句があるのだろう。

この、93年9月の日比谷野音における2・3’sのライヴをここで初めて観た人は、
何故このバンドが清志郎の歴史から消えようとしているのかが理解できないと思う。
たった3曲じゃまったく物足りないし、今更だよなぁ…でもあるけれど、
ただ、少しでもバンドの素晴らしさが伝わることになったというのは、
素直に良かったと心から思う。

スペースシャワーで放送された93年~05年ライヴから、40曲が時系列に並ぶ。
視覚的にもサウンド的にも、清志郎の音楽の変化がわかるのでありがたい。
冷静に振り返ってみると、その中でも95年から99年の特にLITTLE SCREAMING REVUE。
このヘヴィな音…特にリズム隊…で歌われるRCナンバーが興味深い。
「トランジスタ・ラジオ」など、僕には清志郎がとても歌いにくそうに感じるし、
ハードな「空がまた暗くなる」は、まるで別の曲のようだ。
逆に「メロメロ」や「裏切り者のテーマ」なんかはバッチリで、
この辺を今聴き比べると、実に面白い。
他にもお馴染みの曲がオリジナルとは違うアレンジで演奏されまくるので、
その意味でも貴重な作品になっているだろう。

そうそう、ライヴのあいだに挟まる映像がいちいち良くて、
特に下北沢を宣伝車で回った後のゲリラ・ライヴでの「メロメロ」が最高だった。

さて、こんなDVDを観せられてしまったら、
2・3’sとタイマーズの当時のライヴをたくさん観たくなってしまったよ。
今回はネタがスペースシャワーモノに限られるのだから仕方が無いけれど、
いつかは…特に2・3’sがしっかりとしたカタチでまとめられることを願っていたいと思う。

それにしても、忌野清志郎は日比谷野音が似合う男である。
あらためてそれを強く思った。
特に僕が好きなのは、野音のステージ後方や斜め後ろから撮られた…要するに、
客席をバックにステージで歌う清志郎を捉えたシーンになるのだが、
これはどのライヴのものでも大好きである。
野音の客席と清志郎というのは、画像的にとてもマッチしていると思う。

編集や内容や収録曲に個人的な希望を当てはめて、
こうして欲しいという不満を言ったらキリが無い。
でも、これを観たファンの数だけ、そんな思いは確実に出てくるだろうと思う。
それだけの希望や不満が出てくる価値のある、素晴らしい作品なのだ。

2010第30回日野高OB展

昨年、ここを通して知り合った国立でお仕事をしているRCファンのかたと、
今年の日野高OB展開催に合わせて国立でお会いしましょう…という話になっていました。

Image1002071.jpg

今回も清志郎の作品が展示されているということで、行って来ました。
清志郎の絵は88年と04年の作品だったかな…が、
小林先生と写った写真と共に飾られていました。
88年の 『Marvy』 の頃のサイン色紙もありました。
そこにはハッキリと " RC SUC. " と書かれていました。
僕はサインなどに、このように " RCサクセション " と書かれていることに、
こだわりを持っている人間です。
ですから、この色紙を見たときには、深く感動をしてしまった次第です。

もちろん小林先生の絵も、三浦友和氏の陶芸作品も展示されています。
また、後輩が書いたであろう清志郎をモデルにした作品も2点ありました。
それぞれ「トリビュートⅠ」「トリビュートⅡ」というタイトルが付いていました。

さて、2007年の第26回のOB展以来だから、国立には約3年振りの来日です。
前回もそうでしたが、過去には南口方面の縁の地についてはほとんど廻っているので、
次の来日時には、「コーヒー・サイフォン」の舞台でもあり、、
チャボと清志郎が待ち合わせをしたであろう、
清志郎の実家がある北口方面を歩きたいと思っていました。
幸いなことに、今回は国立に詳しい人が一緒なので案内をしてもらいました。

行ってみたかったメインの場所は、みふじ幼稚園。

Image1002075.jpg Image1002076.jpg Image1002077.jpg

ご覧のように、幼稚園のロゴがとても可愛いのが特徴です。
郵便ポストの〒マークも丸みがあって可愛いデザインでした。
ちなみに右の写真は幼稚園横の坂の上からの景色です。
この写真だとハッキリ写りませんでしたが、富士山がクッキリと見えるんです。
空気が澄んでいたからか、凄くキレイでした。
もしかしたら " みふじ " というのは " 見富士 " なのかも…と思いました。

そうそう、国立駅の南口と北口の行き来ですが、
駅の外の道を使うと遠回りになるために、
駅の改札の窓口に設置してある通行証を使い、駅構内を通っていくのです。
南改札窓口で通行証を受け取り、
構内を移動して北の改札窓口へ提出して出るわけです。
今回これは初めて知りました。
便利ですね。

Image1002074.jpg

南口では(今は北口に移動したそうですが)国立楽器跡を教えてもらい、
そしてロージナ茶房で食事とお茶しながら、
RCや清志郎、チャボについて語り合いました。
お土産に " くにたちビール " を頂きました。

Image1002072.jpg Image1002073.jpg Image1002078.jpg

今日も風が強くとても寒い日でしたが、良い週末になりました。
次回の国立来日はいつになるのでしょう…。

P.S.
案内してくれたかたからお聞きしたのですが、
昨日はOB展会場でパーティーが開催されたそうで、
何と梅津さんも参加し、
何と何と「RHAPSODY」や「スローバラード」を演奏したそうです!
うーん、それは凄いな。
日野高OB展ブログを見たら、その時の様子が記事になっていました。

※OB展パーティーが盛況の内に開催

浜田真理子 Live 花鳥風月 ~うたかた~ 神奈川県民ホール 2010.2.6

本当ならばライヴ前に素敵な景色を見ながら山下公園を散歩…
というような気分になる天気だったけれど、
そんな気になれないほど風が強く、横浜はとにかく寒かった。
立春を過ぎても真冬…という日。
でも、今年一発目の浜田真理子のライヴはとても暖かく、
何だか、まるで春の日みたいな雰囲気だった。

Image100206.jpg

昨年末のパルコ劇場2Daysが、個人的にあまりにも強烈な印象だったから、
今回はどんな内容でくるのかなぁ…と事前に色々と思ったりしていたけれど、
1曲目の「再会の夜」が始まった瞬間に、そんな思いは吹っ飛んだ。
いつもの、そして明らかに次を期待させる前を向いたライヴだったと思う。

※セット・リストはこちら

新作 『うたかた』 を中心にしたメニュー。
しかもほとんどヘヴィな曲は無く、ライヴは明るい雰囲気で進む。
照明も春を感じさせるような感じだったし、
こういう雰囲気の中での浜田真理子も最高であった。

聴きものだったのは、横浜で演る際にメニューに入れるというヨコハマに関する曲。
今回は「ブルーライトヨコハマ」だった。

以前も書いたことがあるのだが、こういう曲のハマダ・ヴァージョンが最高なのである。
例えば「ブルーライトヨコハマ」のオリジナル・ヴァージョンを聴きたいとは思わないが、
浜田真理子のヴァージョンならば、もう一度聴きたいと思うのである。
その理由を言葉で説明できないのだけれど、僕にとって、これは絶対的なものである。
「ブルーライトヨコハマ」、最高でした。
カッコ良いとさえ、思いました。

アンコールでは浅川マキのカヴァーを披露。
MCでマキさんの死について触れた後の、
ライヴのラスト・ナンバー「哀しみのソレアード」は感動的だった。

ライヴ中、" 孫ができたけれども(笑)、これからもラヴ・ソングを歌い続ける " と宣言してくれた。
彼女と僕はまったくの同世代。
今後も彼女のラヴ・ソングを追い続けたいし、追い続けるし、
そして聴き続けるだろう。

次の旅に出発する

ウワサには聞いていたが、残念なことにそれは本当になった。

ジョン・レノン・ミュージアムが9月30日をもって、閉館するようだ。
報道によれば、来場者の減少などで年間1億円の赤字が出ているということだから、
これはもう仕方が無いんだろうなぁ。

CIMG0605_convert_20100204220333.jpg CIMG0607_convert_20100204220530.jpg CIMG0635_convert_20100204220737.jpg

ヨーコからのコメントが載っていた。

  ジョン・レノン・ミュージアムを愛してくださったみなさまへ
 
  ジョン・レノンは世界中をめぐる運命を持っていました。
  彼の魂は動くことによって継続していたのです。動かないと死んでしまう。
  ジョンの精神が宿るミュージアムも動かないとミュージアムではなく、お墓になってしまう。
  ジョンにはお墓はないのです。
  彼が息を引き取ったとき、私は「ジョンの葬儀は行いません」と世界に向けて言いました。
  それは、ジョンの魂が永遠に生き続けることを知っていたからです。

  ジョンの魂は、10年を節目にしてここからも離れて行きます。
  次の旅を見つめながら…。
  まず、5年と思っていたのが、みなさんのミュージアムへの愛によって10年になったのです。

  このジョン・レノン・ミュージアムを愛してくださったみなさん、深く感謝しています。
  あなたがた一人ひとりの中にジョンのスピリットが受け継がれ、
  そのみなさんのスピリットが、世界の平和が実現していくための愛の力になることを信じています。
  みなさん、ありがとう!

  2010年 立春
  愛をこめて…
  オノ・ヨーコ

次の場所…が、もしあるのだとしたら、また日本がいいな。
今よりもう少し規模を小さくして、例えば軽井沢にでも作ってみてはどうかな。
万平ホテルと提携すれば " ジョン・レノン・ツアー " なんかも出来るし。
観光地ならば、現在の場所よりも採算が取れるような気がするけれど。

まだミュージアムに訪れたことが無い方がいたら、閉館までに一度は行ってみてください。
ジョンのリッケンバッカーを観るだけでも価値があると思います。

RCサクセション 12.25 渋谷公会堂

不定期に飛び出すお蔵出しネタです。

RCサクセションのグッズは、80年代当時にはたくさん買ったのだけれど、
今でも残っているものは少ない。
以前、ここでポップロックカンパニーについて書いたことがあるが、
僕を含め一部の人たちだけだったのかもしれないけれど、
それでもかなりの盛り上がりを見せたのでとても楽しかった。
音楽やライヴはもちろんだけれど、RCはグッズやパンフ、
そして雑誌などにも思い入れを持つ僕と同じようなファンが多いんだなぁと嬉しかった。

さて、今回はちょっと変なものが出てきたので、
もしかしたらここを見ている人たちの中で、
これをご存知のかたがいるかもしれないと思い、紹介させてもらいます。

80年12月25日。
まだ日本武道館でのクリスマス・ライヴが定例化する前。
渋谷公会堂で行われたRCのライヴがあった。
これは、個人的にもとても思い入れがあるライヴだ。

「ヒッピーに捧ぐ」。
この名曲の80年代ライヴ・ヴァージョンはとても貴重だと思う。
86年の夏、日比谷野音で演奏されたヴァージョンがレコードや映像作品になっているので、
これが一般的には知られているし、名演と評されていることも多い。
僕もそれには同意するが、自分の中では80年12月の渋谷公会堂で演奏された「ヒッピーに捧ぐ」。
実はこちらのほうが記憶の中では名演なのである。

CIMG6085.jpg

このライヴは、アルバム 『PLEASE』 発売直後に行われている。
ライヴのタイトルも " PLEASE Play it Loud " だし、
おそらくセット・リストも 『PLEASE』 収録曲中心だったと思う。
今となっては細かいところまでは記憶に残っていないのだけれど、
そんな中でハッキリしているのが「ヒッピーに捧ぐ」から受けた感動なのである。

話がそれてしまったが、今回紹介するのは、
こんなライヴにまつわるちょっとしたものなのです。

続きを読む

Profile

Blue

Author:Blue
1980年4月5日からスタートしたGREATな体験。それは見事に現在に至るまで続いています。

" 君の手を握りたいんだ 君の手を握りしめたいんだ 君の手を握りしめていたいんだ そう いつかのメロディーに聞いた "

Information
- Information -

★非公開コメント、承認前コメントは非表示としています。よってコメントを頂いてもしばらくは何も表示されませんが、ちゃんと届きますのでご安心ください

テンプレート変更(12/18)

ツイッターをブログに表示(12/11)

「ツイートを毎日まとめて記事にする」を追加(5/14)

Blueの本棚ブログパーツ設置(2/20)

[ツイートする][Facebook]ボタンを設置

ブログ拍手へのたくさんの拍手を頂き、どうもありがとうございます。
ブログ拍手からは私Blue宛コメントもできますが、コメントは非公開設定にしているため返事をすることができません。拍手コメントを頂いた方には、あらためてこの場でお礼を申し上げます。どうもありがとうございました

★コメント、トラックバックについて

当Blogはコメントとトラックバックを承認後の表示とさせて頂いています。反映されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。

基本的にはすべて承認していますが、明らかに悪意のあるコメント、または不快で不適切なコメント、コメントの度に名前を詐称する別人のなりすましや意味不明のコメントなど、管理者が承認できないコメントとトラックバックは予告無しに削除、及びその後のコメントを拒否させて頂きます。その後、書き込みとアクセス拒否の対応をさせて頂く事もあります。承認するか否か、または拒否の判断は管理者に権限がありますのでご了承ください

今後とも『Blueの雑記帳』をよろしくお願い致します


-- E N D --
.
.
Access Counter
Welcome Home!!
Realtime Counter
よォーこそ!
Blue's Link
Blue's BBS
Recent Comments & Trackbacks
twitter
Entry Ranking
Blueの雑記帳内 検索フォーム
Still Alive And Well
Blue Day Horns
Blue's INFORMATION
チャボの盗難楽器発見にご協力をお願いします
The Beatles
My R&R
Blog Category
Past Entries
Blog Link
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Blog Ranking

FC2ブログランキング

人気blogランキング

ブログパーツ